So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 
前の30件 | -

結んで捨てる [アイデア]

歳を取って何が怖いと言って認知症ほど怖いものはありません。
その予防には、頭を使い続けるとか手指を使い続けるのが良いと言われています。

尺八や箏は楽譜を読みながら手指を使って演奏しますからまさに認知症予防を実践しているようなものです。
それでも不安はありますから関連本を読んだりテレビの健康番組を見たりして対策の充実に努めています。

そうやって気にしているものですから、一石二鳥の手を一つ思いつきました。

それは、家庭でゴミ箱にごみを捨てるときに結んで捨てるというアイデアです。

例えば、食パンの包装をそのまま捨てるとこれぐらいですが、

P_20180815_185947.jpg
結べばこんなに小さくなります。

P_20180815_190047.jpg
エアキャップ付きの封筒も側面から裂いて細長く折リ重ねてから結びます。

P_20180815_175935.jpg
米が入っていた厚手のビニール袋も細長く折って結ぶと小さくまとまります。

P_20180816_062547.jpg
意外に嵩張るのがスーパーのレジ袋です。代金の計算が終るとレジ係の方が籠の中にレジ袋を2,3枚突っ込んでくれます。買ったものをできるだけ効率よく詰め込んだら大抵1枚は余りますからそれはレジ係の方にお返しします。貰って帰っても家のごみが増えるだけですから、ごみになるものは持ち帰らないが鉄則です。

P_20180815_175623_1.jpg
家人に言わせると「いちいち結ぶのは面倒」ということらしいのですが、1回に要する時間は微々たるものですし、手指を駆使して認知症にならなかったり発症を遅らせられるとしたらやらない手はないと思うのですが、人の考え方は様々です。


共通テーマ:趣味・カルチャー

太っ腹のレシピ [レシピ]

ネットでコールスローの情報収集をしていたら、有名店のレシピが公開されているのに行き着きました。

その店は東京日本橋の「たいめいけん」さんです。
公開されているのが看板料理のレシピというのですからその太っ腹ぶりに驚きました。

でもレシピどおりにつくっても店の味を再現できる人はそうそういないだろうという自信の裏返しかもしれません。
ショパンのピアノ曲の楽譜は誰でも入手できますが、楽譜通りに弾いたらショパンの曲にならないのと似ているかもしれません。

公開されているレシピは、
 オムライス
 コールスロー
 ポテトコロッケ
 グラタン
です。

ここからはいれます。

reizanとしてはいきなりチャレンジするよりも、一度本物を味わってからその味の再現にチャレンジしたいと思います。

コールスローが50円というのも嬉しい価格です。



共通テーマ:趣味・カルチャー

ぴーなっつ最中 [お菓子]

尺八教室の演奏会の下合わせに参加しました。先月中に尺八だけの合わせが予定されていたのですが台風で流れてしまったので絃方とぶっつけ本番の下合わせです。

もともとは尺八の入らない曲だったのですが、教室の先生がお知り合いの作曲家に依頼して尺八パートを加えたものです。尺八パート譜は五線譜で書かれていましたのでreizanに声がかかって尺八譜作成の手伝いをさせていただきました。

だから教室のメンバーの人たちがそれを見て吹けるかどうか気になります。特に音高の見間違いでもあったら大変です。

不安な気持ちを抱きながら1回目は尺八だけで二部合奏をしました。音として聴くのは初めてです。
自分のパートを練習しているときは曲想がわからなかったのですが、少し様子が見えてきました。

そして絃方と合奏して初めて曲全体の印象がわかりました。絃も尺八も歌を引き立てるためのオブリガートの役割のようです。

五線譜から尺八譜に変換するときに、エンディングの部分の絃と尺八の拍数が合わずにお手上げ状態になったところがあったのですが、この部分は絃方が五線譜のとおりには弾いていないことがわかって先生がその部分だけの尺八譜を作ってくださることになりました。

音源があればreizanでも対応できたかもしれませんが耳コピ仕事は神経が疲れるので背負い込まないに越したことはありません。

ひと通り合奏練習したところで休憩になり、千葉県からいらした絃方の生徒さんから差入れの最中をいただきました。「ぴーなっつ最中」というそうです。最中の殻がピーナッツの殻のようになっています。中身はピーナッツの甘煮が練り込まれた餡でした。

P_20180813_130609.jpg
この日は家人が遅く帰ってくるので、帰宅途中で寄り道をしてディスカウントのとんかつ専門店でとんかつ定食をいただきました。

P_20180813_180537.jpg
滅多にないことなので厚切りのとんかつを食べたかったのですが時間がかかるということなので諦めました。
食券を買ったのが18時1分で帰りのバスの時刻が18時27分ですから、この時点で26分しかありません。

このバスに乗り遅れたら次は1時間後ですから乗り遅れるわけにはいきません。やきもきしながら待っていたら店の時計で18時11分ぐらいに出来上がりました。20分には店を出たいので9分の勝負です。

焦って食べていたら上あごを火傷してしまいました。半分ぐらい食べたところで11時18分になっていたのでやばいと思ってスマホの時計を見たらまだ14分でした。店の時計が4分進んでいたのです。
残りを余裕で食べ終わって予定通りに店を出ました。

夏バテ解消にはビタミンB1たっぷりのとんかつがピッタリと言いますから、なんだか元気になった気分で帰宅しました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

アルミ付き紙容器 [知識・情報]

生涯大学校に通うようになって資源リサイクルのことを学びましたが、そこで、紙に関しては古紙よりも牛乳パックの方が価値が高いことを知りました。

古紙のなかには古紙をリサイクルしたものもあるらしいのですが、牛乳パックは純粋にバージンパルプだけでできているそうです。

reizan宅でも、古紙や牛乳パックの分別収集に協力しているのですが、気まぐれでパック入りの豆乳を買ったら、その始末が面倒なことを思い知らされました。本体は紙と書いてあるのですが実際は内部にアルミが付いていて十乳パックのように単純にはいかないようです。どうするかは未だに迷っています。

P_20180812_064147.jpg

豆乳パック自体にリサイクルのことが書いてあるのですが要領を得ません。URLが書いてあってネットで調べろというスタンスです。
それでも人の良いreizanはネット検索しました。

それによると、近所のスーパーに出すのが手っ取り早そうだったのですが、イトーヨーカドーの名前はあるもののイオンはありません。ローカルなスーパーの名前も挙がっているのですが近所には有りません。だからreizanの住む地域では無理です。

そういう人たちのためテトラパック リサイクル便というシステムがあるそうです。

ネットでメンバー登録をすると、ゆうメールで回収箱が届くようになっていて、これに、開いて・洗って・乾かしたアルミ付き紙容器を入れて送料無料で送れるそうです。

地球環境を考えたら参加する意味がありそうな気がしますが、回収箱には40パック分が入るそうですから、reizanのような気まぐれな買い方ではいつ満杯になるかわからないのでちょっと躊躇してしまいます。


