So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

棒餅 [料理の勉強]

「棒餅」というのをいただきました。韓国料理のトッポギ用のトックに形が似ています。

1501310003.JPG
《棒餅》

初めてですが、餅という名前が付いていますから普通に餅を食べるように調理すればよいと考え安倍川餅にしました。

1本を3等分の輪切りにして3本分を沸かしたての熱湯につけて9分間置きました。(これでつきたてと同じになります。)

あとは砂糖と塩を混ぜた黄な粉をまぶして美味しくいただきました。

ということで食べるまでには何の問題もなかったのですが、食べているうちにお腹がいっぱいになってきました。あと少しだったので頑張って完食しました。

後日、子供の時から棒餅になじんでいるだろうと思える方に、棒餅1個と市販の切り餅の重さの比を尋ねたところ、「知らないけど、重さを計ればいいんじゃないの。」ともっともな答えが返ってきました。

棒餅の方が切り餅よりも少し小さいような気がしたので3本も食べてしまったのですが、円柱形と四角形ですから本当のところは見た目では良くわかりません。
 
1501310004.JPG 
 
それで、重さを計ってみました。

1501310005.JPG

切り餅は約53gでした。

1501310006.JPG

棒餅は2本で約75gでした。

従って比率は、53:(75/2)≒1.4:1となります。
いつもは切り餅だと2個食べていますから、換算してみたら切り餅2個と棒餅3本の比は、ほぼ2.8:3になりますからその差の分食べ過ぎた気がしたのだと思います。



共通テーマ:趣味・カルチャー

大間と小間 [三曲]

似た言葉に大壁というのがありますが、これは大壁と真壁という使い方をして、大壁は柱を隠した壁(日本家屋の洋間の壁)のことで、真壁は柱が見える壁(一般的な和室の壁)のことで建築用語です。

でも、大間と小間は大部屋と小部屋のことではありません。何かというと邦楽関係の用語です。

ある解説では次のように定義されています。
  • 大間とは、今までのテンポの2倍ゆるやかな速度で演奏するよう指示された音譜のこと。つまり、今までの1拍を2拍と打替えて演奏する。
  • 小間とは、今までのテンポより倍速く演奏するよう指示された音譜のこと。つまり、今までの2拍を1拍と打替えて演奏する。
別の資料では、
  • 大間は、小間の2拍分に相当する。すなわち大間は小間の速度の半分に落としてゆっくり演奏する。
と書かれています。
お分かりになりましたでしょうか。非常にややこしい言い回しをしているためreizanも混乱してしまいます。

小間から大間への打替え(縦書きで、(2)と表示されたところから大間になる。)
 ⇒曲のテンポが静まったり、手数が少なくなったところで大間への打替えが指示されます。そこからは今までの2拍分の長さを1拍分の音符で表します。
従って、小間のままだったら2小節分になるところを1小節の中に納めます。

大間から小間への打替え(縦書きで、(1/2)と表示されたところから小間になる。)
 ⇒曲のテンポが乗ってきて、手数も細かく複雑になってきたときに打替えを使います。大間のままだと見た目が複雑になる場合に今までの1拍分の長さを2拍の音符で表します。
従って、大間のままだったら1小節分のところを2小節に分けて書きます。

古曲の場合、何分の何拍子という拍子の概念がありません。従って打替えする前の部分が大間なのか小間なのかはわかりません、打ち変えた後が大間になっているか小間になっているかで相対的にわかるものです。

具体例をみてみましょう。

小間2.png

これだと2小節に渡っていますが、大間に打替えると、

大間2.png

となります。

五線譜で表すと4/4の小間を、8/8の大間に書き換えることになるのですが、雰囲気をつかんでいただくだけですから速度記号を工夫してみました。二分音符が四分音符に変わっているのですが速度が半分に遅くなるので音が鳴っている時間はどちらも同じです。

小間
120.png

大間
60.png

尺八を練習するときに難しい手があったら、元譜を大間とみなし、小間に書き直してテンポは速めずにゆっくり演奏すると苦手なところも案外演奏できます。あとは演奏速度を上げていき、ある程度できるようになったら元譜に戻るという練習方法があります。

「八重衣」の最初の難しいところを抜粋してみました。大間ではなんだかごちゃごちゃしていて難しそうですが、小間に直すと取りあえず運指はできそうです。小間の譜を倍の速度で演奏すると大間と同じ結果になります。

大間
 八重衣.png

小間
 八重衣2.png

ちなみに1月30日(2015年)の記事の問題の答えは次のとおりです。

問題
舟の夢.jpg


船の夢五線譜.png

本当は五線譜の拍子記号を8/8(八分音符を1拍として1小節に8拍)としなければならないのですが、ソフトの中にそういうのがなかったので仕方なく4/4にしています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーボウルをLIVE放送で観ました [テレビ番組]

勤務時代から、2月の第一月曜(1日が月曜の場合のみ第二月曜)は用事を入れない日です。

この日はアメリカのスーパーボウルがNHK-BS1でLIVE中継されるからです。試合は日本時間の朝8時半からですが放送は8時から始まりますので洗面、朝食、トイレを済ませて万全の態勢でテレビの前に座ります。
(アメリカンフットボールの早い動きをぶれなく観たくてプラズマテレビを買ったのですが、消費電力が500W以上で省エネに逆行しています。)

1502020001.JPG
《試合前の様子》

試合前の国歌(もちろん「君が代」ではありません)斉唱は、テレビドラマのgleeでレイチェルのお母さんの役をした人でした。「アナと雪の女王」で姉エルサの声優として「Let it go」を歌った人(NHK紅白歌合戦にも出演)といった方がわかりやすいかもしれません。

今回(2015年2月2日)はニューイングランド・ペイトリオッツ対シアトル・シーホークスの戦いです。
ペイトリオッツのQBブレイディには10年ぶりの優勝がかかっていますし、シーホークスの若いQBウィルソンには2年連続優勝がかかっています。できることならどちらも勝たせてあげたい試合です。

試合経過と結果はここにあります。

途中、第3クオーターが終了した時点でペイトリオッツが10点の差をつけられてやばそうな場面もありましたが第4クオーターで逆転し、さらに終了間際には、シーホークスが再逆転できそうな場面で痛恨のインターセプトがあって終了しました。
最後までどちらが勝つか分からない緊迫した試合で面白かったです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

NHK WORLD TV [テレビ番組]

生涯大学校の同級生から、関係者の方がNHK WORLD TVの番組に出演するから観て!と、案内をいただきました。

何チャンネルだろうと思って調べたら普通のテレビ受信機では受信が難しいことがわかりました。

受信料は無料ですが、直径2.5メートルから6メートルのパラボラアンテナを立てる必要があるそうです。いくらなんでも個人宅では無理です。

でも朗報がありました。インターネットを通じてパソコンで受信できるそうです。(受信サイトはここです。)

