So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

「ひっくりかりんと」 [お菓子]

子供の頃に食べた「手綱こんにゃくのような形のかりんと」を探していましたが、食べログでそれらしいのを見つけました。

広島県府中市の村上製菓の「ひっくりかりんと」というのが、reizanの記憶している手綱こんにゃく形のかりんとに似ています。

ひっくりかりんと.jpg
《えりりんこさんの口コミより》

http://tabelog.com/hiroshima/A3405/A340504/34013953/dtlrvwlst/2041227/?srt=&use_type=0&sby=D&PG=&smp=1&lc=0 えりりんこさんの口コミ

村上製菓の「かりんと」は前にもチェックしていたのですが、この形には初めて気づきました。

reizanの記憶しているものは、4cm×20cmぐらいあって、成形の際に両端を引っ張っているのか中央の切り欠き部分がもっとスマートに仕上がっていました。でも、表面の色合いなどはそっくりです。

「かめりあのかりんと」も手綱こんにゃく形ですが、色や肉厚、それに質感が違います。

楽天のポイントが貯まっているのでそれが使えないかと検索してみましたが、残念ながら「ひっくりかりんと」を扱っているネット商店はないようです。(楽天以外で村上製菓の「かりんと」をネット販売している店はあります。)

村上製菓本店だけでなく福塩線府中駅の店でも扱っているようなので、今度、京都旅行に行ったついでに寄ってみようかなと思って調べてみたら、京都からの往復の交通費が1万円以上かかります。だから、この案はボツです。

家人が倉敷・尾道に行ったことがないというので、いつか広島旅行を計画して、そのついでに府中で「ひっくりかりんと」を買おうかと思っています。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

箱根日帰りバスツアーの招待が当たったのですが [観光]

郵便受けにDMのような透明封筒が入っていました。即ゴミ箱行きにしようと思ったら宛名があります。家人宛です。
そうなると捨てるわけにはいきません。

多分、ヒアルロン酸とかコラーゲンとかそういう類の宣伝だろうと思っていたら、商店の抽選に応募していたのが二等賞の「箱根日帰りバスツアーご招待」に当ったそうです。

日帰りバスツアー_0001.jpg

一等はペアご招待で、二等は本人のみご招待のようです。
でも、5800円を負担すると一名同伴ができると書いてあります。

日帰りバスツアー_0002 パノラマ写真.jpg

一昨年の秋に生涯大学校のクラス卒業旅行で行ったところですが、春の箱根も魅力なので濡れ落ち葉になってついて行こうと思いました。

しかし、世の中上手くいかないもので、reizan宅からですと日程表の真ん中の二日間でないと指定時刻に間に合いません。ところが、この二日は、それぞれが日にち違いで市の集団検診の予約をしているので二人が同じ日に行くことができません。当選者以外が単独で参加することはできないことになっていますのでreizanの参加は厳しそうです。

先の予約をするときに、何か差し障りが出てきやしないかといつも不安を抱えるのですが、たまにそれが現実になります。
ここは気持ちを切り替えて、近場の温泉センターに行くというてもあります。5800円で二人分の食事と入浴がまかなえそうです。

でも、考えてみたら抽選に当たらなければ、5800円をどう使うかとか、食事や温泉のことも考えなかったはずです。これも、只より高いものはないということの例なのでしょうか。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

「なずな」 [推薦図書]

堀江敏幸著「なずな」を読んでいます。あと残り四分の一ぐらいのところまで来ています。437ページのハードカバーなのでなかなか読むのが大変です。ページ数のこともありますが、兎に角重いです。テーブルの上に置いた状態で読まないと手がつりそうです。

なずな.jpg

「なずな」というのは、主人公が育てている生後3か月ぐらいの女の赤ちゃんの名前です。

主人公の菱山秀一は地方新聞のライターで独身です。そして、なずなちゃんは弟夫婦の子供です。それをなぜ引き取って育てているかというと、弟の亮二は海外ツアー添乗の後、下見で出かけたドイツの地方都市で大腿骨骨折の大怪我をして現地の病院に入院中、妻の明世さんはウイルス性感染症に肺や目の異常も重なって入院中という事情があるからです。