共通テーマ:趣味・カルチャー

コールスロー [料理の勉強]

reizanが勤務を始めた頃、世の中はバブル景気のずっと前でようやく戦後の貧しさから抜け出したぐらいだったような気がします。

昼食は会社の食堂で摂っていました。食堂はスレート屋根の大きな建物で広さは学校の講堂ぐらい、大屋根を支えるため3寸角ぐらいの柱が何本も立って視界を悪くしていました。

定食はワンプレートで、型押ししたご飯、主菜、副菜、千切りキャベツが載っていました。手っ取り早くカロリーを摂取させるため主菜は揚げ物が多く不評でした。

主菜にウスターソースをかけて、ついでに千切りキャベツにもウスターソースをかけたら、そこから流れ出したソースが副菜やご飯に浸みて食事というよりも餌を食べている感じでした。

そんな食堂ですが、ある日、千切りキャベツがコールスローに変わったことがありました。reizanとしては生まれて初めての食べ物です。

同じテーブルに居た先輩の女性に尋ねたら、コールスローという名前で、ただキャベツを切っただけのものに比べたらドレッシングづくりに手間がかかっているという話でした。

食べてみたら、今までに味わったことのない美味しさで感動しました。

ところが、コールスローはその時一回だけであとは出ることがありませんでした。
何故かというと苦情を言った人がいたからです。

当時はもう家庭でチューブ入りのマヨネーズが使われていましたが、メーカー品のマヨネーズと味が違うとクレームを付けたのです。

給食担当の方は、「いつも美味しい食事を作ってくれてありがとう」と言われたことは多分一度もないと思います。いつも、揚げ物が多い、美味しくないと言われ続けていたのでしょう。

コールスローに対する偏見のような意見に反論することもなくあっさり提供するのを止めてしまいました。
無知な人の意見がまかり通る世の中て嫌だなと思いました。

reizanがコールスローづくりに初チャレンジして、ふと昔のことを思い出しました。

foodpic8353372.jpg
《初めて作ったコールスロー》


共通テーマ:趣味・カルチャー

生きるとか死ぬとか父親とか [推薦図書]

ジェーン・スーさん(日本人です。)著、「生きるとか 死ぬとか 父親とか」を読みました。

生きるとか.jpg

タイトルと書評から、リリー・フランキーさんの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のようなものを想像していましたが、まんざらハズレではなかったです。

ジェーンさんとお父さん、そしてお母さんやお父さんの知人の方とのやり取りがエッセイ風に展開されています。一つひとつの話が味わい深くて面白かったです。「東京タワー・・・」に勝るとも劣らない好著だと思いました。

ジェーンさん別のところで、「代弁ではなく、言語化なんだと思います。モヤモヤして、どのように言葉にしていいか分からないことを言語化するのが、人より若干得意なんだろう、とは思っています」と語っておられますが、言語化の得意な人って羨ましいです。

「生きるとか・・・」を読んでいると、話の切りだし方、話しの組み立て方やまとめ方に随分配慮されていることが窺えます。

生涯大学校に通っているといろんな人の人生が垣間見えて面白いし、それを文章化できたらこれから高齢者になる人の生き方の参考になると思います。でも、reizanの場合は言語化が不得意ですからものになりません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

国際福祉機器展 [知識・情報]

10年以上前の勤務時代に上司の命令で、毎年、東京ビッグサイトで開催される「国際福祉機器展」の見学に行っていました。

主に介護関係が対象で、小さいものはスプーンから大きいものは寝たまま入浴できる介護浴槽、そして介護ベッドや自動車までたくさんの介護用品・介護機器が紹介されていました。

当時営業を担当していましたが介護関係の商品は扱っていませんでした。それでも上司命令ですから半日かけてじっくり見学していました。その時に得た知識が生涯大学校での勉強にも役立っているから不思議なものです。

「国際福祉機器展」自体は入場無料ですが、受付で住所・氏名・所属団体などを用紙に記入しなければなりません。でも、招待ハガキがあればそれを出すだけでさっと入れます
招待ハガキの郵送を申し込んでおくと毎年のように送ってくれます。そして今年も届きました。

福祉機器展_0001.jpg
福祉機器展_0002.jpg
最近は身につまされる問題になってきましたので、身体が動くうちは見学に行こうと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「刑事7人」が「コールドケース」になっていた [テレビ番組]

ほとんどの水曜日は夕方から趣味の民謡尺八サークルの練習があって帰宅が9時ぐらいになります。そのため21時から始まるドラマは最初の5分ぐらいを見損なうことが多いです。

サスペンスドラマの場合、そこを見逃すとストーリーについていけなくなることが多いので、テレビ朝日系列の「刑事7人」は練習のない日しか見ていませんでした。

それが、台風13号の直撃が予想されたため練習をサボったお陰で久しぶりに見ることができました。第4シリーズ第5話「再捜査の女 白いスーツの男の謎」です。

これがなんと「コールドケース」になっていたのです。アメリカのテレビドラマ「コールドケース」は一話完結で定形化されたパターンがあります。
1.殺人が起こる前の日常の様子
2.死体のクローズアップ
3.何かの切っ掛けで、数年から数十年後に再捜査が始まる
4.再捜査
5.犯人逮捕。被害者や事件関係者が昔の姿で現れる
6.closedと書かれた保管箱が倉庫に仕舞われて終わる

刑事7人の冒頭のシーンはナイトクラブのセンターフロアで踊られるチャールストンの群舞から始まります(60年前(1958年ごろ)の設定なのになぜか踊りは1920年代です)。その踊りを見つめる若いボーイ。

場面が切り替わって、部屋で殺されているダンサーの女性。

さらに場面が変わって、警視庁刑事部捜査一課12係の部屋で若い女性の捜査願いを聴く刑事たち。

若い女性は殺されたダンサーの子供の子供(つまりダンサーの孫)で、自分の母親が亡くなって遺品整理をしていたら祖母の死に関係ありそうな遺品を見つけたので60年前の殺人事件の真相を調べてほしいという訴えでした。

これはもう典型的なコールドケースのパターンです。
アメリカでコールドケースという番組が生まれたのには時効の有無が影響していると思います。
アメリカでは昔から殺人事件に時効がありませんから何十年前の事件でも新しい手掛かりが見つかれば再捜査するのですが、我が国で60年前の殺人事件の再捜査をするという展開には無理があります。

多分、制作にかかわる皆さんがアメリカの人気ドラマの手法で遊んでみたのだろうと思いますが、コールドケースのストーリーは切ないものになりやすいので、そんなのばかり増えると見ている方がやりきれなくなってしまいます。コールドケースの真似は今回限りにしていただいた方が良いと思いました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

