So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 
前の30件 | -

尺八の練習 [尺八演奏]

先日、うなぎの会(三曲合奏研修会)が終わったばかりですが、主催者の尺八の先生から半年後の課題曲の連絡がありました。

曲目は、
都山流尺八本曲:若葉
古曲:夕顔、今小町、笹の露
新曲:清水楽
の5曲です。
「今小町」と「笹の露」が奥伝曲で難しいのすが、reizanにとっては「今小町」がとくに難曲です。

主催者の先生は、「150回吹けば、吹けるようになるよ」と仰るのですが、それだけの数がこなせるか自信がありませんので、取りあえず100回を目標としました。

そのためには記録するものが必要です。
紙では管理が大変なのでExcelの表を使うことにしました。

小見出しは、「本番期日」と「曲名」、それに回数を示す数字という構成です。練習した都度チェックを入れます

繰り返し入力.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》
常にこのぐらいの課題曲数を抱えていますので真面目にやれば半日作業です。2回ずつだと勤務時代と同じぐらいの時間拘束されそうです。練習を開始する前からぞっとしますが、チェックの数が増えていくのを見れば励みになるのではないかと期待しています。

この表を作成するにあたって工夫したのはチェックの入力方法です。
セルにカーソルを当てて、キーを「tyekku」と打ってスペースキーを押せば、そのセルに「」が表示されます。
でも毎回それをすると考えたらうんざりします。

そういう時に役立つのがこの本です。

テクニック.jpg
2008年に完全版が出版されてからあとは出ておりません。対象はExcel2003、Word2003までとなっていますが、reizanが使っているExcel2010でも十分以上に役立ちます。

この本のなかでの該当項目は「繰り返し入力するデータをリストから選んで入力できるようにする」です。説明を読めば簡単なことですが、他にもたくさんの技があるのでこれだけを覚えることができません。

だから本を見ながら設定をしました。
普通はいくつかの項目をリスト化しておくのですが、リスト項目が1つでも問題ありません。

リスト.png
入力したいセルにカーソルを当てると、先ず下向きの三角形(2の下)が表示されます。そこで▼にカーソルを当ててクリックすると上のようにリスト(上の場合はのみ)が表示されます。
このチェックの部分にカーソルを当ててクリックするとセルにが入力されます。(間違えて入力した時のためには、リストの中にだけでなくブランクも入れておくという手もありますが、の入っていないセルをコピー・ペーストすれば良いと考えて簡単にしました。)
こんな便利な技がてんこ盛りなのが、「完全版Excel&Word 便利なテクニック ぜんぶ!」(宝島社刊)です。

もう書店には並んでいませんが、Amazonで中古品の購入が可能なようです。

ぜんぶ.png

2か月ぶりの料理教室 [料理教室]

ガス会社が主催する月1回の料理教室に参加していますが、先月は急用で欠席したので2か月ぶりです。

今回のメニューは、
・鯖缶で作る冷や汁
・もやしとピーマンのチャンプルー
・オクラの肉巻き
・フルーツ白玉
でした。

冷や汁では胡瓜の輪切りを担当しました。冷や汁の場合は胡瓜の食感を楽しむのではないと思ったので1ミリぐらいの超薄切りにしました。

チャンプルーではピーマンのカットと炒めを担当しました。ピーマンカットは手分けしてやったのですがreizanのカットしたのが一番細かったです。自分としては、もやしと太さを揃えるイメージでカットしたのですが、その考えが正解だったかどうかはよくわかりません。

チャンプルーのとき、先生の教えで感心したのが豆腐の仕込みです。普通は沖縄の島豆腐を使いますが、今回は普通の木綿豆腐でした。キッチンペーパーで水を吸い出すのかと思ったら、水切りはしなくて良いと仰いました。

どうなるのかと心配だったのですが結果は大丈夫でした。どうしたのかというと、最初は普通どおりに具材を炒め調味料を加えましたが、途中で火を消して他の料理の作業に移りました。

10分~15分ぐらい放置していると具材の下に色の付いた水が溜まっていました。これは豆腐や野菜からしみ出した水で調味料も合わさった旨みが含まれています。

再び着火して具材を奥の方に押しやり、フライパンの具材が載った方を上げるように傾けると手前に水分が集まってきます。その水めがけて溶き卵を流し込み、オムレツを作る要領でトロトロになるぐらいまで固めたら具材と絡めます。

卵が水分を全部吸ってくれるし、旨みも吸ってくれているので卵本来の味以上に一層おいしくなります。この技を習得しただけでも参加した甲斐があったと思いました。今度、ゴーヤーチャンプルーを作るときにも活用しようと思います。

出来上がった作品群は次の通りです。どれも美味しかったです。

P_20180718_121428.jpg
《鯖缶で作る冷や汁》
冷や汁の胡瓜の厚みにばらつきがありますが、厚いのは他の方がきったものです。

P_20180718_121236.jpg
もやしとピーマンのチャンプルー
P_20180718_121250.jpg
オクラの肉巻き
オクラの肉巻きは、魚焼きグリルで焼いています。

P_20180718_121258.jpg
《フルーツ白玉》
小豆餡やフルーツの影に隠れてしまっていますが、その下に5~6個の白玉団子が隠れています。ここに砂糖1:水2のシロップをかけていただきました。

白玉団子は、白玉粉さえあればいつでも簡単に出来ることがわかりました。家でもチャレンジしてみたいと思います。

糖尿病 [生涯大学校]

写真は生涯大学校のトイレの壁です。小便器の上の位置になります。

P_20180717_125232.jpg
黒い点は汚れではありません。小蟻です。

場所がトイレですからお菓子のクズがこぼれているわけではありません。なぜ蟻が寄ってきているかというと、それは甘い尿のせいです。

学校は2年制で、1学年の人数が約100名。男性が約半分ですから全体では約100名の男性がこのトイレを利用しています。

なかに糖尿病の方がおられても不思議ではありません。蟻はその尿に惹かれてやってくるのです。天窓のところから入って一気に便器へと向かい、その帰りの行列です。

でも蟻はその上に緑色の地獄が待っていることを知りません。

テレビに先を越された [生涯大学校]