主人公が在宅勤務にかえてもらって、子育てをしながら周りの人達と関わっていく様子が綴られているのですが、久しぶりにミステリー以外の本を読んで、ほんわかした気分になっています。

なずなちゃんの身体から発散するミルクのような甘い香りのイメージを鼻に感じます。赤ちゃん独特の質感も手に取るようにわかります。

なずなというのは、言わずと知れたぺんぺん草のことですが、「撫でたいくらいの菜」だから「撫で菜」になって、これが転じて「なずな」になったという命名の由来も紹介されています。

昔読んだ純文学の世界のようだなと思ってネット検索してみたら著者の堀江敏幸さんは芥川賞作家でした。この「なずな」でも伊藤整文学賞を受賞されていました。それと知らずに読み始めましたが、やっぱり良いものは良いですね。




共通テーマ:趣味・カルチャー

生涯大学校OBのクラス食事会に参加しました [生涯大学校]

生涯大学校を卒業して1年になりますが、幹事さんの肝いりでクラスの食事会が開催されました。
会場は隣の市にある中華料理店でした。

RcSFwKMYz6BxvHK1364973327_1364973800.png
《参加者を待つテーブルと椅子たち》

26名のクラスメイトのうち18名が参加してくれて賑やかに食事と歓談をしました。

RIMG1436.JPG

食事も終わりに近づいてデザートが出る頃になると、店の方が楽器の演奏をしてくれました。

RIMG1438.JPG

二胡とシンセサイザーの合奏です。
「さくらさくら」と「さくら(独唱)」と「いい日旅立ち」と、最後に「夜来香(えいらいしゃん)」を演奏してくださいました。
生演奏まで聴けるとは思っていなかったので得をした気分です。


共通テーマ:趣味・カルチャー

ストーリーづくり遊び(Storytelling play) [遊び]

reizanは空想遊びが好きです。
といっても自分自身のかなわない夢を、さも叶ったかのように想像するのではありません。そんなのは悲しすぎます。

どちらかというと脳の活性化になるのかなと思いながら「ストーリーを想像する」遊びをしています。適当な題材が見つかったらそれにまつわるストーリーを想像するのです。

下の写真は、趣味の尺八サークルが練習会場に使わせてもらっている公的施設の忘れ物です。忘れ物は6か月間ガラスのショーケースに入れて施設利用者に公開されます。

普通の忘れ物(例えば、雨上がりの傘の忘れ物)の場合は想像の意欲が湧きません。でも、この忘れ物は想像の意欲をかきたててくれました。

RIMG1393.JPG

忘れ物は、女性用の革靴です。ウォーキングシューズと呼ばれるカジュアルなものです。

なぜこの忘れ物に惹かれるかというと、普通はありえない忘れ物だからです。

忘れ物をした場所は茶室です。茶室といえば畳ですから靴を脱ぐことはあると思います。でも、靴を履かずにどうやって帰ったのだろうと考えると不思議です。

そこで、ストーリーを想像するのです。

例えば、茶室で殺人事件があって被害者はこの靴の持ち主。犯人は死体をキャスター付きのゴミ容器かなにかに入れて運び出し靴が放置されたままになった。

このように屁理屈でも良いから靴を置いて帰ることになった経緯をできるだけたくさん考えて遊びます。何の役にも立ちませんが時間つぶしにはなります。

忘れ物といえば、図書館でreizanの忘れ物を預かっているという連絡を受けました。心当たりがなかったのですが行ってみたら、忘れ物はreizanの血液検査のデータシートでした。
なぜそこにあるのか全く心当たりがありません。自分自身のことになると遊び心がなくなってストーリーが浮かんでこないものだということを実感しました。 


共通テーマ:趣味・カルチャー

この音とまれ! [和楽器]

ジャンプSQ(スクエア)という雑誌に大好評連載中のアミューさんの漫画「この音とまれ!」は高校の箏曲部を舞台にしているようです。

漫画雑誌はどうもという方には、コミック本も出ているようですので「この音とまれ!」だけを愉しむこともできます。
話の概略はWikipediaのここで確認することができます。