台風のため練習をサボりました [尺八演奏]

2018年の台風13号は関東直撃の模様で、あとは到着時間が問題です。こんな時は家でじっとしていれば良いのですが夕方から趣味の民謡尺八サークルの練習が入っています。

Yahooのピンポイント天気によれば、出かけるときは弱雨で帰宅する頃強雨になりそうです。風速もあるようです。

Yahooピンポイント天気.png
でもこれだけだったら台風のときでなくても有りそうな天気です。これを見る限りでは外出可能です。

でも、直撃のコースなので念のために気象庁のサイトも覗いてみました。
そしたら良いものがありました。自分の住む地域が台風の暴風圏に入る確率を時間帯別に表わしてくれているのです。

地域別.png
これを見ると出かけるときは良くても帰りは暴雨風の真っただ中になりかねません。行きは良いよい帰りは恐い、です。

これに押されて会長さんに電話を入れて欠席させていただきました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァケイション [音楽の勉強]

テレビの音楽番組には三種類あると思っています。

一つは、純粋に歌や演奏を聴く番組です。大半がこれに当たります。

もう一つは、曲の構成を解析する番組です。ヒット曲がなぜヒットしたかをその曲の構成に着目して解説する番組です。「亀田音楽専門学校」という番組がその典型です。(亀田音楽専門学校の一例は、ここここ

三つ目が、名曲誕生秘話を紹介する番組です。
この曲には誰が関わって、どのような経緯があって生まれたというようなことを教えてくれます。

三つ目の番組の例としては、reizanの好きな「SONG TO SOUL」(BS-TBS、日曜23時から正味44~45分)があります。

8月5日(2018年)の放送は「ヴァケイション」(オリジナルは1962年7月、コニー・フランシス唄)でした。
1960年代青春真っ只中だったreizanにとっては思い出深い曲の一つです。

歌詞の中で、「V・A・C・A・T・I・O・N」(ヴイ・エー・シー・エー・ティ・アイ・オー・エヌ)と歌われていて、reizanが唯一綴りを間違えない英単語となっています。

番組でコニーさんご本人が語っておられたなかで一番興味深かったのは、ご本人の意思で演奏を6秒速くしたという話です。全体が100秒だったとしたら94秒で終わるように演奏のスピードを速めたということです。

こういう話を聞くと確認してみたくなるのがreizanです。
これには、音程を変えずにテンポを変えることができるフリーソフトの「尺八チューンズs8Tunes」が使えそうです。音源はYouTubeから2分21秒のものを拝借しました。

最終的にリリースされたものが2分21秒ですから、コニーさんが変える前までは2分27秒で演奏されていたことになります。

これを計算すると、141秒  ÷ 147秒 ≒ 0.959となりますから、演奏速度を4パーセント落としてやったら良さそうです。(テンポが揺れているので多少の誤差がありますが、市販されたのが四分音符=144で、その前のは四分音符=141でした。)

変換して聴き比べた結果、たったこれだけの差ですがエライ違いでした。市販盤の弾けるような感じがなくなってちょっと粘っこい感じになりました。(著作権の関係がありますので音源はアップできません。興味のある方はご自分で試してみてください。)
たった6秒の違いの効果を見極める才能はすごいと思いました。

「ヴァケイション」の作詞作曲クレジットには、他の二人とともにコニーさんの名前も挙がっています。補作詞・補作曲もされたそうですが、この一事だけで納得しました。
SONG TO SOULではコニーさんが歌っている動画が無かったのですが、YouTubeに動画がありました。(ここ

後年の動画もありました。(ここ
昔のような切れの良い高音は無理ですが、歌のうまさは抜群です。コニーさんを襲った不幸な出来事がなければ40代、50代でももっと活躍されていただろうに残念なことです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

宴の後 [地域活動]

8月4日、5日の地域の夏祭りが終わりました。そして6日は宴の後の片付けでした。

一番ハードだったのは4日で、
午前7時から、資材運搬(老人クラブの倉庫から軽トラに積み込み、会場のグランドで荷物を降ろし)
午前8時半から、テント張り、機材の組立て配置
その後一旦帰宅して、
午前11時から、もやしのヒゲ取り手伝い
午後1時半から4時まで、長崎皿うどんの餡づくり(全体で240食分、reizanは40食分)
午後4時から、コリントゲームの会場設営
午後5時から8時まで、コリントゲームの運営
午後8時から、簡単な片付け
と死にそうな一日でした。

5日は、夕方までゆっくり休憩して、
午後4時から、コリントゲーム再開準備
午後5時から7時まで、コリントゲームの運営
午後7時から、現地で老人クラブの打ち上げに参加
午後8時から、簡単な片付け

6日は、午前7時から片付け
午後8時から10時半は老人クラブを離れて本部の片付け手伝い(各参加団体から1名ずつ割当)
本部の片づけは重いものが多くて大変でした。

さて夏祭りの結果ですが、
reizanが提案した「長崎皿うどん」は大好評でした。
240食完売しましたし、招待客の中にお替りを所望されたかたがおられたという嬉しい話もありました。
(残った餡をいただいて帰って、翌日の朝食は「中華丼」にしました。ヤマニ醤油を少し絡ませてこれも美味しかったです。)

P_20180805_070423_1.jpg


コリントゲームの方も用意した景品が途中で無くなるぐらい好評でした。
特に嬉しかったのは、3歳の子供さんを連れたお父さんが「この子ができるゲームは、これぐらいしかないから」と2度も立ち寄ってくださったことです。

打上げ用に作った「煮玉子」50個も好評をいただきました。8月2日に作って5日まで冷蔵庫で保管していましたから黄身との中心まで味が滲みて美味しく仕上がっていました。

12本分の「叩き胡瓜」は競合する漬物差入れの種類が多くて手を付けられていない席も有りましたが、近所の席の方に宣伝をして食べていただいたら、皆さん指でgoodマークを出されました。

P_20180805_123750_1.jpg
《叩き胡瓜12本》

兎に角疲れましたけど、楽しい活動でした。


共通テーマ:趣味・カルチャー

住宅設備トラブルの本 [推薦図書]

地元の図書館を覗いたら新刊書の棚に興味深い本がありました。タイトルの「住宅設備トラブル 全面解決」というタイトルに惹かれました。

住宅設備トラブル_0001.jpg
中身を見ずに借りて帰ったら、reizanの思っているのとちょっと違っていました。(タイトル通りの内容だったのでreizanの思い込み違いです。)

家を建てるときには、設計、施工、諸届などいろんな分野の人が関わってきますが、本書が対象にしているのは週宅設備です。大工さんや左官さんの仕事は対象外で、住宅設備の主なものとしては配管・配線や浴槽、洗面化粧台、システムキッチン、エアコンなど施行があります。

reizanはそれらの経年劣化などのトラブルをイメージしていたのですが、そういうのではなくて、いわゆる施工ミスによるトラブル事例や施工後のトラブル事例と解決方法が取り上げられています。

