So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

セブンプレミアムの調整ココアが明治から森永に替わっていた [B級グルメ]

一時期店頭から消えていた7&iの調整ココアをイトーヨーカドーで買い求めました。
2015年10月19日リニューアル販売ということでしたが、近所のセブン・イレブンには置いていなかったので諦めていました。

今般、イトーヨーカ―ドーのある地域に出かけましたので、もしやと思って覗いてみたら目当てのもがありました。

P_20160129_222506.jpg
《リニューアル後の7&i調整ココア》 

帰宅してからパッケージをよく見たら雰囲気が違います。デザイン変更がリニューアルかなと思ったのですが、念のため裏面を見たら製造メーカーが変わっていました、前は明治だったのですが、リニューアル後は森永になっていました。

m_1511040005.jpg
《リニューアル前》

P_20160129_222601.jpg
《リニューアル後》

リニューアル前のものは森永のよりも美味しかったから、わざわざ7&iの調整ココアを買っていたのに、なぜ変えてしまったのでしょう。
reizanの営業経験から推察すると、脂質以外の栄養成分の数値が下がっていますが、顧客の健康の為というよりもコストダウンが目的だったような気がします。

ちなみに前のパッケージはこんな感じでした。他のものを写し込まずにココアだけを正面に打ち出したデザインが好きでしたが、もう会うことはできません。

m_1511040002.jpg

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

絃との合奏対策 [三曲]

尺八で箏・三絃との合奏が決まったとき、reizan以外の皆さんは大抵が練習を重ねてとにかく曲に慣れるという方法を取られます。

reizanの場合は、先ず相手の手の内を知ろうとします。一応、理屈としては「彼を知り己を知れば百戦殆からず、彼を知らずして己を知れば一たび勝ちて一たび負く、彼を知らず己を知らざれば戦うごとに必ず敗る」に拠っています。

自分でも姑息だな思うのですが、演奏の緩急を耳だけで聴きとるよりも、譜に書かれていることを承知したうえで絃の音を聴く方が要点を把握しやすいので止められません。

特に、5月の定期演奏会で演奏する筑紫歌都子作曲「夢殿」と菊重精峰作曲「千鳥五重想」の尺八方の責任者になっていますので、絃方の情報も把握していないとまとめができません。

ということで、この2曲の絃譜を買いました。それぞれ左が尺八譜で右が絃譜です。

P_20160201_182214.jpg

P_20160201_204626.jpg

これから作業にかかりますが、まず最初は両方に小節番号をふります。そうしておくと後からワンポイントでチェックするときもすぐに対応できます。

次に、箏の調絃を尺八音符に置き換えてメモしておきます。

そして、このメモを見ながら一音ずつ絃符を尺八符に直していきます。

最後に、尺八譜と尺八譜に直した絃符を比較しながら、絃が休符で尺八飲みが演奏する拍がないかチェックします。(これが分かっていないと一緒に休んでしまって拍がずれてしまうことがあります。)

そこまでやって絃方の手の内が分かったら、あとはひたすら吹き込むのみです。下合わせ(リハーサル)や本番で上手くいくかどうかは、やはりこの吹込みの回数にかかっているようです。当たり前ですが多いに越したことはありません。

「千鳥の曲」とかだと演奏していて意識が飛んでいることがあります。上手くいっていると自分でも眠くなるのです。そしてハッと気がついたときにちゃんと流れに乗って演奏しているから不思議です。練習回数の少ない曲の場合は、なかなかそういうわけにはいきません。最後まで緊張しっぱなしで疲れます。


共通テーマ:趣味・カルチャー

再び、江戸東京博物館へ [生涯大学校]

reizanは生涯大学校に再入学しましたので最初の時と同じ授業を受けることがあります。今回の校外学習もその一つです。
江戸東京博物館を見学して、浅草で昼食をとって、防災学習施設で体験学習をしてというパターンです。

今日は、最初の訪問地の江戸東京博物館の報告をさせていただきます。場所は両国国技館のすぐ隣です。

前回の時に館内をくまなく見ていますので、今回はポイントを絞って重点的に見学しました。スタートは浅草にあった凌雲閣(12階建て)からです。この建物は現在の東京スカイツリーのような観光名所でしたが関東大震災のおりに倒壊してしまいました。

そういう展示から関東平野の被災状況などを見ながら歩を進めておりましたらこんなものがありました。

1602020003.JPG

「帝都復興祝歌」というタイトルから関東大震災の後の復興を祝う歌だろうと推測できます。

五線譜で書かれていると音が取れないものですから尺八譜に直してみました。譜面通りの音高にしようと思ったら1尺8寸管が合うのですが、メリ音が多く吹きにくいのでオクターブ高い音で1尺6寸管にも直してみました。#が1つまたは2つの時は1尺6寸管にすると吹きやすくなります。

帝都復興祝歌.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》



共通テーマ:趣味・カルチャー

恵方巻き [B級グルメ]

2月3日は、どこかの商売上手のたくらみに乗せられて「巻き寿司」食べる日になっているそうです。

reizanもその流れに乗って昼食に巻き寿司をいただきました。本来はその年の恵方を向いて、途中休まずに一本の巻き寿司を食べきってしまうという作法があるそうですが、後段の定めはreizanにはきついので、二種類の巻き寿司を三分の一ずつ切ってもらって、途中で、かき玉汁を飲みながら、休み休み食べました。

P_20160203_120014.jpg

一応、方角だけは南南東を向きました。なんのご利益も期待していないのでこんなものです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

校外活動の昼食&散歩(浅草) [生涯大学校]

生涯大学校の校外学習で両国、浅草方面に行った話の続きです。

江戸東京博物館の見学を終えて、我々の乗るバスは浅草浅草寺の東側、二天門に向かいました。そこで降車して、2時間半後にまたそこから乗車します。

貸切バスの乗降場所はそこに限られているらしくて、道路には大勢の中国人の方がおられました。道端には法輪功への弾圧に反対する掲示が並べられ、新聞を配っている方もおられました。本国では捕まってしまうので観光に来た人に訴えている様子でした。

reizanにも配ってくれようとしたのですが、いただいても読めないし粗末にすることになるので辞退しました。顔つきは中国系というよりも韓国系のはずなのに、いちいちそんなことは気にされないのかもしれません。