そして、観てくださいと言われた番組はこれです。

NHK WORLD TV.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

スケジュールの部分を切り取りました。放送日は2015年2月11日。放送は5つのプログラムがあって各5分ずつです。

NHK WORLD TV2.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

番組予約や録画ができないので携帯のアラームをセットして見逃さないようにします。


共通テーマ:趣味・カルチャー

判断基準は「損得勘定」 [推薦図書]

岡壇(おか まゆみ)さんの「生き心地の良い町」を2回続けて読みました。別に読みにくかったわけではありません。とにかく内容が良いから読み返したのです。2回目は一語一語を噛み締めながら読みました。

生き心地よい.jpg

自殺率の低い町に着目して、自殺率の高い町との比較調査の結果をまとめたものです。示唆に富んでいて一度読んだだけでは勿体なくて、読み終わった後からすぐに再読しました。

自殺率の低い、ある意味特異な町の特徴を見出して自殺予防に効果のある要因を探すという智の冒険の記録と成果の公表です。
データの収集、分析の方法から、結論に関連する地元の人の言葉まで幅広く書き込まれていて、調査の深さが良くわかります。

調査対象となった自殺率の低い町は、海部町(現在は合併により海陽町の一部)です。

岡さんの調査で、海部町では「幸せ」と感じる人の比率が近隣よりも低かったそうです。でもそれは、「幸せ」と感じる人が少ないことイコール不幸と感じている人が多いわけではありません。「幸せでも不幸でもない」と考える人が多いということでした。

「とびきり幸福とはいえないけど、不幸でもない」という状態はreizanも好きです。一番暮らしやすいのではないかと思います。ぎりぎりの年金生活でも楽しく暮らそうと思ったらいくらでも工夫できます。

また、本の最後の方で著者は、海部町の人々が作り上げてきたコミュニティ特性の出発点には「損得勘定」があると書かれています。これは意外な言葉でしたが読むうちに納得しました。

そして、reizan自身も判断基準のベースは「損得」にしているので、同じ考えを持つ人にに出会ったようで嬉しかったです。

「損得勘定」というと悪いイメージを連想する人がいるかもしれませんが、それは守銭奴や打算的な友達づきあいを連想されるからです。

reizanの場合はそういうのとは違います。
それをすることが楽しさにつながるか自分を苦しめることにならないか、友達の場合は学ぶところがあるか付き合うことで自分幅を広げられるか高められるかなどで損得を考えます。決してお金のこと等ではありません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

火傷にも「コロスキン」 [便利グッズ]

大工の勉強で訓練校に入学するときのオリエンテーションで、担当教官から「刃物を扱うから小さい怪我は付き物です。各自で救急セットを準備してください。」という説明を受けました。

不安全状態と不安全行動をなくせば怪我なんてしないはずだと思っていましたが、一応、カット絆や消毒薬などと合わせて「コロスキン」もセットに加えました。(実際には何回か役立ちました。)

「コロスキン」とは傷用のセメダインみたいなものです。

1502050005.JPG

箱には用途として「小切傷、すり傷、さかむけ、あかぎれ」が紹介されていますが、この度の掌の火傷二も使ってみました。

水疱ができましたが皮膚は破れなかったので水仕事や入浴も平気でしたが、万一破れたら大変だと思ってコロスキンを塗りました。

切り傷の場合は、塗った瞬間にしみてズキンズキンしますが、すぐに治まってやがて固まります。そうすると水仕事も平気なのですが、そのうちに傷のないところは剥がれてきます。そして全部が剥がれる頃には傷はだいたい治っています。

しかし、火傷に適用するのは初めてです。傷口が開いていないから剥がれるかもしれないと思いながらやってみたのですが、水疱になっている部分にしっかり貼りつきました。

もう10日ほど経ちましたが、水疱ができていたことも忘れるぐらい良くなって水疱のブヨブヨ感もなくなりました。(光っている部分がコロスキンの残っているところです。あと少しで全部剥がれそうです。)

1502050008.JPG

救急箱に常備したい優れ品ですが、使っていて一つだけ弱点に気づきました。
それは、接着剤みたいなものですからキャップのネジの部分に着いたものが固まります。そのことに気づかずに本体とキャップを持って無理に開けようとすると容器本体が破れる可能性があります。

reizanはそのことに気づいてから、矢印の部分とキャップを持って開けるようにしています。これだったら双方に強度がありますから多少固まっていても開けることができます。(塗料が剥がれているところは破れそうになった部分です。)

1502050006.JPG

趣味で尺八を作っている方に現物を見せずにこれのことを教えてあげたら、「殺す菌」とはわかりやすい名前ですね、と言われました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

2サイクル目最後の「和の音、和の声、和の心」ライブを聴きに行きました [音楽鑑賞]

坂田梁山さん、坂田美子さん、稲葉美和さんのお三人が、東日本大震災の支援活動カンパのために続けておられる「和の音、和の声、和の心」と題したライブ演奏会の2年度目最終回を聴きに行きました。

今回の演奏曲目はプログラムの曲とアンコールは小椋佳さんの「シクラメンのかほり」でした。

和の音、和の声、和の心_0003.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

この演奏会は1年度に3回開催されますが、reizanは毎年3回通しチケットを買っていますので今回で通算6回目の鑑賞になります。

実は、この会には入会金会費無料の友の会がありまして、1回参加するごとに1つスタンプを押していただき6つたまると値段に関係なく好きなCD1枚プレゼントという特典があります。

reizanもスタンプが6つたまったので、次のCDをいただきました。 

和の音、和の声、和の心_0001.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

かぐや姫の物語が今昔物語のストーリーに沿って歌いこまれている楽しいCDです。もともと1枚持っていますが保存用に1枚いただきました。

次回は3サイクル目に入るということで、次年度分の案内のチラシをいただきました。
で、どうしたかって?勿論3回通しチケットを買わせていただきました。

和の音、和の声、和の心_0004.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》


共通テーマ:趣味・カルチャー

尺八が苦手な曲 [尺八演奏]

尺八で演奏される抒情曲を聴くと多くの方が「良いな」と思ってくださいます。それは抒情曲のほとんどが尺八に適した音階と音価でつくられているからです。

尺八の得意な陰旋法(例えば、D、E♭、G、A、B♭)を使うと、快活とは真逆の感傷的なイメージになります。音価も四分音符や二分音符が多く、たまに八分音符が出てきますが十六分音符が連続することはほとんどありません。
つまり、抒情曲は尺八で演奏しやすい曲といえます。

演奏しやすい曲があるとすれば、逆に、世の中には演奏しにくい曲もあるはずです。

尺八は5つの孔の開閉や歌口の開口面積の大小を駆使して、1オクターブ12の音を作っています。(音域は2オクターブ半ぐらいです。)

1尺8寸管の場合、D、F、G、A、C は指孔を、開けるところは完全に開け、閉じるところは完全に閉めれば済むので簡単ですが、それ以外の音は奏者が指使いなど駆使して、都度、必要な音高の音を作っています。