要するにエンドユーザー向けの本ではなくて、設備屋さん向けのトラブル対策マニュアル本みたいな本でした。
reizanは大工や建築配管の勉強をした経験があるので興味深く読みましたが、一般の方が対象ではないのでわかりにくいかもしれません。
それに値段もちょっと高めですから一般人が持つには不向きなような気がします。

住宅設備トラブル_0002.jpg

ところで、こういう本を公共図書館が購入して蔵書していることについてどう思われますか?
自分の仕事に関する本だから自分で買えってですか。でも世の中のたくさんの本の中からそれに出会えるチャンスはかなり低いと思います。

だからreizanは結構なことだと思います。だって、設備関係の仕事をしている方たちも税金を払っておられるし、図書館の利用者として当然の権利を持っておられるわけですから図書館に置いていても不思議ではありません。
その本が自分にとって必要なものだとわかったらそれから購入するという道も開けます。

その昔、企業が公民館などを使用することについて行政が壁を作っている時期がありました。企業は自前の施設か民間の施設を利用するのが当たり前という考え方です。

企業も税金を払っているのに、税金を使うのは一般住民の為だけという論理がまかり通っていたのです。最近ではそういう壁を取り払った施策が増えてきましたが、でも未だに、何故そういう風にしているのか意味不明なことが残っていたりします。そういうのを見ぬく力だけは無くしたくないものです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

煮玉子50個 [地域活動]

8月4日、5日に地域の自治会主催の夏祭りがあります。

我が老人クラブでも模擬店を出して、子供さん向けに「ルーレット」と「コリントゲーム」をします。また、4日の日には「長崎皿うどん」の販売もします。

5日の販売品目は、菓子パン、手づくりお菓子などにして、最後の1時間は仲間内の懇親会に当てることにしています。

懇親会のオードブルの一品として、reizanの煮玉子を使っていただけることになりました。役員会のときに試食をしていただいたら評判が良くて今回の採用に至りました。

役員会では、販売品目に入れたらという言葉もいただいたのですが、隣の模擬店で毎年煮玉子の販売をしていますから競合するわけにはいきません。大人対応です。

それで、5日の日に美味しくなるように8月2日の午後に煮玉子を作りました。
2週間前に卵50個を購入して冷蔵庫で冷やしていたのを取り出して常温に戻します。

P_20180802_114913_1.jpg

賞味期限が7月30日で煮玉子にしたのが8月2日ですから賞味期限を過ぎています。でも全く問題ありません。卵の賞味期限は卵かけご飯におすすめできる目安で、卵自体は冷蔵庫で保管すれば4か月、室内では3か月は大丈夫と言われています。

さらに需要なことは、古い卵ほどゆで卵が作りやすいという点があります。ゆで卵の殻が剥けにくいのは薄皮と白身の間にある炭酸ガスが悪さをしているからです。時間経過とともにその炭酸ガスが抜けていきますから剥けやすい茹で卵ができるようになるのです。

reizanの場合はその目安を賞味期限ごろとしています。大体、産卵から2、3週間後になります。

50個の煮玉子は初めてですが、reizanレシピに従って、次の卵を茹でている間に、前に茹でた卵の殻を剥くというのを繰り返したら1時間程度で殻剥きは完了しました。

殻を剥いた卵は10個ずつをジップロック風の袋に入れておいて、最後に、沸かして粗熱を取った調味液を一袋ずつに入れました。
(業務用で毎日作っているわけではないので食べ終わったら調味液を捨てることになりますが、なんとなく罪悪感を感じるので最少量にしています。その量で全体に絡めるためには固形容器では不十分ですが密封できる袋だと置く方向を変えることで全体に絡めることができます。)

冷蔵庫に入れやすいように金属バットの上に並べています。10数回上下を入れ替えて調味液を絡ませ、一晩冷蔵庫で冷やしたのがこれです。あとは日に数回、思い出したときに上下を裏返してやれば5日の夕方には美味しく仕上がっているはずです。

P_20180802_154603_1.jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

名前は分からないのですが、子供たちが夢中になっていました [地域活動]

地域内の小学校の行事でボランティアをしました。

夏休みの数日間、希望する子供たちが集まって大人や高校生のボランティアの助言を受けながら夏休みの宿題をするというイベントです。

勉強の助言なんておこがましいからreizanはそこには参加していません。reizanが手伝うのは最後の日のお楽しみ会です。

子どもたちは20名弱ですが、それ以上の数の大人と高校生がボランティアで集まっています。
今回のお楽しみ会は、切り込みの入った円形の厚紙を組み合わせて好きな形を作っていくという創造的な遊びです。

P_20180802_094300.jpg
P_20180802_094247.jpg
おとなの考えで4班に分けて班ごとに作品を作ろうということにしていたのですが、作業を始めたら一人ひとりが自分のイメージするものを作りはじめました。

それもOKとしていたので、reizanは元老人クラブの会長さんと組んで、ひとりの子の見守りと助言をしました。

その子供さんはロケットを作りました。高いところは椅子の上に立って子供さんの手が届くところまででしたが、あとから考えたら、パーツを作って上に載せるやり方をすればもっと高くできたと思いました。
また、小さな円盤を使えばロケットの先端も作れたような気がします。

P_20180802_104908.jpg
《ロケット》
4基のロケットブースターもついています。

他の子供さんたちの作品も個性があふれていて素敵でした。

P_20180802_104733.jpg
P_20180802_104813.jpg
P_20180802_104819.jpg
P_20180802_104832.jpg
P_20180802_104959.jpg
P_20180802_105024.jpg
P_20180802_105647.jpg
P_20180802_105047.jpg
P_20180802_105702.jpg
一番高くできたのはこれでした。出来るだけ少ない材料で効率の良さと高さを競うというビジネスゲームだったら高評価をもらえる作品です。

P_20180802_104757.jpg
小ぶりながら、皆さんから「ほぉーっ!」と喚声がもれたのが、「花」という作品です。花弁が開いているところを思いついたのが凄いと思います。

P_20180802_105434.jpg
子供たちだけでなく、ボランティアの大人にとっても楽しい時間でした。

今回の行事とは関係ありませんが、紙工作という点ではネットで見つけたこれも面白そうです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

既視感 [雑感]