バスを降りたら中学生の修学旅行の中学生と同じで班単位の行動です。reizanたちの班は8名です。

先ずはお参りもせずに浅草寺の境内を抜けて、班長さんが予約を入れいている釜めし屋さんに向かいました。途中の「大黒家」という店の前にはすごい行列ができていました。こんな店は予約を受けないだろうし、並んだら昼食を食べるだけで時間を消化してしまいそうです。(後で調べたら天丼屋さんでした。ここ

釜めし屋さんは行列こそできていないものの店内はほぼ満席でした。壁際の席に「予約席」という札が置いてあって我々の席が確保されていました。班長さんの配慮でスムーズな進行です。
ところが、釜めしというのは注文を受けてから炊くので25分間は手持ち無沙汰な時間が生じます。どうなることかと思っていたら座持ちの良いメンバーが話題を切り出して25分間おしゃべりしました。

待ちに待った釜めしがこれです。

1602020008.JPG
《牡蠣釜めし》

ご飯の量が多くて、普段のreizanの食事の3回分もありました。値段もそれ相応だったので勿体ないから完食しました。

班長さんにその後の予定を伺ったら仲見世をぶらぶらしながらお土産を買って浅草寺にお参りをして集合場所に戻るということでした。残り時間はまだ1時間15分ぐらいありましたから、これを無駄に使っては勿体ないと思って班長さんの了解を取って単独行動しました。

新仲見世通りを西に向かって、国際通りを横切り、東本願寺の裏を通って、厨房器具や食器の河童橋道具街の通りに出たら左折して、屋上にコックさんの顔のあるビルを目印に進み、そこの交差点から地下鉄銀座線浅草駅に向かって進むと、ほどなく左手に目的の店が見えてきます。

「ブーランジェ ボワ・ブローニュ」という名前の小さなパン屋さんです。自家製天然酵母のぶどうパンを焼く日が火曜と金曜で、校外活動の日は火曜でしたから、目当てのパンが変えると思ってここを目指したのです。

なかには干しブドウがぎっしり入っていて重いのでハーフサイズと、それにもう一つ別のパンを買いました。

1602020019.JPG
自家製天然酵母のぶどうパン

P_20160204_081541.jpg
《トーストしたもう一つのパン》
(右下は自家製天然酵母ぶどうパンの端っこ

パンをトレーに載せていたらビニール袋に入ったパンの耳が目に入りました。これでコロパンを作ったら美味しいだろうとおもってそれもトレ―に載せました。

パンの耳だけで食パン1斤半ぐらいの量があったのに、なんとパンの耳はサービスだそうです。ラッキー。

翌日、「極(きわめ)」の炒め鍋でコロパンを作りました。

ひと口大に切ったパンの耳を焦がさないように返しながら30分ほど炒ります。(極めの炒め鍋は熱効率が良いのでずっと弱火でした。テフロン加工のフライパンだと中火以上だと思います。)

foodpic6744589.jpg

火を止めたら一旦パンを取り出します。そして焦げたパンくずをきれいに取り出します。

再び火にかけ、砂糖大さじ1と蜂蜜大さじ1をかき混ぜながら溶かします。粉っぽさが無くなったらパンを戻して全体に絡めます。

foodpic6744593.jpg

その後は火を止め、団扇であおいではかき混ぜを繰り返して冷まします。完全に冷めたらビニール袋に移して、蓋つき保存容器のなかに入れます。

あとは食べたい時につまみ食いします。カリカリして美味しいです。(パンのフワフワした感じが残っているとしたら炒り方が足りません。)


共通テーマ:趣味・カルチャー

京都からの挑戦 [知識・情報]

新聞の夕刊てほとんど読むところがないので見出しだけ見て読み飛ばすことが多いのですが、この日の夕刊は違っていました。広告に目がとまってしっかり全部読んでしまいました。

P_20160205_211320.jpg

京都大学附置研究所のシンポジウムらしいです。まともにチャレンジしても京大には入れませんのでこういう機会に話を聞くのも良いと思います。すぐにネットで申し込みをしたら折り返しで受講票がメールで届きました。600名のなかの一人になれたということです。

プログラムは次のようになっていて30分単位でいろんな話を聞かせてもらえるようです。

P_20160205_202702.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

米国のTEDみたいな感じになるのかなと想像しています。生涯大学校のグループ活動の発表はこの前に終わってしまっていますが、再入学したらまたグループ活動をして発表がありますのでその時のために参考になるだろうと期待しています。

また、会場が品川ですから帰りに、「魚がし日本一」エキュート品川サウス店に寄って安くてうまい鮨も食べられそうです。
何しろ平均客単価1,500円ですから懐に優しいです。(ただし、立ち食いです。)


共通テーマ:趣味・カルチャー

「和の音、和の声、和の心」其ノ九を聴きに行きました [音楽鑑賞]

代々木上原のムジカーザに「和の音、和の声、和の心」其ノ九を聴きに行きました。

和の音、和の声、和の心 2016.2.5_0001.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》


このライブは坂田梁山さん、坂田美子さん、稲葉美和さんの三人が、東日本大震災・津波の被災者の人たちを支援する出前コンサートの資金調達の目的で始められたライブです。

1シーズンに3回ずつ開催されていますので今回は3シーズン目の最終回です。配布されたプログラムにも書かれていましたが年3回ということは4か月に1回毎にコンサートがあるということです。
それも常連のお客さんが多いので前回と同じとか前々回と同じというのは出来ませんから結構しんどいはずです。
でも、このライブでの演奏した曲の蓄えは先で宝物のようになってくると思います。

時代小説の人気作家の佐伯泰英さんがラジオで仰っていましたが、ミステリ作家として出版社からダメ出しをされて時代小説に転向するとき剣術の知識は全くなかったそうです。しかし、カメラマンをしていたときにスペインに住んで闘牛を撮っていたので闘牛士と牛の間合いを何度も見ていたそうです。命を懸けた真剣勝負を間近に見た蓄積があったので時代小説が書けたそうです。

「和の音、和の声、和の心」のライブは昼夜2回公演で、今回も昼の部は満席だそうです。
帰りに、満員御礼ということでチョコレートをいただきました。

P_20160205_221146.jpg

P_20160205_221217.jpg
《ガトー・フェスタ・ハラダさんのチョコレート》 

それと、サラエボ出身のヤドランカさんが御病気とのことで支援のためのCD(500円)を1枚買わせていただきました。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