7月17日(2018年)は生涯大学校の登校日でした。

近頃、猛暑日が続いているので弁当を作る気にならず、昼食は簡単にトウモロコシにすることにしました。

reizanの目論見は、バスでJRの最寄駅まで出たら乗換の待ち時間に、駅前のイオンでトウモロコシを買って学校の学生用電子レンジで温めるということです。

それ以外に、班の皆さんにお裾分けするために小型のナイフと、ゴミを入れるためのポリ袋やレジ袋、それと楕円皿を持参しました。

12時に午前中の授業が終わったら弁当をチンする方がおられますから、それを待ってからトウモロコシをチンしました。
トウモロコシが2本だったので、700wで9分間チンしました。(700×9分=6300ですから、500wだったら6300÷500wで約12分半かかります。)

その後10分ほど待つと素手でさわれるぐらに冷めていますので、茎寄りの方にナイフを入れて切り離します。

P_20180717_181726.jpg
P_20180717_181838.jpg
次にトウモロコシの先の方のヒゲと皮をつかみ、両手でしごきながら実の部分を押し出します。そうするとヒゲが取れてきれいな状態のトウモロコシが現れます。

P_20180717_181937.jpg
生涯大学校の限られた条件の中でいかに変わった昼食が食べられるかにチャレンジするのもreizanの楽しみです。
最初が「醤油うどん」次が「カレーライス」でした。そして今回が「トウモロコシ」ですが、reizanがチンし終ったトウモロコシを持ちこんだら、複数の女性が「今朝のテレビでやってたのを真似てみたの?」といわれてしまいました。

reizan以外の人はマイカー通学ですから遅くまでテレビを見る余裕があるのですが、reizanは朝ドラの途中で家を出ます。だから、トウモロコシをレンチンするテレビ番組は見ていません。

思わぬ伏兵がいて二番煎じみたいになってしまいました。でも、お裾分けのトウモロコシは美味しいと皆さんに喜んでいただけました。
レンチンだと塩を使わないのでトウモロコシ自体が持つ甘みや旨みを味わうことができますからお勧めの方法です。

ペーパーナイフを砥ぐ [道具]

日曜日の朝刊には別冊がついていて、そこには一週間分のテレビ番組表があります。

見逃せない番組をあらかじめチェックするのに便利です。マークしたところがわかるようにテーブルの上に置いておくのですが、番組表以外の部分は必要ないのでペーパーナイフで切り離します。



ところが、そのペーパーナイフの切れが悪くて切断クズが散らかって困ります。

P_20180716_093234.jpg


切断面が汚くて、残しておく方もゴミのようになっています。

P_20180716_094133.jpg
《砥ぐ前》
そこで、包丁砥ぎのときにペーパーナイフを砥いでみました。
この際切れ過ぎは禁物です。包丁と違ってラフに取り扱うことがありますから、当たっただけで切れるようでは困ります。
そこらあたりの加減がポイントです。

砥ぎは中砥だけにして、包丁のときに砥ぎ具合を確認する紙切り(紙を片手で持ち、もう一方の手で包丁を持って紙の縁に刃の元を当て、そのまま手前に引いていく。よく砥げているときは、包丁の刃で紙を切りながらすぅーっと引けます。)をして仕上がりを確認しました。

ペーパーナイフの場合はすぅーっと切れてはいけません。理想は、すぅーっと切れるちょっと手前ぐらいの仕上げです。
そこまでできたかどうかは分かりませんが、買ったときのままの状態よりは切りやすくなりました。

P_20180716_094718.jpg
《砥いだ後》

150回吹く [尺八演奏]

「うなぎの会」に参加しました。

正式名称は、〇〇会三曲合奏研修会ですが、いつも最後にうな重を食べてお開きとなるものですから、家人との間では「うなぎの会」で通じてしまいます。「今日は、うなぎの会に行ってくるよ」といえば行動内容と夕食はいらないというのがいっぺんに伝わります。

本来は尺八〇〇会社中の皆さんが絃方の先生を招いて合奏研修をなさるのですが、そこに加えていただいています。
reizanの場合は会場まで片道3時間かかります。朝6時半に家を出て9時30分に着いたら即開始です。

取り上げられる曲は、都山流尺八本曲が1曲、古曲が3~4曲、新曲が1曲ですが、古曲・新曲は1対1で合奏させていただけます。(1対1といっても実際には、箏、三絃、尺八の3人です。)

今回は、
都山流尺八本曲 秋晴
古曲 磯千鳥、深夜の月、楫枕
新曲 秋の初風
でした。

最近のreizanは、生涯大学校で習った「きょうよう」(今日用事がある)と「きょういく」(今日行くところがある)を実践しているものですから結構多忙であまり練習ができてなかったので、主催社中のお弟子さんと二人で演奏させてもらいました。

二人でやると片方がうっかり間違えても、すぐに正しい方に合わせられるので楽です。

会主の先生に伺ったら、前の研修会が終わったら2週間以内ぐらいに次の曲目を決めているので、次の研修会まで毎日1回、通算150回は吹きなさいとお弟子さんに指導されているそうです。道理でreizanが楽だったわけです。
reizanでも100回吹いた曲はそれなりに身につくのを実感していますから、150回練習すれば1対1も夢ではありません。

次の曲目が決まったら心を入れ替えて、毎日1回は吹くようにしようと思います。そして一番難しい曲を1対1で吹かせてもらおうと思います。

合奏研修の最後は、お待ちかねのうな重です。

P_20180715_174046_1.jpg
皇室関係の宮様も召し上がった(値段のランクは違うと思いますけど)といわれるうなぎ屋さんからの出前です。
うな重に肝吸い、そして香の物というメニューです。

reizanはうなぎの上に粉山椒を散し、うなぎを裏返して皮が見えるようにして食べました。見た目は身が上の方が美味しそうですが、実は皮の歯触りも捨てがたいことと、粉山椒が最初に舌に触れないようにする(先に触れると舌がマヒして折角のうなぎの美味しさがわからなくなるのを防ぐ)ためにわざわざ皮が上になるようにひっくり返しています。

前回のときに、テレビで仕入れたこの薀蓄をご披露したのですがどなたも真似されません。確かに、うなぎの蒲焼を皮の方から見るとグロテスクです。

日本版「コールドケース」 [テレビ番組]

reizanはBS無料チャンネルのDlife(258チャンネル)で海外サスペンスドラマをよく観るのですが、7月30日(2018年)から同局で日本版の「コールドケース」が放送されます。これは見逃せません。

