So-net無料ブログ作成
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

「瑠璃(ガラス)の仮面」が佳境に入っています [テレビ番組]

BS朝日の「瑠璃(ガラス)の仮面」(月~金、午前8時58分から)を観はじめたらはまってしまいました。

初回を観たときは面白くもなんともなかったのですが、韓流ドラマは4、5回目から面白くなるというアドバイスを聞いて我慢して観ていたら本当に4、5回目から面白くなってはまってしまい、今は毎日の放送が楽しみになっています。

元は30分番組で122話だったものを1時間番組に編集して全61話です。それが昨日(2014年4月30日)で52話まで終わりました。

内容は復讐ドラマで、もう大分前から復讐は始まっていますがあと9回となっていよいよ佳境に入ってきた感じです。
復讐ドラマを面白くするのもつまらなくするのも敵役です。おもな敵役は7名ですが、皆憎々しい演技をされるので盛り上がります。

心配なのは「瑠璃(ガラス)の仮面」ロス(番組が終わって喪失感に襲われること)にならないかということですが、番組表を調べてみたら、BS11で5月5日17時から「天使の選択」が、5月7日11時から「ファントム」が始まるようです。
満足できる番組かどうかわかりませんが一応見てみます。



共通テーマ:趣味・カルチャー

ソプラノに感激、そして次にも期待が [音楽鑑賞]

年寄りよりは早起きですから、ブログの投稿を終えた後でHHK-BSプレミアムにチャンネルを合わせたら「クラシック倶楽部」が放送されていました。

知らない女性歌手だったので聴く気もなかったのですが、吉野ひろ子さんという日本の歌手に容姿が似ていたので声質も似ているかなとちょっとだけ聴いてみたら途中で止められなくなってアンコールの曲まで聴いてしまいました。

歌手の名前は、フェリシティ・ロットさんです。イギリスの方ですが英語の歌だけでなくフランス語で歌われた曲も良かったです。

それと、ピアノ伴奏のグレアム・ジョンソンさんが良かったです。というか、ピアノ伴奏に惹かれて最後まで聴いてしまったというのが本当かもしれません。
歌手とピアノ伴奏という組み合わせの演奏は何度も聴いたことがありますが、ピアノがこんなにしっくり合っているのは初めてです。
伴奏が良いから上手い歌がさらによく聴こえるということでしょうか。

番組は2011年4月(東日本大震災から1か月後)のリサイタルの再放送ですから、今後いつ放送されるかもわかりません。偶然この番組に出会えたのはラッキーでした。

この番組を見終えて1時間ほどしたらNHKネットクラブから、一週間後の放送予定を知らせるメールが届きました。

今度もソプラノ歌手です。
サンドリーヌ・ピオーという方です。調べてみたらこちらも期待できそうです。2014年5月8日(木)午前6時からBSプレミアムでの放送です。

Youtubeに音源がありました。音を細かく切っているところがありますが、これは喉で切っているのではなくお腹で切っているのだと思います。尺八でもそういう演奏を求められることがありますので参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=NNDHd33GZzU サンドリーヌ・ピオー



共通テーマ:趣味・カルチャー

これは何 [便利グッズ]

これは何でしょうか。

1405010001.JPG

珍しいものを見つけることではreizanの上をいく家人がフリーマーケットかなにかで買ったらしいです。材質はケヤキです。
500円で買ったそうですが定価は8,000円もするとのことです。

健康器具の一種らしいのですがどのように使うのかまったくわかりませんでした。ネットに出てるとのことでしたが名前がわからないと検索のしようがありません。
 
買った人もうろ覚えでしたが、いくつかの候補の中から「ウェーブリング」でヒットしました。正式には「ウェーブストレッチリング」というらしいです。

中山式快癒器みたいにして肩甲骨のストレッチをしたら気持ちよかったです。タオルの代わりに使えばタオルを使ったストレッチと同じこともできるようです。

快癒器とタオルが一つで済むので便利、と思ったのですが、よく考えたらタオルは生活必需品ですから数のうちに入れて比較するのは間違いでした。



共通テーマ:趣味・カルチャー

そうだよね [推薦図書]

Yohooでニュースを検索していたら、『「秒速で1億円稼ぐ男」〇〇〇、すってんてんに 「お金持ちのふり」するのに疲れたと告白』という見出しが目にとまりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140428-00000004-jct-bus_all&p=1 Yohooニュース

知らない人ですが、都内に5軒の自宅を持ち、ロールスロイスやフェラーリを乗り回していたらしいです。その方が資金ショートして破たん状態になったことをfacebookで公表したそうです。

そして、reizanの関心を引いたのはこの部分です。
「もう金への執着はありません。(中略)生きてるだけで幸せです」と口にする。その背景には「今日から無理をしてお金持ちのふりをする必要がなくなったので、楽になりました。もう大分疲れたんだと思います」と、これまで「金持ちキャラ」を演じることで多大な精神的苦痛があったことを打ち明けた。

そうなんです。お金なんてそこそこ生きていけるだけあればよいと思います。限られたお金の範囲でいかに楽しく充実した生活をおくれるかがその人の価値ともつながると思っています。

早熟だったreizanは物心ついたころから「生きているだけで幸せ」と思っていました。ニュースの主人公は気づくのがちょっと遅かったみたいです。でも、マイナスからやり直すそうですから頑張って欲しいと思います。



共通テーマ:趣味・カルチャー

これもリケン? [小ネタ]