喉を開くコツ [尺八演奏]

尺八を演奏するときの呼吸は腹式呼吸ですが、それに加えて「喉を開く」ということが大切です。

ところが初心者の方には、この喉を開くというのがなかなか実感できないようです。
伝える方も感覚的な言葉で説明しますから、それでますますわからなくなってくることがあるようです。

外形的には喉仏が下がった状態になっていれば、喉は開いています。

    喉仏が下がった状態 = 喉が開いている

練習を重ねた結果reizanは喉仏を自由に上下させることができるようになりましたので、そのコツをお伝えしたいと思います。すべてを言葉だけで表現しますが、多分わかっていただけると思います。(もしかしたら女性の場合は使えない手かもしれません。)

まず最初に逆の状態、つまり喉が絞まっている状態を体験してみましょう。

    喉仏の辺りに手を当て、唾をゴクンと飲み込んでください

喉仏が上がっていくのがわかると思います。その上がりきったところが「最高に喉が絞まっている状態」です。

そのとき中でどういうことが起こっているかというと、気管の入り口が喉頭蓋という蓋で閉じられています。
喉頭蓋と喉仏は連動していて、喉頭蓋を閉じると喉仏は上がり、喉頭蓋を開くと喉仏が下がる構造になっているのです。

    喉が開いている = 喉頭蓋が開いている = 喉仏が下がっている

このことがわかれば喉仏に手を当てているだけで喉頭蓋の状態がわかります。

しかし、実際には喉仏に手を当てながら尺八を吹くのは無理ですから、喉を開いたときの喉の感じ(喉が広がったように感じます。)をつかむ必要があります。

その動作は簡単です。喉仏に手を当てて、落語家さんが蕎麦を啜るときの真似をしてみてください。
喉仏が下がって、喉の辺りに若干の緊張感を伴いながら、なんとなく普通に呼吸しているときよりも開いている感じがわかると思います。それが喉が開いている状態です。

ここのまでことは簡単でしたがこれからが難しくなります。
息を吸い込む動作で喉を開くのは練習なしでできます。でも、尺八を吹くのは息を吸うのではなくて息を吐かなくてはなりません。

そのときに、ほとんどの人が無意識のうちに喉を絞めてしまうのです。そうです、尺八を吹くときの喉を開くというのは意識しないとダメなのです。

蕎麦を啜るときの喉のなかの感じはこうだったなと意識しながら息を吐くのです。この意識しながら吹く練習をしていればそのうちに、いつでも喉を開いた演奏ができるようになります。頑張ってやってみてください。



共通テーマ:趣味・カルチャー

尺八アダプター [尺八改造]

尺八というのは単純な構造(真竹の節を抜いて、歌口と顎当たりの加工をして、表に四つ、裏に一つ孔を開けただけ)ですが、それだけに鳴らしにくいというのは多くの方がご存知です。

その尺八が吹く人の顎・唇の形にフィットしていれば薄く息を吐くだけで鳴るというのがreizanの持論です。でも、実際にフィットする尺八と出会うこと自体が砂浜で胡麻粒を探すぐらい難しいことです。

それで気の短い人は自分を竹に合わせるのではなく、尺八を加工して自分に合わせます。reizanは尺八を加工するタイプです。

だから尺八の加工に関しては常に意識の底にアンテナをはっているのですが、今月受け取った所属流派の会報に、東京に居た時にお世話になった先輩の先生が尺八アダプターに関する投稿をされていました。

学校ボランティアで尺八吹奏の体験をしてもらったときに必ず音が出ない人がいます。それがかわいそうだからアダプターを使って取りあえず音が出せるようにしましょうというアイデアです。

市販品にこんな尺八アダプターがありますが、これだとメリもカリもできないリコーダーになってしまいます。

尺八アダプター.jpg

アダプターの材料は牛乳パックの紙で、型紙も紹介されていました。
こういうのはすぐにやってみる派ですから、資源ごみに出すために溜まっている牛乳パックでチャレンジしてみました。

紙面が限られているため詳細の説明はなく、紙を切った後の組み立て方に不明なところがありましたが、ここはこうかなと思うとおりに組み立ててみました。だから原作者のアイデアとは別物になっているかもしれません。

P_20160207_101022.jpg

多分、やりたいことは尺八をホイッスルのように吹けば鳴るようにしてしまうということだろうと思います。

reizanが知っている方法ではこういうのもあります。

P_20160207_102247.jpg

本来は、自分の顎から下唇にかけての皮膚で塞ぐはずのところを紙で代用しています。このぐらいはきちんと塞げそうですが実際には隙間が空いてしまう人を何人も見てきました。この部分に隙間ができると尺八は鳴りませんから基本の”き”です。

それと、紙の縁が歌口の頂点から3mmぐらい後退しているところも大事なポイントです。歌口の頂点ぎりぎりまで塞いでしまうと音は鳴りません。

この上から見た時の開口部の面積が狭くなると音律は下がりますし、開口面積が広くなると音律は上がります。これが沈り(メリ)、浮り(カリ)になります。



共通テーマ:趣味・カルチャー

南瓜の煮物の味が違っていた [料理の勉強]

南瓜の煮物はreizanの得意料理の一つでCOOKPADにも投稿しているほどです。(ここ) 

いつもはレシピに書いている通りの順番で調味料を入れいていたのですが、勉強の為に順番を入れ替えたら、すっかり違う味になってしまいました(南瓜の種類はいつもと同じです。)。家人に訊いたらいつもと変わらないという返事でしたが、やっぱり違うと思います。

foodpic6757042.jpg

変えた手順は、水→砂糖の順番で入れるところを、砂糖→水の順番で入れたのです。

前者の場合は砂糖のほとんどが南瓜の上に載ったままになっていますが、後者の場合は砂糖が水に洗われて全部が溶けて砂糖水になります。

で、味はどうだったかというと、後者のやり方だと少し醤油辛くなったように感じました。砂糖水から南瓜に甘味が移るのと直にかかている砂糖から甘みが移るのでは違うのではないかと思いました。

そういえばヨーグルトを食べるときの砂糖でも甘味に違いを感じる出来事がありました。
ヨーグルトを食べるときに砂糖や蜂蜜をかけますが、かけた砂糖がよく馴染むようにとかき混ぜたことがありました。
そうしたら全然甘くなかったです。