だから、そういう音がたくさん出てくる曲は不得手です。ましてや、連続する音が常に半音ずつ変化していくような曲は難曲中の難曲になります。

例えばリムスキー・コルサコフ作曲の「熊蜂の飛行」などはその最たるものです。(参考音源としてはYouTubeにアップされているものの中でこの演奏が一番好きです。)

reizanは吹けませんが、誰か吹いてみないかなと思って尺八譜にしてみました。速吹きの得意の方遊んでみませんか。

熊蜂の飛行4.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

原曲の指示はVivace(活発に、速く、快速)です。Vivaceはallegro(四分音符=120~168ぐらい)よりも速くということになっていますので180ぐらいが良いのだと思います。 

YouTubeの参考音源の演奏も四分音符=180ぐらいで演奏されていますが、尺八の場合は144ぐらいで吹ければ上出来だと思います(演奏時間:1分16秒ぐらいになると思います。)

五線譜ではわかりにくかったのですが、尺八譜にしたら同じフレーズが多いことが見えてきました。
そこで、1拍が十六分音符4つになっているフレーズに着目し、その出現回数の順番に解析表を作ってみました。
練習するときは出現数の多い方から練習した方が効率が良いのではないかと思いました。

熊蜂の飛行解析.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》


共通テーマ:趣味・カルチャー

慌てると失敗する [番外]

東京に出るときにはメインの用事の前後にフリータイムを作って、無目的であちこちに足を延ばしたものですが、最近は目的に合わせて行動するようになりました。

ライブを聴きに行くときも、昔は夕方開演も平気で対象としていたのですが最近は無理をしなくなりました。だから、聴きにいけるのは昼の1時、2時に開演されるものばかりになりました。

ところが知り合いの人から、人気ヴァイオリニストの演奏会のSS席のチケットがあって無料良いけど行く?と問い合わせがありました。終演後もJRは動いていますから地元まで帰って来れますが、あとはタクシーで帰宅は午前様になります。

でも、reizanがCDを持っているぐらい好きな演奏家ですから聴かせていただくことにしました。

そのときに夕方間での時間が空くので、東京メトロの一日乗車券を買いました。
東京メトロ内であれば何回でも乗降り自由ですから、時間さえあれば割安で行動できます。

そして、いろいろ乗りまくるとなると路線案内図が必須です。
東京に住んでいたときに駅の改札付近にそれがあることを見ていましたので迷わずに1冊とりました。

それがどうも雰囲気が違います。

metro.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

「池袋」「新宿」はそのままですが、「渋谷」の文字が少し違います。

 

渋谷.jpg

ほかのページを見たらこんなのもありました。

文化融合.jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

ここまで見ればいくら鈍感なreizanでもさすがにわかりました。中国からのお客様向けのリーフレットでした。 

六本木ヒルズは「六本木新城」と訳すみたいです。一つ勉強になりました。

六本木新城.jpg

ハングルのリーフレットだったらお手上げですが、漢字で書かれているのでなんとなくわかります。一度手に取ったものを返すのもなんなので活用させていただきました。(本当は結構楽しかったです。)

reizanが買ったときの一日券は710円でしたが、2015年2月10日から600円に値下げされるそうです。(ここ
310円区間だったら2度乗っただけで元を取ります。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「餃子」の焦がし方のコツ [料理の勉強]

料理教室で四川料理店のオーナーシェフの方から本格的な餃子の作り方を習ったことがあるのですが、見て聞いて盗めという教え方でレシピをいただけなかったものですから今ではその時の要領をすっかり忘れてしまいました。

仕方がないので餃子が食べたくなったら市販の生餃子を買ってきてフライパンで焼いて食べています。
買った生餃子に焼き方のシールが貼られている場合がありますが、たいてい次のようなことが書かれています。

餃子_0001.jpg

どれでも、最初に焼き目をつけるという点が共通しています。だたら当然のように最初にこんがり焦がしてそれから水を差して蓋をして蒸すという手順でやっていたのですが、パリッと美味しい餃子の焼き方は違っていました。焦げ目をつけるのは最後でした。

最近、その方法を知ったのでやってみました。
手順はこうです。(餃子を包むところまでは出来ているものとします。)
  1. フライパンに餃子をならべる、と同時に適量の湯を沸かす。
  2. 沸騰した湯をフライパンに差す。量は餃子の高さの半分ぐらい。
  3. 蓋をして火を点け、4分間蒸す。
  4. 落し蓋などで餃子を押さえながらフライパンの水を捨てる。
  5. 少量のごま油を餃子の上から廻し掛けて加熱し、焦げ目をつける。
手順としては以上ですが、やってみて分かったのは、5.のときに焦げ目がついていない状態ではフライパンにこびりついています。それが、しっかり焦げ目がつくとフライパンから離れて自由に動かせるようになります。その時を見計らって皿を被せ、ひっくり返せば、底がカリカリ中はシットリの美味しい餃子が焼きあがります。

今回は3個だけだったので豪快な画はありませんがこんな感じに出来上がりました。

foodpic5811901.jpg

次は、羽根付きの研究をしてみたいと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

音と振動 [音楽理論]

「音と振動の科学」(山田伸志著)という本を読んでいたら尺八のことが出ていました。

音と振動.jpg


その部分の見出しは、「フルートとハーモニカの音の発生のしくみ」ですが、フルートと同列の扱いで尺八が説明されています。

『フルートも尺八も初心者のうちは音を出すのに苦労します。』という書き出しから始まって、その発音原理が「流体音工学入門」(望月修、丸田芳幸著)からの引用で紹介されています。

その部分を引用させていただきます。
『フルートは歌口に下唇を沿わせます。空気が流れると歌口の手前側で渦が発生します。その渦が歌口の向かい側にぶつかって圧力変化が起き、音(?)の速度で手前の唇側に戻ってきます。戻ってきた圧力で流れ出る空気が影響を受け渦の出方が変わります。
共振体であるフルートの管の中を波が往復する時間が、歌口の前後を往復する時間の整数倍であるときに音が発声します。流速の早い流れで吹き出すと往復時間が短くなり、高い周波数になります。』

難しすぎてreizanには良くわかりませんでした。

音と振動といえば、西川秀利(竹号:理山)さんの書かれた「尺八の研究」という本を持っていますが、難しくて未だ理解するに至っていません。

尺八の研究.jpg

元の話に戻って、意外だったのはその次に書かれていたハーモニカの話です。ハーモニカはオーケストラの楽器にはなれないそうです。

それは見た目の問題かなと思ったら、倍音の振動数が整数倍にならないからだそうです。
オーケストラで使われる楽器は基本的に整数倍だから倍音の部分で音が濁ってしまうから×ということです。

尺八は倍音が整数倍ですからOKなんですね。武満徹作曲「ノヴェンバー・ステップス」でも使われています。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

「頤(おとがい)」も役に立つことがある [推薦図書]

健さんが亡くなられた後テレビで古い映画が特集されて多くの方が観られたことと思いますが、人類学者の香原志勢(こうはら ゆきなり)先生が2014年11月に亡くなられたときreizanは先生の「顔の本」(初版本)を読みました。