随分前にリケンが話題になりましたが、リケンから派生した商品には結構お世話になっています。

このブログに載せる写真はRICOH(リコー)のカメラで撮っています。

リケンビタミン社のものでは、リケンのわかめちゃんでお馴染みの「ふえるわかめちゃん」や「青しそドレッシング」も使っています。

我が家ではそれぐらいかなと思っていたらまだありました。ラップフィルムです。

1405030001.JPG

サランラップやクレラップよりも少し安く売られているので愛用しています。製造者はリケンテクノスというらしいです。

1405030002.JPG

100メートル巻きなのに箱が弱いので、アングル金具で補強して使っています。こうしておくとラップを使い切るまでカッターの部分が折れ曲がるようなことはありません

1405030004.JPG

reizanは右手に箱を持つほうですが、家人は逆なので箱の向きが逆になっていることがあります。その対策として、ラップのある側に緑色の養生テープを貼って目印にしています。

どちらも右利きなのに不思議です。生涯大学校の生活科や料理教室でヒアリング調査をしたことがあるのですが、その時の感じでは同じ利き手でもラップフィルムの箱を持つ手は左右半々ぐらいでした。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

この練り物は美味しかったです [B級グルメ]

練り物を積極的に買うことはないのですが、スーパーに行ったときに50%offの表示に惹かれて後先も考えずに買ってしまいました。

1404270003.JPG

酒粕を使っているらしいのですが、それが味にどう働いているかも気になりました。

reizanの砥いだよく切れる包丁で半寸幅の斜めスライスにして生でいただいたところ、甘くておいしかったです。
タイカレーの辛さも好きですが甘いものにも目がありません。

東京に住んでいたときは三越の菓遊庵や高島屋の銘菓百選のコーナーでばら売りの全国の銘菓を買って帰るのが楽しみでした。
そこには全国の有名銘菓が日替わりで入荷していましたので、交通費を使って現地まで買いに行くことを考えたらとても安上がりな買い物でした。

話しを戻して「吟かま」ですが、なぜ美味しいのかと容器の裏を見たら理由がわかりました。

1404270005.JPG

やっぱりソルビトール(ソルビットともいう)でした。ソルビトールとかサッカリンは大丈夫だと思いつつも何となく怪しい響きを持った名前です。

ソルビトールは同量の砂糖の75%のカロリーしかないといわれていますが、甘さは60%しかないので同じ甘さを得ようとしたらカロリーは多くなります。単純計算だと砂糖のカロリーの1.25倍になります。




共通テーマ:趣味・カルチャー

「小督の曲」の短縮 [三曲]

文化の日の定期演奏会で「小督の曲」を演奏することにしましたが、22分もありますので10分ぐらいはカットしなければなりません。

絃方の先生に箏譜を見せていただいて、ゴールデン・ウィーク中に曲のカットについて検討しました。

必ず残した方が良いのは絃の調絃が変わる部分の前後です。この部分をカットしてしまうと音程のずれが生じてしまいます。

最初は音譜を見てCDを聴きながらチャレンジしてみたのですが、どこも捨てがたく難儀しておりました。

そこでふと思いついたのが、NHK-FMからエアチェックしたライブラリーです。50分番組の「邦楽百番」はほとんどノーカットで放送されますが、30分番組の「邦楽のひととき」では曲の一部がカットされて放送されることがあります。その点に期待してリストをめくってみました。

そしたら有りました。鈴木璋子さんほかが出演された時の放送が13'57"でした。これならゆっくり演奏する「徐」の部分を少し速めれば13分ぐらいでいけそうです。

それに箏演奏家が実際に演奏しているから、reizanが共演をお願いする絃方の先生方にも受け入れていただけると思います。

エアチェックしたMDを聴きながらカット箇所をチェックしました。備忘のため演奏箇所とカット箇所を記しておきます。

尺八(都山流公刊譜)

  • 最初から1ページ4行4小節目まで演奏。
  • 1ページ5行1小節目から1ページ9行3小節目までカット。
  • 1ページ9行4小節目から2ページ1行4小節目まで演奏。(ちなみに2ページ1行4小節目のチの半音は二分音符ではなく四分音符です。)
  • 2ページ1行5小節目から2ページ11行3小節3拍目までカット。
  • 2ページ11行3小節4拍目から4ページ6行8小節目まで演奏。
  • 4ページ7行1小節目から8行4小節目までカット。
  • 4ページ8行5小節目から最後まで演奏
箏・三絃(博信堂版・絶版)
  • 最初から3ページ1行8小節目まで演奏。
  • 3ページ2行1小節目から4ページ1行3小節目までカット。
  • 4ページ1行4小節から6ページ2行2小節目まで演奏。
  • 6ページ2行3小節目から11ページ4行9小節目までカット。
  • 11ページ5行1小節目から21ページ5行2小節目まで演奏。
  • 21ページ5行3小節目から22ページ4行3小節目までカット。
  • 22ページ4行4小節目から最後まで演奏。
さらに、この曲の難しい点として緩急の変化の多さがあります。ほとんど2、3小節ごとに速くなったり遅くなったりがあったりして合わせるのが大変です。

そこで、曲を短くした分音譜が短かくなるので、得意のExcel譜で尺八と箏の対照譜を作ることにしました。
Excelのシート上で譜割りをしてみたら、都山流公刊譜が4ページですが、カット版の尺八・箏対照譜はちょうど6ページになりました。

あとの課題は対照譜に音符を埋めていくことと演奏練習と、それからページめくりの最適箇所を見つけることです。


 

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

また怪しいメールが届きました [小ネタ]