こちらは多分、舌の甘みセンサーに砂糖が触れにくくなったためだと思います。
それ以来、ヨーグルトにかけた砂糖をかき混ぜる愚はしないことにしています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

ScanSnap [便利グッズ]

良く知っている人が年賀状の整理に便利だからと富士通製のScanSnapを貸してくださいました。

P_20160210_064427_HDR.jpg

年賀状を表裏で2回通すとそれぞれの画面を大きな紙に詰めて貼っているイメージで何枚分も取り込んでくれるそうです。
使うときはUSB端子をパソコンに差し込んで、蓋を開いて使います。

P_20160210_064646_HDR.jpg

reizanはCanonのスキャナーを使っていますが、取り込み速度はお薦めのScanSnapの方が断然速いです。

ただ、難点は一枚ものしかとれないことです。冊子などはできません。
それに価格もreizanの懐には厳しすぎます。

iX100FI.png

せっかく薦めていただきましたが、reizanはスキャナーで我慢することにします。いただいた年賀状も紙で保存して困らないぐらい少ないですから。


共通テーマ:趣味・カルチャー

良く知っている作曲家さんの新譜が出版されました [音楽鑑賞]

reizanが昔から良く知っている安藤寛子(通称:あんひろ)さんという作曲家の新譜が1月15日(2016年)にMIELA HARMONIJA(ミエラ ハルモニヤ)から出版されました。

ひとに手紙を・・・.jpg

今までに出版されたあんひろさんの作品は合唱曲だけでしたが、今回は「ひとに手紙を・・・・・・」という独唱曲(ピアノ伴奏付)です。
「ひとに手紙を・・・・・・」は詩人の新川和江さん(産経新聞の「朝の詩(うた)」の選者)の詩に曲をつけたものです。

元々は高声用(最高音G)の曲だったのですが、多くの人が歌えるように低声用(最高音E♭)も収められているそうです。
参考音源(高声)はここにあります。

出版社のサイトでは次のように紹介されています。
晩夏の静かで繊細な情景が描かれる詩に対し、寄り添うような静かなピアノと甘いメロディーと、感情が盛り上がる部分のエネルギッシュな展開との対比が印象的な楽曲です。
合唱団内のソロコンサートなどでの選曲に最適です。

今のところ出版社からの直販ということですから、楽譜を入手するにはここから「お問い合わせフォーム」に入って情報およびメッセージを入力の上送信して、出版社からの返信を待つというスタイルのようです。

同名の曲は、中島晴子さんの「夢のうちそと」という楽譜集(音楽之友社)の中にもあります。
夢のうちそと.jpg


こちらも新川和江さんの詩ですが、タイトルが「ひとに手紙を・・・」となっていて点の数が違います。あんひろさんにお尋ねしたら原詩は点が六つだそうです。

聴き比べると面白いと思うのですが、こちらはYouTubeの音源はありませんでした。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「千鳥の曲」の山田流と生田流宮城派の違い [三曲]

筝曲の「千鳥の曲」は百回以上吹いていますから指にも頭にも馴染んでいる曲ですが、今更ながらということに気づきました。

最近は山田流の先生と合わせることが多いのですが、今回、ボランティア活動で生田流宮城派の先生と一人で合わせなければならなくなりました。何回も下合わせをしているのですが、そこで山田流とは違う部分に気がつきました。

演奏していてなんとなくずれたような気分になるところがあるのです。以前にも生田の先生と合わせることは何度もあったのですが、自分が未熟だったのか、その他大勢の立場だったのか、その時には全く気付いていませんでした。

こういう時は音譜を調べるのが一番です。
都山譜と宮城譜を比較したらいっぺんに疑問が解消しました。3拍の間だけわざと半拍のずれが作ってあったのです。

問題の箇所は赤枠のなかです。

P_20160211_180855.jpg

 

箏譜を見たら半拍遅れで同じ旋律を弾いています。そして4拍目では全く同じに戻っているのです。

千鳥 箏.png

このことさえわかれば、あとは自信を持ってハの音を吹きだせばよいだけです。
演奏しながら半拍ずれているのがわかりますが、正確に半拍ずれていれば4拍目できちっとはまりますから演奏していて楽しくなります。

この確認をしなかったらいつまでたっても合わないと落ち込んでいたことだろうと思います。reizanのやり方は邪道ですが手っ取り早いからやめられません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

いつの間にか常識が変わっていました [小ネタ]

いつも利用しているJR東日本の電車ですが、3人掛けの優先席がすべて空いていたのでそこに座りました。
そして何気なく向かいの窓を見たら、こんなシールが貼られていました。

P_20160212_1623152.jpg

「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください。」と書かれています。

ちょっと前までは「混雑時には」の文言はありませんでした。
調べてみたら2015年10月1日からこういう表現に変わったらしいです。しかし、混雑時に電源を切らないといけない理由については明確な説明がないため意味が良くわかりません。

携帯電話が心臓ペースメーカーに悪影響を与えるという、今では都市伝説のような理由で、優先席付近では電源を切るが常識になっていました。
それが、携帯電話が心臓ペースメーカーに与える影響は小さいとして、2014年1月には総務省が指針を緩和しました。

最近の携帯で調査した結果では影響が出た最長の距離は3㎝だったそうです。心臓から体表までの寸法を考えたら3㎝というのは実際には影響なしというのに等しいぐらいです。

表示が変更されたときから遡ること10か月前に、正義感に燃える61歳の男性が優先席付近で携帯電話をかけていた女性に対して「降りろ」と注意したものの女性が応じなかったため、ドアが閉まらないように電車とホームに足をかけ運行を遅らせたという罪で逮捕されたという事件がありました。

事件が起こったのは総務省の指針が変わってから1年後です。電車内の表示が変わったのは指針が変わってから1年10か月後です。素早く対応していれば61歳の男性も正義感に燃えるのこともなかっただろうにと思うと残念です。

「混雑時には」というのは鉄道会社の免責の文言みたいです。本当に徹底したい内容だとすれば表現があいまい過ぎます。
一応言うだけは言っています、というよくあるパターンです。実際のところは、電車の中ではどこでも携帯電話の電源を切る必要はない、と言っているようなものです。

ただし、トラブル防止のために公共交通機関ではマナーモードにはしておいた方が良さそうです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「怪我の功名」でシャキシャキのきんぴら牛蒡が更に美味しくなりました [料理の勉強]

