So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

同期が頑張ってる [番外]

高校の同期生が頑張っている情報に接すると自分も頑張らなきゃという気持ちになります。

今日紹介するのはネット経由で入ってきた情報によるものです。
運動系が苦手なreizanにとっては手の届かない世界ですが、凛とした姿は見ていて格好良いと思います。

三人のうちの女性が同期の人で錬士六段の資格者だそうです。
男性は片肌を脱ぐのですが、女性は襷を掛けます。その掛け方も一つ一つの動作が優雅で見とれてしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=O81ME2neEN4&feature=youtu.be 研射会 一つ的坐射礼

次のは一年前に、クラブ活動の同窓会をした時のものらしいですが、60過ぎてこんな同窓会ができるなんて羨ましいです。

https://www.youtube.com/watch?v=U-hASwrSugI 

実はreizanも一度だけ弓を射たことがあります。弓道部に所属していたクラスの顔見知りに頼んでチャレンジしました。

目の前に和太鼓の台のようなものがあって、その上(目の高さ)に藁を太鼓の形にまとめた的が載っています。
矢は、太鼓でいうと皮を張っている面に射ます。

構え方、引き方を教えてもらって、的から1メートルぐらいの位置に立って矢を射たら、なんと、那須与一の矢とは大違いで的を外れ、後ろの板壁に突き刺さっていました。

矢が離れるところ、的の横を通るところ、板に突き刺さるところ、の記憶が全くありません。どうも発射の瞬間に目をつぶったらしいです。人に当たらなかっただけが幸いで、二度と人命にかかわる危ない分野にはチャレンジすまいと思った瞬間でした。


読み物として興味深いです [小ネタ]

ある牛丼大手が労働環境改善に関して第三者委員会をつくり、2014年7月31日に委員会の調査報告書が会社に提出され、会社がそれを公表しました。

調査報告書の内容は、大変興味深く読み応えがあります。この報告書を公表した会社の太っ腹ぶりには感心しますが、従業員の親の立場だったら、そんな会社辞めてしまえと言いたくなりそうです。

http://www.sukiya.jp/news/tyousahoukoku%20A_B.pdf 調査報告書

http://www.sukiya.jp/news/tyousahouokou%201_3.pdf 調査報告書別紙

http://www.sukiya.jp/news/kaitou.pdf プレスリリース

http://www.sukiya.jp/news/20140731zhd.pdf プレスリリース 

月の所定労働時間は160~175時間ぐらいと思いますが、その上に月160時間以上の残業をしている人がかなりいます。

reizanも40代の頃に会社が権威ある賞にチャレンジするというので、その資料作りでひどい残業をした経験があります。
朝8時前には会社に出て、帰りは最終のバス(最寄りバス停の2つ手前止め)に乗り、2バス停分を歩いて帰ったら午前0時という生活を1年間しました。これで月の残業時間が160時間ぐらいです。

協定を超える分の残業代を計算したら1年で100万ぐらいになることが確実でした。いずれ支払われることがわかっていましたので、いよいよ身体がきつくなってからは、行き帰りともタクシーにしてタクシー代に20万ぐらい使いました。それでも、散髪屋さんから円形脱毛症が出てるよと指摘されたときはショックでした。目に見えないところでも健康を害していたことだろうと思います。


アルコールづいています [番外]

父の日のプレゼントでいただいた溝上酒造の「皿倉」(720ml)を1か月半かかって飲み終えたと思ったら、今度は二人の方から焼酎をいただきました。

一つは、久留米で作られているのに「博多の華」という麦焼酎の5年物です。

1407310001.JPG

アルコール度数を見たら35%もありますからストレートで飲むのはreizanにはムリと思い、水割りにして飲みました。香りも良くてウイスキーを飲んでるような感じがしました。

もう一つは、四万十川で有名な四万十町の「ダバダ火振」という焼酎です。こちらは、なんと原材料に栗が50%、麦が25%、米と米麹が25%という珍しいものです。

1407310005.JPG

アルコール度数25度と書かれていたのでこちらはオンザロックで飲んでみました。甘い香りがして飲みやすかったです。
でも、そのあとでカァーッときいてきました。

にんじんのグラッセを作ってみました [料理の勉強]

冷蔵庫の野菜室ににんじん数本あって、このままでは消化し切れないと思いレシピを探して「にんじんのグラッセ」に初チャレンジしてみました。

「にんじんのグラッセ」てしゃれた名前に、なにかと思ったらステーキなどを食べた時に横に載っている付け合せですね。

参考にさせていただいたのはFarmer's KEIKOさんのサイトです。

foodpic5224156.jpg

KEIKOさんほど赤くなりませんでしたが、味は美味しかったです。

方言が楽しい [番外]

YouTubeには思わぬユニークな動画がアップされていることがありますが、そういうのを偶然に見つけた時のうれしさといったらありません。

「うちなーぐちの朝のラジオ体操」もそのうちの一つです。
体操の号令が沖縄の方言になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=PxO_w-Gtn6k  うちなーぐちの朝のラジオ体操

やっているのはラジオ体操第一だと思うのですが、reizanが知っている動作と違う部分があって、あれっ?と思いました。

こちらの博多弁は愛らしいです。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/p0f66969ac837c92e71afb37504636190 博多弁で甘えてくる重盛さと美に萌え

reizanが使っていた北九州弁は荒っぽくて喧嘩してるように聞こえますが、同じことでも博多弁はほんわかして愛らしいです。


木をこすって着火 [小ネタ]

オロナインH軟膏のCMで、女性が木をこすって火起こしにチャレンジする動画があります。火が着いた時の姿は本当にうれしそうです。

http://www.otsuka.co.jp/adv/ohn/ 「火起こしとサーフィンと乗馬と」篇

reizanも若いころはキャンピングに凝っていたことがあって、キャンプ講習会で火起こしを習いましたが、錐もみ式では成功しませんでした。手のひらが真っ赤になるほどやってみましたが火は着きませんでした。

動画では女性が着火しています。使っている木材に違いがあるのかもしれません。と思って調べてみたら着火キットが売られていました。CMに使われているのとは別物みたいです。

http://www.uminekoya.co.jp/hiokoshikirimomi.html きりもみ式火起こしセット 

また、別のサイトでは前後に擦る方法が動画で紹介されています。

http://commonpost.info/?p=62591 木の棒を擦り合わせて火を起こすサバイバル技術

これを見ると、木を擦ったときに木くずの黒い粉(火種のカーボン)が出るようにするのがコツのようです。

reizanがやったときは木くずが出ることはなく両方の木の接触面がテカテカになってしまいました。これでは絶対に火が着かないようです。

コツはわかったのですが、今の歳では体力がついていくかどうか?