元々の「コールドケース」はアメリカが舞台で、リリー・ラッシュという主人公の女性とその上司・同僚(未解決事件専従捜査班)が過去の未解決事件を解決していくという物語です。
なかには1960年代と思しき時代の未解決事件が取り上げられたりして、登場人物の服装や行動、そして背景に懐かしさを感じることもありました。

過去の人物が現在の本人と入れ替わる演出は過去に見たことがなかったので新鮮に映りました。
そのコールドケースが吉田羊さんの主演で放送されるというのですから観ないわけにいきません。(番組紹介はここ

P_20180713_113535.jpg

これまでも日本のミステリードラマで「コールドケース」を真似たものはあったのですが、どれも食い足りませんでした。現在は殺人罪の時効がなくなっていますから過去に遡って未解決事件を解決することも有り得る話として現実味を帯びてくるかもしれません。

ほかにDlifeでは、「ブラックリスト」「キャッスル」「Major Crimes ~重大犯罪課」なども好きです。

尺八でジャズ、ときにはラテン [尺八演奏]

今度の三曲研修会の課題曲に尺八だけの曲として都山流尺八本曲の「秋晴」(二部合奏)があがっています。
恥ずかしながらreizanは吹いたことがありません。(職格者になる前に免許皆伝という段階があるのですが、そこにあがるためには都山流尺八本曲をクリアしなければなりません。それがどうも漏れてしまっていたようです。)

こういう時は手持ちの音源を捜し、そこになかったらYouTubeに当たります。
今回、手持ちの音源にはなかったのでYouTubeで「尺八 秋晴」を検索しました。結果はYouTubeにもありませんでした。

でも、そこで表示された中に目を引くものがありました。

秋晴.png
「なぜ尺八でこんな演奏できるの?演奏者は県議会議長だった!!」
これは見ないわけにいきません。すぐに動画再生しました。(ここ
曲目は「枯葉」で、大人しめのジャズ演奏でした。

枯葉の動画が終わったら自動的に関連する動画の一覧が表示されますが、その中にこんなの(赤丸)がありました。(該当の動画はここ
ジャズの生演奏.png

「ジャズの生演奏」と紹介されているものの実際の内容はラテン系の曲でした。
最初が「リベルタンゴ」(タンゴ)、2曲目が「ベサメ・ムーチョ」。

ジャズを期待したらズッコケますが、演奏はアグレッシブで素敵です。特に左手を放すシーンはreizanが考えもしなかったパフォーマンスです。確かに都山流の「ヒ」の音(琴古流では「五のヒ」)だったら第1孔だけしか塞ぎませんから反対の手は自由です。

ただし、尺八の構え方の基本である3点支持の原則(①第1孔と第2孔の中間を親指と中指で挟む、②顎(下唇の下)に尺八の顎当たりを当てる、③反対の手の中指で第3孔と第4孔の中間を身体側に押す)からは外れていますので、尺八の位置がずれたり落としたりしないかとちょっと怖いです。

原曲に近いのでジャズといえるかどうかわかりませんが、「和楽器で本気のルパン三世!」も聞き応えがありました。
三味線を立てたような楽器は「胡弓」といいます。バイオリンのように弓で擦って音を出します。
昔はお箏の先生が「箏・三絃・胡弓」をこなしていましたから絃方だけで三曲の演奏ができたのですが、明治以降、尺八が参加するようになると胡弓を弾く人は少なくなりました。

胡弓といえば、おわら風の盆の「越中おわら節」の伴奏に使われています。哀調を帯びたその音色はなんとも言えません。尺八では表せない表現です。二胡の音色に似ていますが音階が違うからか中華風のイメージはありません。

落雁 [お菓子]

北九州市八幡東区(旧八幡市)出身のreizanが関東に出てきていろいろなカルチャーショックを受けました。

その中の一つが暦に関することです。
北九州のお盆は8月13、14、15日(いわゆる「旧盆」)が一般的でした。それがこちらでは、ひと月早い7月13、14、15日に行われることがあるのです。(でも、これは「新盆」(しんぼん)とは呼ばないようです。「新盆」は「にいぼん」と読みます。これは亡くなった人の霊が初めて帰ってくるお盆ということで意味が違います。)

といっても、関東のお盆は7月だけでなく旧盆でするお宅もあります。
これはreizanにとってはラッキーです。なぜかというと家庭で行う仏教行事が1回増えるからです。

「春の彼岸」、「7月の盆」、「旧盆」、「秋の彼岸」の4回になります。
この時はスーパーに霊を迎えるための品々が並びます。その中にreizanの好きな「落雁」というお菓子があるのです。
あの、粉っぽくて甘いところが好きです。

でも、日本一大きな製パン会社が出している落雁を食べたときはガッカリしました。砂糖を固めてるような感じでreizanが愛している落雁とは別物でした。

この度の7月のお盆に当たって、スーパーに別の業者さんが作った落雁が並んでいましたので、1パックを買い求めました。

P_20180712_173149.jpg
これは子どものころから食べていた落雁でした。

P_20180712_173214.jpg
パッと見、また同じメーカーかと思ったのですが2文字目が違っていました。

原材料を見ると、「寒梅粉・砂糖」と書かれています。
寒梅粉とは何か調べてみましたら、「もち米を蒸した後、薄い餅の状態にして焼き、それを挽いて粉末にし(ここまでものは「みじん粉」)、篩にかけてより細かにしたもの」だそうです。
(寒梅粉の説明は、ここここが詳しい。)

世の中には、うるち米を用いた「並寒梅粉」というまがい物みたいなものもあるらしいです。
今度から、買うときは必ず「寒梅粉」が使われていることを確認したいと思います。

生きるとか死ぬとか [推薦図書]

新聞の書評欄で気になる本が紹介されていました。

「生きるとか死ぬとか父親とか」(ジェーン・スー著、新潮社刊)のことです。

51Fnm51S76L._SX331_BO1,204,203,200_.jpg
20年前に母を亡くし、父は80歳、娘は40半ば。一時は絶縁寸前までいったけれど、いま父の人生を聞いておかなければ一生後悔する。父への愛憎と家族の裏表を描く普遍にして特別な物語。