Eメールのチェックをしていたら三井住友カードからメールが届いていました。取引きのない銀行です。

お知らせ.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

内容はクレジット情報やパスワード漏えいに関するお知らせを装っています。注意してくださいと言っているこのメールが一番怪しいです。

一部を拡大してみましょう。

部分拡大.png

口座開設している銀行ですらメールアドレスは知らせていませんから、取引きのない銀行がreizanのメールアドレスを知っていること自体が変です。

発信人が企業の場合はアドレス末尾がco.jpとなりますが、このメールではne.jpになっています。これは個人のアドレスからのメールということを示していますから怪しさ丸出しです。

クリック詐欺の恐れがありますので、こういうメールは無視してさっさと削除します。






共通テーマ:趣味・カルチャー

我がソウルフード [B級グルメ]

北九州市に生まれ育ったreizanにとってのソウルフードといえば「高菜漬け」です。小倉の「じんだ煮(鯖・鰯の糠味噌炊き)」や「辛子明太子」も地のものですが魂の食べ物とはちょっと違います。本当に懐かしい味は「高菜の古漬け」です。

我孫子に出かけたときに駅近くのイトーヨーカ堂に立ち寄ってみました。reizanの住んでいる地元にはイオンしかないので品揃えや価格に興味があります。

食料品売り場をざっと見て回った際に懐かしい「高菜漬け」を見つけました。最初に見つけたのは鹿児島県産の「きざみ高菜(高菜漬けを刻んだもの)」でした。次に見つけたのは刻んでいないものでした。グラム当たりの価格は1.5倍ぐらいです。

どちらにしようか迷っていたのですが、ちょっと離れたところにもう一つありました。
手に取って製造者を見たら北九州の業者さんでした。もうこれを買うしかありません。

高菜漬け_0001.jpg

裏面に食べ方が紹介されていますが、全部食べたことがあります。どれも美味しいです。
特に「高菜チャーハン」は一般的な「チャーハン」を凌駕する美味しさです。

高菜漬けは癖のある味ですが、好きな人にとってはたまらない味です。開封するのが楽しみです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

ニュース報道の不思議 [雑感]

2014年5月8日、JR東日本の常磐線で、車掌さんが乗っていなかったため電車のドアが開かず乗客が乗れなかったというトラブルがありました。

常磐線.png

このニュースの報道に関して不思議に思ったことがあります。

トラブルは二十歳の車掌さんが島式ホームの3番線で待つべきところ間違えて4番線ホームで待っていて電車が入線したのに気づかずドアが開かなかったため、乗客(車掌さんも)を積み残したまま電車が発車してしまったというものです。

報道によって一次的要因は車掌さんのうっかりミスだということはわかりました。しかし、ヒトがやっていれば確率は低くてもこのうっかりミスは起こりうることです。JRさんにはうっかりミスがあったとしても大丈夫なように安全対策をしていただかないと困ります。

本当に危険なのは車掌さんが乗っていないのに電車が出発したことです。今回のトラブルでは運転士さんの方が責任が重いと思います。

運転士さんには電車の前方しか見えていません。全体を見渡して発車しても良いかどうかを判断するのが車掌さんの役割です。
そのためには二人の連携が欠かせません。通常はそれをブザーで行っています。

車掌さんは、乗客が乗り込んだら安全を確認してからドアを閉めます。次にブザーのスイッチを1回「ビッ」と押します。
その合図を聞いて運転士さんは電車をスタートさせます。
しかし一度ブザーを押したものの、なにか不安全な状態に気づいたときは「ビッビッ」とブザーを2回鳴らします。それを聞いた運転士さんは急ブレーキをかけて電車を止めます。

その時点で運転士さんには何が起こっているかわからないのですが、車掌さんとの連携で安全が確保されているわけです。

運転士さんが発車OKの合図が来ないことを不審に思って対応すれば、多少出発が遅れたとしてもニュースにはならなかったと思います。今回の件は車掌さんのうっかりを運転士さんがトラブルにしてしまったような気がします。

車掌さんが乗っていないのに電車が発車したことの方が大問題です。なのに若い車掌さんを笑いものにすることしかできない報道の感性を疑問に思いました。

このブログをアップした日の翌日に著名ブロガアーのChikirinさんが記者の阿呆ぶりを指摘している記事に出会いました。
自分の感受性も少しChikirinさんの方向に向いてきたのかなと嬉しくなりました。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20140511 みんなが叩く人は自分も叩いていい、と考える人は怖いです

共通テーマ:趣味・カルチャー

肩こり体操を教えてもらいました [知識・情報]

尺八を吹くときと食事のとき以外はほとんどパソコンにかじりついているreizanにとって肩こりは宿命みたいなものです。

肩が張ったのでパソコン操作を小休止をして首を回していたら、それを見た人が、YouTubeで紹介されている30秒体操が良いと教えてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=P5_PCcCwZyA 30秒で効く肩こり体操

これを見ながらやってみたら本当に肩が軽くなりました。
動画は8分ぐらいありますが大半は説明ですので実際の体操はそんなに長くないです。要領を覚えてしまえばいつでもできそうです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

大発見、おいしいご飯の炊き方 [料理の勉強]

ご飯の炊き方について日々研究をすすめておりますが、最近、誰も発表していない(多分?)「ご飯の美味しさをワンランクアップする方法」を見つけました。

それは、「米と水を入れたら、上から押さえつけて米の隙間を詰める」というひと手間をかけることです。

1405110005.JPG

COOKPADで「ご飯の炊き方」で検索しても、この方法に触れている記述は見当たりませんでしたからreizanの発見と言ってよいかもしれません。
毎日のご飯がワンランクアップするのですから、自分の中ではアメリカ大陸発見に匹敵するぐらいの大発見だと思っています。