テレビをつけると、ここ数日、毎日のように既視感(デジャヴュ)を覚えるニュースが流れていてうんざりします。スポーツ関係者のニュースです。

どこに既視感があるかというと過剰接待の部分です。その他のことは門外漢ですから良くわかりません。

勤務時代のときの話です。勤めている会社が権威ある賞にチャレンジした時のことでした。その賞の審査対象は会社全体に及び、受診前の1年半の間は地獄のような毎日でした。
(その間に休んだのは元旦のみ、毎朝7時には会社出社して退社するのは毎日23時、昼休みも昼食をとりながら資料のチェックで休憩なしというブラック企業も顔負けの状況でした。時間外労働が8時間×30日=240時間/月、240時間×18か月=4,320時間/1年半。この間に一人が自死されましたが業務外の扱いでした。現在だと有無を言わさず業務上災害になると思います。)

審査の前々日に、審査員の方々のお世話を担当した方から聞いた話ですが、その時の対応が過剰接待だったような気がします。

会社の担当者の方は審査初日の前々日からホテルの部屋を押さえていて、前日から宿泊される審査員の方々が泊まるホテルの各部屋を数名で分担して(修理部門の担当者も同伴して)チェックして回ったそうです。

アメニティに不足はないか、部屋の清掃が行き届いているか、窓に曇りはないか、照明に切れはないか、シャワーに問題はないか、湯温は正しく調整できるか、温水洗浄便座はきちんと動くかなど、本来ホテルの責任で管理すべきことをわざわざチェックしたそうです。

それだけでなくアルコールや冷蔵庫の中の飲み物、それにツマミ類なども、先に賞の審査を受けた企業の方から情報を得て、各審査員の嗜好に合わせて洩れなく準備したそうです。今回ニュース写真で紹介されたお仏壇のお供え状態ほどではなかったようですが、多分似たり寄ったりだったでしょう。

さらにご丁寧にダブルチェックまでして漏れが無いようにしたという話を聞いて笑ってしまいました。

以下は、過剰接待とは関係ありませんが約30年前の思い出話です。

この賞の審査を受けるにあたってreizanが所属する職場も事例報告の対象になっていましたので指導講師が入りました。

事例報告をA3版1枚の紙にまとめるのですが、最初は要領がわかりませんから指導講師からコテンパンにやられました。内容もお粗末でしたが、当時はExcelもWordもなくて紙に手書き文字で作成していたらそこまで指摘されました。

次の指導までの間に報告書の内容をブラシュアップして定期的に指導を受けるのですが、2回目からは和文タイプ浄書してもらうようになりました。

ところがreizanが犯したミスで指導講師のいい加減さが露呈してしまいました。

そのミスの状況はこうでした。
もう数回の指導を受けて完璧だろうと自信を持って提出した書類が、今まで以上にコテンパンに貶されました。(後から考えたら、審査時期も近くなったのでネジを巻き直したのだろうと思います。)

その後1か月は報告書の内容をああでもないこうでもないと見直して、これ以上ないだろうというぐらい隙のないものにしました。

和文タイプで浄書してもらった報告資料は、それをA3版の透明フィルムにコピーしてOHPでスクリーンに映して説明をしていました。

過去に貶されたフィルムも保管していたのですが、なんと、reizanのミスで1か月前にダメ出しをされたものを指導会場に持参してしまったのです。
スクリーンに映した瞬間に、上司もreizanも間違いに気づいて正しいフィルムを探しましたが職場に置いてきたみたいでどうしようもありませんでした。

もう開き直って、1か月前にけちょんけちょんに貶された説明を、上司がまた繰り返しました。
その後で指導講師の言ったひと言が、「〇〇課の皆さんもなかなか腕をあげましたねぇ。」です。これは笑えました。

要は、審査までの間にシナリオがあって指導講師はその通りに進めているだけで、指導対象の職場を本当に理解していたわけではないということが露見してしまいました。
その後は適当に指導講師が喜びそうなまとめ方をしてやり過ごしました。

世の中には「王様は裸だ!」と言っても良さそうなことが蔓延しているようです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

日本の建築展 [大工の勉強]

BSジャパンの「ぶらぶら美術・博物館」で、六本木の森美術館で開催されている「日本の建築展」が紹介されていました。

生涯大学校で知り合いになった仲良しの方が、LINEで見学したことを報告してくださったのを羨ましく思っていただけでしたが、テレビを見たら、行かなくちゃと思うようになりました。

最終日が9月17日ですから遅ればせながら何とか都合をつけて行きたいものです。

ただ、遅れたと言いながらそれがラッキーだと思うことが一つありました。
それはカタログの制作が遅れていて発売見込みが8月上旬以降だということです。(ここ

早くに行った方はカタログが買えなかったわけで残り物に福有り感を感じます。


共通テーマ:趣味・カルチャー

コリントゲームの改良 [地域活動]

reizanが住んでいる地域の夏祭り(8月4日、5日)の老人クラブの模擬店で、今年もreizan作の「パタンと倒れるコリントゲーム」を使っていただけることになりました。

P_20180731_122802.jpg
昨年の夏祭りの後、reizan宅に来られる小さなお客様のためにコリントゲームをreizan宅に引き上げたのですが、老人クラブの倉庫に運ぶのが面倒だったのでそのまま預かっていました。

小さなお客様にも楽しんでいただけたので、もう老人クラブに渡しきりにします。そうなると自分の手を離れてしまうのでお渡しする前に気になる部分の手直しをしました。

手直ししたのは2カ所です。

一つは、押し棒がフリーになっているので持ち運びの際に出たり入ったりして邪魔ですから、専用の袋を作って動かないようにしました。

もう一つは的が倒れた時の衝撃音を防止するためにゴム脚を取り付けました。
倒れた時の音は最初から気になって鈴を付けていたのですが、倒れた時に板と板がぶつかる音は耳を強く刺激します。HSPの人には耐えがたい噪音です。

近所のホームセンターにちょうど良いサイズのゴム脚がなかったので、ネットショップで注文して中国から送ってもらいました。

ゴムクッションの高さは10mmでネジの頭が収まる部分の深さが6mm、残りが4mmです。
コンパネの厚さが12mmですのでネジの長さとしては16mmが限界となります。

しかし間に挟むのがゴムですからネジを強く締めすぎるとネジの先が板の裏から飛び出す恐れがあります。そこで座金を1枚入れて16mmのネジの先が飛び出さないようにしました。またゴムを保護するためにも座金は有効です。

P_20180731_122825.jpg
パタンと倒れても板と板がぶつからないように調整しましたので、1日3時間のゲーム店員さんをしても耐えられそうです。

老人クラブでは一番若いreizanが70歳ですから、地域の祭りに協力するのも結構大変です。これから先もできるだけ手がかからなくて子供さんたちに喜んでもらえるようなことを考えていかなければなりません。ボケる暇がないのも有難いことです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

歯ブラシ [知識・情報]