砥ぎ屋の技術が夏祭りで役立ちました [大工の勉強]

reizanの住んでいる戸建住宅団地(約1,300戸)では、毎年、自治会主催の夏祭りが開催されます。

今年(2014年)は8月2日、3日でした。

reizanは、前から所属している地域の老人クラブの会員と、今年は自治会の地区役員という立場がありますので二か所に協力しなければなりません。それぞれに事情をお話しして、2日は地域の老人クラブ、3日は自治会の地区の手伝いをさせていただくことになりました。

老人クラブでのreizanの担当は「輪投げ」の係です。1回50円で10個の輪を投げてもらい、的の9本のペグにはそれぞれ1から9までの点数がついていますので、合計点数(0点でも可)に応じて賞品を渡します。

reizanの作業は、①お金を受け取り集金箱に入れる。お釣りがあったらお釣りを渡す。②投げ終わったら点数を確認して商品が入った箱から欲しいものを選んでもらう。③輪を回収して仕切り線のところまで持っていく。
ということを17時から21時まで4時間ぶっ通しで繰り返します。わずか3mぐらいを往復するのですがこれを何度も繰り返すので相当疲れます。

疲労防止対策として、数年の経験から安全靴を履くようにしています。堅く厚いゴム底で指の部分には鉄板が入っています。
最初の頃は作務衣に雪駄履きでやっていたのですが、立っているのが辛くなるぐらい足が疲れました。安全靴に切り替えてからは足の疲れが減りました。

初日の昼間は気温37℃で全国2位の暑さを記録しました。祭りは夕方からですが昼間の余韻と運動量の多さで汗びっしょりになり、帰宅してシャワーを浴びたあと朝まで爆睡しました。

二日目は地区会の手伝いです。
こちらの方は、本番以前にちょっとしたお役立ちでreizanの株をあげました。

一週間前の日曜日の午前10時から、倉庫に仕舞っているかき氷機を出して試運転があったのですが、reizanは所要で試運転はパスさせていただきました。

ただちょっと気がかりなことがありました。それは、刃の手入れがどうなっているかということです。
訊いてみたらやはり刃の手入れはされていないということだったので、砥ぎを申し出て協力させてもらうことにしました。

電動かき氷機は2台ですので、2枚の刃を外して持ち帰り、まずは現状の確認です。

1408030008.JPG

1408030007.JPG

紙の縁に刃を当て手前に引きながら切っていくと刃の具合がわかります。良く砥げているときはスーッと切れますが、刃に問題があるときは引っかかる感じが伝わってきます。

実際にやってみると2枚とも細かく引っかかるところがあります。

次に刃先のゆがみの確認をしました。結果は買ったときのままなので直線になっていました。

1408020001.JPG

かき氷機の砥ぎは初めてですが、大工道具では鉋を裏返しに使っているようなものだと思って両端に少しテーパーをつけるように砥ぎました。

2日の開始前に試験運転をして役員の方にかき氷を食べていただいたところ、前の試運転の時はガリガリした食感だったのが、フワフワした感じで美味しいと仰っていただきました。

かき氷を作るときも肉や野菜を切るときと同じで、良く切れる刃で削った方が美味しくなることがわかりました。
また、氷の消費量も少なく済んだようです。

容器に惜しげもなく山盛りにして販売したのですが、終わってみたら氷が5貫(かき氷機に入れるサイズで10個分)も余っていました。
それに、去年は数千円の赤字だったのが、今年は数万円の黒字になったと役員さんが驚いておられました。すべてが刃を砥いだことによるものではないと思いますが少しは貢献しているはずです。 

二日目の開始前に刃の部分を撮ったら、一日たっただけで錆が出ていました。刃先は大丈夫そうだったのでそのまま使いましたが、来年も砥ぎを依頼されるかもしれません。

1408030009.JPG

憧れの「魚沼産こしひかり」を買いました [料理の勉強]

「魚沼産こしひかり」といえばご飯好き憧れのビッグネームです。勤務時代には10㎏7千円ぐらいで買っていた記憶がありますが年金生活になってからは値札の安い方から見て買っていますのでそこまで行き着きません。

ところが、なんと米を買いに行ったら両脇を安い米に挟まれて「魚沼産こしひかり」が置かれているではありませんか。

1408070001.JPG

ただその時点では値段はわかりませんでした。棚の値札が前に折れ曲がっていたのです。値札を起こしてみたら税別1,980円と書かれていました。

このときの印象は、「安い!」でした。
「ゆめぴりか」が2,200円から2,600円ぐらいですから驚きの価格でした。買わない手はありません。

ほかにキャベツや牛乳などほぼ一週間分の食材も買ったので両手に10㎏ぐらいの荷物を持ってバス停から家まで歩きました。今日の筋トレはこれで十分というぐらい疲れました。

家に帰って米の袋を見たら原料米は魚沼産こしひかりですが、加工は茨城県でした。

1408070004.JPG

1408070002.JPG

25年度産ですからもう古米になります。

1408070003.JPG

この日はスーパーの1割引きの日だったので、税抜き価格は1,782円になり、最終的に支払いは税込1,924円でした。
この米を炊いて食べる日が待ち遠しいです。

邦楽キッズ大集合 [三曲]

NHKネットクラブから、事前に登録したキーワードに関連した番組情報をもらっていますが、一週間後にちょっと面白そうなのがあるのでご紹介します。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20140815-31-01782 にっぽんの芸能 邦楽キッズ大集合 筝曲の世界

毎週定例の番組ですが、今回は夏休みの企画で演奏者が子供たちということです。

放送日 2014年8月15日(金)22時~23時
放送局 NHK-Eテレ

演奏曲目は、

  • 「ひぐらし」
    (唄と箏(本手))佐竹 大、(唄と箏(本手))長谷部 茉白、(唄と箏(本手))長瀬 可於、(唄と箏(本手))長瀬 甲於、(唄と箏(本手))長瀬 令於、(唄と箏(本手))伊東 美紀、(唄と箏(第一替手))藤井 優介、(唄と箏(第一替手))棚橋 明菜、(箏(第二替手))島村 浩輝、(箏(第二替手))米田 美穂
  • 「千鳥の曲」
    (唄と箏(本手))岩嵜 健太、(唄と箏(本手))星野 響、(唄と箏(本手))志賀 元應、(唄と箏(本手))河崎 朱姫、(唄と箏(替手))土屋 百合子、(唄と箏(替手))細川 喬弘、(尺八)石橋 えりか、(尺八)人見 かのん
  • 「風にきけPartⅡ」
    (箏)上田 涼花
  • 「鳥のように」
    (箏)師田 響子
「千鳥の曲」には尺八も参加していて、「石橋えりか」ちゃんと「人見かのん」ちゃんの二人の女の子です。
5年前のえりかちゃんはやっと音が出せるぐらいだったそうです。

 
2011石橋えりか.jpg
《5年前の石橋えりかちゃん》

「風にきけPartⅡ」は筝曲家の吉崎克彦さんの作曲です。出来たての頃、吉崎さん自身の演奏を聴いたことがありますが、その時に、「以前に、”風にきけ”という曲を作ったけど難しすぎたのでPartⅡを作った。」というご本人の解説を聴きました。

https://www.youtube.com/watch?v=0cQ8GkvKE-4 風にきけ

https://www.youtube.com/watch?v=-xtT6x5Yeqc 風にきけPartⅡ

「鳥のように」は、故沢井忠夫さんの作曲です。相当なレベルに届いていないと弾きこなせない名曲です。いちいち音譜を見ていたのでは手が間に合いませんから暗譜で弾く方が多いようです。

https://www.youtube.com/watch?v=sCqyIlDVGN8 鳥のように

https://www.youtube.com/watch?v=bM73f6ZG4Ok 小6男子の演奏

Eテレで子供たちがどんな演奏を聴かせてくれるか楽しみで、わくわくしています。


冷凍パイン [料理の勉強]