山形県産つや姫でその違いを見ていただきます。もともと美味しい米ですが美味しさがさらにアップします。(現在のパソコンでは味までは伝えられませんので別の方法で示します。)

水に浸した米粒です。(楊枝の大きさと比べてください。)

1405110002.JPG

それが、reizanの発見したひと手間を加えて炊くと次のようになります。

1405080005.JPG

ひと手間を加えないと次のようにふっくら加減が劣ります。

1405060002.JPG

上の二つの写真は説明に合う都合の良いものを選んだわけではありません。それぞれの平均値的なものと思ってください。

よりふっくら美味しくなるのは何故かと問われると理由はわかりません。でも再現性は良くて何回やっても同じ結果になります。

reizanがCOOKPADにアップしているご飯の炊き方もこの方法を踏まえて加筆訂正しました。

http://cookpad.com/recipe/2382138 蓋がガラスのご飯釜で炊く ごはんの炊き方

米の隙間を詰めるというのは、その他の炊飯器具でもできますのでぜひお試しください。
そして、reizanのアドレスをご存知の方は評価を聴かせていただけると嬉しいです。 


共通テーマ:趣味・カルチャー

「小督の曲」の対照譜を作っています [三曲]

文化の日の三曲演奏会に山田流の「小督の曲」を掛けることにしましたが結構無謀なことをしているみたいです。

いつも共演していただいている絃の先生方にカット箇所を書いたメモをお渡しして正式にお願いしたところ、皆さんの第一声が「エェー」でした。

「小督の曲」は山田の四つものと呼ばれるものの一つで山田流を代表する名曲であり難曲だとしり込みされましたが、何とかお二人に受けていただけました。他に名取のお弟子さんが何名か共演してくださるはずです。

参考音源に合わせて一度吹いてみましたが、緩急がころころ変わるので完全に把握していないとずれが生じる恐れがあります。すぎるところや運指の難しいところはないのですが、タイミングがずれるとぶち壊しになるというのが最大の難所のようです。

今回はカットがありますので、跳び場所で迷わないようにExcelでカット譜を作ることにしていますが、絃の音の動きも完全に把握しておく必要があると思って対照譜を作ることにしました。

右側が尺八の旋律で、左側は箏譜を尺八の音符に直したものです。

小督対照譜.png

緩急の指示は公刊譜の記載にこだわらずに、箏譜のものを写すことにしました。ただ、これ以外に緩急が変わる箇所がありますのであとは参考音源を聴きながら書き加えていくことにします。

Excel譜は6ページになりますが、尺八パートは全部入力完了して箏パートの1ページ目まで完了しました。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

尺八県支部の演奏会 [尺八演奏]

reizanが所属する都山流の県支部主催演奏会が、いよいよ5月25日(2014年)に開催されます。

1405120007.JPG

reizanの出番は、プログラムの最初と最後の尺八本曲「青葉」と「春うらら」と三曲の「宮城の祝い唄」と「松竹梅」の4曲です。

「宮城の祝い唄」と「松竹梅」は支部講習会で内部講師を指名され研究した曲です。

5月10日に、出演メンバーが揃って最初で最後の下合わせが行われました。相当練習しましたので講習会のときには怪しかった速い手の運指も面白いようにこなせました。
途中停止することなく最後まで演奏できましたので本番も大丈夫だと思います。



共通テーマ:趣味・カルチャー

Eメールが不調です [パソコン]

最近はEメール無しでは暮らせないぐらいパソコンのEメールにお世話になっていますが、そのメールが不調です。

すべてのやり取りではないのですが、2、3の方から件名が文字化けするとのご指摘を受けております。

確かに返信メールをいただくと、reizanのメールの件名がまったく意味不明な文字なのかどうかも分からないものに変わっています。

reizanのパソコンの設定を調べたら「日本語(自動選択)」になっているのですが、帰ってきたものは「簡体字中国語」になっています。

1404250002.JPG

不都合なのは、迷惑メールとして処理されて見てもらえない恐れがあることです。なのに解決方法はわかっていません。

「Eメール 件名 文字化け」で検索すると、世の中で結構起こっていることだということがわかりました。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

蘭が届きました [番外]

reizanが留守番をしていたら宅配便で蘭が届きました。

縦長の段ボール箱だったので何かなと思ったら母の日の贈り物でした。

reizanは三曲演奏会のときに、聴きに来てくれた知り合いの方から大きな花束を貰った経験があります。しかし、帰りは着物と尺八ケースにプラス花束を持って駅まで20分の歩きだったので大変難儀をした経験がありました。

それ以来、会の案内をするときに「花束や差し入れをするような会ではありませんのでくれぐれも気を使われないように」とお願いしています。
これを、裏読みして請求していると思われたら困ります。本当に大変なんですから。

蘭は玄関に置かれています。

1405120001.JPG

バックに写っているのはreizanの尺八免状です。「都山流師範相許候事」(とざんりゅう しはん あいゆるし そうろうこと)と書かれています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「邦楽鑑賞入門」という古書 [三曲]

東京に住んでいるときは神田神保町の古書店街にもよく通ったものです。(九州から出てきて初めて訪ねたときは「神田の古書店街」と聞いていたものですからJR山手線の神田駅で下車して随分長い距離を歩いた記憶があります。)

