So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

三曲の下合わせで花見が出来ました [三曲]

昨年暮れ(2014年12月)に続いて2回目で最後の「松竹梅」の下合わせに行きました。

前回は寒さに向かう時期でしたが、今回はこれから春に向かうので心も晴れやかです。
絃方の先生のお宅の敷地に入ったら目の前に満開の花がありました。前回もこの前に立ったのですが全く様子が違います。

RIMG0009.JPG

見事な「枝垂梅(しだれうめ)」です。個人邸でこんなに大きなのは初めて見ました。

下合わせは、「松竹梅」と「宮城の祝い唄」でした。あとは3月の講習会本番に備えて個人的に最後の仕上げをしなければなりません。

パソコンが壊れました [番外]

reizanがブログや尺八譜作成や生活管理に使っているパソコンが壊れてしまいました。

最初の障状は、カーソルは動くのにクリックできなくなっていました。パソコンを見たら左クリックボタンが陥没していました。

1402270010.JPG

マウスをつけてやり直したら少し先まで進みましたが原因不明のエラーが発生しているというメッセージが出ました。

指示に従って復旧を試みましたが何度やってみても無理でした。ということで、このブログは別のパソコンを使って作成しています。

前はwindows vistaだったものがwindous 7になりました。今度のはテンキー(数字キー)も付いています。
さらに、カメラまで付いています。

カメラに気が付いたのは次のメッセージが出たときです。

1402270013.JPG
《写真を左クリックで拡大、←クリックで戻る》 

よく見たら画面の上にカメラとマイクがありました。

1402270011.JPG

パソコンが壊れても大半のデータは外付けのHDDに入れていたので大丈夫でした。困ったのは、使いやすいようにデスクトップに置いていた「生活費キャッシュフロー」と「家計簿」のファイルが無くなったことです。

「生活費キャッシュフロー」ファイルは、予定される入出金をExcelのファイルで管理しているもので、金額が確定したものは数字を置き換えてキャッシュの現在高に合わせ、将来の見込みを見ています。

来年の3月までの見込みを入れていたのですが、式から作り直さないといけません。

「家計簿」のほうはもっと複雑な式を駆使していますので同じものを作るとなると大変です。でも、これに使った式はreizanブログで公開していますから、自分のブログを見れば再現できそうです。

どうしようもないのが、メールの「連絡先」です。過去のメールも見られなくなりましたがこれは諦めます。でも連絡先がわからないのは大きなダメージです。

reizanのメールアドレスは変わっていませんので、知り合いの方は空メールを送ってくださるとありがたいです。

パソコンは便利ですが、本当に大事なものは紙でも持っていないといけないというのが今回の教訓でした。

パソコンが壊れてプリンターを買い替えました [番外]

ソコンが壊れてちょっとパニクっていますが、さらに大きな問題が判明しました。

それは今まで使っていたレーザープリンタ(32ビット用)が新しいパソコン(64ビット)では使えないということです。

一週間後の三曲講習会用の説明資料人数分をreizanのレーザープリンタで印刷して持参しますと公言していたから大変です。

最悪、データを送って他の参加者の人に印刷してもらうことまで考えましたが、canonのレーザープリンタの最安品をネットで探したら税・送料込が9千円ちょっとで買えて、18時までに注文したら翌日には届くことがわかったので、即注文して届きました。(2、3日後に見たら1万円を超えていました。価格は日々変動するようです。)

RIMG0002.JPG

 

RIMG0006.JPG
 
RIMG0001.JPG

 


http://cweb.canon.jp/satera/lbp/lineup/a4-mono/3100/ canonレーザープリンタLBP3100

 
すぐに使えると思ったのですが、パソコンとつなぐためのUSBケーブルは同梱されておらず、説明書には、『本プリンタには、USBケーブルは付属していません。お使いのコンピュータや接続方法にあったケーブルをご用意ください。』と書いてあります。


canonさんのこの説明は不親切です。一般的なパソコンは平型USB端子の接続口を備えているものです。ケーブル選定のポイントはプリンタ側の形状です。接続口を見ると独特の四角い形状をしています。これに合うものを探すのが大変です。せめて四角い端子部の名称でも書いてくれていたら探しやすのですがお手上げ状態です。

その時にふと思い出しました。この形を前にも見たことがあると。

たしか家の中で見たような覚えがあります。なんだったかなぁ。う~ん、思い出せない。
記憶回路を刺激すること延べ数十分。ようやく思い出しました。

前に使っていたプリンタのケーブルがそんな形でした。
取り外して付け替えてみたらその結果は、ぴったり合いました。今は快適に新しいプリンタを使っています。
講習会の資料印刷も大丈夫です。

単色のレーザープリンターで不便なのはカラー年賀状の印刷ができないことぐらいで、カラーインクの一つがなくなっただけで黒の単色印刷もできなくなるインクジェットに比べたら快適です。交換用トナーの価格は高めですが印刷できる量で比べたら断然お得だと思います。


イオンのセルローススポンジ [番外]

台所で洗い物をするときにスポンジたわしを使いますが、reizanはポリウレタンスポンジよりもセルローススポンジのほうが好きです。

使っているうちにセルロースの層がだんだん剥がれていく姿が働いてくれていることを実感させてくれます。そういうところが好きで愛用しています。

昔は、3M社の「スコッチブライト・セルローススポンジたわし」を使っていたのですが、年金生活になってからは価格の安いイオンのプライベートブランド品「TOPVALU セルローススポンジたわし」に切り替えました。 

1402240001.JPG

価格はスコッチブライトの3分の1ぐらいです。

大人買いをして家人の顰蹙を買っていたのですが、ストックも残り1個になって、買い物に行ったついでに探してみたのですが、ほぼ毎週行っているのに最近は全く姿を見ません。

ストックがなくなったらウレタンスポンジに切り替えるか、スコッチブライトにするか、悩ましい日々が続いています。

こんなことしか悩みがないというのは幸せ者でしょうか。

 