先日、「冷凍バナナ」報告をしましたが、スーパーに寄った時に「カットパイン(パイナップル)」が美味しそうだったので買って帰り、これも冷凍にしてみました。

foodpic5258210.jpg

気になってしょうがなくて2時間半後と3時間半後に試食してみましたがほとんど凍っていませんでした。

6時間後に食べてみたらしっかり凍ってアイスになっていました。美味しかったです。

COOKPADで報告しようかと思って先例を調べたらたくさんありましたので止めることにしました。
なかでもsng6tさんのものがたくさん実験されていて、今後reizanが無駄な努力をしなくても済むのでありがたかったです。

http://cookpad.com/recipe/2640481 sng6tさん お弁当に♪保冷剤代わりに

いちいちラップしなくて良い方法も紹介されています。自家用だったらこれで良いと思いますので真似させていただきます。

立派な桃を頂いたのですが [小ネタ]

町内の役員の方がreizan宅の看板を見て「包丁を砥いでもらえるんですか?」と仰ったので、「商売ですから砥ぎますよ。」と答えておいたら、早速5丁も持ってみえました。

その際に、「頂き物だけどたくさんあって食べおおせないので」と、立派な桃を二つも頂きました。

foodpic5261654.jpg

葉っぱが添えてあるのなんて初めて見ました。

冷蔵庫で冷やして、夕食後に4分の1個ほどいただきました。
ちょっと若い感じでしたが甘くておいしかったです。ただ一つだけ残念なことがありました。

寝る前に歯を磨いて休んだのですが、2時半ごろ、口元に違和感を感じて目が覚めました。
唇が痺れて腫れているような感じです。起き上がって鏡を見たら「たらこ唇」になっているではありませんか。痒みはないので虫刺されではなさそうです。

そうすると考えられるのは「桃」しかありません。

そのときはそのまま眠って、翌朝、ネットで「桃 唇が腫れる」で検索してみたらありました。
食物アレルギーの一種らしいです。

今まで、小麦が食べられない人やカニを食べられない人のことをかわいそうだなと思っていましたが、桃を食べられなくなったreizanも結構かわいそうです。

見た目はマスクをすれば隠せますし痛みやかゆみはないので楽なのですが、ただ、思うように尺八が吹けないので今後桃は避けた方が良さそうです。

Excelの「リボン」て何? [パソコン]

最近はWordよりもExcelを多用しているのですが、そのExcelで異変が起こりました。

表の上部に表示される部分が消えてなくなってしまったのです。

これが

リボン6.png

こうなりました。

リボン5.png

使い勝手はどうかって、とても使いにくいです。
セル絵への入力は普通にできるのですが、フォントを替えたりするときにいちいち「ホーム」をクリックして上の画面を呼び出さないといけないのです。

1回だけなら良いのですが何度も繰り返していると、その効率の悪さが嫌になってしまいます。
それで、ネットで対策を探したら次の画面に行き着きました。

リボン.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

上部の表示はツールバーではなく、「リボン」というらしいです。
(「なんだ!カンタン!Excel塾」というのはExcelの取説・マニュアルのようです。そういえば、office2010のパッケージにはそれらしきものが何も入っていませんでした。このサイトへの案内もありませんでしたし、今回初めて気づきました。)

Excelの「リボン」の表示・非表示は画面右上の記号をクリックすることによって切り替えられるとのことです。記号はひらがなの「く」を寝かせて、上向き・下向きにしたものです。

これをクリックするごとに表示されたり隠れたりします。

リボン3.png

リボン4.png

この使いずらい状態は、シートの表示範囲を広くするのが目的らしいですがreizanにとっては要らない機能です。


ピアノ譜が書けて移調ができるフリーソフト [便利グッズ]

パソコンで五線譜を書くソフトをノーテーション・ソフトといいますが、有料のものではFinaleが有名です。 

でも、reizanの場合は縦譜がメインですし、五線譜もプロのように凝った仕様は必要ありません。基本だけ押さえてあれば十分です。

そんな要望にぴったりのフリー(無料)ソフトがありました。「MuseScore」です。

musescore.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

最初は森岡章さんの「尺八とピアノの為のソナタ№1」を五線譜で浄書する際にこのソフトを見つけたのですが、今回、「花は咲く」をオリジナルより5度上で他の楽器と合奏するため五線譜が必要ということになったときに、改めてこのソフトのマニュアルを見たら、なんと、移調ができるようになっているではありませんか。

そうなるとことは簡単です。取りあえずオリジナルキーで打ち込み、

花は咲く.png

「すべての範囲」を選択して、「上に・完全5度・移調」と指示すれば瞬時に移調譜を作ってくれました。

 

 

花は咲く6本.png
《前奏は後から入れました》

オリジナルが「C」から始まっているのに対して、移調譜では「G」から始まっていますので大成功です。

 


「パイナップル」の研究をしました [料理の勉強]

「パイナップル」の研究といっても切り方を勉強しただけですが、関連知識も得ましたので備忘のため記録しておきます。

スーパーでパイナップルを買う気になったのはカットパインを冷凍したら美味しかったのと、カットパインの倍以上の実が取れそうな生パイナップルの値段がほとんど変わらな買ったからです。
でも、そのときはパイナップルに関する知識がありませんでした。

買ったときに葉っぱが着いていたのですが、その時は始末の仕方がわからずスーパーの袋に入れて持ち上げたら葉の先の部分が手にあたるのでガムテープをぐるぐる巻きにして対応しました。

本当はそんなことする必要なかったんです。葉の部分を握って捩じってやれば簡単に外れました。(折るのではなく葉の中心軸を回転させるイメージです。)

1408120005.JPG

パイナップルの皮は亀の甲羅のようで硬そうなイメージですが、南瓜ほども固くなくて意外なくらい軽く切れました。
切り方としては大きく二通りあります。

今回はやらなかったのですが、
  1. 縦に四等分する。
  2. 一個を取り、中心にあった硬い部分を部分を切り落とす。
  3. 皮と果肉の間にナイフを入れ切り離す。
  4. 適当な間隔で銀杏切りにする。
  5. 2から4を繰り返す。
というのが一つの方法です。

今回はもう一つの方法にしました。
  1. 上下を輪切りに切り落とす。
  2. 残った部分を輪切りで2等分する。
    1408120006.JPG
  3. 皮と果肉の間にナイフを入れ、パイナップルを回転させながら、ナイフを前後させて切り離す。
    1408120007.JPG
  4. 果肉を適当な厚さで輪切りにし、硬い部分を抜型で抜くとドーナツ状のものができる。
  5. イチョウにするには、3の果肉を四等分し、硬い部分を切り落として適当な厚さに切る。
reizanの目的は冷凍パインを作ることですから最後の方法をとりました。

また、銀杏切りしたものをいちいちラッピングするのは面倒なので、今回は金属バットに載せて冷凍室で凍らせたものをジップロックに移し替えて冷凍室に入れています。こうすればお互い同士がくっつくこともありません。

foodpic5272062.jpg
《今回》 

foodpic5272063.jpg
《前回》

「アイスクリーム」と「アイスクリン」 [音楽理論]