「尺八吹きに歯は命」というのはアマチュアでも同じです。総入れ歯になって尺八を断念した方を二人も見てきましたからそうならないように歯の管理には気を使っています。

「食べたら磨く」が大原則です。歯磨きが習慣になるとほかにも良いことがあります。
歯を磨いて口のなかがさっぱりした後で間食をするとまた歯を磨かなければなりません。何度も歯磨きをするのは面倒ですから間食が減ることになるのです。

reizanの歯はぐらつきがなく70歳にしてはしっかりしていると、かかりつけの歯医者さんから褒められるぐらいですから歯茎も丈夫なほうです。
それで歯ブラシは「かため」を使っています。「ふつう」のだと強く押し付けて毛先が開いてしまいます。だから「かため」を軽く当てるという作戦をとっています。

ところで、歯ブラシの毛先が開いたときに応急的に開きを元に戻す方法(弾力性や摩耗が元に戻るわけではないのであくまでも一時的な手段)というのがあることを知ってやってみたことがあります。

ドッラグストアで買った普通の歯ブラシとホテルでもらった歯ブラシのどちらもが毛先が開いたのでやってみました。結果は普通の歯ブラシは完全ではありませんが元に近い状態まで復活しました。しかしホテルでもらったのはそれまで以上に毛先が開いて悲惨な結果になりました。

原価の違いかなと思っていたのですが、最近二種類の歯ブラシを買ってその違いが分かりました。
材質によって耐熱温度に違いがありました。ホテルでもらった歯ブラシもたぶん耐熱温度が低かったのだろうと思います。

P_20180719_065344.jpg
上のはサンスターのGUMで耐熱温度は60℃です。下のはDCMのでドラッグストアで58円でしたが耐熱温度は80℃です。DCMのは試しに買ってみたのですが使用感は悪くないです。

熱湯で毛先を再生というのをやる気はありませんので、DCMので交換頻度を上げるというのも悪くない選択のような気がしています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

乳酸が溜まる? [尺八演奏]

reizanは右利きです。尺八を持つときは左右の手の上下関係はどちらでも良いことになっていますが、reizanは右手を下、左手を上に持ちます。

従って、五つの指孔を下の方から追うと、第一孔=右手薬指、第二孔=右手示指、第三孔=左手薬指、第四孔=左手示指、第五孔(裏孔)=左手拇指となります。

昔、中学校に来た昭和の忍者の人は右手は力、左手は器用さとして鍛えておられて、右手の方が左手よりも2割増しぐらい大きかったです。そして右手で力技を見せてくれたと思ったら左手で繊細な技を見せてくれました。

reizanの場合はそういう訓練を積んでいませんので左手は極端に不器用です。なかでも左手の示指の動きの悪さは悲しくなるぐらいです。

一尺八寸管尺八で「チ」(A)の音(第四孔と第五孔をふさぐ)で第四孔を刻むときは悲惨です。チが3個続くときは2回刻みますがここまではOKです。ところがチが4個以上(刻む回数が3回以上)になると指の動きがぎくしゃくして途中で動かなくなってしまいます。

そんな弱点を抱えたreizanですが、11月の文化の日の演奏会で演奏する「さらし」という曲はreizanにとって、とんでもない難曲でした。嫌な「チ」の音が24個(十六分音符が22個+八分音符が1個+十六分音符が1個)も続いているだけでなく、さらにそれをもう1回繰り返しています。

チチチチ.png
2行目を五線譜に直すと次のようになります。(本来、拍子はないのですが五線譜にするために便宜的に縦線を入れています。)

ララララ.png
今から一所懸命練習してもどうなるものでもありません。どう誤魔化すか、考えるのはそれのみです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

紛らわしいメール [パソコン]

楽天カードからeメールが届きました。それも同じメールが3通も。

楽天カード.png
「定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピューターウイルスにご注意を」という至極まともなタイトルです。

内容も怪しいところが見当たりません。
しかし、本文中にある問合せ用のURLをクリックしたとたんにウイルス感染というようなことになったら大変です。

発信元となっている楽天カードのホームページでお知らせ一覧を検索したところ、7月5日から27日の間にはこのような情報は発信されていませんでした。

Rakuten Card.png
取りあえずeメールに対しては何もしないことにしました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

盛大な昼食会 [生涯大学校]

生涯大学校の一学期最後の授業は午前中までで、午後は教室で学生主催の昼食会が開催されました。
参加者数、約100名ですから壮観です。

有志の幹事さんが御膳立てをしてくださっているのでreizanは会費を払って参加するだけです。

長机4脚を1セットにして10セットのテーブルが作られ、事前に決められた座席割に従って各自が席に着きます。
「100名近い人数だと1年以上経った今でも名前も知らない、話したことがないという人がいると思うので1テーブルに各班から1名ずつで座席を決めています。どうぞ交流を図ってください。」という幹事さんの挨拶がありました。

reizanのいちばん苦手な展開です。reizanが座ったテーブルには顔見知りが1人いましたが位置が遠すぎて会話はできません。あとは知らない人ばかりです。全員が同じ状態かと思ったら同じクラブ活動同士の人とかがいてそれぞれが親しそうに話をしています。reizanは会話に参加できず完全にaway状態でした。

仕方がないので仕出しの弁当をいただくことに集中しました。

P_20180724_122532_1.jpg
人見知りというのもありますし、ちょっとした口ぶりやしぐさで友達になりたい人かどうかを見抜けてしまうという特性も災いしてこういう場面に溶け込めません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

MRI [番外]

一か月前に腰痛が再発したときに、今度は手術になるかもと思って顕微鏡手術ができる遠くの病院の系列クリニックにかかりました。(手術となったときは隣の親病院に移ります。)

初診のときはレントゲンだけ撮ってもらいましたが、それだけではよくわからないということで一か月後にMRI検査を受けました。(MRIの予約が一杯で最短で一か月後待ちました。)

MRIの予約時刻が12:30、ドクターの診察が13:30の予約です。

Yahooの路線情報を調べたら、最寄りのバスから電車、そしてバスと乗り継ぐと1時間前の11時半に着いてしまいます。クリニックの中に入ってしまえば、涼しいラウンジで座り心地の良い椅子に座って待てるので路線情報の通りに行きました。

でも1時間前だと幾らなんでも早過ぎるだろうと思って持参の文庫本を読んでいたら15分前になりました。そろそろいいかなと思って受付に行ったら、「問診票と説明の紙をお渡ししているはずですが。」と言われました。一か月前のことですから良く覚えていません。

受付けの方の言いたかったことは、説明書に予約時刻の30分前に受付を済ますようにと書いてあったのです。
「受付けが遅れたので次の人と順番が逆になるかもしれません」と言われましたが、こちらは暇人ですから全然OKです。

MRIの受付に行ったら、12時半には入れませんでしたが、10分遅れで事前説明がスタートし、あとはスムーズに流れました。MRIが終わったのが診察の5分前でしたから次も待ち時間なしで良かったです。