顔の本.jpg

222ページの中身は、すべて顔や顔の中のパーツの話で埋められています。良くもまあここまで書くことがあるものだと感心するぐらい微に入り細に渡って綴られています。

先生がテレビに出られたときの、「美男美女はむしろ不幸」という話には喝采を贈りました。

『人間はハンサムでなく、また美人でないことにより、あらためて、自分の顔と人格とに対決し、そして、それをのりこえ、また、それに親しむことを通じて、もう一つの自分を見つけることができるのである。そのように考えれば、そういう対決の機会のない美男美女は、むしろ不幸であるともいえる』とまで公言されたそうです。

reizanの顔も「そうだそうだ」と申しております。

また、こんなのは知りませんでした。
『日本語では、唇とは赤い部分をさすが、英語や解剖学用語では、皮膚の部分までをいう。したがって、鼻の下の部分まで上唇ということになる。つまり鼻ひげは上唇にはえているというのがヨーロッパ人の考え方である。』

知らないことばかりで、最後まで驚きと感動の繰り返しでしたが、一つだけ先生が知らなくてreizanが知っていることがありました。
それが「頤(おとがい)」の働きです。

人類が進化する過程で咀嚼器が退縮しています。(横から見ると、前面に飛び出していたものが垂直に近くなっています。)
ところが、『下顎底は退縮がおくれ、結果として「あごさき」だけがとりのこされる。これを「おとがい」という。英語でchinである。このおとがいは突出しているので、なにかの役に立ちそうであるが、とりたててあげるほどのはたらきをもたない。』

ブッブー。残念でした。
おとがいは、尺八を吹くときに大変重要な働きをします。顎当たりを支えて下に落ちないようにしてくれているのがおとがいです。
人の顔は十人十色ですから、なかには下唇から顎にかけてウイスキー樽のように膨らんでおとがいが突出していない(下唇のしたにくびれがない)方がおられます。そういう方は尺八を当てる位置がずれやすくご苦労されます。

「頤(おとがい)」って、尺八吹きには結構大切です。


共通テーマ:趣味・カルチャー

火傷報告の続編 [番外]

調理中、うかつにも燃焼中のガスコンロのバーナーの横にあった鍋蓋を素手でつかんで火傷をしましたが、その後の経過報告です。

火傷した時から「コロスキン」を使って入浴も普通にできていていたので前の記事では2週間ぐらいで良くなると見込んでおりました。
ちょうど2週間を経過したので現状を報告します。

歳を取ると治りにくくなりますから完治には程遠いのですが、水疱になっていた部分に新しい皮膚が形成され浸出液も出なくなったのであとは時間の経過とともに良くなるばかりだと思います。

1502120005.JPG
手前の影はカメラのレンズの影ですから火傷とは関係ありません。

新しい皮膚は生まれたての赤ちゃんのように弱いのでもう少しの間、コロスキンを塗ることにします。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「スナップエンドウ」の季節になりました [料理の勉強]

スーパーを覗いたら「スナップエンドウ」が買える値段になっていたので嬉しくて買って帰りました。もう春もそこまで来ていることを感じます。

ところで昨シーズンまでは、茹で足りずなくてレンチンしたり、茹ですぎで歯ごたえがなくなったりという失敗が多かったので、COOKPADで改めて勉強しなおしました。

参考にしたのは次の二つです。
筋取りに関しては、片側を取ると反対側の切っ掛けがなくなって取りにくかったのですが、紹介されている方法でやれば両サイドの筋が簡単に、そして確実に取れました。
目指すポイントに包丁の先を差して、そのまま下すと上手くいくようです。(刃を水平に当てて切ると滑って思わぬところを切る恐れがあります。)

茹で方もちょうど良い硬さに仕上がって、以前はマヨネーズを掛けないと食べきらなかった人が何もつけずにそのままで食べてくれました。塩味とスナップエンドウ本来の味が絡み合って美味でした。(reizanは、水600mlに塩一つまみぐらいにしました。)

foodpic5829368.jpg

なお、スナップエンドウの旬は3月から6月で、今出ているのははしりのようです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

井の頭公園での思い出 [番外]

10年ぐらい前の勤務時代の思い出話です。

一昨日、いつも通りにラジオのスリープタイマーをセットしたつもりで就寝しましたが、セットしていなかったらしく夜中に人の声で目が覚めました。
ちょうど、「ラジオ深夜便」の午前3時台「にっぽんの歌こころの歌」が放送されている時間帯でした。

アナウンサーの方が次の曲を紹介されるときに「あさみちゆき」さんの名前が出てきました。
そこで気分はいっぺんに10年前に遡ってしまいました。

そのころは東京で営業の仕事をしていました。
ある休みの日に吉祥寺まで出かけたときのことです。いつもは中央本線を境にして駅の北側で行動することが多いのですが、一度くらいは井の頭公園を見ておかなければと南側を見て回りました。

そのときに、「あさみ ちゆき」さんが井の頭公園で歌っておられるところに出くわしたのです。
「あさみ ちゆき」さんは芸名で、「あさみ」が姓、「ちゆき」が名前です。(「あさみち 雪」さんではありません。)

reizanと同年代かそれより上のオジサン、オジイサンに囲まれていました。部外者のreizanはちょっと引いたところで見学させていただきました。
曲種がreizanの好みと違いますのでのめり込むことはありませんでしたが、歌の上手な方だと思って名前だけはずっと覚えていました。(YouTube:井の頭線

その時に偶然「あさみ ちゆき」さんを知ったのですが、その日はもう一つ出会いがありました。 

それは「アムプリン」です。
井の頭公園を出て吉祥寺の駅に向かおうとしたところに軽ワゴン車が止まっていて何かを売っていました。
一旦通り過ぎたのですが人だかりができていたのが気になってすぐに引き返しました。

スーパーの取り分け惣菜を入れるような透明の容器に豆腐より一回り小さいプリンが入ったものが売られていました。それが「アムプリン」です。
それほど高いものではなかったので家へのお土産に買って帰りました。

当時は単身赴任中でしたが、なぜか同じマンションの部屋にreizanのほかに3人が住んでいました。
reizanもその人たちも、プリンといえば「ぷっちんプリン」しか食べたことがなかったので、見た目の違う「アムプリン」を恐る恐る食べました。

でも、一口含んだだけで皆表情が変わりました。今までにこんな美味しいプリン食べたことがない、というのが共通した感想でした。
それからは「ぷっちんプリン」が我が家の冷蔵庫に入ることは一切なくなりました。本物を知るとこんなに幸せな気持ちになれるのだと感動したことを思い出します。

その後、もう一度食べたいと井の頭公園を訪ねたのですがかないませんでした。
後日、ネットで知ったのですがちょうど北海道に引越しされるころで販売を中止していたのです。