タイトルは「アイスクリーム」ですが今回は料理の話ではなくて音楽の話です。

尺八の音譜(楽譜)は、三曲の場合はほとんど公刊譜を購入します。その他の楽曲(歌謡曲、ポップスなど)の場合は手持ちの楽譜集(五線譜書き)を縦譜に書き直しています。

そして楽譜集にないときは耳コピをします。でも、なかには耳コピしにくい曲もあります。そんな時はYAMAHAの「ぷりんと楽譜」から購入します。

http://www.print-gakufu.com/ ぷりんと楽譜

reizanはネット経由クレジットカード支払いで購入し自宅のプリンターから出力していますが、コンビニのマルチコピー機でも購入できるようです。

笠置シズ子さんの歌唱で有名な服部良一さん作曲の「東京ブギウギ」を趣味の民謡尺八サークルの皆さんと演奏しようと思ったのですが、手持ちの楽譜集になくて、reizanにとって耳コピしにくい曲だったので「ぷりんと楽譜」を利用しました。

東京ブギウギ_0001.jpg

楽器別にたくさんのアレンジがありますが、楽譜サンプルを開いてみて2番目の「メロディー」の分を購入しました。価格も一番安くて162円でした。

東京ブギウギ.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

楽譜を見たら五線譜の上に次のような表示がありました。
スウィング.jpg
五線譜で左のように書かれているところは右のように演奏してくださいという指示です。縦譜の場合に言葉で「軽くはずむ」と書かれているのと同じ意味です。

スウィングしてくださいということなのですが、70代、80代の高齢者の方にとってはちょっと苦手な部分みたいです。

そこで、リズムを言葉で理解してもらうことはできないかと考えてみました。
4文字で、「〇ーー△」のように、2文字目と3文字目が長音になる言葉が良いのですが、見つけきらなかったので「クリーム」という言葉を使うことにしました。

これの前にアイスをつけて「アイスクリーム」です。この言葉が使えるのは、物売りのときに「アイスクリン」と短縮形で使われたことがあったからです。
世の中に存在しない言葉で説明しても混乱を招くだけですから、ここは慎重に選びました。

楽譜のイントロの部分は次のようになっています。

アイスクリン.jpg
1小節の中に同じフレーズが繰り返されていますから2拍目までが出来れば全部ができることになります。

♭が三つもついて面倒そうですが、縦譜に直したら運指を表すタブ譜になりますのでその点は心配ありません。
問題はリズムです。

基本的なことですが1拍の長さ(時間)はすべて同じです。このことを忘れるとぐちゃぐちゃになってしまいますから、ずっと意識しておいてください。

1拍目は3連符ですから、音符1つの長さは3分の1拍です。この3つの音符に「アイス」の言葉を当てます。
「アイス」と発音するときに、「アイスー」とか「アイース」とか「アーイス」と発音をする人はいないと思います。1拍の時間の中で普通に「アイス」と発音すれば3連符になっているのです。

2拍目をスウィングしないで普通に演奏する場合は「クリーム」の言葉を割り当てられます。付点八分音符が「クリー」で、十六分音符が「ム」です。
この場合は1拍の時間の中で4文字の発音をしますから、1文字当たりは4分の1拍になります。「クリー」が4分の3拍で「ム」が4分の1拍です。「クリーム」と発音すれば自然にそうなっているのです。
ただし、漫然と「アイスクリーム」と発音したのでは音楽になりません。3文字で1拍と4文字で1拍ですから前者と後者では1文字当たりの時間の長さが異なります。
拍を取りながら、「アイス」で1拍、「クリーム」で1拍を正確にできないといけません。文章にすると難しいように思いますがやってみると実際は簡単です。

さて2拍目で横道にそれましたが、本来のスィングする方の説明をさせていただきます。こちらは簡単です。要はこちらも3連符なのですがそういう譜の書き方をすると全体が3連符だらけになって見づらいので十六分音符ベースで書いているだけです。
そしてそのことを譜頭で説明しているのです。

2拍目を演奏するときは、「クリーム」ではなく、「クリン」の言葉を当てます。付点八分音符が「クリ」で、十六分音符が「ン」です。
本来の音価(音の長さ)とは異なりますが、付点八分音符が3分の2拍、十六分音符が3分の1拍ということで割り切って演奏しましょうということです。この本来と違うというところが真面目な方にはなかなか受け入れがたいことのようですが、本来というのも真理を表しているわけではありませんので、ここは臨機応変に受け入れていただいた方が演奏を楽しめると思います。

1拍目2拍目を通すと、「アイスクリン」になります。この場合1拍に3文字ずつですから1文字ずつの長さはすべて同じです。そのまま読むだけで良いのですから簡単です。20歳以上の人の場合は「夏はビール(ナツハビール)」でも良いかもしれません。

この言葉を「タ」に置き換えると「タタタタータ」になります(ちなみに同じ譜を弾まないで演奏するときは「タタタターータ」になります。)。普通はこれでリズムを確認しています。適当にやっているわけではなくて、上記のような理屈を踏まえたうえでやっているのです。



お盆にお好み焼き [B級グルメ]

お盆休みで来てくれたお客様と一緒にお好み焼きの店に行きました。チェーン展開している店で全国に300店舗ほどあるようです。今回はそのうちの一番近い店に行きました。

大人と子供で計7名だったのでいろんなお好み焼きをシェアして食べました。大人のうちの大半が九州出身者だったので、当然のように「ばりうま!博多ミックス焼き」も注文しました。

注文をして材料が来るまでの時間つぶしにメニューを見ていた人が面白いページを見つけました。カロリーとアレルギー原因物質の有無が一覧表になっています。

メニュー.JPG
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

なんと、「ばりうま!博多ミックス焼き」のカロリーは「広島焼き」を抜いてだんとつのトップです。1,265kcalというとreizanの理想的な一日の摂取カロリーに近い数字です。

これだけは店の方に焼いていただいたのですが使用する油の量が半端なかったです。粉と具材を焼くのに大さじ5ぐらい、麺を焼くのに大さじ3ぐらい、卵を焼くのに大さじ3ぐらいで、reizanが焼いたとき油の量を大さじ1ぐらいですませていたのに比べたら凄い量です。サラダ油大さじ1が約
110kcalですから、お好み焼きが吸い取った油のカロリーを考えると、多分、すべてをミックスした完成品は2,000kcalを超えていたのではないかと思います。

メニューの数字と焼く様子を見てしまって怖くなったので少しだけいただきました。

次の写真は、「ばりうま!博多ミックス焼き」の材料と完成品です。

ばりうま博多ミックス焼き.JPG
「ばりうま!博多ミックス焼き」材料

ばりうま博多ミックス焼き2.JPG
「ばりうま!博多ミックス焼き」完成

余談ですが、「ばりうま」というのは博多弁で、「めちゃくちゃおいしい」というぐらいの意味です。単なる美味とはニュアンスが違います。
reizanが名前を付けるとしたら恥ずかしいので自画自賛は避けますが、関西系の店なので大阪人のノリで案外平気なのかもしれません。

洗濯物は「裏返し干し」が良いらしいです [生涯大学校]