なんとなく、2005年に出版された「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」(リリー・フランキー著)を彷彿とさせて読みたくなってしまいました。

「東京タワー」は、”泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険”と評判になった泣ける本でした。
「生きるとか・・・」はどんなんでしょう。

期待が高まります。

腰痛 [番外]

通年前、交通事故に遭ったときに加害車のフロント部で腰を打って腰痛を発症しました。(でも、当てられたときにはこけなかったので、警察官は怪訝な顔をしてましたけど。)

自宅から徒歩5分圏内に整形外科医院がありますから、そこにかかって牽引とか電気の治療を受けました。
こんなことで治るものかとずっと半信半疑でしたが3か月たった頃には痛みがなくなって治療を終えました。

そして快適な日々を送っていたのですが、再発したみたいです。

事故のときにX線写真を撮っていただいてドクターから腰椎椎間板ヘルニアになっていると言われましたが、完治してはいなかったようです。

今度は手術も視野に入れながら大きな病院にかかろうと思いました。前に、別の部位で腹腔鏡手術を受けて術後が楽だったので、もしも手術になったときも術後が楽な顕微鏡手術ができるところが良いと思いました
腰痛になってすぐに動くのは最悪ですから3日後の予約を入れました。

約60kmを70分ほど電車に乗って、それからバスに乗換です。
現地に着いたらこんなに大きな建物群がありました。

P_20180625_110223.jpg

でもここに見えているのは入院患者さんが入る施設で、外来患者はこの建物とは別のクリニックのほうで受診することになっています。
横の建物を先に見たものですから、小っちゃいというのが第一印象です。

P_20180625_110337.jpg
でもよく見たら6階建ての建物で結構立派です。

P_20180625_085615.jpg

中に入ったらホテルのエントランスを思わせる豪華さで、これはかなりの費用を覚悟しておかなけらばならないだろうと覚悟しました。でも、X線写真を数枚撮ってもらったのと予約料(税込)540円を含めても自己負担は2300円程度でした。これよりも交通費の方が高かったので笑ってしまいました。

クリニックの4階からの眺めでこのオーシャンビューですから入院したらもっと快適だろうと思いました。

P_20180625_102502.jpg
通院の前々日、クリニック行くことを知人に話したら「あそこは予約料を取られるらしい。」と、さも嫌なことのように仰いました。
それで少し不安を覚えていたのですが、でも行ってみたら予約料OKという考えに変わりました。

総合受付で予約である旨を告げたら、受診カードを作ってくれて次に行くフロアと窓口の番号を示されました。
指定された場所に行くとすぐに受付けてもらえて問診票を書くように言われました。
書き終えた問診票を指定のトレーに入れておいたら、すぐに診察室に呼ばれてドクターと面談です。

取りあえずレントゲンを撮りましょうということになり、指示された別階に移動し指示された番号の受付に行ったら、何番のドアの前で待つようにと言われ、どのぐらい待つのかなと思ったらすぐに呼ばれて、ささっと撮り終えました。

元のフロアに戻って、撮影が終わった旨を伝えると「診察室の前でお待ちください」と言われて、そちらに移動したら、すぐに診察室から呼ばれてドクターと話をしてこの日の受診を終えました。

クリニックに入ってから出るまでほとんど待ち時間ゼロです。
近所の内科クリニックでも3時間待ちの3分診療です。自分にとっての3時間は540円以上の価値があると思っていますから、待ち時間ゼロが540円で買えるのは決して高くはない思いました。

珍しい公示 [知識・情報]

新聞を見ていたらこんな公示が載っていました。

P_20180710_095828_1_1.jpg
《平成30年7月10日掲載》

珍しいと思ったのはreizanだけかもしれませんが、こういうのは勤務時代に官報でしか見たことがなかったので奇異に感じた次第です。

その後、調べてみましたら珍しいことでも何でもありませんでした。刑事訴訟法に定められた通りの仕事をしているだけでした。それも民間企業だったら仕事にスピード感が足りないと上司から叱られそうな間(約5か月)をおいての掲載です。(上告可能期間を考慮してもそれは確か2週間のはずです。それに遅れる理由が5か月先まで広告欄が予約で埋まってしまっているとは考えられません。もしそうだったら死亡広告も5か月先ぐらいになるはずですがそんなことは起こっていません。)

刑事訴訟法 第四百五十三条 再審において無罪を言渡したときは、官報及び新聞紙に掲載して、その判決を公示しなければならない。

ここでは、「官報または新聞紙」ではなく「官報及び新聞紙」と謳われていますから、新聞紙への掲載も必須だということがわかりました。

被告人として一旦疑いをかけられた人の名誉を回復するための措置ということですね。でも実際にそれですべてが何もなかった状態に戻るかというとそうもいきません。世間は案外冷たいものです。

それと、このケースの場合、誰が悪かったのかということも気になります。民間対民間の訴訟のようですから弁護士対弁護士で争って裁判所が判決を出したケースだと思いますが、一審で判事が誤審をしたのか被告側の弁証が不十分だったのか、なんだか釈然としません。

このカレーが美味しい [B級グルメ]

reizan宅の非常食として備蓄しているなかにレトルトのカレ-があります。

reizan宅は丘を削って造成した標高30mの高さの平地にありますので、水害も津波も先ず心配ありません。
可能性があるとすれば地震です。それと下屋に畳を敷いたようなぼろ屋ですから強風も心配です。

まあ災害被害に遭うことはないだろうとタカをくくっていますので、非常ではない時でも気まぐれに非常食のレトルトカレーを食べることがあります。

これが実に旨い。名のしれたメーカーの大量生産品のはずですが、この味は好きです。

P_20180616_155959.jpg
調理方法も簡単です。

P_20180616_160046.jpg
でも怖いから裏に印刷されている原材料名は見ないことにしています。

P_20180616_160022.jpg

白足袋 [尺八演奏]

YouTubeで素敵な演奏の動画を見つけました。

曲目は「尺八とフルートのための『三籟』」(山本邦山作曲)です。
尺八は藤原道山さん、フルートはサラ・ルメルさんの演奏です。(ここ

最初の静止状態で能舞台が映っています。

三籟.png
《YouTubeより》

そこで気になったのが足元はどうするのかなということです。reizanも、2度、能舞台で演奏したことがありますが、「白足袋」着用を厳命されました。理由は、足の油を白木の床板につけないためと伺いました。