古書店街では店ごとに特徴がありますが、reizanは音楽・芸能関係の専門店を覗くのが常でした。

そこで入手した一冊が、「邦楽鑑賞入門」です。

邦楽鑑賞入門.jpg

買った当時はそれほど重要とも思っていなかったのですが、自分が提曲した曲のナレーション原稿を書かないといけないようになってから重宝するようになりました。

今秋に舞台に掛ける「小督の曲」の原稿もこの本の記述を参考にすれば、舞台入れ代わりの幕間を埋めるぐらいの長い原稿も書けそうです。

小督の曲.jpg



邦楽鑑賞入門_0001.jpg

著者は吉川英史さんで初刷りは昭和34年に出ていますからreizanが若干11歳の時のことになります。


共通テーマ:趣味・カルチャー

カッターを買いました [便利グッズ]

尺八・箏・三絃の音譜はいまだにB5サイズです。B4版を二つ折りにした形になっています。

このサイズは楽器ケースに収納するのに都合がよいので、ビジネスでA4サイズを使っていても三曲ではB5が当たり前になっています。

ところが、reizanがExcelで尺八譜を作るようになって困ったのが用紙サイズのことです。B4版まで印刷できるプリンターを持っていると良いのですがそのサイズは無く、普通はA3版まで印刷できるものになります。これはかなり高価です。

家庭で時々使う程度のライトユーザーのreizanには手が届きません。実際に使っているのはA4版のモノクロレーザープリンターです。

パソコン上でA4版の原稿を作って86%までサイズを縮小して印刷します。そして余白を切り取ってB5サイズにして2枚をつなぎ合わせて二つ折りにするのですが、ハサミで余白を切り取るのが結構面倒です。

寸法を測って目印をつけ、それを目当てに直線を引き、その線に沿ってハサミで切ります。1枚ぐらいどうということのない作業ですが何枚もになるとうんざりします。ハサミもまっすぐに進められなくなり失敗も起こります。

そこで思い切ってカッターを買いました。
reizanのイメージは干し草切りのようなものでしたが、もっと軽くて安全なものが出ていましたのでそれを買いました。

1405120004.JPG
《回転刃の部分》

1405120003.JPG
《俯瞰図》

この商品はCARL(カール)という事務機メーカーのものです。これを使うようになってから余白カットが楽になりました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「ジパング倶楽部」に入りました [番外]

JRがやっている「ジパング倶楽部」に入りました。男性は65歳から入れるので1年遅れでの加入になります。

申込書を郵送しておいたら忘れたころに会員証が届きました。

ジパング_0002.jpg

中には割引切符の申込書が綴り込んであります。最初の何回かは2割引きでそのあとから使う分は3割引きになるそうです。
ガイドブックも付いているのですが高齢者向けのクラブにしては文字サイズが小さくて目が疲れますので全体像はまだ理解できていません。

ジパング_0001.jpg

年金が余ったら国内旅行をしようかと思うのですがなかなか実現しそうもありません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

SCMⅡてなに? [パソコン]

パソコンを使っているときにちょっとトラぶったので「タスクマネージャー」を開いてみました。

そしたら自分が起動させていないものが動いていました。

SCMⅡ.png

2番目の「SCMⅡ」がそれです。

何者かと思ってネットで検索しても出てきません。そこで「SCM」だけで検索したら「SCMII」という候補が出てきました。
数字のⅡではなく、大文字の「  」が二つ並んでいるのでした。

いろいろ説明してくださっているのですが、reizanにはさっぱり理解できませんでした。

悪意のあるプログラムではないらしいので取りあえず無視します。 


共通テーマ:趣味・カルチャー

「ジパング」でハードな旅しました [観光]

「ジパング倶楽部」入ったら早く2割引きを使い切って3割引きが使えるようにせよとの強い指示を受けてハードな旅行をしてきました。

旅程は次の通りです。

旅程.png
14日 東京を出て京都泊
15日 午前中に手づくり市見学。午後北九州小倉に移動してサラリーマン時代の会社の同窓会に出席。小倉泊
16日 小倉から倉敷に移動して大原美術館・美観地区を見学、その後米子に移動して宿泊
17日 安来に移動して足立美術館見学。京都に戻って宿泊
18日 京都観光。京都泊
19日 午前中に京都観光。夜帰宅 

新幹線の列車名を見ていただくと「のぞみ」「みずほ」の名前はありません。ジパングの規定で割引が利くのは停車駅の多い列車に限られているのです。

本当にハードでしたが無事に帰り着きました。我ながらよく頑張ったと思います。

ブログネタもたくさん仕入れましたので追々ご披露していきたいと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

FM邦楽のおすすめ番組 [ラジオ番組]

NHKのネットクラブに興味のある分野を登録しておくと、該当する番組があるときは放送の一週間ぐらい前にEメールで番組の案内をしてくれます。(受信料を払っていれば無料で利用できます。)

そうやって受け取ったメールの中に興味深い番組が二つありました。

放送の日付順の逆になりますが、(2014年)5月28日(水)午前11:20~11:50の「邦楽のひととき」(NHK-FM)で坂田美子さんの琵琶・唄が聴けます。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20140528-07-87735 邦楽のひととき 琵琶

この日取り上げられる曲は二曲で、どちらも平家物語にゆかりの曲です。一曲目は他の方の演奏で「義経」(14分00秒)。二曲目が坂田さんの「扇の的」(13分35秒)です。