よく知っている方が、先日MRI検査を受けておられて、「音がうるさいけど我慢できないことはない。ロックな感じ」と教えてくださっていました。
受付が遅れたことに気を取られてすっかりそのことは忘れていましたが、機械が動き出して最初は「トントントントン トントントントン」とか「ゴロゴロゴロゴロ」という感じだったのですが、最後はロックのビートでした。
初めてのMRIで費用のことが心配だったのですが思ったより安かったです。画像診断料が19,000円で自己負担が2割ですからMRIだけでは3,800円でした。

P_20180726_210514.jpg

結局、受付けが遅れたことで受診中の待ち時間は少なくなったのですが、最後に思わぬ伏兵がいました。
それは薬を受取るときのことです。
待ち時間25分というのは、ここでは経験したことのない待ち時間でした。

P_20180726_135036.jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

給水 [生涯大学校]

2018年7月23日、埼玉県の熊谷で日本の最高気温が更新されました。41.1℃です。人の体温だと家で安静にするだけでは済まない高温です。こんな環境で無事でいられる方が不思議なぐらいです。

テレビを見ていたらサッカーの試合の途中で休憩をとる様子が紹介されていました。前半と後半の間の休憩ではありません。試合途中の休憩です。2回目の休憩のときはベンチではなく、冷房の効いた室内で休憩していました。

昔、運動クラブでは、途中で水を飲んではいけないという指導がされていました。社会教育施設でも講義中に水分補給をするのは非常識とされていました。

若いころに参加した講習会で、受講生が講義中に水分補給をしたことがありました。講師の先生がそれを見て烈火のごとく怒りました。
「自分が水も飲まずに話しているのに失礼だ」と鬼の形相でした。
その時のことが刷り込まれて、講習会に参加するときに水分を持参することはありませんでした。

それが生涯大学校に入ったら、授業中でも構わないから水分補給をしなさい、暑いときは団扇を使ってもかまいません、と180度の変化を体験しています。どちらが良いかは自明の理です。

_znyD1gYpOBRO0G1532476762_1532477106.jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

フィッシング詐欺 [パソコン]

パソコンを使っていたら突然表示が変わりました。

Googleのロゴが有りますが怪しい内容です。

おめでとう.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

Google.png
《上三分の一の拡大》
『yowwinnerprize.comの内容
 おめでとうございます!
 Googleをお使いのあなた!
 本日の無料Movie Card Streming、ipad Air 2、Samsung Galaxy
 S6のいずれかの当選者に選ばれました。
 OKをクリックして景品をお受け取りください。そうしない限り別のユ
 -ザーに当選権が移行します!
                            OK  

見るからに怪しい文章です。「OK」をクリックしたら大変なことに巻き込まれそうです。
ところが「OK」以外にクリックする箇所が見当たりません。

困っていたのですが、上の方を見たらタブに「×」(赤丸印)がありました。これをクリックして事なきを得ました。

ネット検索をしたら、これはフィッシング詐欺だと教えてくだっている方がいらっしゃいました。(ここ
reizanが怖がって見なかったところまで入りこんで確認した結果を報告してくださっています。世の中には悪人もいるけど親切な人もいるということでバランスが取れているのですね。


共通テーマ:趣味・カルチャー

煮玉子 [料理の勉強]

最寄駅から帰宅する際のバス待ち時間に駅のコンコースにある商店を覗いていたらこんなのがありました。

P_20180719_065533.jpg
reizanが最近はまっている「煮玉子」です。「一度食べたら もうたまらん」というベタなネーミングが期待を高めます。5個入りで5百数十円です。原価率15%ぐらいですからちょっと高めかとも思ったのですが、夏祭りの模擬店で素人が作ったのを1個100円で売ってるからまあいいかと思って購入しました。

原材料の表示を見ると、

P_20180719_065750.jpg
鶏卵、醤油、砂糖、本味りん、鰹節調味エキス、食塩、調味料、酸味料が使われています。
(reizanレシピの場合は、鶏卵、ヤマニ醤油、蜂蜜、本味りん、白だし、日本酒です。)
早速一ついただいてみました。

P_20180719_070328.jpg
味も食感もreizanの好みとはちょっと違う感じです。味は醤油辛くて、長期保存の為か固ゆでしてあるので黄身がぼそぼそするし白身も固すぎです。次回購入はないと思いました。

唯一勉強になったのは、「もうたま卵」のサイズはS玉ですが、卵のS玉もL玉も黄身の大きさは同じといわれていることが現物で確認できたことです。

L玉の場合は白身の量が多くてそれは水分が多い為だと聞いたことがあります。
ということは、美味しい卵かけご飯を食べようと思ったら新鮮なS玉に限るということになりそうです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

うなぎの日 [B級グルメ]

7月20日(2018年)の土用丑の日に「うなぎ弁当」をいただきました。

P_20180720_174923.jpg
15日に「うなぎの会(三曲合奏研修会)」でうな重を食べたばかりですから一週間も経っていません。

ちょっと贅沢かなとも思ったのですが、近所のスーパーのチラシに国産うなぎ弁当1,480円(税別)というのが大きな写真入りで紹介されていたので、ついその気になってしまいました。

味も食感も、先日のうな重と比べて遜色なく、小ぶりなところが年寄り向きで良かったです。
土用丑の日を人はうなぎを食べる日として楽しみにしていますが、うなぎにとっては災厄の日です。命をいただくことに感謝してありがたくいただきました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

尺八の練習 [尺八演奏]

先日、うなぎの会(三曲合奏研修会)が終わったばかりですが、主催者の尺八の先生から半年後の課題曲の連絡がありました。

曲目は、
都山流尺八本曲:若葉
古曲:夕顔、今小町、笹の露
新曲:清水楽
の5曲です。
「今小町」と「笹の露」が奥伝曲で難しいのすが、reizanにとっては「今小町」がとくに難曲です。

主催者の先生は、「150回吹けば、吹けるようになるよ」と仰るのですが、それだけの数がこなせるか自信がありませんので、取りあえず100回を目標としました。

そのためには記録するものが必要です。
紙では管理が大変なのでExcelの表を使うことにしました。

小見出しは、「本番期日」と「曲名」、それに回数を示す数字という構成です。練習した都度チェックを入れます

繰り返し入力.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》
常にこのぐらいの課題曲数を抱えていますので真面目にやれば半日作業です。2回ずつだと勤務時代と同じぐらいの時間拘束されそうです。練習を開始する前からぞっとしますが、チェックの数が増えていくのを見れば励みになるのではないかと期待しています。

この表を作成するにあたって工夫したのはチェックの入力方法です。
セルにカーソルを当てて、キーを「tyekku」と打ってスペースキーを押せば、そのセルに「」が表示されます。
でも毎回それをすると考えたらうんざりします。