趣味の尺八サークルのメンバーと一緒に「高齢者の集い」にボランティアで出かけて出前演奏をしました。
会場は隣の市のコミュニティーセンターのホールで50名ぐらいの方が聴いてくださいました。

プログラムは次のとおりです。
  1. 飛躍
  2. ひえつき節
  3. 六段の調
  4. 舞踊 剣山
  5. 千鳥の曲
  6. 白浜音頭
  7. 花笠音頭
  8. 舞踊 荒城の月
    P_20160213_111540.jpg
                《舞踊 荒城の月の舞台》
  9. 絵日傘に寄せて
そして、会場からのアンコールの声にお応えして
  10.北国の春
を演奏し、会場の皆さんにも一緒に歌っていただきました。

司会者の方からの「初めての和楽器演奏のプログラムでしたがどうでしたか。」 の問に、「よかった―。」の声があがって、それまでの疲れがすっかり吹き飛びました。

今回のボランティアは、サークルメンバーのコーディネーションで、終了後はそのメンバーのお宅で昼食をいただくことになっています。
奥様が10数名分の食事を作ってくださるので大変です。それでreizanは少しでも役に立てればと思って、一品持参しますと申し上げておりました。

大根の千枚漬けを作ろうと思っていたのですが、柚子の旬を過ぎてしまったらしくどこにもなかったので、きんぴら牛蒡に切り替えて作りました。

レシピはCOOKPADに投稿したreizanレシピです。もう何回も作って手慣れていますから大丈夫と思っていたのですが、思わぬ大失敗をしてしまいました。

きんぴら牛蒡ができたら最後にバットに広げて炒り胡麻を振り掛けて団扇であおいで冷ますのですが、炒り胡麻と間違えて胡麻ふりかけをかけてしまったのです。

バットと炒り胡麻のパックを食卓に置いて、団扇を取りに行って戻ってきたときに、何の疑いもなくreizan宅に逗留している人がご飯にかけるために置いている胡麻ふりかけ(reizanの炊いたご飯がおいしいからほとんど使われていないようです。)のパックを手に取ってしまったようです。

振り掛け終わったところで気づきましたからどうしようもありません。一品は持っていかないといけないので、後追いで炒り胡麻も振り掛けました。

果たしてどういう味になったか恐る恐る食べてみたら、なんとreizanレシピよりももっと美味しくなっていました。
間違えた胡麻ふりかけと本来の炒り胡麻はこれです。

P_20160212_205930.jpg

胡麻ふりかけのパッケージを見たら、かつお削り節入りしょうゆ風味と書いてありました。これが美味しさを増す素になったみたいです。こういうのて怪我の功名といっていいでしょうか。

P_20160212_210015.jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

門灯が生産終了になっていました [雑感]

reizan宅のような小規模住宅でも、一応、保安の為に家の周りに結界を作っていて出入りの用の門があります。

玄関灯をLEDに変えてからはそちらが不夜城のように明くなって門灯を点ける必要が無くなったのですが、夜、お客様が車でみえた時、駐車場に車を入れる際に側面が陰になって暗くなるためその時だけ門灯が必要になります。

P_20160214_145427.jpg

ところが久しぶりにスイッチを入れたら全く無反応です。取りあえず点灯管だけ変えてみたのですが反応しません。
これは蛍光管(円形9形)を換えるしかないと思ってホームセンターに買いに行ったのですが、前に買ったときの陳列棚に見当たりません。
店員さんに訊いてみたらそんなのがあったことすらご存じなかったです。

頻繁に売れるものではないから取り扱いをやめたのかと思って、帰宅してネット検索したら店から無くなった原因がわかりました。

該品は生産終了になっていたのです。品番FCL9EX-Nが生産終了して、代替品がFCL9EX-NFだったのですがそれも終了して、今は「代替品なし」になっています。
外径がCDのサイズと同じ12㎝というものです。そのサイズ以外はセットできません。

Panasonicしか作っていなくて、そこが生産を止めたから供給元が無くなってしまいました。
このサイズの門灯を設置している全国のお宅はいずれ門灯が点かなくなってしまうという問題を抱えています。

今のところ商店の在庫品がバカ高い値段(参考比較価格:20形最安値は300円ぐらい)で売られています。そこまで無理をして買う気もないので門灯は点かないままにしておきます。

Amazo.png

照明のLED化が進んでいますので門灯もLEDが常識になっていくのかもしれません。

共通テーマ:趣味・カルチャー

英語で日本を語る [金言]

ラジオ深夜便のストリーミング・サービスで愛甲次郎さん(元クウェート大使、ソニー専務の後顧問)の「文語文のすすめ」を聴いておりましたら、最後ごろにぽつりと英語教育について語り始められました。その内容が良かったので引用させていただきます。

「英語についてはなんか大きな誤解があるんじゃないかと思うんですね。とくに国際人として通用するためには英語ができればいいんだというような考え方の人が多いと思うんですけど。」

「外国とのかかわり合いで仕事をしてきた立場からすると、それからいろんな外国人と付き合ってきた経験を踏まえて言いますと、日本人が英語がいくらうまくても誰も尊敬してくれません。どんなに英語がたどたどしくても話す内容が立派なものであれば尊敬してくれます。」

「今の教育の有り方というのは英語がうまくなることがすべてだという風に思って、それじゃあその英語で何を語るのか、そこが全くお留守になっている。日本について語れない日本人なんていうのは外国人はあまり評価してくれないわけですよ。日本の歴史とか日本の文学について語れないような日本人の言うことをいくら英語がうまくても耳傾けて聴いてくれない。そういうことが分かっていない。」

「だから、英語を勉強するための時間がないから古典を勉強するのを止めちゃおうというような考え方というのは本末転倒も甚だしいとそう思います。」

英語が苦手なreizanが言い訳に使うわけではないですが、愛甲さんのお話の中には真実が有ると思います。

そういえば、昨年末(2015年12月30日)に少年写真出版社(学校の掲示板に貼ってあった写真ニュースの出版社)から発行された「英語でわかる!日本・世界」(松本恵美著、1,600円+税)でも、通訳ガイド(正式資格は通訳案内士)の著者がガイドの紹介する中で、世界の人を相手にするには日本を知らなければならないと説いておられます。

ちしきのもり.jpg

 