生涯大学校の授業で、渥美省一先生の話が脱線して家事の話題に触れた時の内容をしっかり記憶して真似をさせてもらっています。

それは脱衣と洗濯に関することです。

先生が若いころのことです。脱いだものを裏返しのまま洗濯機に放り込んで奥様に幾度となく叱られたらしいです。最近、先生自身も洗濯機を廻されるようになって振り返ってみると随分理不尽なことで叱られていたことに気付いたというお話です。

洗濯機の中に入れてしまえば裏表区別なく洗ってくれますから裏返しでも問題いありません。干すときも、生地の表側を紫外線から保護するという点では裏返しの方が有利です。

では、なぜ叱られたかというと、洗濯というのは洗濯機を廻すだけが仕事ではありません。そんなのは小さな子供でもできます。 
洗濯物を干して、乾いたら取り込むだったらどうか?って。まだ先があります。

「私は洗濯をします。」と公言するからには、「洗濯から収納まで」の一連の作業をしなければ洗濯をしているとはいえません。
時には収納の前にアイロン掛けというオマケがつくこともありますが、それも含んでの話です。

多分、収納する前にいちいち表返しにしなければならない手間に対してクレームだろうというのが先生の解釈でした。

良いことは真似することにしているreizanとしてはこれを真似しないわけにはいきません。reizanが洗濯当番のときは色あせしやすいものは裏返しに脱いだままでOKと宣言しました。

1408160001.JPG


ただし、干した後も裏返しのままにしておくので各自が表返しにするように、ということにしました。

自分自身のもそのルールに則っているわけですが、ある日、一番上に羽織ったものをボタンを留めないまま着ていたら襟元がしっくりしません。手探りで襟の折り目を正してみても違和感があったのですがそのまま着ておりました。

そして、ふと気がついたのです。あっ、裏返しのまま着ていた。
家を出てバス停に向かう時に、近所の方に正面を向いて挨拶したのでしっかり見られてしまったと思います。

裏返しで洗濯するのは理にかなった良い方法ですが、着るときには裏表を確かめることが必須です。


ジョン・ウィリアムズさんの初期の映画音楽が聴ける [テレビ番組]

若い芽のコンサートを聴きに行ったとき、宮西純さんが演奏された「テューバ協奏曲」の作曲者がジョン・タウナー・ウィリアムズさんでした。聞いたことのない名前だと思ったのですが、司会者の方がミドルネームを省いて紹介されたのでやっとわかりました。

ジョン・ウィリアムズさんといえば、「ジョーズ」「未知との遭遇」「E.T.」「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」などたくさんの映画主題歌を書かれた人です。
「テューバ協奏曲」もジョン・ウィリアムズさんらしい曲でした。

元々ピアニストだったウィリアムズが作曲・編曲家に転向したのは1965年のテレビドラマシリーズ「宇宙家族ロビンソン」の音楽を担当されてから言われていますが、同じ年に作られた映画の中にも音楽担当としてジョン・ウィリアムズさんの名前がありました。

その映画が、明日(2014年8月19日)13時からのBSプレミアム「プレミアムシネマ」で観られます。若いころも低音の管楽器を印象的に使っておられたのかどうか興味をそそられます。

「スタンピード」(1995年アメリカ)
監督 アンドリュー・V・マクラグレン
脚本 リック・ハードマン
撮影 ウィリアム・H・クロージア
出演 ジェームズ・スチュワート、モーリン・オハラ
音楽 ジョン・ウィリアムズ

http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/calendar.html#d20140819_1 NHK-BS映画カレンダー8月19日

ふるさと納税の西瓜 [料理の勉強]

お盆にreizan宅を訪ねてくださったお客様が、「ふるさと納税」で自治体から送られてきた西瓜をお土産に持ってきてくださいました。

自治体から2個の西瓜が送られてきたそうですが、とても大きくてreizan宅には、1個を縦に四等分したうちの一つをいただきました。それでも冷蔵庫に入るかどうか心配するぐらい大きかったです。

一晩冷やして食べるときにreizanがカット係を担当しました。

四分の一カットしたものを銀杏切りにすると中央部分は大きくて食べやすいのですが、端の方に当たった人は食べにくい上に甘味が薄くてがっかりします。

昔勤務時代に、健保組合主催の海水浴バスの引率をしたことがあるのですが、そのときに主催者側で準備した西瓜を普通に切ろうとしたら、参加者の主婦の方から切る角度をアドバイスしていただいたことがあります。

マジックショーの舞台に呼び出された素人の心境で何が何だかさっぱりわかりませんでした。ただ、言われるがままに包丁を入れて切っていくだけです。
切り終わったものを見たら、すべてが背の高い三角錐形に切れていました。どれに当たっても不公平なしです。皮の方から見たらどれもいびつな形です。幾何学的な生活の知恵だと思いますがreizanには理解できませんでした。

今回、なんとなくイメージだけは再現してみようと思ってチャレンジしてみました。回転させずに乱切りしていく感じで切ってみましたが正解ではありませんでした。

foodpic5280905.jpg

YouTubeの動画の最後のほうに正解がありました。(ここ

どの一切れも、甘味が一番強い中央部分に関わっているというのが正解です。 

 
こういうのもありました。(ここ


思わぬことで夕食が弁当になりました [B級グルメ]

前に、スーパーに入っているテナントの中華総菜屋さんの「おすすめ弁当」というのを買ったら若い人に評判がよかったので、夕食用にまた一つ買って帰りました。reizanは別のものを食べますから若い人の分だけです。

夕方になってハード系のパンを食べようとオーブンレンジで温めて、いざかぶりつこうとしたときに若い人から「今日は外食」とメールが入ってきました。

パンは日持ちしますが弁当はその日のうちに食べてしまわないといけません。間一髪で間にあったのでパンは止めて、reizanが中華弁当を食べることにしました。

foodpic5288285.jpg

「北京樓」さんという店で買ったものです。どれも美味しかったです。ただ、年寄りにはカロリー過多だったような気がします。

「おすすめ弁当」は一種類ではなく、おかず違いのものが何種類かありますのでラベルにカロリー表示をするのは難しそうです。だから食べる方が腹八分目でやめておけばよかったのですが美味しさに負けて完食してしまいました。

牛乳パックのリサイクル方法がわかりにくいのは自分だけ? [雑感]

生涯大学校の渥美省一先生の授業の時にリサイクルの話がありまして、牛乳パックはバージンパルプから作られているものだから新聞よりもリサイクルの価値が高いということを習いました。

今までは、家人が揚げ油を捨てるとき紙に吸わせて入れるための容器でしたが、今後はリサイクルにも回さなければなりません。

それでやってみたのですが上手くいきません。

1408030006.JPG

歳をとって薄くなった爪が剥がれそうで怖かったのですがとにかくやってみました。でも箱に書かれている図(次の写真)のとおりにはなりませんでした。

1408030005.JPG

下の正方形はどうやったらできるのか。ヒントがないから自分で考えるしかありません。
世の中の人はみんなわかっているのかしらん、と勘繰りたくもなってきます。

②の「開いて」の方法が良くわからないのです。

次にチャレンジした時は爪が剥がれるのが怖かったのでハサミを使いました。洗った後の濡れた状態だからハサミは使いたくなかったのですがステンレスだからまあ良いかと割り切ることにしました。