北海道に移られてからは、その名前を「エゾアムプリン」と変えて、地元の方への直売と全国への通販をしておられます。 

reizanが勤務先を退職した時に最後の職場の皆さんが送別会をしてくださったので、お礼に「エゾアムプリン」を送ったら大層喜ばれました。
送別会をしていただけると聞いたときに注文したのですが、商品が届いたのは2か月ぐらい先だったと思います。

今も注文が込み合っていて1か月半から2か月先ぐらいの納期になっているようです。(料金はここ
過去には1年待ちの時もあったみたいです。(ここ



共通テーマ:趣味・カルチャー

最近のスーパー事情 [雑感]

reizanが食材を買うのはスーパーか農家の産直販売店です。昔のように肉屋さん、魚屋さん、八百屋さんで買おうと思っても近所にそのような店はありません。

買出しマップ.png

では、スーパーで安くて良いものが買えているかというと大概はハズレです。でも食べていかないといけないのでいろいろ比較しながら購入しています。

 

以前、コストパフォーマンスの良い玉子を買ったことがあったのですが、どこで買ったものか覚えていませんでした。それが、先日同じものに出会ったので備忘のため記録しておくことにしました。 

1502140001.JPG
《重さはreizanが測定》

卵1個の重さが52g以上76g未満のものが10個ミックスで入っている詰め合わせになっています。(76gのものは未満のルールから外れますから本当は入っていてはいけないけど、こういう間違いに文句を言う人はいないと思います。)

念のために断っておきますが、この卵は黄身はプリッとしていないし特別美味しいということもありません。大きいものが多いことが取り柄です。

最近のスーパーの動きですごく心配なことがあります。それは、そのスーパー独自のブランドで作らせているPB(プライベートブランド)商品が増えていることです。

食材でも調味料でも、以前はその道の専門メーカーが競い合って良いものを作っていましたが、大量仕入れを武器にメーカーにスーパーのブランドでものを作らせるようになりました。

そして、悪貨が良貨を駆逐するように専門メーカーのブランドを付けた商品がスーパーの棚から消えています。(専門メーカーとしてはPB製品を作ることで収入は確保できますが、PBへの依存が高くなると開発力が低下したり、PB比率が高くなっていると打ち切られたときに再起できないほどのダメージを受けたりという可能性も有ります。)

PB商品といえども素人が作るわけでなくメーカーが作っているのですから、そこそこの味・品質は確保されているのですが、パッケージが一律のため商品の顔(パッケージデザイン)が記憶に連動しません。

どういうことかというと、専門メーカーの商品のパッケージを見たらその商品の味や食感などがイメージできましたが、PB商品の味の特徴が覚えられないのです。(覚えられないのはけして老化のせいではないと思います。)
人間の記憶と食欲の関係を無視した物流本位のモノづくりであるPBブランド化に怖さを感じます。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

曲づくりの手伝い [音楽の勉強]

趣味の尺八サークルが本年度最後のイベント出演を終え、恒例の飲み会に出席しました。

学生さんがクラブ合宿で使う宿泊施設を毎年利用させてもらっています。

演奏は午後3時ごろに終わるのですが、以前、夕方の時間に予約していて時間を持て余して予定よりも早く送迎バスで迎えに来てもらったら、食事の準備ができていなくて出てくるのが遅い懐石料理のような感じないなったことがありましたので、今回は早めのスタートで予約して午後3時半ぐらいから飲み会です。

テーブルには料理がたくさん並んでいて、これを完食すると体重が増えると思って警戒していたのですが、どれも美味しくて結果はほぼ完食し、翌朝の体重計測では200gほど増えていました。
このぐらいだったら何回かの食事の中で取り消せます。

楽しく歓談をしていたら、メンバーの一人の方が尺八譜を出してほかの方と話をされていました。reizanが興味を示したら、簡単に詩ができたので作曲してみたのだと教えてくれました。

reizanは作詞も作曲もしたことがありませんので、補作の勉強させてくださいとお願いしてその音譜をいただいて帰りました。

そして、半日ぐらいで補作を終えました。メロディーは最初のものとは別物のようになってしまいました。
元の作詞・作曲をした方もreizanも初めての経験ですから未熟ですが、それらしくできましたので恥を覚悟でアップしてみます。

埴生音頭4.png

 

 《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

なんとなく民謡らしくなっているのではないかと思います。

尺八譜がわからない方のために五線譜も作ってみました。

埴生音頭五線.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

ぎぼし最中 [お菓子]

京都好きの人がお土産に「ぎぼし最中」買ってきてくれました。

1502170002.JPG
《個装のパッケージ》

1502170003.JPG
《箱を開けたところ》

「ぎぼし」は漢字で「擬宝珠」と書きます。橋や寺社の欄干に取り付けられている葱坊主みたいな形の飾りです。上の絵では中央下に描き込まれています。

「ぎぼし最中」の名前は皮の形が擬宝珠に似せて作られているところからきています。
この最中は餡子の量が多いことで有名です。あまりに多すぎて二枚の皮がくっつきません。

1502170004.JPG

賞味期限にもう少しあるし、先日の尺八サークルの飲み会で食べ過ぎたので、食べるのを先延ばしにしていたら買ってきた人が、早く食べろというので仕方なくいただきました。

美味しかったのですが、体重の方が心配です。

似たようなものでは、東京に「切腹最中」というのがあります。これも餡が多くて皮がくっつきません。




共通テーマ:趣味・カルチャー

お土産の「くるみ饅頭」が好評でした [料理教室]

地元のガス会社が主催する料理教室に参加しました。月1回×3月が1クールで今回は2クール目の2回目です。

教室の時間は10時30分から13時30分までですが、今回は、14時から生涯大学校の各クラブ活動代表の打合せがあり、夕方は趣味の尺八サークルの練習日があって、一日に3つの用事をこなしてしまいました。一日にひとつの用事しかしないことに決めている年寄りにとってはきつい一日でした。

閑話休題。
今回の料理教室のメニューは、

  • ハンバーグ
  • ベイクドポテト
  • きのこのホワイトスープ
  • くるみ饅頭
でした。

1502180008.JPG
《完成品》

ご飯をつぐのはreizanの担当だったので、他の人の分はたっぷりついで自分の分は少しにしました。

1502180005.JPG

 

あとは一皿ずつをアップでご紹介します。

1502180006.JPG
《ハンバーグ&ベイクドポテト》

1502180004.JPG

1502180003.JPG

この教室では衛生上の観点から持ち帰り禁止となっていますので本来はお土産無しですが、今回の「くるみ饅頭」は持ち帰りにしました。(他のおかずを完食したらお腹に入らなくなったというのが本当のところです。)

一人当てはこのなかから3個です。

1502180001.JPG

「くるみ饅頭」は家人に好評でしたが、reizanも帰宅してから初めて食べてこれは本当に美味しいと思いました。作り方は簡単でした。これは再チャレンジしたいです。

YouTubeにレシピがありましたがreizanたち作ったものとは少し違っていました。
reizanたちは餡にもクルミのみじん切りを練込んでいます。また、表面には黄身だけを塗りました。

http://cookpad.com/recipe/1906178 YouTubeのくるみ饅頭


共通テーマ:趣味・カルチャー

「玉こんにゃく」を使ってみたくて [料理の勉強]