通訳ガイドになりたての頃は日本人でありながら日本のことをあまりよく知らなかったそうです。それが通訳ガイドをするうちに外国のお客さんが求めているものが見えてきて、日々、日本のことについて勉強しているそうです。それが楽しいとも書かれています。

なかでも一番感銘を受けたのは英語を学ぶコツについて書かれた部分です。
それは、なにより「話したいことを持つこと」だそうです。言い換えると「英語で伝えたいことがある」ということだと思います。

ペンを指さして「This is a pen.」というようなことは絶対に伝えたいことではないと思います。それに今どきの少年少女のうちでどれだけがペンの現物を知っているでしょうか。reizanが中学生のころ(50年以上前)でも身近にペンを使っている人は一人もいませんでした。

少年少女向けの仕事紹介と外国人との接し方の案内本です。もっと若いころに読んでいたらreizanも通訳ガイドを目指していたかもしれません。それぐらい内容は魅力的です。
漢字にはルビがふってあるので小学生でも読めそうです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

枕を高くして眠れない [番外]

世の中には枕を高くして眠りたい方が多いようですが、reizanは枕を高くすると眠れません。

気づかずに高い枕を使っていたら首の筋が怒って首が回らなくなって整形外科に通ってリハビリをしています。

reizanの枕は市販品では合わないものですから、長辺を二つ折りにしたバスタオルを折り目の方から巻いて2㎝ぐらいの高さが首の下に入るようにして使っていました。これがreizanに合っていて快適だったのですが、寝返りを打って横向きになったときに肩幅を吸収するすべがなく無理な姿勢になっていました。

そこで普通よりも一回り大きめなバスタオルで、短辺を四つ折りにして細長くしたら両端から三つ折りにして中央部が窪みになるようにしたものを以前からのバスタオル枕の上に置いて使い始めたのです。横向きに寝ても肩幅の寸法を吸収してくれるのでいい感じです。(関連記事はここ

これで余生の睡眠は快適と思っていたのですが大きな勘違いでした。横向きになったときに支える部分は元からあったタオル2枚分に折りたたんだ12枚分を重ねて14枚相当になりましたが、これはOKです。

悪かったのは後頭部が載る中央の部分です。元からのタオル2枚分に4枚分が増えたため6枚相当になりました。これがreizanにとって高過ぎたのです。
何故そう言えるかというと、2か月間やってみて、いよいよ我慢できなくなってあとから追加したバスタオルを除けたらすっきり楽になったからです。

結局元に戻ってしまいました。最初の気づきがBESTだったということです。

整形外科のリハビリの自己負担は一回220円ですからそれほど高くありませんが、治療以外の待ち時間(受付け待ち+会計待ち)が1時間近くになって、これが勿体ないと思いました。

枕を元に戻したので首のコリは近いうちに回復するものと思います。
なお、横向きの対策は、頭の左右にフェースタオルを折りたたんだものをそれぞれ独立して置くようにします。

共通テーマ:趣味・カルチャー

電力小売り自由化について [知識・情報]

reizanが県が主催する消費者対象の講習会に参加したら、消費者教育の担い手として協力を要請されました。
といっても仕事として働くわけではなく、機会があれば詐欺にかからないように注意喚起してネ。ぐらいのものです。

その担い手を対象に4月1日から実施される電力小売りの説明会が開催されましたので受講してきました。
担い手ですからこれを何とか生かしたいと考えたら、reizanが所属している地元の老人クラブの皆さんにお伝えするのが一番だと気づきました。

老人クラブの会長さんに相談したら「いいよ」と快諾いただき、原稿があれば会報と一緒に印刷して会員の皆さんに配布し手あげよう、質問があれば次の例会の時に受けるようにしたら良いということまで仰ってくださいました。

予て原稿は作っておりましたので早速会長さんのお宅にお届けしました。ブログを読んでくださっているお客様にも役立つかもしれないのでその内容をアップします。(個人情報の部分は伏せています。)

関東地方に住んでいますので現在の電力会社は東京電力です。そのことを踏まえて説明資料を作っています。

電力小売り自由化.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》




共通テーマ:趣味・カルチャー

桜のころ [生涯大学校]

生涯大学校に通う道沿いに河津桜が9本植わっています。片側に5本その向かい側に4本です。それぞれ向かいあわせの位置にあって4本の方は中央が抜けたようになっています。おそらく立ち枯れて撤去されたものと思います。

冬の間ずっと幹と枝だけの姿でしたが2月16日(2016年)の登校日に通ったら桜のつぼみがほころびかけていました。

P_20160216_090538.jpg

新聞の情報によると本場伊豆の河津町では18日には満開状態だそうです。

通学路の河津桜は一週間に1回しか観察できない上に、次週は校外でまち起こしの勉強をしますので登校しません。次に通るときには盛りを過ぎているかもしれません。
だからほころび始めの姿を記念に残しました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「かしわめし」と「鶏五目ごはん」の食べ比べ [B級グルメ]

関東に「肉まん」という食べ物がありますが、reizanが育った北九州では豚肉の入った饅頭は「豚まん」と言います。
そして鶏肉を炊き込んだご飯のことは「かしわめし」と言います。

以前、「かしわめし」のレトルト具材を買いましたが、人数がいないと食べおおせないのでずっと放置していました。
今般、しばらく逗留されるお客様がお越しになったときに途中で気分転換のメニューとして提供してみました。

P_20160217_075832.jpg

 

具材は3合用ですから、普段は200mlのカップで量っているものを、杉の1合升を出してきて正確に3合の米を準備しました。
磨いだ米を水に浸けて一晩置き、炊く前にレトルトの具材を混ぜ込んであとはいつも通りに炊きました。 

foodpic6783317.jpg

具材の少ないところを選んでよそったわけではないのですが、パッケージの写真とはかなり見た目が異なります。

P_20160217_080053.jpg

でも味は九州の「かしわめし」の味でした。皆、「おいしい。」と言って食べました。

別の日に近所のスーパーの総菜売り場を覗いたら、「鶏五目ごはん」というのがありました。
これは比較してみないわけにいきません。ということでひとつ買い求めました。

P_20160219_173331.jpg

具材はレトルトのものより多そうです。と思ったらラベルに隠れているところはほとんどがご飯でした。

P_20160219_175948.jpg

肝心の味の方はというと、どちらも具材に鶏肉を使っているものの「かしわめし」とは味が全く違っていました。「かしわめし」の方が味が濃くて深いです。

「かしわめし」は北九州の家庭料理ですから各家庭で味が異なりますが、味のベンチマークは東筑兼のこれでしょう。
JR九州の折尾駅ホームでの立ち売りが有名ですが、小倉駅新幹線ホームの売店にも置かれているようです。