心ときめく寺社彫刻 [大工の勉強]

俗に鉄ちゃんと呼ばれる人たちは鉄道車両を見ると心ときめくらしいですが、reizanの場合は美しい建物を見ると心がときめきます。

そんなreizanにとって素晴らしい本が地元の図書館にありました。これは借りないわけにはいきません。

若林純さんの「寺社の装飾彫刻」(日貿出版社、3,800円+税)です。

装飾彫刻_0001.jpg

全部で100の寺社が紹介されています。

装飾彫刻_0002.jpg

装飾彫刻_0003.jpg

上は目次ですが、本体のほうは上のような写真のオンパレードですからたまりません。 これを彫った人たちのことを思うと愛しくなってしまいます。

カバーの最後に、他の出版物が二つ紹介されていますが、

装飾彫刻2.jpg

ネット検索したらもっとたくさん出版されていました。(amazon 寺社の装飾彫刻

つゆ焼きそば [料理の勉強]

テレビの旅番組で青森の「つゆ焼きそば」が紹介されたので見よう見まねで作ってみました。

焼きそばを普通に作り丼に入れて、上からつゆをかけるという作り方です。COOKPADを見たら蕎麦つゆみたいなのばかり紹介されていたので、それをベースにしつつ、ウスターソースやお好みソース、それから砂糖も少し入れてつゆを作りました。

写真はつゆを入れる前に撮って、その後は撮るのを忘れて食べてしまいましたので写真はこれだけです。

RIMG2752.JPG

これはこれで美味しかったです。

豚バラとキャベツの旨み [料理の勉強]

豚バラブロックが100gという中途半端な量で余っていたので、COOKPADのこのレシピを参考にして煮物を作ってみました。

レシピ通りの材料が揃わなかったので分量は適当にアレンジしました。

材料
  • 豚バラブロック         100g
  • キャベツ             5~6枚
  • ☆ほんだし           小さじに軽く山盛り1
  • ☆昆布だし(粉末)       小さじ1/4
  • ☆水               500ml
  • ごま油              適量
  • 濃口醤油             大さじ2.5
  • おろしニンニク(チューブ可)  小さじ1
作り方
  1. 星印を鍋に入れて沸かす。その間にキャベツを一口大に切る。
  2. キャベツを沸騰した鍋に入れ、蓋をして中火で3分間煮る。
    その間に豚バラブロックを繊維に沿ってスライスする。
    (豚バラスライスの場合は一口大に切る。)
  3. 時間になったらごま油を加える。
  4. 引き続き、豚バラを入れ蓋をして2分間煮る。
  5. 醤油を加える。(一度に加えず、味を見ながら量を調整する。)
  6. おろしニンニクを加えてかき混ぜたら出来上がり。
read_pic.jpg

とっても美味しくいただきました。特にスープに豚バラとキャベツの旨みが溶け出していて全部飲みたいぐらい美味しかったです。

あらためて写真を見て思ったのですが、これって豚バラとキャベツの重ね煮にそっくりです。だから美味しいはずです。

本格的な琴古流尺八譜にチャレンジ [尺八演奏]

琴古流尺八譜にチャレンジといっても琴古流の譜を見ながら尺八を吹いたということではありません。
Excelで都山流譜はいくつか作っていますが、今回初めて琴古譜を作ったということです。

そのいきさつは、reizanの勧誘の甲斐があって琴古流の先生が地元の三曲協会に入ってくださることになりました。(今まで、都山流系の尺八吹きしかいなかったので絃方の先生方も喜んでおられます。)

琴古流の中でも最も古いタイプの派(最近は都山流にならって拍の概念を取り入れた記譜をする派もあります)の方です。だから都山譜は読まれません。

ところが、来年(2014年)2月21日に25周年の記念演奏会を開催することになっており、その際に、流派を超えて全会員で山川園松作「稔りの秋」を合奏することになっているのですが、尺八は都山譜しか出ていないようです。

せっかく入会されたのに、この曲のときは一人で見学ではつまらないだろうと思ってExcelで琴古譜にチャレンジした次第です。

稔りの秋.png
《画像左クリックで拡大、←クリックで戻る》

reizanが都山譜で吹くのを聴いていただきながら琴古譜の間違いをチェックしていただきほぼ完ぺきなものに仕上がりました。

意外だったのは、「レ」の甲乙の取り扱いの違いです。
「リ(都山流のハ)」の後に「レ」が出てくるたびに、「このレは甲ですか、乙ですか。」と聞かれるのです。

reizanは都山流の常識に従って、「ハ」の次に出てくる「レ」は乙の「レ」を吹いていたのですが、訊いてみたら琴古流では「り」の次の「レ」は甲音と決まっていて、乙で吹かせる場合は「呂」(りょ)と書くことになっているそうです。
真逆のルールです。音符の違いは承知していましたがそのほかのルールは同じだろうと思っていました。勝手な思い込みは間違いの元ということを身を以て知りました。

上に掲載している譜は修正後です。 

やっぱりバス運賃も改定に [番外]

最寄駅に行くのに自宅近くの停留所からバスに乗ったら運賃改定の掲示があって、おばさまグループがその話題で盛り上がっていました。

それに気づいた運転手さんが、「お客さん。乗車口のところに料金表のチラシがありますから持って行ってください。」と声をかけたら全員おばさまがチラシを取りました。

reizanは恥ずかしいから別のバスに乗った時にしました。

バス代値上げ_0001.jpg
運賃は裏面にありました。

バス代値上げ_0002.jpg
100円のところだけそのままで、あとは150円から490円までが10円アップ、500円から800円までが20円アップになっています。

reizanが最寄駅に行くときのバス代が300円ですから、往復で600円が620円の20円アップになります。
税金だからしかたないと思ったのですが、よく考えたら便乗値上げになっていないかと気になりだしました。