椎茸が安かったと大量に買い込んだ人が「半分を使って半分は石突を取って冷凍しておいて」と言い残して外出してしまいました。

いつも暇してると思われているのでしょうが、この日は、午前中は市の美術館で開催されている陶芸展に知り合いの作品を見に行って、午後は老人クラブの例会があるから迷惑だなと思ったのですが、結局、椎茸の煮物を作りました。

作るにあたって、先日スーパーで見つけて買っておいた「玉こんにゃく」もぜひ使いたいと思い加えることにしました。
ただ彩りを想像したら黒っぽくなってしまいそうだったので「人参」も使うことにしました。

玉こんにゃくに合わせるとなれば人参の切り方は乱切り以外考えられません。

味付けについては、最近、調味料の組み合わせでどういう味になるかある程度想像できるようになりましたので、こんな味にしたいと思った分量にしました。

普通、煮物は冷めていくときに味が浸み込むといわれますが、今回作ったものは出来たての時から美味しかったです。勿論冷めても美味しかったです。

備忘のためにレシピを残しておきます。

「椎茸の煮物」レシピ
材料
(作りやすい分量)
  • 生椎茸            15個程度
  • 人参              1本
  • 玉こんにゃく         1袋
  • 白だし             大さじ2.5
  • 水                360ml
  • 日本酒             大さじ1
  • 砂糖               大さじ2
  • 本味醂             大さじ1
  • 醤油               大さじ2
  • 唐辛子(種抜き、輪切り)  小さじ1
作り方
  1. 椎茸の石突を取り、大きいものは一口大に切る。
  2. 人参は乱切りにする。
  3. 玉こんにゃくを、水を張った鍋に入れ、沸かして灰汁取りする。(沸騰してから10分程度)
  4. 玉こんにゃくをザルにとり、一つずつ掌で軽く叩いて煎餅形につぶす。(味が浸み込みやすくなる。)
  5. 鍋に、椎茸、人参、玉こんにゃく、白だし、水、酒、砂糖、味醂を入れ火をつける。
  6. 沸騰したら醤油と唐辛子を入れ、落し蓋と鍋蓋をして30分煮込む。火力は吹き出す蒸気の量を見ながら調整する。 
foodpic5849565.jpg

やはり彩りに人参を入れたのは正解だったみたいです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

CPRM [知識・情報]

昼の用事と夕方の用事の間に2時間の空き時間ができたので、久しぶりにホームセンターを訪れ何か目新しいものはないかと隅から隅までチェックしました。

そして、電気製品売り場で気になるものを見つけてしまいました。買いたいと思うものではなくてその逆です。

それはDVDプレイヤーです。13,000円弱でテレビ画面まで付いています。パソコンを使わない人にとって便利かもしれないと思って本体や梱包箱をくまなく調べたのですが、「CPRM」の文字がどこにも見当たりません。
これでは地デジ放送を録画したディスクの再生は不可能です。

そのようなものに存在価値があるのかと訝りましたが、二つだけ思い当たりました。
それは、「市販のDVDソフト」と「自家製のDVDソフト」です。これなら「CPRM」に対応していない機器でも大丈夫です。

さて、「CPRM」とはそもそも何かというと、BSデジタル放送と地上デジタル放送の著作権保護のための技術でコピー回数を制限します。

テレビのデジタル放送をDVDディスクに録画するためには「CPRM対応」のディスクを使わなければなりません。昔買って使わないままのDVDディスクがあるからといっても「CPRM」に対応していなければデジタル放送の録画はできません。

1502190001.JPG

「CPRM対応」のディスクにデジタル録画ができたとすれば、その機器で再生することも可能です。

問題になるのは他の機器で再生するときです。

例えば入院中の人のために前出のDVDプレイヤーを準備してあげて、病院では見られないチャンネルの録画を見せてあげようとディスクを持参したとしても全く見ることができません。

世の中には「CPRM」に対応していない古いDVDプレイヤーを持っている方がおられます。その方が見逃した番組を録画しているから見せてあげようと思ってDVDディスクにダビングしてあげても見ることはできません。

なんだかややこしい話ですが、要は、デジタル放送を録画したDVDディスクは「CPRM」対応の機器でないと見られないということです。

だから、今、「CPRM」に対応していないDVDプレイヤーが、対応していないことを明記しないまま売られていることに、そのホームセンターの不誠実さを感じたのです。

reizanだったら、「このDVDプレイヤーは市販ソフトと自家製ソフト専用です。CPRMに対応していないためデジタル放送を録画したディスクの再生はできません。」と書いたポップを添えると思います。
その方が後からのクレームが防げて楽ですもの。

reizanの御託よりもこの説明がわかりやすいと思います。(ここ



共通テーマ:趣味・カルチャー

発達障害について勉強しました [生涯大学校]

生涯大学校の授業で「発達障害」について勉強しました。講師は保険所の所長さんでした。

発達障害には次のようなものがあります。
  • 自閉症
  • アスペルガー症候群
  • ADHD(注意欠如多動性障害)
  • LD(学習障害)
傍目には、変わった子、わがままな子、我慢できない子、乱暴な子、落ち着きのない子、やる気のない子、という風に見えるようです。でも、その境界は曖昧です。
「親の育て方や遺伝によるものではない」ということははっきりしているらしいのですが、発症する原因も不明だそうです。

最初の発見のチャンスは三度あります。
  • 1歳6か月健診
  • 2歳児健診(歯科検診)
  • 3歳児健診
この時点で保健師さんは、「発達が気になる子」として気づくそうです。

でも、正常と病気の境界が曖昧な障害なので保健師さんは診断しません。診断を下せるのは専門のドクターです。
気になる子がいたら受診を進めることになります。

ちょっと前にクラスメートからreizanさんてこうでしょと指摘されたのと、自閉症の特徴のひとつが被っていたので笑ってしまいました。

reizanは真面目、それも〇〇真面目と思われているらしく、交差点で曲がるときとかにカクッカクッと曲がるでしょう、

角々.png

とか、机の上に置いたものが斜めになっていたらすぐに直すでしょう、と言われます。

歳をとって平衡感覚が衰えてちょっとよろけながら歩くのでカクッカクッとは曲がれませんが、確かに、ずれに関しては気になります。すべてがぐちゃぐちゃになっていれば気がつかないのですが、何か基準になるラインが見つかるとそれと比べてずれていないか見てしまいます。

被っていたのは自閉症の「特定なものへの執着」という特徴です。道順とか物の位置などに執着してそれから外れるとパニックになってしまうというのです。
reizanの場合はパニックになったりはしませんが、案外心の中では理性と執着の葛藤が起こっているのかもしれません。

ADHD(注意欠如多動性障害)の特徴の、忘れ物が多い(宿題をわすれる)というのも心当たりがあったのですが、reizanの場合は忘れたのではなくてやらなかったのだから別だそうです。
注意力散漫という特徴は、学校で窓際の席になると外の景色が気になって授業に集中できないと説明されましたが、これも心当たりがあります。だって景色の移り変わりの方が授業より面白いんですもの。