1度はスーツ姿での演奏でしたが、足元は白足袋ですから見ている方には奇異に映ったのではないかと思います。

道山さんは着物でしょうから当然白足袋と思います。問題はサラさんのほうです。お名前から女性と思われます。

左の橋掛かりからサラさんが登場されました。足元が白く見えています。やがてそれが白足袋とわかります。
ロングドレスに白足袋。やっぱり変な組み合わせです。

よく見ると譜面台の足にゴムのキャップがあって床を傷つけないような配慮もされています。

床にシミをつけない・傷をつけないということを徹底して能舞台を守っているお陰で、次に使う人も気持ち良く使えるのですね。素晴らしい伝統だと思います。

今後の雨 [知識・情報]

西日本各地で記録的な大雨が降っています。

P_20180707_084430_1.jpg
《7月7日 NHKの番組より》

1時間に100ミリ、1日に400ミリの雨というと、1時間に10センチ、1日に40センチということですが、広い範囲に降った雨が狭隘地に流れ込めば嵩が増しますし、川が氾濫するとそれ以上の脅威が襲いかかってきます。
また、1時間に80ミリ以上の雨が降ると息苦しくなるような圧迫感、恐怖を感じるそうです。(ここ

テレビを見ていると右下のレーダー画面で雨の降り具合がよくわかるのですが、これを先に進めて未来の予測まで表示することがあります。

すごいなと思ってみていたのですが、実はこれはテレビ局専用のものではありませんでした。税金で運用されているので国民に広く開放されています。

情報の発信元は気象庁です。気象庁のホームページに入って「今後の雨」の文字をクリックすると見られます。

今後の雨.png
気象庁ー今後の雨(ここ

スマホでも見られるようです。

Screenshot_20180707-070805.jpg
Yahooの「雨雲の動き」は6時間後までしか見られませんが、こちらは15時間後まで見られますからより便利です。
大雨のときだけでなく、普段出かけるときにも使えるので「お気に入り」に登録しておきたいものです。

黒酢バランス丼 [B級グルメ]

出かけた先の駅ナカでユニークな丼が売られていたので、好奇心の強いreizanはすぐに買ってしまいました。
「黒酢バランス丼」というそうです。

P_20180706_183925.jpg

肉・野菜が入っていて彩りも良くて、いろんな弁当が並んでいる中で特に目立っていました。じっと見ていると、これが自分を買ってと訴えているように感じて買ってしまいました。

生涯大学校に持っていく弁当づくりの参考になりそうです。

一番最初に箸をつけたのは煮玉子です。最近食べた3つの煮玉子のなかではこれが一番おいしかったです。
でも、個人的にはreizanレシピの煮玉子のほうがもっと美味しいような気がします。

さきいか天ぷら [B級グルメ]

鶏の唐揚げや竜田揚げというと人気の食べ物ですが、reizanが大分に住んでいたときは「鶏天」というのをよく食べました。鶏肉の天ぷらです。最近はテレビなどでも紹介されてご存じの方が増えていることと思います。

最初に現物を見たときは「何、これ?」という感じでしたが、食べたら結構美味しくて、普通にあり得る食べ物の一つになりました。

現在は関東の片田舎に住んでいますので鶏天を食べる機会に恵まれませんが、スーパーに行ったときに、別のものが天ぷらになっているのを見つけたので思わず買ってしまいました。

P_20180703_123714.jpg
イカの燻製に衣をつけて揚げたような感じです。小麦粉のもっちりした食感の次に燻したイカの味が現れます。

燻イカ自体が高カロリーの食べ物ですから年寄りには向いていないのに、さらに衣をまとっているから本当は避けたいのですが、一度食べたら病み付きになってしまいました。

でも幸いなことにスーパーの定番商品ではありませんので「さきいか天中毒」になることはなさそうです。

茹でブロッコリー [レシピ]

マヨラーと呼ばれる人たちがいます。昔、アムラーというのもありましたがそれとは趣旨が違います。
食事のときになんにでもマヨネーズをかけてしまう人のことです。

reizanが信じられないのは、茹でブロッコリーにまでマヨネーズをかけてしまうことです。人の趣味は様々ですから文句を言っているわけではありません。ただ勿体ないなと思っているのです。

塩茹でしたブロッコリーはそれだけで十分美味しくて、ブロッコリーの味を存分に楽しめます。
それなのにマヨネーズをかけたりしたらマヨネーズの味が勝ってしまって、味わいという点ではブロッコリーは単なるベースの素材になってしまいます。

reizanも昔は茹でブロッコリーにマヨネーズをかけていたと思うのですが、それはもう刺身にわさびをつけるとか、おでんに和がらしをつける感覚でした。

でも、自分で料理をするようになってからは、ブロッコリー自体の味や食感を活かすにはどうすればよいかということを考えるようになりました。

そして行き着いたのが次のレシピです。

茹でブロッコリーのレシピ
材料
・ブロッコリー   1房
・塩       小さじ1.5
・水       600ml

作り方
1.16センチの片手鍋に水を入れ沸かし始める
2.ブロッコリーの房を保護するために残されている大きな葉を取る
3.ブロッコリーを流水で洗う
4.ブロッコリーの房を小枝ごと切り分ける。ひと口大を超えるのもは二つに切り分ける
5.小枝についている葉をむしり取る
6.茎の部分も中央から輪切りにし、茎を縦向きに置いて大胆に皮を削ぎ落とす(内側の白い筋が残らないように)
P_20180706_063807.jpg
7.もう一度流水で洗い、ざるに入れておく
8.鍋の中に、塩を入れてかき混ぜる
9.沸騰したら7を鍋に投入し、全体が水没するように位置を整え、蓋をする
10.タイマーで2分計って火を止める。
11.湯ごとざるに移し、冷めるのを待つ間に鍋に付いた塩をすばやく洗い落とす
12.冷めたら保存容器に移し、冷蔵庫で保管する

P_20180703_061854.jpg

ぜひこのやり方で作ってみてマヨネーズをつけずに食べてみてください。きっと新しい世界が待っていると思います。reizanが最初に食べたときがそうでした。

「おくりん坊」が便利 [パソコン]

reizanは趣味の関係で遠くの方と参考音源のやり取りをすることがありますが、その時に便利なのがフリーソフトの「おくりん坊」です。
おくりん坊.png
《HOMEのイメージ》
画像データでも容量の小さなものならメールに添付して送ることもできるのですが、相手に対して失礼にならない範囲といえばせいぜい2MBが限度です。