300円の3%(消費税率アップ分)は9円だからバス会社が1円得してると思ったら早計です。もともと300円の中には5%の消費税が含まれていますから税抜き価格を求めないといけません。

300円÷105×100で求めると、約286円です。これに新税率8%を掛けると、税額は約23円になり、合計で309円ですから結果は同じに見えます。でも、こちらの計算では円未満の端分が生じますからその分も得をしています。

ざっと計算してみるとこんな感じです。300円の場合はバス会社が1円41銭得しています。

バス運賃改定.png

 

 バス会社が得している額は上の表のピンクの部分です。100円のワンコイン区間はマイナスになっていますが、この運賃はもともと採算度外視の運賃なので他と一律には評価できません。

100円区間を除くと焼太りの感は否めません。

暇だからそんなことを考えていたら、「ここはバス路線がなくなったら陸の孤島。バスがあることに感謝しなくちゃ。」と家人から諌められました。

確かにそうです。reizanもバスを降りるときに必ず「ありがとうございました」と感謝の言葉を掛けるようにしています。東京に住んでいるときには考えられなかったことです。

東京では乗ってやってる感が強かったですが、今は乗せていただいてるという気持ちです。田舎暮らしは思わぬところで悟りをもたらすのかもしれません。

35周年の民謡会を聴きに行きました [民謡]

生涯大学校で一時お世話になったことのある津軽三味線の先生の会が35年を迎え、記念の演奏会が開催されました。

reizanはこの会とは無関係ですが、地元老人クラブの方や生涯大学校の芸能発表会で一緒に尺八を吹いた方が出演されるので聴きに行きました。

9時半からの開演ですがそんなに早くいけなくて11時半ごろ着いたら、地元老人会の会員でこの会の実行委員長をされている方が登場されるところでした。グッド・タイミングです。

RIMG0017.JPG

その次には、生涯大学校の時の尺八友達がオリジナル曲を歌われました。このタイミングの良さ。もうこれを聴いたら帰ってもよいぐらいです。

RIMG0021.JPG

さらに、そのあとには生涯大学校民謡クラブOB会の演奏と現役の演奏が立て続けにありました。

その後昼食休憩に入ったのですが、演奏が盛りだくさんのため昼食時間は20分です。
その時間は館内の図書室で時間をつぶして、昼の部も時間が許す限り聴きました。

津軽三味線を弾く会主の先生をはじめ、鳴り物、はやし詞、それに尺八が皆無表情なのが印象的でした。

RIMG0028.JPG

RIMG0027.JPG

RIMG0030.JPG



尺八音符の音階梯子 [尺八解説]

趣味の民謡尺八サークルに2年ぶりで新人が(といっても還暦過ぎの人ですが)入ってくれることになり、会長からreizanに指導の依頼がありました。

1年間で他のメンバーについていけるまでにしてあげなければなりません。やりがいのある役目です。

なんといっても最初は音出しの練習です。尺八の音が鳴らなければ話になりません。音が出れば長く続くのですが、出ないと嫌になってやめてしまいます。

その点は小学校の邦楽体験教室のボランティアで体験していますので何とかなると思います。

その次は音符の違いによる流派の選択です。reizanは都山流ですが他のサークルメンバーは琴古流です。
どちらでやっていくのか決めてもらわなければなりません。

なぜかというと音価の表し方の違いと音符の表記の関係で一方に慣れればなれるほど途中変更が難しくなるからです。

音価については、都山譜は五線譜のオタマジャクシの棒と旗の考え方を取り入れていますので、見ただけで全音符とか附点八分音符とか十六分音符とかがわかります。

一方、琴古譜では音符の右または左にゴマ点があるのかないのかと、中央を縦に貫く線の有無・本数の要素の組み合わせで間が決まります。

だから都山譜の場合は難しい手のない曲であれば初見で吹けますが、琴古譜の場合はゴマ点と線の関係を一通り見ておかないと吹きにくいのでいきなり初見でというのは苦手そうです。

しかし、サークルの中には琴古譜を使いながらゴマ譜の読めない人が3割いますので、田嶋直士さんが著書の「尺八入門」で提唱されている1拍を基準にした書き方に準拠した譜を作って使っています。だから音価に関しては問題ないと思います。

あとは音符の違いです。どちらもカタカナ1文字で指孔の押さえ方を表すタブラチュア譜になっています。これが同じであれば結構融通が利くのですが、同じ文字が違う運指を表していることがあり当然音の高さも違うので、両方の譜を使い分けるためには頭の中を都度切り替えなければなりません。

それを音程に従って梯子状に表してみました。同じ音高に二つ以上の音符があるのは、音色の違いを求めてそれぞれが違う運指をするためです。

音符と音高.png
《《画像左クリックで拡大、←クリックで戻る》》

赤色の棒線で示している音符が、同じ文字を使いながら運指・音高が違というう同名異になっているものです。

探していたのに近い「かりんと」をいただきました [お菓子]

reizanが子供のころに食べていた「かりんと」をもう一度食べてみたいと思っていますが、現在も売られているのかどうかすらわかっていません。

広島の村上製菓が「ひっくりかりんと」という名前で出しているのが似ているのですが大きさは違います。一度買いに行こうと思っているのですがいまだに実現していません。

そのことを忘れていたところに北九州からのお土産を持ってきてくれた人があって、その中に近いものがありました。

RIMG0031.JPG

門司倶楽部という中国料理店で売られている「よりより」という中華菓子です。

RIMG0032.JPG

色合いも大きさも味も少し違いますが美味しくいただきました。ただreizanが覚えている味とは違っていました。これほど固く焼しめていなかったし、何か別の味がしていました。

一緒にいただいた「からし高菜炒め」が絶品でした。どこでも売っているものですがこれ以上の味に出会ったことがありません。

魚を糠味噌で炊いた「じんだ煮」や地物の白身魚の刺身など北九州は美味しいものの宝庫です。しかも安いときているから、味にうるさい人には天国です。

老人クラブの映画会 [地域活動]