講師の先生はときに面白おかしく説明してくれましたが、核心の話では、周りのサポートの必要性について言及され、障害というより個性と受け止め、周りが理解し一生に渡るサポートが必要と、まとめられました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

25周年記念三曲演奏会に出演しました [三曲]

地元の三曲協会の25周年記念演奏会が満員盛況のもとで開催され、reizanも前座の2曲に出演しました。

reizanが出演したのは、山川園松作曲「稔りの秋」の第一パートと池上眞吾作曲「万華鏡」の2曲です。
3名のゲストの方が会員と一緒に参加してくださり、reizanは2曲とも藤原道山さんの横で吹かせていただくという光栄に浴しました。

そのことは嬉しかったのですが、聴きにくれた人からは道山さんの音ばかりがよく聴こえてreizanの音は聞こえなかったと痛いところをつかれました。

でもそれは当たり前なんです。
良く知っている作曲家の方から教えてもらったのですが、コーラスではパートの中で一番うまい人より大きな声は出さないものだそうです。同じパートのその他大勢は上手い人の声に寄り添うようにして、あたかも一つの声になるように努めるのだそうです。

それは尺八の場合でも同じです。尺八のメンバーは道山さんの音色に寄り添うようにして一つの音になるようにしますから道山さんの音ばかりが聴こえたというのは、案外思い通りに上手くいっていたということになるかもしれません。

ゲストは、地歌と三絃の菊聖公一師、筝曲の山川芳子師、尺八の藤原道山師です。

プログラムは、

  1. 稔りの秋:会員+ゲスト
  2. 春の恵:藤原道山師+会員代表の箏
  3. 薫る花、ちらちらと、野分:子ども邦楽教室の子供たち
  4. 万華鏡:会員+ゲスト
  5. たぬき:菊聖公一師+絃方会員
  6. 中国の幻想、蜜蜂、兎と亀変奏曲:山川芳子師
  7. 浪花十二月(なにわじゅうにつき):菊聖公一師
  8. 甲乙(かんおつ):藤原道山師
  9. 妖精-エルフ-:中学校音楽部の生徒
  10. 松竹梅:ゲスト+会員代表の箏
でした。

「春の恵」は、昔、reizanの師匠が合奏されたのを聴いてから吹いてみたいと思いながら未だに吹きこなせない曲です。 
いろんな小鳥のさえずりが盛り込まれているのですが、舞台のそでで聴いていたら本当に舞台の上で小鳥が鳴いているようでした。

「万華鏡」の最後は十七絃がバルトークピチカート(絃を持ち上げて胴に打ち放つ)をして終わりますが、鞭を打ったような激しいい音がします。最後の音で客席から「オオーッ」とどよめきが起こり、出演者はしてやったりとにんまりしました。

「浪花十二月」はNHK-Eテレ(教育テレビ)でも放送されたので覚えたいましたが、菊聖公一師の裏声が素晴らしくて感動しました。歌舞伎の女形よりももっと自然な感じでした。(あとから個人的に声の秘密を教えていただきましたが、プロの営業に差し障るといけませんので内緒です。)

「甲乙」は藤原道山師の師匠で昨年亡くなられた山本邦山師の作品です。ピアニッシモのロングトーンからクレッシェンドしていくところなど随所に息の長さが目立つ部分がありました。
前座の合奏曲でもゆっくりのテンポでreizanが1小節ごとに息継ぎしているところを2~3小節吹かれて、しかも終わりの方で音量を上げるという信じられないことをされていました。 都山流の面目躍如で同じ流人として嬉しかったです。

文化の日の定期演奏会でも大人の演奏を食ってしまう地元の中学校の音楽部(筝曲)の生徒さんが、今回は別のことでもやってくれてお客様から高く評価されていました。
それは具体的には、お辞儀の時の居住まいの正し方や演奏していた手を下すときの下し方など所作が美しかったと評判でした。
reizanは舞台のそでにいたからその場面は見ていなかったのですが、偶然、こちら側でも美しいと思ってデジカメを向けた写真があります。これを見るとお客様が後から聞かせてくれた感想が間違っていないと思えました。

1502210001.JPG

これだけのことでも指導の先生のしつけの良さが伝わってきます。先生はreizanが良く知っている人の高校時代の2年先輩でそのころは合唱部に入っておられたそうです。

出待ちの時に生徒さんに、「空いている控え席に座っていいんだよ。」と言ったら、「ありがとうございます。でも立っています。」と、前曲(道山師の尺八演奏)を聴き入りながら待ってくれていました。
舞台のそでからではありましたが藤原道山師の生演奏を近くで聴いたというのは、彼女たちの一生の思い出になることだろうと思います。

終曲の「松竹梅」はreizanが都山流の県支部講習会で参考演奏をするために一所懸命練習し、流派の違いによる絃譜の違いを徹底的に研究した曲ですから、すらすらと耳に入ってきました。

終わった後で、聴きに来てくれた人たちからは次回も案内してくださいと声を掛けられましたが、35周年は10年後ですから何人生きているかわかりません。たぶん今回が最後でしょうと答えました。
でも、毎年11月3日に開催する定期演奏会はずっと続くだろうと思います。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

「美しすぎる海自の歌姫」の歌を聴きに行きました [音楽鑑賞]

前日は所属する地元三曲協会の25周年記念演奏会に出演しましたが、次の日は、今度はお客です。

かねてチケットを入手していた「海上自衛隊東京音楽隊」の演奏会を聴きに行きました。

東京音楽隊_0001.jpg

演奏も楽しみですが、うわさの「美しすぎる歌姫」を拝見するのも目的です。

演奏中は撮影禁止でしたが、終演後はこころよく記念撮影に応じておられましたので、ご報告のためreizanも撮らせていただきました。

P_kxECaVIQtjrlL1424595304_1424595351.png

myR3ZFobnVujVdb1424595397_1424595428.png

最近読んだ「顔の本」によると、人類の祖先の顎の骨は猿のように前に出ていましたが、食べ物の入手が容易になり、硬いものを食べる暮らしから比較的柔らかいものを食べるようになると顎の力が以前のようには必要なくなって進化が進むほど顎の骨が後退しているそうです。

ヨーロッパの人たちの顔を横から見ると垂直に近くて途中から鼻が飛び出しています。一方、一般的な日本人を思い浮かべると垂直になっている人は珍しく、どちらかというと口を中心に小皿を伏せたように前に出ているタイプが多いようです。

ところが、「美しすぎる歌姫」さんの場合は、顎が後退していて横顔もすっきりしていました。

1502220001.JPG

「天は二物を与えず」と申しますが、この方の場合は当てはまりません。
顔の各パーツの大きさ・配置がバランスよく整っていますし、小顔ですらっと背が高く、その上歌が上手い、と普通の人からみたら天は不公平と思わせるぐらい恵まれています。