最近は3MBでも許されるところも増えてきているようですが、無難なのはやはり2MB以下でしょう。

ところが、音源のデータとなるととてもそんなものでは収まりません。では、SDカードやUSBメモリーに写して送るかというと、それではネット環境が活かせません。

そういう問題にぶつかったときに見つけたのが「おくりん坊」です。無料の会員登録をすれば2GBまでのファイルを送れるので大概の用事はまかなえます。

ただ、送ったのはいいけど相手の方が受取り要領をご存じないと、ファイルのURLを何回もクリックして、その都度ファイルを自分のパソコンに取り込んでいるのだけど、再生が出来ない(どこに保存されたかわからない。)ということがありました。

そこで、初めての方に「おくりん坊」でファイルを送る場合、別のメールで次の案内を送るようにしました。

おくりん坊説明.png
そして、メール本文には、「ダウンロードする際に保存場所が表示されますのでそれを覚えておいて、そこに保存されたファイル名をクリックしてください。それで再生されます。」という注釈を添えています。

その結果、どなたに送っても無事再生していただけるようになりました。

「オー・シャンゼリゼ」が「オー・シャンゼリゼ」になった訳 [知識・情報]

テレビの歌番組を見ていて、なるほどと思たことがありました。

「オー・シャンゼリゼ」という曲が生まれた経緯のことです。
「オー・シャンゼリゼ」といえばフランス人形のように愛らしいダニエル・ビダルさんが度々日本を訪れて歌っていたのが有名です。

フランス人のダニエル・ビダルさんが歌った「オー・シャンゼリゼ」ですから、reizanを含めて多くの人がフランスの曲と思っていたのも当然です。

でも、これには原曲があって、イギリスのバンドがロンドンの「ウォータールー通り」のことをほのぼのと歌った「ウォータールー・ロード」という曲でした。

ウォータールー・ロード.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

イギリスの「ウォータールー通り」がフランスの「シャンゼリゼ通り」の置き換わったわけです。
まあ、フランスでヒットさせようというのですからフランスらしいタイトルの方が良いというのはありますが、それ以外にもフランス人ならではの大きな理由がありました。

それは「ウォータールー・ロード」の原題を書くとお分かりいただけると思います。英語のタイトルはWaterloo Road」です。前段の部分をローマ字読みしてみてください。「ワーテルロー」となりますね。

実はフランス人は
「ワーテルロー」という言葉が嫌いなんです。

歴史を遡りますと、歴戦の英雄ナポレオンがフランス皇帝となったのち、再びのロシア遠征にて敗退、その後列強がパリに攻め入りナポレオンは降伏して流刑となりました。しかし、すぐに脱獄してフランスに戻り兵を集めます。

ナポレオンの天下が戻るかに見えたのですが、ベルギーのワーテルローの戦いでイギリス、プロシアの連合軍に敗北し、今度は流刑先のセント・ヘレナで亡くなってしまいました。

だから、イギリスのワーテルロー通りの歌なんか聴きたくもないのです。とテレビで解説されていました。

「絶品、煮玉子10個」のレシピが完成 [レシピ]

reizanがCOOKPADに「煮玉子」のレシピを投稿したのは随分前のことです。それには、煮玉子の作り方だけでなく、前工程のゆで卵づくりも載せていました。

ところが、レシピどおりにやってもゆで卵が上手く作れません。初回は、たまたまビギナーズラックに当たったのだと思います。

1、2個のゆで卵だったら絶対の自信があるのですが10個まとめて茹でるとなると時間の掛け方がなかなかつかめません。それに10個となるとできたものを食べきれうかどうかという問題もありますので簡単に実験ができません。

だから、その後、ゆで卵づくりの部分はレシピから外していたのですがそれが心残りでした。

ところが、今般、リンナイの蓋がガラスのご飯鍋を買ったことから閃きました。この蓋を流用すれば湯が沸いていく様子が見られることに気づいたのです。

φ200の浅鍋にガラス蓋を載せてみたらサイズがピッタリです。そうなると実験してみたくなります。

そんな時にちょうど良い機会がありました。今度、趣味の民謡尺八サークル(応援の箏・唄・踊りの方を含めて総勢14名)で特別養護老人ホームを訪問し、芸能ボランティアをすることになっています。

この施設は毎年訪問しているのですが、終わったあとでメンバーのお坊さんのお宅に寄って打上げをするのが恒例になっています。そこで、煮玉子の差入れをすることにしました。

お坊さんのご家族(二世帯)も含めると全員で20名になりますから、10個のゆで卵づくりを2回体験できます。

煮玉子は作ってから3日目ぐらいが一番おいしくなるので、本番の3日前に作ることにして、それから遡ること2週間前に10個パックの卵を2ケース買い求めました。煮玉子をつくる日が卵の賞味期限になるように調整したのです。(卵は、冷蔵庫で4か月、常温で3か月もつと言われていますから2週間ぐらいは平気です。ただし、中に菌が入ってしまった卵は賞味期限内でもダメです。これは運の問題です。)

あとの手順はここに詳しく紹介していますのでご覧ください。

今回解決したのは茹で時間の問題ですが、もう一つやり方を変えたことがあります。それは殻のむき方です。

普通は、①卵の横っ腹から剥きはじめる、②気室側から剥きはじめる、という方が多いと思いますが、reizanのは第③の方法で、殻の尖っている方から剥きます。尖っている方を固いものにコツンと当ててヒビを入れ、少量の流水に当てながらそこから剥いていきます。

気室の部分はいつでも簡単に剥けます。そこから尖っている方に向かって難しくなっていきます。だったら難しい方から簡単なほうに向かって剥いていった方が楽だと思ったのです。
先端が上手く剥ければ、あとは剥きやすい方に向かっていくわけですから大概上手くいくはずです。

今回20個の卵を剥きましたが、すべてがスルッスルッと面白いように剥けました。長年の懸案事項が一つ解決して少し良い気分になっています。

煮玉子が気になって [料理の勉強]