坂田美子さんの美声は生で聴くと涙が出るくらい良い声です。ラジオではそこまで期待できないかもしれませんが一聴の価値があると思います。

もう一つの番組は同じ「邦楽のひととき」ですが、(2014年)5月26日(月)午前11:20~11:50放送分です。この日はNHK邦楽オーディション合格者のお披露目の回です。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20140526-07-86421 邦楽のひととき 邦楽オーディション

二番目に琵琶・唄で「湖水乗切」を演奏される神田亜矢子さんは坂田美子さんのお弟子さんです。坂田さんの社中の発表会で演奏されるのを聴いたことがあります。

初めて聴いたとき、習い始めて一年目の初舞台ですと紹介されていましたが、そんなことは微塵も感じさせない堂々たる演奏で只者ではないという印象でした。
師匠に負けないぐらい声の良い方でしたが、芸大の声楽科を出られて琵琶に転向されたと聞いてなるほどと思いました。

この日の三曲目の「八重衣」は別の意味で関心があります。それは演奏時間が9分22秒という点です。全曲演奏すると30分前後かかる曲ですから、もし自分が舞台に掛けようと思った時にはかなりの部分をカットしなければなりません。
カットするときの参考になるというのもありがたい情報です。

FM放送難聴取地域に住んでいてもネット検索のできるパソコンがあればNHKの「らじる★らじる」で聴くことができます。

共通テーマ:趣味・カルチャー

このネジは外しにくそう(ジパング旅行報告 その1) [小ネタ]

京都-小倉-倉敷-安来-京都と巡ったハードな旅行の報告第一弾です。

東京駅に出るまでの快速電車の中で見つけた小ネタです。

4人掛けのボックス席に座ったら、窓側に飲み物などを置くためのカップトレーが作り付けになっていました。

1405140001.JPG

ネジは上下に二つ、それが左右にありますので全部で4つのネジでしっかり取り付けられています。

下側の方は、ISOピッチのミリネジ(頭部の窪みが目印)ですから普通に見られるものです。

1405140003.JPG

気になったのは上側です。こんなネジは初めてみました。

1405140002.JPG

マイナスドライバーを当てて締めることはできそうですが、どうやって外すのか想像もつきません。

ネットで調べたら、「耐タンパーねじ」というらしいです。「一方向にしか回せない」と説明されていました。

このネジの意味を考えてみました。多分、盗難防止ではないかと思います。
普通のネジはドライバー一丁で外せますが、このネジはちょっと難しそうです。全部をこのネジにしなくても一部分に使われているだけで目的を果たせますから最低限の数にしてあとは価格の安いネジを使っているようです。

そういえば旧国鉄時代の列車の電球口金は逆ネジになっていると、当時、電気関係のメンテナンスを担当されている職員さんに伺ったことがありました。
誰もが貧しい時代でしたから列車の電球を外して自宅で使おうと考える不心得者がいたのでしょう。

でも、時計の針と同じ方向の右回りに回すと外れるのですから家庭用の器具には絶対に取り付けられません。
昔はそのぐらい、人を見たら泥棒と思えという時代だったんですね。




共通テーマ:趣味・カルチャー

尺八は「吹くもの」?それとも「吐くもの」? [尺八演奏]

尺八を演奏されない方でも「尺八は吹くもの」ということに異論はないと思います。

では、「尺八は吐くもの」といったらどうでしょう。そんなはずはないだろうと思われるのではないでしょうか。
この言葉は現代の尺八演奏家として著名な村岡実さん(2014年1月2日ご逝去)の提唱されたものです。


reizanも初めて聞いたとき意味不明でしたが最近ようやくわかってきたような気がします。たしかに「尺八は吹くものではなく、吐くもの」です。(村岡さんの提唱されたものを正しく解釈しているかどうかは不明です)

今年、趣味の民謡尺八サークルに入会してくれた二人の新人さんの指導を任されたのですが、音の出し方をなかなか理解していただけません。「尺八は吐くもの」ということをいろんな角度から説明しているのですが、その感覚をつかむのは難しいようです。
reizan自身も理解するまでに何年もかかりましたから、尺八を持ったこともない人が1か月ぐらいで理解できないのも当然かもしれません。

それはスキーを習い始めたときに似ています。スキーを回転させるには「抜重」という動作が必須なのですが、言葉で説明されてもなかなか実際の動作には結びつきませんでした。(今ではひとに説明できるぐらい理解しています。)

話しを尺八に戻しましょう。

「尺八は吐くもの」というのは本質をついている言葉ですが、短い言葉で表すために言葉が省略されている気がします。
reizan流の解釈で訳してみましょう。

「尺八は、吹く息で鳴らすのではなく、吐く息で鳴らすもの。」ということでいかがでしょうか。

この「吹く息」と「吐く息」の違いが体現できず、新人さんはほとんどの場合、吹く息で鳴らそうとされます。

「吹く息」というのは、例えば火吹き竹を吹くときとか、熱いものを冷ますために吹くときの吹き方です。
そして、「吐く息」は、深呼吸で息を吐くときや、ため息をつくときに出る息がそれに当たります。

この吐く息はいずれも口を開けて出していますが、尺八を鳴らすためには唇の隙間をできるだけ薄くしなければなりません。
尺八を吹いてみましょうというとほとんどの方が唇をマンガの蛸の口のように突き出して吹こうとされます。つまり唇の隙間を開けようとされるのです。

