So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 
設備関係 ブログトップ

ホテルのシャワーを真似てみました [設備関係]

reizan宅の入浴ルールは、最後に入った人が浴室の清掃をすることになっています。
洗い場と浴槽を浴室用洗剤で洗い、流水で洗剤を洗い流したら、使い終わったバスタオルで水分を拭き取ります。
だから最後の順番は人気がありません。

夏の暑い日に自分だけがシャワーを浴びたくなったときは、後始末も自分でやらなければなりません。
だから水に濡れる範囲を少しでも少なくしようと浴槽内に座ってシャワーを浴びるというやり方を思いついた人がいてreizanも真似するようになりました。

そこで思い出したのですが、ホテルのユニットバスの場合もシャワーを浴びるのは浴槽内です。そういえばホテルのシャワーハンガーは浴槽の短辺側の壁に付いていますので手で持たなくてもちょうど良い位置に吐水してくれます。
これを真似れば良いのだと思ってloftで吸盤式のシャワーハンガーを買って取り付けました。

 

RIMG2218.JPG

最初のうちは上手くいっていました。 吐水角度もバッチリです。

RIMG2219.JPG

ところが、吐止水ハンドルの操作が行き過ぎて、吐水量が増えて圧が上がりすぎると反動でシャワヘッドが起き上がってしまいました。(実際にやると周りが水浸しになるので写真は格好だけにしています。)

RIMG2220.JPG

これではまずいので固定式に取り替えることにしホームセンターに買いに行きました。一軒目に置いてあったものはすべて吐水角度が起きすぎていてダメでしたので、別の店を訪ねました。
そしたらTOTOのシャワーハンガーが置いてありました。これこそ望むものと思って買って帰りました。

 RIMG2221.JPG

そして、取り付け作業です。
磁器タイル用ドリルで壁に穴を開け、プラスチックのアンカーを打ち込みました。

RIMG2223.JPG

ここまで出来たら、あとはパッキンを壁に当て、そこにハンガー本体を押し当ててビスをねじ込んで止めるだけですから簡単です。

RIMG2224.JPG

ただ、取り付け終わってみると部品が足りないような気がします。既設のもの(これも自分で取り付けました。)を見たらビスの頭の部分にゴムのキャップが被さっています。これはゴムの突起部がシャワーヘッドの軸に接触してヘッドの回転(ずれ)を防止するのに有効なものです。

TOTOのCOM‐ET(建築専門家のための情報サイト)で検索してみたら、シャワーハンガーのTHY556は四種類あって数字の後のアルファベットで区別されています。そのなかにreizanが買ったのと似ていてゴムキャップの付いているものがありました。

reizanが買ったのがTHY556J(ゴムキャップなし)、そしてゴムキャップが付いているのがTHY556Fです。(JとFでは本体の奥行が違います。この差がゴムキャップの飲み込み代になっているようです。) 

http://search.toto.jp/kensakuou/ResultList.aspx?SITE=C&KWD=&KBN=&searchStr=THY556&sjis=1&whereFrom=0&isImg=1&isHaiban=1 THY556

どうせならTHY556Fを買いたかったと思うのですが後の祭りです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

シャワーハンガー取り付けの続編 [設備関係]

先日、本来の位置とは別に浴槽の上に壁にシャワーハンガーを取り付けましたが、その続編です。

reizanが取り付けたのはTOTOの補修部品ユニットTHY556Jでした。回転止めのゴムキャップが付いていなかったので調べてみたら、ゴムキャップがついているのはTHY556Fでした。

見た目、本体は同じものと思ったのですがネットから図面検索をしたら、前出寸法が、Jは48mm、Fは58mmで、10ミリも違っていました。

近所のホームセンターに頼んでいたゴムキャップ(1ケ50円)が入荷したので受け取りに行き、帰ってよく見たらやはりネジ穴の深さと見た目でも違っていました。

RIMG2259.JPG
《ゴムキャップの品番ラベル》

ノギスでネジ穴の深さを測ってみたら、そのまま入れたらゴムキャップの頭が出すぎてシャワーヘッドの軸と干渉しそうです。
そこで、ノギスの寸法を参考にしてゴムキャップの裾をカッターナイフで切りました。

それをネジ穴に収めたら良い感じです。

RIMG2260.JPG

ネジ穴から少し出ているゴムキャップの頭がシャワヘッドの回転やズレを止めてくれます。

RIMG2261.JPG

早速、あと1個を注文して完成させます。


共通テーマ:趣味・カルチャー

食洗機という乾燥機 [設備関係]

reizan宅には食器洗浄機があります。分不相応だと思うのですがそれを作っていたメーカーさんを応援する気持ちで購入しました。

取付はreizanがしましたが、最近台所に立つようになるまで我が家でもどういう使い方をされているか知りませんでした。

自分が食後の洗い物をするようになると実情が見えてきました。

そして、reizanが到達した結論が、「食洗機は乾燥機にしか使えない。」ということです。

夕食後の場合ですと、食器や鍋・フライパンを30分ほどかけて綺麗に手洗いし、その食器を食洗機に収めて1時間ほど乾燥させます。

その際に食器についた水が持ち込まれ、それが機内に溜まってきます。ドレン抜きのコックもありますが本体を持ち上げなければなりませんから普通には使えません。機内の水を抜こうと思ったら食器洗浄モードで動かすしかないのです。

そのときもやはり30分かけて綺麗に手洗いした上でやっています。食器を収納して洗剤を所定の箇所に入れ、蓋を閉めて、スイッチを操作します。

その結果がこれです。

RIMG2680.JPG

すすぎが悪くて洗剤が残っているのか、水垢のようなものがついているのかわかりませんがこのまま使う気になれません。だから再び手洗いをします。この時の手洗いほど無駄なことはなく悲しくなってしまいます。

一方、手洗いをして乾燥だけ使った場合は、こんな感じです。

RIMG2683.JPG

これだったらそのままで使えます。

この経験から得た結論は、ドレン抜きしやすい送風式の食器乾燥機があったらそれが一番便利だということです。送風式という条件を外して自然乾燥でもベターな選択に違いないと思います。

次に買い換えるときはそういう食器乾燥機かなと思っているのですが、現在市場に出ているものは容量が少なくて(二段式食洗機の下段分ぐらいしかなくて)、reizanの希望に叶うようなものが見当たりません。

reizanが知っている中では、こういう機器を開発している人が毎日自宅で食器い洗いをしているという例に出会ったことがありません。本当は、やっていると、こうして欲しいという開発のアイデアがどんどん出てくるのにもったいないことです。


共通テーマ:趣味・カルチャー
設備関係 ブログトップ
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村