地元老人クラブの今月の例会は映画会でした。

会場は地域のコミュニティー・センターです。
入ってみたら3月3日は過ぎているのに雛飾りがありました。

RIMG0034.JPG

掛け軸もありました。

RIMG0038.JPG

こんなのを見たのは初めてです。昔は七段飾りが流行っていましたが飾り付けと片づけ、それに保管場所の確保に難があり最近は一段からせいぜい三段ぐらいまでが主流のようです。それにしても、この掛け軸は究極の省スペースです。

目的の映画会のほうは、東宝の社長シリーズのメンバーのほか豪華キャストが出演されている「続サラリーマン忠臣蔵」が上映されました。

RIMG0041.JPG

RIMG0042.JPG

家のテレビで一人で観てもあらばかりが目について面白くない作品だろうと思いますが、大勢で観ていると笑えて本当に楽しめました。

確定申告書を郵送しました [番外]

reizanは、些細な商いでありますが一応個人事業者なので確定申告書B用を使います。

コピーした添付書類が認められるか不安があったので過去2回は地元の税務署に直接持参しました。そして2回とも全く問題なくあっさり受け付けられましたので、今年は郵送にしました。

税務署まで出向くと往復のバス代が420円かかりますが、郵送なら140円で済みます。

封筒.jpg

以前は所得税0円ということもあったのですが、今回は所得税がかかりました。
貧しい年金生活者からも容赦ない取り立てをしてくれるのでプンプンです。

そんな気持ちを切手の図柄に込めたのですがわかってもらえるでしょうか。

切手.jpg


生涯大学校への再入学が決まりました [生涯大学校]

生涯大学校(生活科)を2年前に卒業してからずっとご無沙汰していましたが、制度が変わって卒業生も再入学できるようになったことを教えていただきました。

卒業してから外に出ることが少なくなり運動不足気味だったので、これから2年間生きているかどうかわかりませんが入学申し込みをしました。

その回答が届きました。合格だそうです。

入学許可通知.jpg 
今回は、地域活動学部での勉強となります。なんだか生活科よりもアカデミックな名前です。でも所詮は老人福祉の一環ですから教育とは別物です。

とは言っても4月からはピカピカの1年生です。今から楽しみです。

 


フライパンでとんかつ [料理の勉強]

冷蔵庫に、とんかつ用豚ロースがあるから生姜焼きにでもして適当に始末しておいてと頼まれました。

生姜焼きだったら作れることを知っていてそんな例示をしてくれたのですが、とんかつ用と書かれているのに生姜焼きでは失礼と思いましたので、初めてとんかつを作りました。

でも、自分の中で油の始末の仕方が確立していないので揚げ物はしたことがありません。「揚げないとんかつ」がないものかとネット検索したら結構たくさんありました。

それで、このレシピを参考にさせていただきました。

焼くところはオーブンを使うことになっているのですが電子レンジのオーブンが使いこなせないので、フライパンでチャレンジしました。

foodpic4658998.jpg

フライパンにオーブンシートを敷き、衣をつけた豚肉を載せ、蓋をして、中火の弱火で、片面8分ずつ両面を焼き、火を止めてから余熱で中まで焼き上げました。

foodpic4659004.jpg

油を使っていないので年寄には良いかもしれません。

「春の海」の琴古譜を作ってみました [尺八の勉強]

reizanが所属している趣味の民謡尺八サークルでは、reizanだけが都山流でほかの方は皆琴古流です。
といっても、使っている音符が琴古流というだけでゴマ譜の読めない方が多数を占めています。

そのような方たちと一緒に遊ぶ際に解決しないといけない点が音価(音の長さ)の表し方です。
reizanが譜面を作る際に市販の琴古流民謡尺八譜の書き方に倣ってやろうとすると、音符の一部に同名異音があってややこしいうえに、音価の表し方も都山流に似ているのですが微妙に変えてあるので、その二つを気にしながら作っていくのは大変です。

都山流でやってしまうと簡単なのですが、自分の流儀を押し付けるようになりますからそれはできません。
そんなことを気にしているときに見つけたのが田嶋直士さんの「尺八入門」という本です。その本のなかの尺八譜は1拍を基準に書かれています。

五線譜で音符を書くときに、1拍未満の音符を連桁で1拍ごとにまとめているのと同じ方法です。逆に1拍より大きい音符はありません、2拍の場合だったら1拍の音符が二つという表記の仕方です。
これだとルールは簡単ですから初心者の人にも受け入れやすそうだし、ベテランの人もすぐに馴染めると判断して、reizanがこのサークルのために作る尺八譜はこの1拍基準の記譜法で作っています。

サークルでは、年が明けて最後の演奏会が済むと次の年度に練習する曲の選定が話題に上ります。
毎回出てはボツになっているのが「春の海」です。今まで反対してきたのはreizanです。

自分でもまともに吹けないのにお世話できないというのが正直なところです。
しかし、別のグループで学校ボランティアの手伝いをさせてもらうなかで「春の海」の演奏をせざるをえなくなり、必死で練習した結果なんとか合奏できるようになりました。

一つの障害がはずれましたので皆さんがやる気があれば今度は取り上げても良いかと思っています。
その時が来るときのために1拍基準の記譜法で「春の海」の音譜を作りました。音符は琴古流のものです。
このぐらいのボリウムですと二日でできるようになりました。

箏のパートが青色になっているのはモノクロ・プリンタで印刷したときに尺八パートよりも薄い色で出力するためです。

この曲は著作権フリーになっていますのでブラインドを掛けずにアップします。

春の海.png
《画像左クリックで拡大、←クリックで戻る》

これを作って勉強になったのは、都山流公刊譜と琴古流の譜では音価の違う音符がかなりの数あることです。五線譜で書くと唯一のものになるはずですが、「半拍の音と半拍の休符」を「1拍の音と息盗み」で表すような違いがあります。
どちらかが原曲と異なっているはずですが、実際の演奏ではほぼ同じように聞こえるかもしれません。