歳をとると駅弁一つの量(866.1kcal)が多すぎると感じるようになりましたが、東筑軒のサイトを見ますと「かしわめし」に小サイズ(674.1kcal)ができていました。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

良く知ってる作曲家さんの合唱新曲が聴けます [音楽鑑賞]

良く知っている作曲家さんがCANTUS ANIMAEという合唱団からの委嘱曲を書いていると聞いていましたが、完成したらしく、同団から正式に告知が出ました。(ここ

  2016年5月8日(日)13:00開場 13:30開演 第一生命ホール

総合タイトルは、「つながる魂のうた」で、副題は「3人の若手女性作曲家による新作の響宴」 となっています。

魂のうた.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

3つのステージで構成されていて、各ステージでは三善晃さんの曲と女性作曲家さんの委嘱新曲が披露されるようです。

reizanが知っている作曲家さんは安藤寛子さんです。あまり知られていない方だと思います。
今回の委嘱作曲家の方たちの名前を見たら、ほかの二人は合唱界で有名な方たちでした。

ステージⅡの森田花央里さんは、2013年にいきなり朝日作曲賞を受賞し、その中の一曲が2014年の全日本合唱コンクールの課題曲になったという若手のホープです。

ステージⅢの松本望さんはさらに多くの受賞歴があり、
2011年と2014全日本合唱コンクールに課題曲を提供している若手実力者です。

東京のホールでは消防の規制が厳しいため立ち見不可が徹底しているようです。森田さんんと松本さんの人気で下手をすると当日券が買えないかもしれません。早めにチケットを確保することにします。

 
これより前の4月17日には安藤寛子さんがアレンジした合唱曲が大阪で聴けるらしいのですが、こちらは遠いのでパスします。

messe_2016.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

淀川混声合唱団演奏曲目.png

 

 


 



共通テーマ:趣味・カルチャー

初めて「多古米」を買いました [料理の勉強]

最近は「ゆめぴりか」という米を買うことが多かったのですが、今回はタイミングが悪くて安く入手できそうになかったので初めて「多古米」という米を買いました。

P_20160214_175024.jpg

 

ひとが「たこまい」と言うのを聞いて、「蛸米」とはどんな米だろうと思っていましたが、本当は「多古米」でした。
成田空港の東側にある多古町産のコシヒカリだそうです。

千葉県産のコシヒカリは、お米の食味ランキングでAランクですから基準米より上ですが、ゆめぴりか等最高ランクの特Aの次のランクになります。
ただ、多古米だけは他よりも美味しいという評判を聞いていましたので買ってみました。

値段は他の千葉県産コシヒカリより若干高めですが、ゆめぴりかの最安値のときと同じぐらいでした。

味・食感は、ゆめぴりかに比べて遜色なく美味しかったです。チャレンジしてみてよかったです。
いくつか候補を持っておけば変動する米の価格に一喜一憂することなく安くて美味しい米が買えそうです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

カヤジャムがおいしい [B級グルメ]

お客様から分けていただいたカヤジャムをトーストにつけて食べたら、これがおいしいことこの上なく、今まで食べていたジャムはなんだったのかしらという感じです。

P_20160220_090404.jpg

P_20160220_090428.jpg

カヤジャムの見た目は一般的なジャムのような半液状のものではなく、きめの細かい味噌のような感じです。
でも、味は味噌とは全く関係ありません程よい甘さで幸せ気分になれる甘さです。

主な材料はココナツオイルと卵と砂糖だそうです。ネットショップで購入できますがスーパーで買える一般的なジャムに比べたら高めです。ココナツが採れる東南アジアの各国で似たようなものが作られているそうです。

ネットで調べていたら、「カヤジャム 輸入禁止」という検索候補名が表示されました。生来気が小さいのでちょと気になりました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「勝浦タンタンメンでまち興し」の話を聴きに行きました [生涯大学校]

生涯大学校の校外学習で千葉県の勝浦市まで出かけました。勝浦駅というJR東日本の駅があるのですが、reizanのところからはすごく遠いので今まで行ったことがありませんでした。

朝、9時45分までに勝浦市役所のロビーに集合ということだったのでGoogleマップで調べたら、駅から歩いてもすぐ近くのようです。

次に、「駅すぱあと」で電車のダイヤを調べたら、1番目に出てきたのが08時41分着でした。いくらなんでも早すぎると思って次の電車を調べたらなんと次は09時49分着でした。1時間に1本のペースです。

東京だったら2、3分に1本は走っているのに、そして東京から特急で1時間半という近場なのに、ものすごくローカルな感じです。
仕方がないので朝早く起きて08時41分着の電車に乗りました。1時間近くをどうしようかと思って勝浦駅の構内を散策して時間つぶしをしました。ホームから階段を上がったところには雛飾りが3セットもありました。

P_20160223_084414.jpg

勝浦は、タンタンメンだけでなく、「勝浦ビッグひなまつり」も有名です。
ポスターの場所は神社の階段で、60段に1,500体の雛人形が飾られるそうです。

2016bighina.jpg
《実行委員会のポスター》

20分ぐらい見て回ってもうよいだろうと思って歩きはじめたら、自分がとんでもない思い違いをしていたことに気づきました。
reizanが知っている市役所はほとんどが幹線道路と同じ高さか、せいぜい階段を何段か登るぐらいのものですが、勝浦市の市役所は幹線道路から山登りをしないといけなかったのです。

勝浦.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》
 
勝浦市の市域はほとんどが丘陵で平地は極僅かです。最初からGoogle Earthを見ていれば高いところにあるとわかったのですが、今回は不覚でした。市役所は標高38.5mのところにあるそうです。(reizanは150mぐらい登った気がしました。)

P_20160223_091335.jpg
《勝浦市役所付近から見た市街地》

途中で総合病院の裏を通り抜ける近道の案内板があって、そこを通って何とか間に合いました。

福岡県のある町の施設は高台の上にありますが、エレベータの設備を設けて対応しています。こういう方法もありかなと思いました。

main_visual01.jpg

勉強の方は、市長さんの歓迎あいさつの後、「熱血!!勝浦タンタンメン船団」の船団長さんから講義がありました。水道工事店を経営される市会議員さんで元高校野球選手というナイスガイです。
どういう団体かということはここをご覧ください。