そういう時に役立つのがこの本です。

テクニック.jpg
2008年に完全版が出版されてからあとは出ておりません。対象はExcel2003、Word2003までとなっていますが、reizanが使っているExcel2010でも十分以上に役立ちます。

この本のなかでの該当項目は「繰り返し入力するデータをリストから選んで入力できるようにする」です。説明を読めば簡単なことですが、他にもたくさんの技があるのでこれだけを覚えることができません。

だから本を見ながら設定をしました。
普通はいくつかの項目をリスト化しておくのですが、リスト項目が1つでも問題ありません。

リスト.png
入力したいセルにカーソルを当てると、先ず下向きの三角形(2の下)が表示されます。そこで▼にカーソルを当ててクリックすると上のようにリスト(上の場合はのみ)が表示されます。
このチェックの部分にカーソルを当ててクリックするとセルにが入力されます。(間違えて入力した時のためには、リストの中にだけでなくブランクも入れておくという手もありますが、の入っていないセルをコピー・ペーストすれば良いと考えて簡単にしました。)
こんな便利な技がてんこ盛りなのが、「完全版Excel&Word 便利なテクニック ぜんぶ!」(宝島社刊)です。

もう書店には並んでいませんが、Amazonで中古品の購入が可能なようです。

ぜんぶ.png


共通テーマ:趣味・カルチャー

2か月ぶりの料理教室 [料理教室]

ガス会社が主催する月1回の料理教室に参加していますが、先月は急用で欠席したので2か月ぶりです。

今回のメニューは、
・鯖缶で作る冷や汁
・もやしとピーマンのチャンプルー
・オクラの肉巻き
・フルーツ白玉
でした。

冷や汁では胡瓜の輪切りを担当しました。冷や汁の場合は胡瓜の食感を楽しむのではないと思ったので1ミリぐらいの超薄切りにしました。

チャンプルーではピーマンのカットと炒めを担当しました。ピーマンカットは手分けしてやったのですがreizanのカットしたのが一番細かったです。自分としては、もやしと太さを揃えるイメージでカットしたのですが、その考えが正解だったかどうかはよくわかりません。

チャンプルーのとき、先生の教えで感心したのが豆腐の仕込みです。普通は沖縄の島豆腐を使いますが、今回は普通の木綿豆腐でした。キッチンペーパーで水を吸い出すのかと思ったら、水切りはしなくて良いと仰いました。

どうなるのかと心配だったのですが結果は大丈夫でした。どうしたのかというと、最初は普通どおりに具材を炒め調味料を加えましたが、途中で火を消して他の料理の作業に移りました。

10分~15分ぐらい放置していると具材の下に色の付いた水が溜まっていました。これは豆腐や野菜からしみ出した水で調味料も合わさった旨みが含まれています。

再び着火して具材を奥の方に押しやり、フライパンの具材が載った方を上げるように傾けると手前に水分が集まってきます。その水めがけて溶き卵を流し込み、オムレツを作る要領でトロトロになるぐらいまで固めたら具材と絡めます。

卵が水分を全部吸ってくれるし、旨みも吸ってくれているので卵本来の味以上に一層おいしくなります。この技を習得しただけでも参加した甲斐があったと思いました。今度、ゴーヤーチャンプルーを作るときにも活用しようと思います。

出来上がった作品群は次の通りです。どれも美味しかったです。

P_20180718_121428.jpg
《鯖缶で作る冷や汁》
冷や汁の胡瓜の厚みにばらつきがありますが、厚いのは他の方がきったものです。

P_20180718_121236.jpg
もやしとピーマンのチャンプルー
P_20180718_121250.jpg
オクラの肉巻き
オクラの肉巻きは、魚焼きグリルで焼いています。

P_20180718_121258.jpg
《フルーツ白玉》
小豆餡やフルーツの影に隠れてしまっていますが、その下に5~6個の白玉団子が隠れています。ここに砂糖1:水2のシロップをかけていただきました。

白玉団子は、白玉粉さえあればいつでも簡単に出来ることがわかりました。家でもチャレンジしてみたいと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

糖尿病 [生涯大学校]

写真は生涯大学校のトイレの壁です。小便器の上の位置になります。

P_20180717_125232.jpg
黒い点は汚れではありません。小蟻です。

場所がトイレですからお菓子のクズがこぼれているわけではありません。なぜ蟻が寄ってきているかというと、それは甘い尿のせいです。

学校は2年制で、1学年の人数が約100名。男性が約半分ですから全体では約100名の男性がこのトイレを利用しています。

なかに糖尿病の方がおられても不思議ではありません。蟻はその尿に惹かれてやってくるのです。天窓のところから入って一気に便器へと向かい、その帰りの行列です。

でも蟻はその上に緑色の地獄が待っていることを知りません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

テレビに先を越された [生涯大学校]

7月17日(2018年)は生涯大学校の登校日でした。

近頃、猛暑日が続いているので弁当を作る気にならず、昼食は簡単にトウモロコシにすることにしました。

reizanの目論見は、バスでJRの最寄駅まで出たら乗換の待ち時間に、駅前のイオンでトウモロコシを買って学校の学生用電子レンジで温めるということです。

それ以外に、班の皆さんにお裾分けするために小型のナイフと、ゴミを入れるためのポリ袋やレジ袋、それと楕円皿を持参しました。

12時に午前中の授業が終わったら弁当をチンする方がおられますから、それを待ってからトウモロコシをチンしました。
トウモロコシが2本だったので、700wで9分間チンしました。(700×9分=6300ですから、500wだったら6300÷500wで約12分半かかります。)

その後10分ほど待つと素手でさわれるぐらに冷めていますので、茎寄りの方にナイフを入れて切り離します。

P_20180717_181726.jpg
P_20180717_181838.jpg
次にトウモロコシの先の方のヒゲと皮をつかみ、両手でしごきながら実の部分を押し出します。そうするとヒゲが取れてきれいな状態のトウモロコシが現れます。

P_20180717_181937.jpg
生涯大学校の限られた条件の中でいかに変わった昼食が食べられるかにチャレンジするのもreizanの楽しみです。
最初が「醤油うどん」次が「カレーライス」でした。そして今回が「トウモロコシ」ですが、reizanがチンし終ったトウモロコシを持ちこんだら、複数の女性が「今朝のテレビでやってたのを真似てみたの?」といわれてしまいました。

reizan以外の人はマイカー通学ですから遅くまでテレビを見る余裕があるのですが、reizanは朝ドラの途中で家を出ます。だから、トウモロコシをレンチンするテレビ番組は見ていません。

思わぬ伏兵がいて二番煎じみたいになってしまいました。でも、お裾分けのトウモロコシは美味しいと皆さんに喜んでいただけました。
レンチンだと塩を使わないのでトウモロコシ自体が持つ甘みや旨みを味わうことができますからお勧めの方法です。


共通テーマ:趣味・カルチャー
前の30件 | -
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村