またまた煮玉子が気になって衝動買いしてしまいました。

P_20180628_115912.jpg
中央に見えているのはイラストではなくて煮玉子の現物です。白身の厚さの半分ぐらいが薄く染まっていますのでかなり味が浸み込んでいることが期待できます。

まわりは味付きごはんで、その中央を窪ませて半切りの煮玉子をおさめている構造です。
フィルムを剥がして食べてみました。
煮玉子の味は醤油辛かったです。reizanが歳を取って塩分少な目を心掛けているから、多くの人が普通と思っているしょっぱさでも舌に刺さるように感じてしまいます。
特に健康オタクというわけでもないのですが、味覚は慣れの問題ですから、早いうちから減塩に慣れておく方が良いのではないかと思います。そして世の中全体が塩分少な目になってくれると嬉しいのですが。

紫蘇とうもろこし [料理の勉強]

料理番組を見ていたら、次回は「とうもろこし」に「紫蘇」加えた料理を取り上げる予告がありました。

「とうもろこし」に「紫蘇」を加えるとどんな味になるのだろう?、と興味が湧いたので、スーパーに行ったついでにとうもろこし1本を買って帰りました。

紫蘇については、未開封のまま冷蔵庫の場所取りをしている「きざみ青じそ」を使ってみることにしました。

P_20180629_142425.jpg

自分で買ったものの使い道がわからず持て余していましたから絶好の機会です。

とうもろこしは皮をつけたまま500wの電子レンジで5分間チンし、その後、皮を剥きひげを取ってからきざみ青じそを塗っていただきました。

P_20180629_142407.jpg
食べてみた感じは、あり得ない味ではないけど、塩をもつけない素の味に慣れているのでちょっとくどい感じがしました。たまにやってみるのには良いかもしれません。

不審メールが怖い [番外]

不審メールの話をしようと思うのですが、その前に、ネットを通じてパソコン画面に見慣れない表示が現れました。

Googleアカウントに移動.png
これは訳が分からないので無視しました。
別の日に、今度もアカウントがらみで、Amazon名でメールが届きました。

アカウント.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》
「件名:  アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。」ということですが、もし何らかの理由で閉鎖する必要があるのなら即閉鎖して「閉鎖されました」と過去形になっているはずですが、そうなっていないのがまずおかしな点です。
そういう風に見ていくと、宛名アドレスがreizanの分だけでなく数名分が羅列されています。
Amazonぐらいの会社だったらプライバシー保護を重視するはずですから個人のアドレスを羅列することはあり得ません。

赤線を引いた部分には、「24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。」、「なぜこのメールを受け取ったのだろうか?」と書かれています。
日本語の文章としては変です。日本語が得意でない人か機械で自動翻訳したような文章で明らかに不審メールということがわかります。

いい加減にやめてもらいたいのですが、これからもシツコクやってくるのでしょう。
でも、一つだけやって欲しくないことがあります。それは「×」をクリックしたら怪しいサイトに誘導されるというしくみです。そんなものができたら世界中のパソコンがあっという間にウイルスにやられてしまいます。

価値の序列 [生涯大学校]

生涯大学校の授業でグループワーク・ゲームの「価値の序列」をしました。reizanにとっては何度目かわからないぐらい経験のあるものです。

「愛」から「自己実現」まで10個の言葉があって、価値が高いと思うものから順に番号をつけていきます。

最初の数分間で、自分が思う順番を記入します。その後、各自が自分の決めた番号を読み上げ、他の人はそれを記録していきます。

価値の序列.png

この時、reizanが出しゃばって再確認のための読み上げをしたため書き写し作業が遅いと講師から急かされてしまいました。それでも聞き間違えている人がいましたから、人は他人の言うことをうわの空で聞くものだということを実感しました。

さて、本題はこれからです。皆で話し合ってグループとしての順番を決めるというのが課題です。その際、各言葉ごとに順番の数字を合計して少ない順から順番を決めるというのはダメです。

グループとしての順番は、3・8・1・5・4・6・9・10・2・7に決まりました。
でも、グループとしての順番はどうでも良いことで、話し合ううちにお互いの価値観に違いがあることを知り、それを認め合うことに意義があります。

reizanが着目したのは次の赤丸印です。

価値の序列2.png
「愛」を「1」や「2」としたのは、乙女チックな雰囲気を持つ女性です。なんとなくご本人たちのイメージともあっています。

「正義」を「1」にした方に理由を伺ったら、子供のときから正義第一で育てられたそうです。「楽しみ」が「8」ということは、随分厳しく育てられたことが窺えます。

「富」が「1」の方はおられませんでしたが、高位の「3」にした方にお話を伺ったら「やはりお金は大事でしょ」という返事をいただきました。正直な方だと思いました。

「楽しみ」が「1」の方はいろんなことに関心を持って何でも上手にこなす方です。
「家庭」が「8」の方は、なにか事情を抱えておられるようです。でも学生同士はプライバシーに関わりませんので実情は知りません。

最後の「自己実現」はreizanともう一人以外は低い順位になっています。生涯大学校に勉強に来ているのに自己実現が低い順位というのは納得できなくて皆さんに理由を伺ったら、「だって、自己実現て言葉の意味が分からないんですもの。」だって。
「が~~~ん。」
(自己実現の説明はここ。reizan流の解釈は「自己実現=なりたい自分になること」)
確かに、ほかの言葉に比べたら一般的ではない言葉です。
「価値の序列」は、スタート時点で、全員が同じレベルで、言葉の意味を理解している必要があることを学びました。

手抜き曲げわっぱ弁当 [生涯大学校]

生涯大学校の登校日の前日に遠出をしたため、朝起きて、弁当づくりの気分が乗らず手抜き弁当を作って持参しました。

P_20180626_120020.jpg
主食兼主菜は「玉子焼きサンド」です。あとは、「ウインナー」、「茹でブロッコリー」、「ミニトマト」ですき間を埋めました。

実は、「玉子焼きサンド」は失敗作です。ラップで包んでいたのですが、ラップをかけるタイミングが早過ぎて、十分に冷めていなかったらしく、パンがネチッと固まっていました。

ここで一つ学んだことは、「玉子焼きサンド」にラップをするときは十分に冷ましてからでないとダメだということです。

失敗から学ぶのはいいのですが、これから先の余命を考えたらたくさんの失敗はできそうにありません。
だって失敗のあとに挽回が必要ですから2倍の時間がかかります。だから失敗は半分に抑えておかなければなりません。