なんとハサミで切ったら簡単に切れるではありませんか。

1408200001.JPG

「②ハサミで切って、開いて」と書いてくれていたら、糊しろの部分をどうやって剥がすかとか爪が剥がれないかとか迷わなくても済んだのにと思ました。

それともう一つ、明治でも森永でも示し合わせたように図は同じです。

reizanの場合、偶然小さな正方形が左から2番目になりましたが、表から見ると右から2番目です。切り方によっては右端になったり左端になったりすることもあると思います。この部分はいい加減でいいと思うのですがきっちり描かれていると間違えられないと思ってしまいます。端な話、切り離してもリサイクルボックスに入れたら活用してもらえるのではないでしょうか。

わかりにくい図のお蔭で久しぶりに頭を使いました。

COOKPADの人気レシピの本 [料理の勉強]

JRを使って尺八レッスンを受けに行く際に電車到着まで時間があったので冷房の効いた駅構内のショッピング街で過ごしました。
その時に見つけたのが表題に関する長いタイトルの本です。タイトルは「COOKPAD 殿堂入りレシピも大公開! クックパッドの大人気おかず108」(税抜500円)です。

COOKPAD本_0001.jpg

パラパラの眺めてみたら作ってみたいものがたくさんありました。価格も手ごろだったので購入しました。
まだ行きがけですから荷物になりますが、帰りに買おうと思ったらきっと忘れてしまうと思って老人ボケ対策をしました。

帰宅後2回ほどチャレンジしました。

1回目は「ゴーヤーチャンプルー」です。今までは塩と醤油で味付けしていましたが、今回のは「本だし」も使います。
今までのも美味しかったけどこれも美味しかったです。

次にチャレンジしたのは、見開きで隣のページに載っている「そら豆と玉ねぎのチーズ焼き」です。
そら豆を塩ゆでする工程があるのですが面倒なので、これはスーパーで、茹でた状態で売っている「おつまみそら豆」を購入して使いました。

スライスした玉ねぎをマヨネーズで炒めたら黒こしょうを絡めた上で耐熱容器に敷きつめ、その上に皮をむいたそら豆を並べ、その上に溶けるチーズを散らして、オーブントースターで加熱したら出来上がりです。

foodpic5294528.jpg

そら豆を食べきらないという偏食家の人が、「これなら食べられる。美味しい。」と言ってくれました。そら豆の青臭い匂いはすっかり飛んでしまって美味しさだけが残っているようです。

このことをほかの人に電話で話したら、「そら豆は中国産でしょ。」と指摘されました。確かに、茹でているのに生豆より安いと思って飛びついたのですが、価格の原理から言えばその通りでした。
 
そら豆を買ったスーパーでは、前に、「カルヒカリ」というアメリカ産の米を買って失敗したことがありました。5㎏が1,480円だったので買ったのですが、それはひどいものでした。
関連記事はここここ

その後ネットで調べてわかったのですが、まともな外米は1㎏当たり402円の関税がかかることになっています(WTO加盟国は341円)。WTOに加盟しているアメリカの場合、5㎏だと税金だけで1,705円ですから1,480円で売っては赤字です。
ネットの記事によるとそれで売れるということは飼料用の米を食用に転売しているのではないかと書かれていました。

まだレシピの百八分の二しか再現していませんから、あとの楽しみがたくさん残っています。この500円は本当にお買い得でした。

生まれたてはエイリアンみたい [番外]

テレビドラマを観ていて、たまに産婦さんが出産後の赤ちゃんを抱くシーンがあると、いつも決まって文句を言う女性がいます。

赤ちゃんが育ちすぎていて生まれたてではないという指摘です。
reizanは生んだこともないし出産に立ち会ったこともないのでよくわかりません。ただ、生まれたての赤ちゃんがドラマに出演するのはタイミングを合わせるのが難しそうだということは想像できます。

それに生まれたての赤ちゃんをドラマのセットに連れてくるのも、分娩室でドラマを撮るのも衛生的に問題がありそうな気がします。

ドラマにおける生まれたての赤ちゃんは本当は生まれたてではない、という情報がreizanの頭に刷り込まれていましたが、あるドラマでこれが本物かなと思うようなのがありました。

録画していたので、いつもクレームをつける人に観てもらったらこれには納得してくれました。生まれたての赤ちゃんてエイリアンみたいでした。

1407030001.JPG

左手前のマスクをした人は実際には抱いてなくて、別の場所で撮った新生児の画像と合成しているのだと思います。

出産経験のある人には一般的な映像に違和感があるのでしょうが、そのほかの人にとっては一週間たったぐらいの姿の方が赤ちゃんらしくかわいらしくて良さそうです。

 


最適楽器 [音楽の勉強]

reizanがメインで親しんでいるのは純邦楽の中でも「三曲」と言われるものです。

現代の三曲は、「箏」、「三絃(三味線)」、「尺八」の合奏をいいますが、当初は尺八は無くて、「胡弓」(三味線の竿を短くしたような形で、馬毛の弓でこすって音を出す)だったのですが尺八が割り込んで今の形になったそうです。

普通だとそこで軋轢が生じますが、実は三曲を演奏する人は一人で三つの楽器をこなせたのです(雅楽でも全員がすべての楽器をこなせるというのと似ています。)。だから、胡弓に代わって尺八が入り込んでも胡弓弾きの人があぶれてしまうという不都合はなかったようです。

たまに胡弓が入った三曲を聴くと、メロディー担当が胡弓では音量がなくて引き立たないように思います。
でも民謡の世界では、この曲だけは三味線と胡弓と太鼓しかあり得ない曲があります。胡弓の旋律を尺八で吹くことはできますが、その味を出すことまではできそうにありません。

それが「越中おわら節」です。胡弓の哀調を帯びた感じが好きです。

https://www.youtube.com/watch?v=JvE1i_3FR48 おわら風の盆 あいの風

女性は編み笠を目深にかぶっているので、みんなきれいに見えるそうです。

9月1日、2日、3日発で、東京のはとバスで「おはら風の盆」のツアーも組まれているようです。

http://www.hatobus.co.jp/feature/kazebon/index.html おはら風の盆2014ツアー

死ぬまでに一度は訪ねてみたい場所の一つです。
ほかに郡上踊りを徹夜で観てみたいというのもありますし、秋田の西馬音内盆踊りも観てみたいし、体を鍛えないといけません。

講習会の下合わせに行ってきました [三曲]

reizanが所属している尺八流派の県支部では3か月ごとぐらいの頻度で、絃方社中に協力をいただいて三曲講習会を開催しています。ここで習った曲は2年ごとに開催される定期演奏会の候補曲になります。

講習会の尺八講師は支部の会員です。県内を地区分けして抽選で担当する地区決めています。

reizanと先輩の先生は、3月に「松竹梅」と「宮城の祝い唄」の講師を担当したばかりですが、年度が変わって次の2年間の担当抽選が行われたら一番くじを引いてしまい、9月15日の講習会の講師を担当することになりました。