今回は琴古譜をベースにして、都山流公刊譜や宮城社箏譜に併載されている五線譜と照らして明らかに間違っているところは訂正しました。

TVドラマの再放送を観る前にこれでチェックします [テレビ番組]

年金生活の暇な年寄りは昼間の再放送のTVドラマを観る機会が多くなりますが、二つのチャンネルで同時に始まるときはどちらかを選択しなければなりません。

それが、観はじめてから数分で観たことがあるのに気づいたらもうどうしようもありません。もう一つのチャンネルではすでに誰かが死んでいて、最初を観ずにそのあとで入っていっても何が何だかわかりません。

新聞の番組表を見てから番組予約をするのですがタイトルだけでは観たかどうかわかりません。
それで、この番組はもう4回目というようなこともありました。

これはどうしようもないことなのかと思っていたら良い方法がありました。

それは、「テレビドラマデータベース」というサイトです。
新聞に出ているタイトルを入力して検索すると、かなり詳しい粗筋が表示されます。(シーリズ物は回数を入れずに検索します。すべての回が表示されますのでその中から見たいものを選んでタイトルをクリックすると詳細情報が表示されます。)

例えば、「刑事の証明 4(再)」というのがあったとしたら、データベースのサイトに入って先ずは「刑事の証明」で検索します。

http://www.tvdrama-db.com/simple_result.htm?key=%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E&x=61&y=3 刑事の証明

そこで、「刑事の証明 」をクリックすると詳細情報のページに行き着きます。

これを活用すれば二度同じ番組にチャンネルを合わせることが防げるでしょうし、逆に、もう一度観てみたいという番組に出会えるかもしれません。


新しいパソコンが届きました [番外]

パソコンが壊れてしまってほかのパソコンに間借りをしておりましたが、意外に早く新しいパソコンが届きました。

間借りをする際に、今まで使っていたソフトをダウンロードしましたが、新しいパソコンにも再び同じ作業をしてようやく終わりました。
これだけ根を詰めて作業したのは何年ぶりでしょうか。本当に疲れました。

今回購入したのは、BTO(部品をストックしておいて顧客のオーダーで組み立てること)のドスパラ(旧社名DOS/Vパラダイス)製のパソコンです。

パソコン通の薦めで、CPUはインテルのCORE i7にしました。メモリは8GB、HDDは500GBです。これでreizanの過酷な使い方にも耐えてくれるのではないかと思っています。

RIMG0002.JPG


OSは最新のWindows 8i を「と思っていましたが、調べていくうちに、7までと8以降ではまったく別物のようだということがわかりました。
reizanが尺八譜を作るときはExcelのファイルを四つぐらい開いてます。一つが音譜用紙のテンプレートで、あとは音符の原簿です。これを駆使して縦書きの尺八譜を作っているのです。

ところが、8以降のOSでは同時にたくさんのwindowを開くというう芸当ができなくなっているというのです。 それではつかいものになりませんからWindows 7 にしました。注文する前にわかってよかったです。

reizanはマウスを使わずにタッチパッドを使う派ですが、驚いたことにこれがものすごいことになっていてその進化にはついていけませんでした。

RIMG0001.JPG


タッチパッドの手前にクリックバーがあるのですが、それを使わなくてもパッドの中だけで完結するようになっているのです。

パッドを指でなぞると追随してカーソルが動いてくれるのは普通ですが、指先を少し上げてタッチすると左クリックと認識してくれます。また、スマホと同じように二本指を使って画面を拡大したり縮小したりもできます。

これが年寄りの身には使いずらいです。思わぬところでクリックされたり、急に文字が大きくなったりしてびっくりします。

今までは右手でパッドをなぞり、左手でクリックバーを操作していたのですが、最新のタッチパッドは片手で使わないといけないらしいです。
このままでは間違って高額な注文をしたりする恐れもありますので、最新の機能はoffにして昔通りの使い勝手にしました。
年寄りには単純なほうが向いています。 


小倉みやげの「じんだ煮」が旨い [お気に入り]

北九州小倉の土産を買ってきてくださった方がありました。

開けてみたら旦過市場の「ふじた」という「じんだ煮」専門店の鯖と鰯のじんだ煮詰め合わせでした。

RIMG0051.JPG

パックされた姿を見ただけで涎が出てきそうです。思ってもいないときに御馳走が飛び込んできたのですから喜びもひとしおです。

じんだ煮は別名「ぬかみそだき」と呼ばれるように、煮汁に糠味噌を加えて煮たものです。
糠味噌の効果で青魚の臭みは消えていますし、骨まで煮込んであるので全部食べられます。表面の糠味噌を洗うのは間違いです。袋から出したらそのままをいただきます。

見た目は良くありませんが、一度食べたら病み付きです。ゴルフボール1個分ぐらいの量でご飯一膳は軽くいけます。

RIMG0056.JPG

サウンド・オブ・ミュージック [テレビ番組]

本日(2014.3.21)の13時から、NHK・BSプレミアムであの名作ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」が放映されるらしいです。

この映画からミュージカルが好きになった覚えがありますが、最初に観たのは封切りではなくVHD(LDに対抗するビクターの開発した方式)ソフトを購入してでした。
VHDの再生機が壊れたころにはLDの勝ちが明確になっていて修理する気にならず、LDの再生機とLDのソフトを購入しました。

ずっとスタンダードサイズの映画と思っていたのですが、再上映されたときに映画館で観てシネマサイズだったことを知りました。

だから、シネマサイズのDVD版が出た時には迷わず買いました。初期のころですからDVDが全般的にかなり高価でしたが、2枚組のPREMIUM EDITIONだったのでさらにプレミアムがついていました。