昼からは、昼食をとって班ごとに自由散策です。
昼食は勝浦タンタンメンをと勧められていたのですが、年寄りにはちょっときつそうということで、班の総意であらかじめ割烹に予約しておいた「おすすめ(刺し身)定食」をいただきました。中央の獲れたて初ガツオが特に美味しかったです。

1602230006.JPG
《マイ醤油を使ったことは内緒です。》

1602230007.JPG
《ちょっと遅れて出てきた茶碗蒸しとデザート》

食後、店を出て海岸を散策しようと思って海に向かったのですが、駅から最短のところにある海岸線は漁業施設があって立入禁止です。海は建物の隙間からちらっと見えるだけでせっかく海の近くに来たのに海岸沿いを歩けないというのは残念でした。


共通テーマ:趣味・カルチャー

棚を買って肩こり解消 [便利グッズ]

reizanがデスクワークをする場所は狭くて机上を平面で使うだけでは収まりきりません。それでキッチン下の金属製の棚を拝借して、その上にプリンターを置いて使っていたのですが、棚の横幅が大きくて、その分パソコンが体の正面から5㎝ぐらい左にずれた位置にしか置けず不自由していました。

たったの5㎝ですがその影響は、パソコンに正対して作業できないことにくわえて、右肘が椅子の肘掛から浮いた状態で、もろに右肩に負荷が掛かっていました。

ホームセンターに行くたびに少し幅の狭い代替品はないものかと探していたのですが見つかりませんでした。
それで、時間が空いたときにAmazonで、「金属、棚」を検索してみたらたくさんの候補が出てきました。

その中から、今までよりも幅が狭くて高さと奥行きが今までよりも一回り大きくなるH-9561を選んで注文しました。

1602250004.JPG

1602250005.JPG

それが届いたので机上にセットしてみました。

1602250002.JPG

下に置いているスキャナーの蓋が開けやすくなりましたし、今まで横向きに寝かせていたスピーカーも立てて置けるようになりました。

なによりも嬉しいのは、キーボードの手前の部分と椅子の肘掛で右腕を支えられるようになったことです。
今まで、Excelで尺八譜を作成するときは鶴の恩返しの鶴の気分で自分の体を犠牲にしているような気分でしたが、これからは少し楽にできそうです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

高齢者の平熱 [雑学]

reizanの平熱は36.4℃だと思っていたのですが、病気療養中の同年代の方のブログを読んでいたら、自分の体温が下がっていることに驚いたという記事があったので気になったので測ってみました。

そういえば最近は風邪気味で熱っぽいときしか測ったことがなく平熱について無関心でした。
久しぶりに測った体温は、なんと35.6℃しかありませんでした。次の日は35.5℃でした。

P_20160215_071222.jpg
《二日目の体温》

これは継続観察の必要があると思いましたが、起床時、排尿後に血圧を測定していますのでその時に体温も測れば忘れることもありません。そうなると、居間の救急箱に入れているのをいちいち取りに行くのは面倒です。自分専用のものが欲しくなります。

若しかしたらと思って探してみたら電池切れの体温計がありました。電池が切れたら新しいのを買うという人がいるものですからこういうことが起こります。なかの電池を見たらLR41だったので買い求めて入れ替えたら正常に反応しました。

それで毎朝起床時に測ったのが次のグラフです。10日から約半月間の結果です。最高が36.0℃、最低が35.2℃で平均は約35.5℃です。

半月間の体温変化.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

医療器具メーカーのテルモさんのサイトを見たら高齢者の体温に関する記事がありました。(ここ
  • 1日の体温リズムも変わってくる
  • 体温調節機能が低下してくる
  • 病気になっても熱が出にくくなる
など想像もしてなかった加齢現象が紹介されています。

やはり、「高齢になったら、平熱を測りなおしましょう」ということがポイントみたいです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

この商品の企画がユニーク [小ネタ]

新聞を眺めていたら広告のページに目を惹くものがありました。

P_20160225_081959.jpg

最初は、よく見かけるあれ(LPレコードやカセットの音をUSBメモリーやSDカードに保存できるあれ)かと思ったのですが、よく見たら違っていました。

広告の品は、カセットテープレコードCDラジオの音をカセットテープに録音できるというものです。

最初は意味が呑み込めませんでした。世の中の流れはアナログからデジタルへ、より保存性の良いものに記録していく方向に向いていると思っていたので意外でした。カセットテープみたいな保存性の劣るものに保存してどうするのだろうと思いました。

でも、カセットが下と考えるのはreizanの思い込みであって、流行歌の好きな高齢者の愛機はいまだにカセットプレイヤーだと言われています。

どうせならMDの録音が別の媒体に保存できるものがあっても良さそうですが、それは聞いたことがありません。
そのうちにMDに録音した貴重な音源が聴けなくなるかもしれません。

自分が生きている間は確実に再生が可能で、あの世からお迎えが来たときには形も音も消えてしまう媒体が理想です。
やはりこの先はクラウドみたいなものになってしまうのでしょうか。


共通テーマ:趣味・カルチャー

2月29日生まれも毎年歳をとる [番外]

中学生のときの担任の先生が素晴らしい方でその生き方がreizanにも影響しています。が、その先生が一つだけウソを教えたのを社会人になってから気づいてしまいました。

その先生は2月29日生まれでした。「歳をとるのが4年ごとだから、皆より若い。」と歴年齢を自慢されていたのですがこれがウソでした。

年齢の数え方を定めた法律によって年齢は誕生日の前日に満了することになっていますから、例えば今日生まれた新生児の場合、来年の2月27日までが0歳で、2月28日で満1歳になります。
つまり、誕生日の前日に歳をとることになっているから2月29日がない年でも年齢は増えていくのです。

誕生日パーティーは言葉の通り4年に1回でしょうか。
誕生日プレゼントが4年に1回だったら可哀そうです。

でも、4回分をまとめた豪華なプレゼントという手もあります。その場合は1年分の4倍ではなく、遅延分の利息も加味すべきだと思います。

共通テーマ:趣味・カルチャー
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村