曲目は、久本玄智作曲の「祝典三重奏曲」と、久本玄智作曲の「飛躍」をアレンジした「飛躍の主題による合奏曲」(ないとうひろお編曲)です。

「祝典三重奏曲」は箏、尺八、チェロの合奏曲で、若いころにこの編成の演奏会に出演したことがあります。でも、その時はその他大勢の一人だったので、真剣に演奏するのは初めてです。

「飛躍の主題による合奏曲」の方は全く初めての曲です。公刊譜がなく、音譜を入手したのが7月10日でした。尺八と絃方との下合わせが8月23日と9月6日ですからあまり練習期間がありません。

8月11日に「飛躍の・・・」の参考音源が届いてから本格的な練習開始になりましたから10日ほどしか練習期間がありませんでした。下合わせの前日はもう逃げ出したい気分でしたが、夜遅くまで合わせてまあなんとかなりそうだったので、翌日、下合わせに向かいました。

23日の下合わせの音出しは11時の指定でした。お昼までの1時間で2曲ということは1曲を1回ずつさらってお終いです。随分厳しい絃方の先生だなと思っていたのですが、Eメールで1時と打ったつもりがキーの二度打ちになったようです。
本当はやさしい先生で楽しく勉強することができました。

先生のお宅に着いたところで間違いがわかりましたが、結局11時から15時まで、部分の集中練習も含めながらみっちり合奏させていただきました。
途中で、先生が準備てくださった昼食をいただきましたが食事が終わったらだらだらせずにすぐ練習にかかりました。こんなに充実した合奏練習は初めてです。

下合わせの前までは、この二曲とも好みの曲ではなかったのですが、合わせるごとに曲の面白さがわかってきて帰るころには好きな曲に変わっていました。

五線譜で書かれた「飛躍の・・・」の総譜も貸していただきましたので、楽譜の訂正箇所など講習会の説明資料づくりもばっちりできそうです。


機械も凄いけど、それを使いこなせる人も凄いです [番外]

三曲の合奏曲で、尺八譜と総譜(箏・十七絃・尺八のすべてのパートが書かれた五線譜)の記載内容が違うところがあったので、良く知っている作曲・編曲家の先生に電話で質問させていただきました。(尺八の寸法は、一尺六寸管ですから一尺八寸管よりも一音高い音になっています。ロ=E、ツ=F#、チ=B)

尺八譜と総譜を対照して尺八譜にタイの線がもれている箇所があったのですが、それだけでなく一か所だけ音程が変わっているところがありました。この一音が疑問点です。

befor.png
《元の尺八譜》
 
これはミスプリントなのか、それとも有り得ることなのか、素人のreizanには判断のつかないことです。それで厚かましくプロの先生にお尋ねしたという次第です。


要点をお話したら、「skypeを立ち上げるから、総譜の該当箇所を見せなさい。」とのご指示がありました。

「skype」というのはパソコンを使ったテレビ電話のようなものです。 対応できる機種には、画面に向かって上の枠の部分にカメラが組み込まれています。)

1408250002.JPG
《カメラのレンズ部》

 


skypeがつながると画面の右下に相手の画面に映っている画がモニターされていますので、それを見ながら総譜の該当箇所が映るように調整できます。同時に会話もできるので便利です。しかもskypeの利用に関しては無料です。(勤務時代のテレビ会議は、事前に総務課に予約をして、専用の部屋で緊張しながらやり取りしたものですから隔世の感があります。)

該当の部分がアップになるように映していたら、「もう少し引いて。もういいよ。ちょっと待って。」と言われたと思ったら、本当にちょっと待ったところで「skipeで写真を送ったから見て。」と仰います。

写真送付はEメールに添付するか「おくりん坊」で送るぐらいしか知りませんでしたので、最初は意味がわかりませんでしたが、skypeの基本画面にファイルが届いたことを示すメッセージが表示されていました。

「ファイルを開く」をクリックしたら次の写真が表示されました。(skypeでこれぐら細かい情報が送れるというのも凄いです。)

あああ.jpg

写真の中の①②の番号は、ちょっと待っている間に先生がパソコン上で書き込んでくださったものです。reizanの知りたい点は、①の矢印の先にある音符がミスプリントかどうかです。

先生の結論は、①の譜はト音記号、②の譜はヘ音記号だから、①がFで②がEというのはあり得ない。この小節はE・G・Bだから典型的なEmのコードを使っていると考えられるのでミスプリントではないということでした。

したがって、一番上の尺八パート五線譜の小節線をまたぐ四つの括弧のうち三つはタイで、右下の一つはスラーだということでした。お蔭で疑問はすっかり解消しました。(尺八の縦譜では、原則として、タイの括弧は右側、スラーの括弧は左側に書きます。)

after.png
《訂正後の尺八譜》

skypeも凄いですけど、これを使いこなせる先生も凄いと思いました。

豚こまの竜田揚げ [料理の勉強]

先日購入した「クックパッドの大人気おかず108」(税別500円)から、今度は別の二品を作ってみました。

「豚こまの竜田揚げ」と「玉ねぎステーキ」です。

竜田揚げといえば「鶏の竜田揚げ」が定番ですが、ちょっと入手しにくい「鯨の竜田揚げ」も大好きです。
でも、「豚の竜田揚げ」までは考えが及びませんでした。 

夏はスタミナを維持するためにも豚肉を多く摂りたいのですが、例年になく病気で死ぬ豚が多いため価格が高騰(g100円だった豚バラが200円近く)しています。
だからreizanが購入できるのは価格の安い豚こま切れ肉に限られます。
そんな豚こまで美味しい料理はないかと探したら「クックパッドの・・・」のなかにありました。 それが「豚こまの竜田揚げ」です。

漬け汁に漬け込んでフライパンで揚げるだけですからreizanでもできそうです。
やってみたら至極簡単でした。肉の厚みが薄いのでカリカリッと揚がりました。20cmのフライパンを使ったので揚げ油の量も少なくてすみあと始末も楽でした。

foodpic5308544.jpg

一緒に食べてくれた人の感想は、「うっ、うまい。」でした。

もう一つは「玉ねぎステーキ」です。
フライパンで焼くときに、返しでばらけてしまったのがあって、美しく盛れなかったので写真は無しです。
味はとてもおいしかったです。 一人が、中玉ねぎ1個分ずつ食べました。

 


異楽器交流 [音楽の勉強]

reizanが所属している趣味の民謡尺八サークルが練習で使わせていただいている施設では、半年に一度、サークルの発表の機会が設けられています。

今度は、9月14日(2014年)に開催されます。
各サークルがそれぞれの発表をするのは例年通りですが、今回初めて、歌と楽器のサークルが合同で「花は咲く」を演奏して会場のお客様にも歌っていただこう話が持ち上がりました。

楽器は、尺八サークルと篠笛サークルとハーモニカサークルで、これにカラオケサークルが加わります。

下合わせの前に笛とハーモニカの楽譜を借りてチェックさせていただいたら、笛の譜は五線譜で、ハーモニカは算用数字のタブ譜でした。

チェック結果
  • 歌の出だしはすべてのサークルが「G」の音から始まっているので、キーはOK。
  • 笛の譜はメロディーのみで前奏・間奏・後奏がありません。その間は待っていただくか、ほかの楽器の譜を追加してもらう。
  • ハーモニカの出だしは歌の出だし4小節をそのまま持ってきていて、前奏なのか歌が始まっているのかわりにくいので、できれば尺八の方に合わせていただく。(それ以外の尺は同じだった。)
  • ハーモニカ譜では、「いつかは生まれる君に」の「き」の部分で半拍のタメを作ってあったが、みんなで歌うには不向きなので訂正をお願いする。
という情報を持って下合わせに臨み、他サークルの皆さんにも賛同をいただきました。