1403200005.JPG

 

「本編ディスク」と「特典ディスク」を観て満足していたのですが、あるとき、本編ディスクのなかに収められている「映像特典」に気づいて再生して感動しました。これだけでもプレミアム分の価値があると思いました。

1403200006.JPG

 

 SOMカラオケ (800x450).jpg

ロバート・ワイズ監督が制作秘話を語ってくれているのですが、歌の部分は説明を控えて黙ってくれます。そして、reizanが一番気に入ったのは、歌唱がカットされている点です。

これはすごいです。歌唱がないからジュリー・アンドリュースさんがどんな伴奏を聴きながら歌っていたのかがわかるのです。

reizanはこんな楽譜を持っていますからボーカル・パートを尺八譜に直して合奏が楽しめると思っています。

IMG_0001 (453x640).jpg

IMG_0002 (453x640).jpg
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》
「ひとりぼっちの羊飼い」は「ひとりぼっちの山羊飼い」の間違いと思います。

もしキーが違ったとしてもテンポを変えずにキーを1セント単位まで調整できるフリーソフトがありますから大丈夫です。

ただ、映画の冒頭でマリアが「サウンド・オブ・ミュージック」を歌うところを聴いてみたのですが、歌唱がないとどこから歌いだしているのかわかりません。
完全に合わせられるようになるまで相当かかりそうですからまた楽しみが一つ増えました。

暇な老人に怪しいメールが届きました [知識・情報]

パソコンのメールチェックをしていたら怪しいメールがありました。

自動的に迷惑メールのホルダーに仕分けされていました。メールのフォルダーを作りすぎていつもは見えないところに隠れているのですが、カーソルを動かしすぎてフォルダーが現れた時に「迷惑メール(4)」と表示されていて、メールが溜まっていることがわかりました。

ホルダーのなかを覗いて三つはわかったのですが、一つだけ意味不明のものがありました。下のがそれです。添付しているのは写真ですからこれを開いても悪さはしません。

安全確認.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

発信元は、三菱東京UFJ銀行です。

勤務時代はこの銀行の口座を持っていましたが、今は取引がありません。なのに何故と思いながら見ていくと、メールの宛先はreizanのメールアドレスです。銀行がアドレスを知っているはずがないというところで先ず警報が鳴りだしました。

続いて本文を見ていくと、出だしが「こんにちは!」から始まっています。
業務文章の出だしが「こんにちは」から始まることはあり得ません。ましてや感嘆符を使うような友達感覚は噴飯ものです。

もうこの時点で、指定のアドレスをクリックしてはいけないことがわかりました。

さらに、指定のアドレスを見ていくと丸印の部分にreizanのメールアドレスが含まれていました。これもあり得ないことです。

念のため、三菱東京UFJ銀行のサイトを検索してみたらトップページに警告文書が出ていました。(これも写真です。)

三菱UFJ.png
《画像クリックで拡大、←クリックで戻る》

察するところ、暗証番号盗み出す詐欺のようです。どこで銀行の顧客情報を盗んだのか知りませんが個々の残高まではつかんでいないようです。
reizanの場合は、交通費をかけて全額おろしに行っても交通費のほうが高くつくのでそのまま放置している小銭が残っているだけの休眠口座で、しかも、reizanに気づかれてそれも盗れない詐欺師さんもご苦労なことです。

reizanは、思わぬブログネタが一つ転がり込んできてラッキーでした。 

記念演奏会の情報が公開されました [三曲]

reizanが所属する地元の三曲協会では25周年を迎えることから記念演奏会の話が進んでおりましたが、地元の文化団体で構成されている文化協会の機関誌に記念演奏会の情報が載りました。

reizanは会員ですから、いつ・どこで・ゲストは誰で、ということは一年前から承知していましたが公にして良いといわれるまでは黙っておくべきと考え控えておりました。

今般、会の幹部の方が一般に向けて公表されたということは秘密ではなくなったということですからブログにアップさせていただくことにしました。

IMG.jpg

開催は来年の2月21日(土)です。

ゲストが凄いです。尺八界の貴公子「藤原道山」さん、萩岡松韻さんに勝るとも劣らない美声の持ち主の「菊聖公一」さん、そして山田流山川派の「山川芳子」さん、と豪華な顔ぶれです。

菊聖さんの唄は、東京で坂田梁山さんと共演された時に聴きましたが、その美声には圧倒されました。
世の中にこんなに美しい声の人がいるのかと聴き入ってしまいました。

記念演奏会の会場の定員は338名で、そのうち200名強は三曲協会会員と関係者で埋まってしまいますので、一般の方は100名ぐらいしか入れません。
でも、できるだけ多くの人に本物の唄を聴いてほしいものです。

YouTubeに菊聖さんが地歌「ゆき」の地方を務めておられるのがありました。生の声はこんなものではありませんもっと素晴らしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=ZG8Yi8eBAw4 地唄舞「雪」

「ゆき」という曲は超スローテンポで有名な曲です。reizanが尺八で吹いたら5分もかからずに終わってしまいそうですが、それを14分かけて演奏していますからすごいです。

当然、多くの音がロングトーンになります。reizanの場合は一人で吹いていると待ちきれずにどんどんフライングして楽なテンポになってしまいます。運指は簡単ですが間を持たせるのが大変な難曲です。

スローモーションだから踊っている方も相当疲れるだろうと思います。

「喜久福」のずんだ餡は半解凍が旨い [お菓子]