宝塚に行ったらトップスターも狙えるでしょうし、女優・タレントとしても十分すぎる資質をお持ちだと思いましたが、今の立ち位置を選択されたのは懸命だと思います。一番輝ける場所だと思います。

プロの歌手でも、いつもフルバンドの前で歌うというわけにはいかない(人件費がかかりすぎる)時代ですが、ここだったらフルバンドが当たり前ですから歌手冥利につきる素晴らしい場所に就職されたと思います。

国家公務員ですから大儲けはできませんが収入は安定しているし、業界的な足の引っ張り合いはないし、好きな歌を通じてお客様に喜んでもらえるというのですから最高ではないでしょうか。(タレント事務所の方には余計な手出しはしないで欲しいものです。)

話は演奏会の方に戻りますが、本番中はマイクを使って歌われていたのにアンコールで歌われた最後の曲(確か「早春賦」だったと思います。)を歌われるときはマイクなしでした。声楽の勉強をされた方ですからホール中にその歌声が響き、マイクを使ったときよりも生声の方が絶対に良いと思いました。

あっ、それと楽器の演奏も素晴らしかったです。

海上自衛隊東京音楽隊のサイトに「イベント情報(ここ)」が出ていますので機会があったら聴きに行かれると良いと思います。

YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=lHkt_HE3PQQ タイム・トゥ・セイ・グッバイ
https://www.youtube.com/watch?v=fxOin1qVFs4  Let it go (ありのままで)
https://www.youtube.com/watch?v=_j-Chs3DNI0&list=RDfxOin1qVFs4&index=15 夢やぶれて
https://www.youtube.com/watch?v=DfsPrZILftI 平成26年度自衛隊音楽まつり [正式フルバージョン]





共通テーマ:趣味・カルチャー

ウォークマン型のICレコーダ [便利グッズ]

お金がないのと物が増えすぎるので、最近は家電量販店の新聞折り込みチラシも見ずに折りたたんで捨てることが普通になっているのですが、ちらっと目にとまった商品が気になってそこだけじっくり見てしまいました。

昔ながらのカセットタイプのウォークマンのようなデザインで作られているICレコーダです。カセットの二つの穴に差し込むハブが描かれていますし、スイッチ類も大きめに作られています。

カセット型ICレコーダー.png

マイクもスピーカも内蔵されていますからお箏の先生にお薦めの商品だと思いました。

いまだにカセットテープを愛用されている先生が多いのですが、それは新しいことを覚えるのが大儀だというのと、テープだと途中からでも再生できるというのが大きな理由のようです。

でも、カセットテープは回転数が安定しないからピッチが合わないと気持ちの悪い音になります。
だからICレコーダを使えばよいのにと思うのですが、お箏の先生が使いやすいものはありませんでした。

しかし、これだったらラジカセ感覚で使えますから良いのではないかと思います。

ただ、シンプルにするためにパソコンとリンクしたり、タイトルを入力したりする機能が付いていません。これが唯一の弱点です。(オ-ディオケーブルを使って他機器との間で入・出力のダビングをすることは可能なようです。)
取説はここ

対策としては、録音日ごとに日付通し番号が自動的に記録されますので、ノートなどを準備して、「日付・通し番号・曲名」のリストを作っておくと必要がありそうそうです。(これが面倒だと思ったら使いにくそうです。)
音源を削除した時はノートから消すことも忘れてはいけません。

録音できる曲数としては、一曲15分として標準モードで360曲、長時間モード(音質が若干劣る)で720曲も録音できます。
機械が壊れた時に音源を失う可能性がありますから貴重音源の保存には向きませんが練習用の録音機として使う分には十分だと思います。

2015年2月23日現在のAmazonでの価格が税・送料込みで6,236円ですからお手頃です。

共通テーマ:趣味・カルチャー

SUWADAの爪切り [お気に入り]

reizan宅でSUWADAの爪切りを借りて使った方が気に入ってくれて、爪切りはこれが一番とAmazonで購入されたらしいです。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=SUWADA Amazon SUWADA

ドラッグストアーや100円ショップに行けばもっと安いのがあるし、ヘンケルスやツヴィリングでも半額ぐらいのものがありますが、爪切りでは品質(切れ味)でSUWADAが最高の部類に入ると思います。

しかし、高級爪切りといえどもサイズは手のひらに収まるぐらいのものです。それがAmazonの配送にかかるとこんな梱包で届いたと見せてくれました。(左上のリモコンと比較してみてください。)

1502230007.JPG

 

Amazonの梱包を最初に見た時は、reizanの価値観を混乱させるぐらい衝撃的でした。個人で発送するときには体積や重さで料金が決まりますが、大量に送り出す業者さんの場合は送料の交渉が可能でしょうから梱包サイズの統一の方がメリットが大きいのだと思います。 



共通テーマ:趣味・カルチャー

勿体ない [料理の勉強]

日テレの「損する人!得する人!」という番組で、あるものを使って牛蒡の皮むきができると紹介されていましたが、reizanはこれを見ても勿体ないと思いました。ていうか、やってはいけないと思いました。

あるものとは、これのことです。

1502260002.JPG

食パンやスティックパンを買ったときに付いている袋を細く束ねているプラスチック片です。これで牛蒡の表面をこすると皮がむけるというのです。
テレビの動画を見たら確かに皮がむけているのですが、完膚なきまでに皮を剥く感じです。

皮の近くに旨みが集中しているのに旨いところを全部削ぎ取ってしまっています。
きんぴら牛蒡にはちょっとうるさいreizanとしては勿体なくて納得できない内容でした。

牛蒡の泥を落とすのは束子で十分です。くれぐれも削りすぎないようにいたしましょう。


共通テーマ:趣味・カルチャー

三段そば [料理教室]

reizanが挑まないように心掛けているのが「蕎麦打ち」です。
元々お金のかかる道楽なのに凝り性のreizanだと大変なことになりそうですから近づかないようにしています。でも、手打ち蕎麦を食べるのは好きです。

北九州では蕎麦を食べる習慣がありませんでしたが関東に出てきてから蕎麦の味を覚えました。
本格的な手打ち麺からスーパーの生麺までいろいろ食べましたが、その味・食感もピンからキリまででした。

最近は電車で移動した際に駅で食べるぐらいしか機会がなく、「我孫子駅の唐揚げそば」とか「箱根そば」が定番です。
だからほとんど美味しい蕎麦の味を忘れていたところに嬉しいプレゼントが届きました。

アマチュア三段の方が打った蕎麦です。

foodpic5872145.jpg

簾の竹の幅が3.75mmですから蕎麦の細さがわかると思います。しかも麺の角が立っていますから美味しくないはずがありません。

今までに食べたなかでは最高の部類に入る美味しさでした。全麺協の資格には五段まであるそうですから三段の方はさらに極めていくことでしょう。

http://www.zenmenkyo.com/pdf/danijissikijun.pdf 素人蕎麦打ち段位規程


共通テーマ:趣味・カルチャー
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村