その後、楽器と歌の4組で演奏してみました。
ハーモニカはC調、篠笛は8本(C管)ですが尺八は1尺8寸管(D管)です。でも、尺八譜を移調してハ長調にしていますから問題はないはずです。

ところが一通り演奏してみたら、全員が笛のキーがおかしいと指摘しました。
8本(C管)の篠笛は最低音は1尺8寸の尺八の乙のハと同音程(C)ですから、それで合わせていただいたら問題ありませんでした。

それでもう一度やったらやっぱり変だということになりました。
今度は1オクターブ上の音(尺八では甲の「ハ」)を出してもらったらこれが原因でした。はっきり唸り音が生じています。

篠笛は同じアンブシュアでオクターブ違う音を出すと高い方が狂うことがわかりました。これは息の流速を増す以外に何らかの要因がプラスされているためと思います。

取りあえずの対策として、甲音のときは篠笛を手前に少し回して(メッて)いただいたら、高音もほぼ同音程になりました。
これで本番も上手くいきそうです。

これを切っ掛けに異楽器の交流が盛んになって共同で施設訪問するようになれば、プログラムの内容が今以上にバラエティーに富むようになり素敵だと思います。 

今のところは「CD」の勝ち? [番外]

音楽の記録媒体の変遷を身近に体験すると技術の進歩と迷いを感じます。

家庭で録音ができるようになったのはSONYが発売したオープンリールの「テープコーダー」(登録商標)でしょう。
reizanが小学生の頃、我が家にやってきました。

そのテープコーダーは、何年かのちに煙を吹いて使えなくなりました。今だったらリコールの対象でしょうが当時の世の中にそういう発想がありませんでしたので、家族は火事にならなかったことを喜び、現物を廃棄して終わりました。

その後、カセットテープが出てきて、カセットデッキやポータブルタイプやウォークマンタイプを今までにいくつ買ったかわかりません。

一方、記録された状態で販売される媒体は塩化ビニル製のレコードからCDに変わってきましたが、素人がCDに書き込むことは考えられませんでした。

そして、「MD」が出てきたときの驚きは今でも覚えています。あのサイズで録音できる時間は60分、74分、そして80分まで増えました。さらに4倍速(実際は四分の一の速度で録音する。)では、それぞれディスクの標準の4倍の時間録音できるというのですから世の中の記録媒体はMDに置き換わっていくかと思っていました。

しかし、ずっと使っているとMDの弱点も見えてきました。一番の問題は本来のウリであるはずのその小ささです。小さいから場所をとらないだろうと思ったのですが、実際には小さいから管理しにくいというのが使い始めてからわかりました。

書棚に並べるには小さすぎるため専用ケースに入れて、そのケースを積み上げて収納するのですが、目的のディスクを探そうとしたらその手間が大変です。インデックスに使える面積も狭くて内容をすべて表示するのはほとんど不可能です。 

そのうちにパソコンを使ってCD-Rに書き込む別体の専用装置が出てきました。20年ぐらい前にこれを入手してCD-Rへの書き込みも始めました。それが今ではノートパソコンで1台でできてしまいます。
パソコンを使って外付けハードディスクに録音することもしていますが、常に記録の破壊・消滅の可能性を秘めていますので安心はできません。

今のところ、CD-Rが一番信頼できる記録媒体です。(接着面の剥離の恐れとかで百年持つかどうかわからないらしいですが、reizanが死んだときにはゴミとして廃棄されるものですからそんなに長持ちしなくてもかまいません。)

CD-Rには、ケースなしで50枚とか100枚売りのものがありますがケースがないのは管理上不便です。
だからreizanはちょっと高くても薄型のケース入り20枚組を買っています。

1408260001.JPG

 

上の写真のものは20枚×5パックをAmazonで税送料込3,365円(日によって若干の変動があります。)で買いました。

総枚数100枚ですから、1枚当たりの価格は33円65銭です。reizanは使用することが決まっているので5パック買いましたが、1パックだけ買った場合でも1枚当たりの価格は変わりません。

MD再生装置の新製品は供給されなくなっており、MDディスクの入手も難しくなりつつあります。1枚当たりの価格は税別で100円以上というのが相場のようです。

今のところ記録媒体としては、その安定性、保存・管理のしやすさ、価格などの点でCDが秀でているように思います。
単発の一時的な使用にはハードディスクが便利ですのでこの二つを使い分けると良いと思います。


「たかのてるこ」さん面白すぎ [ラジオ番組]

最近はパソコン作業をしながら、NHKのネットラジオ「らじる★らじる」を聴いています。

8月28日(2014年)の「午後のまりやーじゅ」のゲストは旅人・エッセイストの「たかのてるこ」さんでした。
不勉強で今まで知らななかった方ですが、話の内容が面白すぎてあっという間にゲストの時間が終わってしまいました。

心に残ったのは、「ひともうけ」のいう言葉です。「一儲け」ではありません。「人儲け」です。
金銭的な儲けではなく、たくさん良い人間関係を築いて精神的に豊かになろうと仰っていたのだと思います。

あと、印象に残ったのは竹富町黒島(ハートの形をした島)の「しま宿 南来(なんくる)」の話です。年間365日毎日宴会が開かれる宿だそうです。
オーナーさんが三線と唄の名手ですが、あえてプロにならずに宿泊者に唄を聴かせてくれているそうです。
ネットのクチコミによると宿泊者が持ち込む酒やツマミが供されて知らない味が楽しめるそうです。眠くなった人は静かに消えていくのがマナーだそうです。

1泊2食6,500円だそうですから何泊かできそうです。関東から遠いですから死ぬまでに行けるかどうかわかりませんが、行きたいところが一つ増えてしまいました。

そこまで行ったら若いころ訪ねた渡嘉敷島にも行ってみたいです。素潜りで見た海の中の景色が今でも思い出せます。
そのころはレクリエーション運動にかかわっていて国立青年の家に泊まりました。

青年の家では地元の青年たちから、カチャーシーを教えてもらったことと、青年の家が米軍施設を流用しているため小便器の高さが高く背伸びをしないと届かなかったことが印象に残っています。

取りあえず、図書館のネット予約でたかのさんの「ガンジス川でバタフライ」を予約しました。 

Youtubeに、たかのさんの出演されている番組がアップされていました。画面中央がたかのさんです。
https://www.youtube.com/watch?v=yPyudJny2S0

辛坊さんの番組に出られているのもありました。
https://www.youtube.com/watch?v=UWQMBKn7gKw

たかのさんのを見ていたら、右下に秦万里子さんのもありました。20年ぐらい前、近所だったので何度かお話したことがあります。懐かしい思い出です。
https://www.youtube.com/watch?v=YVUIHuNbKVY


スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村