仙台土産の「喜久福」(喜久水庵)をいただきました。大福の中にずんだ(枝豆)の餡が入っているお菓子です。

foodpic4696059.jpg

http://www.kikusuian.com/ 喜久水庵のサイト

1403200001.JPG
《化粧箱》

1403200002.JPG
《個装》

個装の袋に書かれているように、ずんだ餡の中にさらに生クリームが入っていて、これでもかと甘さが襲い掛かってきます。

同梱の説明書に、冷凍を解凍して大福は柔らか・餡は半解凍ぐらいで食べるとおいしいと書いてありましたのでそのとおりにしました。本当においしかったです。

この食べ方は、我が家でミニ餡パンを食べる時のやり方と似ています。ただし、餡パンの場合はオーブントースターで解凍しますが、大福は自然解凍です。

ずんだ餡が餅の周りに絡んでいるときは作った時のまま、中に入っているときは半解凍がおいしさを一番引き出すようです。


「じゃこ天」がおいしかった [B級グルメ]

スーパーに食材を買い出しに行ったときに珍しいものがあったので買ってみました。

それが当たりで、とてもおいしくいただきました。

それは「じゃこ天」です。昔、徳島に行くときに乗り換えの岡山駅で買って車中で食べた「じゃこ天」がおいしかったので、「おいしいじゃこ天=瀬戸内」という方程式が頭の中に刷り込まれていました。

今回買ったのは山口県の萩のものですから日本海側です。

RIMG0043.JPG

瀬戸内産ではないからちょっと不安もあったのですが、思い切って買いました。
そして、食べてみたらおいしくて写真を撮るのも忘れて110gを二日で完食してしまいました。

原材料を見たら、甘草(カンゾウ)、とステビアが使われていました。reizanは甘味にごまかされやすいのでこれのせいでおいしく感じたのかもしれません。

RIMG0044.JPG

我が家で使っている取り寄せ醤油にも甘草とステビアが入っています。醤油のほうには、さらに、サッカリンNaも入っています。

サッカリンは発癌性が疑われて一時使用禁止になりましたが、実験でラットが発癌したのは別要因だったことが判明し、その他の動物でも発癌実績がなく、現在では発癌性物質リストから外されているそうです。

skypeにチャレンジ [パソコン]

パソコンを買い替えたのを機に「skype」なるものにチャレンジしてみました。

skypeには、無料と有料のプログラムがあって、skypeを使っている相手とのビデオ通話(テレビ電話みたいなもの)や音声通話が24時間、いつでも何時間でも無料でできます。

reizanの新しいパソコンにはwebカメラが内蔵されていますし、最新のスペックなのでちょっと勉強してみようと思ってskypeのダウンロードから始めました。

ところが、その先がなかなかうまくいかず、開通するまでまる二日もかかってしまいました。
最初の日の朝から初めて夜中の0時を過ぎてもうまくいかず諦めて翌日に回すことにしました。

skypeのダウンロード自体は簡単で、skypeをしている知り合いと音声通話はすぐにできたのですが、ビデオ通話ができません。

skype.png


相手の姿は映るのですが、隅っこに映るはずの自分の姿がありません。

 

調べてみたら、webカメラが認識できませんというメッセージが出ています。
それからネット検索を繰り返して、webカメラを働かせるドライバーというものが必要だとわかりました。

ドライバーを入手するためにはパソコンの型番が必要ですが、イージーオーダーで作ったパソコンなので一般メーカー品のような一定の型番ではないようです。
あれこれ調べてようやく型番もわかりました。

これでドライバーのインストールができると、ほっとしたのですがメーカーのサイトで探したらたくさんのドライバーが準備されているのに、reizanが買った型番はヒットしません。

メーカーのサイトに、reizanのパソコンのユーティリティドライバー(パソコンに同梱されていたCD-Rと同じ内容)があったのですが、やはりwebカメラのドライバーはなかったので、ここで諦めて寝ました。

翌朝、メーカーのサービス部門に電話して問い合わせをしました。
係りの方も、この型番はドライバーがないですね。と初めて気が付いた様子でした。

確認のためしばらく待たされて回答を聞かされました。
「Fnキーを押しながらF6キーを押してください。」ということでした。 

その通りにやったら即webカメラがonの状態になり、すぐに、ビデオ通話が使えるようになりました。

skype承認待ち.png

先ずは、相手の人に承認してもらうというプロセスがあり、承認を受けたら、相手先を選択して赤丸で囲んだ「ビデオ通話」のアイコンをクリックすると相手方のパソコンでコール音が鳴り、相手が受けてくれるとお互いの姿を見ながら会話ができます。

パソコンを持ち上げてwebカメラの位置を変えて、できたばかりの自慢の料理を見せたりということもできました。

ただ、自分の姿が見られているわけですからある程度相手が限定されそうな気がします。

 


「焼き卵の味噌照り焼き」を作ってみました [料理の勉強]

読売新聞朝刊のくらし・家庭欄に「焼き卵の味噌照り焼き」のレシピが載っていたので作ってみました。

オリジナル・レシピでは卵4個ですがコレステロールが気になるので半分の2個にしました。

材料
  • 卵      2個
  • ☆砂糖    大さじ1/2
  • ☆みりん   大さじ1
  • ☆味噌    小さじ1
  • ☆醤油    小さじ1
  • サラダ油  小さじ2
作り方
  1. ☆印のたれを混ぜておく。
  2. フライパンに油を布き、中火の弱火で熱し、卵を割り入れる。
  3. 白身が固まってきたらターナーで二つ折りにする。
  4. 30秒ほどしたら裏返し、上から平らに押して黄身をつぶす。
  5. はみ出した黄身が固まりだしたら裏返す。
  6. 卵が固まったら、たれを回しかけ、十分に絡める。
foodpic4706894.jpg

味噌の旨みと甘い砂糖が絡んでおいしかったです。味が濃いので冷めてもおいしくいただけそうです。これだったら弁当にも合いそうです。

マルタイ棒ラーメンで三度美味しい「ねぎラーメン」を作ってみました [料理の勉強]