これをreizanは次のように説明します。
「腹式呼吸で息を吸ったら唇を自然に閉じて、唇はそのままお腹をすぼめて口腔内に息を溜めていきます。そのうちに耐え切れなくなって唇の一部に隙間ができ、そこから息が漏れだします(これが息を吐いている状態です)。しかしそのままでは吐きだす息の量をコントロールできませんから筋肉の力で唇を閉じるようにして隙間をできるだけ薄くします。」

つまり、「吐きだされる息」と「唇の隙間」とのせめぎ合いをベストの状態にコントロールするわけです。これができるようになると30秒ぐらいのロングトーンも平気になります。

良いやり方は、唇で隙間を作るのではなく、息を吐いた時にできる唇の隙間が開きすぎないように口周りの筋力で唇を閉める方向に向かいます。開けると閉めるですから正反対です。初心者の方はそう言われても吐くことでは鳴らないような気がしてしまうらしいです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

富士山まで一直線 [小ネタ]

reizan宅の近くの丘(標高10~15mぐらい)から富士山が見えることは以前に報告しましたが、Google mapで空中写真が見られることがわかりましたので、自宅から富士山までを俯瞰してみました。

富士山 (640x339).jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

これで見ると一直線です。

遮るものもなさそうです。しかし実際には自宅から富士山は見えません。
少し左の丘に登ると見えますからわずかな差です。自宅の屋根に上ると見えるかもしれません。

でも実験する気にはなりません。一度、外壁と屋根の塗り替えをするときに足場を上ったことがありますが、足が震えて屋根に跳び移ることができませんでした。やはり丘から見る方が安全です。


共通テーマ:趣味・カルチャー

都山流尺八県支部演奏会に参加しました [三曲]

2年に1回の尺八演奏会(三曲)が開催されreizanも4曲に出演しました。

「都山流本曲 青葉」、「松竹梅」、「宮城の祝い唄」、「都山流本曲 春うらら」の4曲です。

プログラムで今回の演奏曲目を見たら全部で21曲でした。その中には特別出演のプロの方や学生さんのグループの曲を除くと会員曲は16曲です。

今回の演奏曲目については仲間内でも「難しい曲が多い」という人が多かったです。三曲に縁の薄い方は理解できないかもしれませんが、reizanが特に難しいと思った曲は、久本玄智作「春の恵」、二世山木太賀作「寿くらべ」、三津橋勾当作「松竹梅」、光崎検校作「五段砧」、宮城道雄作「初鶯」の5曲です。

これらの曲は、このうちの一曲と少し簡単な曲を2曲ぐらいの組み合わせで十分に演奏会として成立するレベルですから、そういうのが5曲もあるというのはすごいことだと思います。

難しいと言われる所以は、運指が追い付かないぐらい速いテンポの部分があったり、絃と合わせにくいところがある曲です。
それをずれることなく演奏されていましたので、かなりレベルの高い演奏会だったと思います。

特に「五段砧」は山田流の社中との合奏でしたから、完璧に演奏できたことが奇跡のようです。尺八を演奏した方に伺ったら練習量も半端なかったそうです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

パン屋さんに午後遅く行くのは如何なものでしょうか(ジパング旅行報告 その2) [B級グルメ]

ジパングを使った旅行の報告第2弾です。

今回の旅行のスタートは2014年5月14日(水)、東京駅発9時33分のひかり507号で取りあえず京都に向かいました。京都着は12時13分でした。

旅程の中で一日フリーになる18日は月曜日ですが、ぜひ立ち寄りたいと思っている美味しいパンの「たまき亭」さんは休業日です。だからすぐ奈良線の黄檗駅に向かうものと思っていたのですが同行した人が宇治平等院が4月から改修公開されているのでそちらに先に行くというので、黄檗駅の一つ先の宇治駅に向かいました。

1405140018.JPG

reizanのなかでは「たまき亭」さんが最重点ですから平等院をさっと見てすぐに折り返すものと思っていたのですが、昼食を食べてからというので従いました。

近くを歩いている人の会話が漏れ聞こえ「ながの」という店の蕎麦が美味しいとわかりましたのでそこまで歩きました。ところが材料切れで営業終了になっていました。

ほかの店にはそれほど魅力を感じなかったので宇治橋の袂まで戻ってほかの店を探すことにしました。

そして見つけたのがこの店です。(エービーシーカフェ)

1405140010.JPG

薬屋さんの2階がJAZZのBGMが流れる軽食喫茶になっています。窓の外を見ると「紫式部」の像があります。
何故かというと源氏物語の後半に宇治十帖というのがあってここが所縁の地だからです。

1405140011.JPG
《うしろは宇治川》

reizanが注文したのはこれです。「豚肉といろどり野菜のセイロ蒸し(ご飯、スープ、ワンドリンク付き950円)」

1405140004.JPG

1405140005.JPG
《主菜のアップ》

同行した人は肉食系なのかこんなのを頼みました。

1405140006.JPG
《同行者の主菜》

お互いに少しずつ交換しましたがどちらも値段以上に美味しかったです。

食事を終えた後、平等院の拝観をしました。

1405140015.JPG

その後、黄檗駅に移動して「たまき亭」さんを訪ねました。着いたのは16時半ごろです。
この時間でも行列ができています。

1405140020.JPG

でも目当てのパンは一つもなく、何とか2個のパンにありついただけでも良しとしましょう。

考えてみたら三日前の11日(日)にテレビ番組の「ソロモン流」で特集されていましたから時期が悪かったです。
翌日は月曜で定休、放送後の営業は火曜からでreizanたちが訪ねたのが水曜ですから二日目では熱も冷めてないはずです。