食べ比べ [料理の勉強]

コンビニに立ち寄るのはバスの回数券を買うときぐらいのreizanですが、珍しく弁当を買い求めました。

P_20180625_134526.jpg
「鶏めしご飯」(かつおだし香るタレ付き)税込330円です。
別に鶏肉が食べたかったわけではありません。添え物の煮玉子に興味が湧いたからです。

だから煮玉子を最初に食べました。味はどうかと言うと、「う~ん。醤油辛い?」でした。

reizanにとってはやはりこちらの煮玉子の味の方が好きです。まあ自分が好きな味に仕上げてCOOKPADに投稿したものだから当たり前と言えばそれまでですけど。

チャドクガの成虫をみつけました [番外]

毛虫が好きという人は少ないと思いますが、なかでもチャドクガの幼虫の嫌われぶりは群を抜いていると思います。

毛虫の身体に見えている毛に毒はないのですが、それとは別に0.1ミリ~0.2ミリの毒針毛というのを持っていて、これに触れると、かぶれてかゆみが半年も続くそうです。
チャドクガのからだを離れて空中を浮遊しているものに触れてもアウトだそうですから近寄れません。

そんな嫌われ者のチャドクガの幼虫がreizan宅の生垣の山茶花にもいました。

P_20180519_161857.jpg
ひとたび見つけたらこれだけではないと思わなければなりません。
生垣の端から端までじっくりチェックして殺虫剤をかけて駆除します。

でも、これだけでは済みません。まだ幼虫になっていない卵もいるはずです。その気になって探してみたら芥子粒よりちょっと小さめの黒っぽい卵が密集しているのを何箇所でも見つけることができました。

これにも殺虫剤をかけましたが、すべてを駆除できたかどうかわかりません。

その結果は一か月後に判明しました。

P_20180624_103913_1.jpg
これがチャドクガの成虫です。reizan宅の玄関わきの壁に止まっていました。このことによって、完全駆除が出来ていなかったことを思い知らされました。
成虫にも毒針毛があるそうですから、とにかく近寄らないようにすることが一番の対策です。
だからカメラの倍率を最高にあげて遠くから撮りました。

チャドクガにも天敵がいるのですがそれがスズメバチというのですから、どちらも遠慮したいです。

1キロ太りました [地域活動]

所属する老人クラブが、有機団体である自治会の前会長の慰労会兼老人クラブ新旧役員懇親会を開催するというので参加しました。

前自治会長のご都合で前半の1時間を慰労会として、以後の時間が老人クラブ新旧役員懇親会として行われました。

前自治会長が就任される直前に大きな事故がありました。それが東日本大震災の津波による福島第一原発の事故です。
その結果電力料が値上げされ、前年まで約100万円/年だった防犯街灯の電気代が約200万円/年まで膨れ上がってしまいました。

100万円の負担増に対して他の支出をを切り詰めて乗り切りましたが、その後、LEDへの切り替えについて検討されて、前自治会長さんの大英断ですべての街灯をLEDに切り替えました。

その結果、防犯街灯電気代が約40万円/年まで下がり、毎年60万円の節約が積み重なってLED切り替えに要したイニシャルコストも取り戻しました。

今回は慰労会兼懇親会ですからお茶だけということはありません。女性役員さんが上手に遣り繰りしてくださったのとご芳志のおかげで、会費は1000円でしたがそれ以上のものが並びました。寿司だけでも会費の倍近くするそうです。

P_20180619_115814.jpg
P_20180619_115839.jpg
P_20180619_115915.jpg
このほかに、吸い物と、reizanが提供した佐藤錦と女性役員さんが買い求めたメロンも供されました。

P_20180617_093319.jpg

佐藤錦とメロンを食べるときに、うっかりメロンを先に食べたのは失敗でした。
メロンの甘みが強すぎて佐藤錦の甘みを弱く感じてしまいました。甘みの弱い方から先に食べるべきだったということを学習しました。
三人に一皿ずつ次のものも並びました。

P_20180619_121805.jpg
P_20180619_121814.jpg
飲み物は、昼間からビールが出たのですが、その後日本酒も振る舞われました。
なかでも人気があったのがこれです。

P_20180619_130132.jpg
P_20180619_130151.jpg
精米歩合35%ということは、あとの65%がどうなったのか気になります。
米粉パンとかに使われたのではないでしょうかという見解もありましたが、真相は不明です。

昼間からたらふく食べて飲んで、結果、翌朝体重を測ったら1.2キロも太っていました。大ごとです。
だから翌日は食事の量を極力抑えて、翌々朝には平常体重に戻りました。

調子に乗って度を過ごしてはいけないと分かっているのですが、ついに流れに任せてしまう弱い自分のせいで、いつも後始末に苦労します。

バッグ・クロージャーを捨てるのは勿体ない [便利グッズ]

「バッグ・クロージャー」という名前は聞き慣れない方が多いと思いますが、食パンの袋の口を止めるプラスチック片のことですと言えば、「ああ、あれか」とその姿を思い浮かべる方が多いと思います。

それほど見慣れたものですが、役目を終えたら単なるゴミとして始末されることが多いと思います。実際、reizanの場合は食パンを袋ごとパンケースに収めるので、役目を果たす前から捨てていました。

ところがネット検索していたら、この「バッグ・クロージャー」は案外優れもので、本来の用途以外でもいろいろ役立つと紹介されていました。(ここ

特に気に入ったのは、パソコンのUSBケーブルを見分けるための目印に使えるという点です。reizanの場合は、ICレコーダー、外付けスピーカー、プリンター、スキャナー、外付けHDD(2台)と、USBケーブルがタコ足配線状態です。

時々外すことがるのが、外付けスピーカーのケーブルですが、間違ってHDDのケーブルを外したりしたら大ごとです。

いつも外すときは冷や冷やしながら外していたのですが、「バッグ・クロージャー」を目印にすれば安心です。

取りあえず「バッグ・クロージャー」が1個しかなかったので、絶対に外してはいけない4TBの外付けHDDのケーブルに目印を付けました。

P_20180618_112807.jpg
これで、かなり大きなストレスが解消されました。

前の30件 | -
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村