玄関に泥が付いたままの長ねぎが置いてあったので使わなければもったいないと思い、出かけたついでに駅前のイオンで「マルタイ棒ラーメン」を買って帰りました。

マルタイ棒ラーメンというのはインスタントラーメンです。一般的なインスタントラーメンはちじれ麺ですが、これは素麺のように棒状のものが束になって二つ入っています。

1403270005.JPG

福岡で作られているローカルなインスタント麺ですが関東のイオンでも売っています。

福岡というと長浜ラーメンや久留米ラーメンが有名ですが、reizanが子供のころはラーメンは身近なものではありませんでした。お金もないし、食べさせてくれる店も近くにはありませんでした。それが一気に普及したのは日清食品のチキンラーメンが出てきてからです。

しかし、reizan家ではそれすら高くて口には入りませんでした。その後出てきたマルタイ棒ラーメンが2食分入っているのに他の1食分ぐらいの値段で入手できたので、これでラーメンを初体験しました。

ずっとラーメンというのはこういうものだと思っていましたが、社会に出て給料をもらうようになってからは会社の近くの久留米ラーメンをよく食べました。

さらに歳がいって、年に数回県庁に出向くようになると、帰りは長浜ラーメンというのが定番になっていました。
その後、熊本ラーメンや喜多方ラーメンや和歌山ラーメンも食べましたし、カップラーメンや袋入りのラーメンを何種類も食べました。でもreizanにとってラーメンといえばやっぱり最初に刷り込まれたマルタイ棒ラーメンの味に尽きます。

その棒ラーメンと長ねぎを使って何か作ろうと思ったわけです。
思い出したのは20数年前に食べた無名店(有名店ではないという意味で実際には店名がありました)のねぎラーメンです。

朝食の後でねぎの下ごしらえをしておいて昼食のときにラーメンに載せていただきました。二種類の具材を準備したので、それぞれを麺と一緒に食べた味と全体を混ぜた味と三種類の味が楽しめました。

二人分作ったので、味にうるさい人にも食べてもらったら絶賛していただけました。普段、マルタイ棒ラーメンを調理する時は水の状態からキャベツを茹でてマルタイ棒ラーメンを加えるのですが、それよりもおいしいと言ってもらえました。

マルタイ棒ラーメンは醤油系のラーメンですから相性が良かったのだと思います。豚骨系や味噌系ではその味が勝ちすぎてバランスが悪そうな気がします。

後日自分が作るときのためにレシピを残しておきます。

材料(二人分)
  • マルタイ棒ラーメン    2束
  • 水             900ml
  具材A
  • 長ねぎ(白い部分)   1本
  • ロースハム        4枚
  • ☆ごま油         小さじ2
  • ☆豆板醤         小さじ1
  • ☆オイスターソース   小さじ1
  • ☆醤油          小さじ1
  具材B 
  • 長ねぎ(緑色の部分)  1本
  • ★ごま油          小さじ1
  • ★豆板醤          小さじ0.5
  • ★砂糖           小さじ0.5
  • ★醤油           小さじ1
  • ★日本酒          小さじ1
作り方
  具材A
  1. 長ねぎとロースハムを千切りにする。切った長ねぎは水にさらす。
  2. ☆印を合わせ、1を加えて絡める。
  具材B
  1. 長ねぎを輪切りにし、レンジ(500w)で2分チンする。
  2. ★印を合わせ、1を加えて絡める。
  ラーメン
  1. 麺の袋に書かれている通りに麺を湯で味付けをして丼に移す。
  2. 1に具材Aと具材Bをそれぞれ小山にして盛り付ける。
ねぎラーメン.jpg

リコール情報を見落としていました [知識・情報]

リコール情報は経済産業省消費者庁のサイトでネットで検索できるのですが、reizanに関係ある情報を見落としていました。

それは、先日粗大ごみで処分したレーザープリンタです。
パソコンが壊れて買い換えたら64bit(最近のものはこれが普通です。)だったのですが、レーザープリンタの方は32bitまでしか対応していなかったので、壊れてもいないのに使い物にならず捨ててしまいましたが、実はこれがリコールの対象品だったのです。品番はLBP-210です。

LBP210.JPG

経産省のサイトには次のように出ていました。 (対象品番が多いので一部カットしました。)

 

リコール情報.png

対象製品.png

「場合によっては異臭や発煙に至る可能性が判明した」と書かれていますので火災に至った事例はないのだと思いますが、条件次第では火災の可能性も有り得ることですから、ぞっとするとともに、今までの幸運を喜んでいます。 

他に、生涯大学校の教室で回っていたのに似たサーキュレータもありました。

http://www.meti.go.jp/product_safety/recall/file/120328-1.html リコール情報 サーキュレータ

他人事と思っていましたが、時々チェックしないとやばそうです。

http://www.meti.go.jp/product_safety/recall/index.html 経産省のリコール情報
 
http://www.recall.go.jp/article/ 消費者庁のリコール情報 

チョコレートの思い出 [お菓子]

勤務時代のことですが、出張で2006年に運航開始したスターフライヤーを何度か利用しました。

最初のころは飲み物としてビールも選択できましたがそのうちになくなりました。でもreizanが利用していた間、変わらず提供されたものがありました。

森永製菓のチョコレートです。黒地にSとFのデザイン文字が書かれた個装がしてあっておしゃれだなと思いました。味もちょっと苦くてビジネスマンに的を絞っているのかと思いました。
スターフライヤーの頭文字が入っていますから専用品のはずですが、別の名前で市販されているかどうかは知りませんでした。

最近、ダースをよく買うようになって、店の棚の隣に並んでいるちょっと高級そうなチョコレートの箱が気になっていたので買ってみました。

森永製菓の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」です。

1403270002.JPG

これがreizanの記憶しているスターフライヤーのチョコレートのコンセプトのにそっくりです。味もこんな感じでした。

昔から並行販売されていたのかと思ったら、森永製菓のサイトではこの商品は2013年9月中旬発売となっていました。

高級そうに見えますが値段はダースよりちょっと高いぐらいで21枚入っていますからコストパフォーマンスは良い方だと思います。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村