かなり厳しい日の夕方近くに訪ねたわけですから狙いのパンが残っていると考える方が無謀でした。
今度京都に行ったら早朝に訪ねてみようと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

関係ないけど、「相続税」と「贈与税」の勉強をしました [生涯大学校]

生涯大学校で「相続税・贈与税」というテーマの講義がありました。reizanには無関係(「遺産額≦控除額」の場合は手続き不要)なテーマとわかっていましたが真面目に受講しました。

講師の先生は現役の税務署員の方で資産課税部門のご担当の方でした。

なぜreizanに無関係かというとその理由は明白です。だって控除額がどうこういう以前に引き継ぐ資産がないんですから。だから講師の説明されている計算の方法などの意味はわかるのですが使うことはありません。

先生のお話によると、東京国税局(1都3県を管轄)の管内で相続税を実際に支払うケースは4.2%だそうです。世の中のお金は2割の人が、その8割を持っていると言われていますから比率の比較では案外少ないという印象でした。

予定時間を30分残したところで講義の内容はすべて話し終えられてあとは質疑応答となりました。

4.2%の比率から考えると66名の受講者の大半にとって関係ない話だったはずですから、皆の興味を湧き立たせるためにreizanが一つ質問をしました。

re「テレビのお宝発見番組で、亡くなったお父さんが1,000円で買った坂本龍馬の手紙が真筆と鑑定され1,500万円の評価を受けたことがありました。この手紙を引き継いだ女性は公的な施設に寄贈されましたが、もし、自分のものにした場合、時価1,500万円の資産を相続したことになるのでしょうか。」

講「時効の問題がありますが、時効消滅していなければ時価で相続したことになります。」

reizanが調べたところでは国税の時効は5年(不正行為によってのがれた場合はプラス2年)です。家に伝わるお宝を鑑定番組に出す場合は持ち主が亡くなってから5年経過した後の方が良さそうです。

と言っても、reizanの場合はそういうお宝の類がありませんから関係ありませんけど。

Chikirinさんが本日のブログで税金について面白い見解を公表されていました。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20140528 利益移転についても開示したらい~んじゃないの?



共通テーマ:趣味・カルチャー

reizan流ご飯の炊き方が褒められました [料理の勉強]

先日の生涯大学校登校日のことです。

いつものように5時半に起きて、前日から仕込んでおいた米でご飯を炊きました。この日の弁当は「高菜おにぎり」です。刻んだ高菜をご飯に混ぜ込んでおにぎりにしました。

そのときに、生涯大学校で知り合いになった二人の方にも試食していただこうと思いつきました。でも高菜が入るとご飯本来の味がわからなくなります。だから試食分は塩もつけない「素おにぎり」にしました。

1405280004.JPG

1405280009.JPG

1個55gですから、2個を600wの電子レンジで45秒チンしてもらい、「米はいすみ産コシヒカリで30回以上噛めるように堅めに炊いています。」という説明をしたうえで食べていただきました。

感想は、
  • 一口噛んだだけで今まで食べてきたご飯とは違うと感じた。
  • 今までは10回も噛まずに飲み込んでいた。初めて30回も噛んだ。
  • 30回近くになると甘味が出てきて、30回を超えるとその先の旨さ(味の向こう側)があった。
と嬉しい評価をいただきました。

「味の向こう側」というのがわからなかったのですが、お笑いコンビ”麒麟”・田村裕さんの「ホームレス中学生」のなかに、ご飯を30回以上噛んでいるとその先の旨さに出会う(読んでいないので正確に表現していないかもしれませんが)というようなことが書かれていたらしいです。

「本を読んだ時には実感が伴わなかったけど、reizanさんのご飯を食べて、その先の旨さというのはこれだとわかりました。」と思わぬ評価もいただいて、reizan流ご飯の炊き方が認められました。家族以外に褒められたのは初めてです。

おいしいご飯の炊き方は、ここにあります。


共通テーマ:趣味・カルチャー

歴博映像フォーラムの内容が素晴らしい [知識・情報]

公共施設のカウンターに置かれていたチラシのなかにひときわ目立つものがありました。

亡くなった方を火葬した後の遺骨の取扱いに三つのパターンがあるそうです。
  • 形の残っているもののほとんどを遺族が持ち帰る
  • 主なものだけ持ち帰り、あとは始末してもらう
  • 遺骨は持ち帰らず、すべてを始末してもらう
自分はどれが良いか迷っているreizanにとって興味深い見出しです。

歴博チラシ (340x480).jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

プログラムを見ると、

趣旨説明「盆行事の民族史/火葬化の現代史」
民族研究映像(第1部)「盆行事とその地域差―盆棚に注目して―」 
民族研究映像(第2部)「土葬から火葬へ―両墓制の終焉―」
講演1「葬儀は誰がするのか、してきたのか?―血縁・地縁・無縁―」
講演2「祖霊のみたまの歴史と民族」
講演3「葬法と衛生観念―山形県内の事例を参考にみる移り変わり―」
講演4「沖縄の祖先祭祀と自動車社会化」

となっており午前10時半から午後5時まで興味深い内容をみっちり勉強できます。それが聴講無料ということですから申し込まない手はありません。 
定員320名の申し込み順とのことですから帰宅したら早速ネットで、とサイトを開きましたらなんと

満員.png

すでに満員締切の告知が出ているではありませんか。タイミングが悪かったようです。残念ながら諦めるしかありません。


共通テーマ:趣味・カルチャー
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村