「のだめカンタービレ」のようにテレビドラマ化されると音が付くので、一層リアルに作品を楽しむことができるのですが、誰かやってくれないかな。

若い人達がこのマンガを見て和楽器に興味を持ってくれると嬉しいです。

共通テーマ:趣味・カルチャー

我孫子に安い定食屋さんが [B級グルメ]

我孫子には尺八レッスンを受けるために月に一度通っていますが、唇のしっとり感をアップするためいつも我孫子駅ホームの唐揚げそば(360円)を食べてから先生のお宅に伺っています。

ところが、そのパターンが変わりそうな情報がありました。

駅を出てすぐのところに安い定食屋さんがあるという情報です。定食が290円とか390円で食べられるらしいです。
「コ・ビアン」さんという名前です。

「食べログ」を見ると、開店40周年記念で
カレーライス 290円
チキンカツ定食 290円
チキンカツカレー 390円
という看板の写真がありました。

コ・ビアン.jpg
《食べログより》

記念期間が終わったら値段が変わるのかと思ったら、現在で開店47年だそうです。ずっと続けている価格のようです。

料理の写真を見るとボリウムがちょっと少ないかなという感じですが、代謝の衰えた老人にはちょうど良いと思います。

こんな価格で損をしないかと思ったら、原価率は20%程度で、しっかり利益をとっているそうです。

洋風の建物も素敵です。試しに、レッスンのときに一度行ってみようと思います。カレーを食べたあとは尺八が吹きにくそうなので、食べるとしたらチキンカツ定食でしょうか。 

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

葡萄と胡桃入りのパン [B級グルメ]

久しぶりにスーパーでパンのコーナーを覗いたら新種のパンがありました。

RIMG1442.JPG

名前はそのものずばり「ぶどうくるみぱん」です。

これの姉妹品にあたる「ぶどうぱん」については、建築配管の勉強をした時の同級生にパンというとこれしか食べない人がいたことを報告したことがありますが、レーズンだけでなく胡桃も入っているとなると、どちらもreizanの好物ですから食べないわけにはいきません。

http://b-log-b-log.blog.so-net.ne.jp/archive/20100502 思い出のぶどうぱん 2010/5/2

さて、「ぶどうくるみぱん」の感想ですが、値段相応でした。reizanとしては多少高くても葡萄と胡桃が3倍ぐらい入っていても良いかなと思いました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「雨降りお月」の尺八譜を作ってみました [尺八演奏]

Excelで尺八譜を作れるようになって、「八重衣」の小節線なし譜を作っていますが8ページのうち4ページまで進みました。
実際の作業時間から計算すると、仕事として作るのだったら2、3日でできそうですが、気が向いた時に少しずつ進めているのでもう少しかかりそうです。

ちょっと息抜きで、「雨降りお月」の尺八譜を作ってみました。

雨降り都山.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

雨降り琴古.jpg
《新記譜法による琴古譜》

「雨降りお月さん」というタイトルで覚えている人が多いと思いますが、現在知られている曲は敬称がなくて、単に「雨降りお月」です。

1番の歌詞は思い出し歌いで最後まで歌える方が多いと思いますが、2番はどうでしょう?
結構メロディが難しいですよ。reizanは尺八譜を見れば吹けますが歌えません。

「雨降りお月」という曲は、1番と2番のメロディーが違うことで有名です。
普通の唱歌は1番のメロディー譜だけを書いてあとはリピート記号で済むのですが、この曲はそうはいきません。
尺八譜に馴染みにない方も1番と2番を比較しながら見ていただくと、出だしから違っていることに気づかれると思います。

なぜこんな難しいことになっているかというと、実は、1番と2番は別の詩だったのです。1番は「雨降りお月さん」、2番は「雲の蔭」。二つはアクセントの違っているところがありましたので、作曲家の中山晋平さんが別々のメロディーをつけたということです。

唱歌集を選ぶときに、この「雨降りお月」は良い判断材料になります。メロディーは1番だけで、五線譜以外に2番までの歌詞を載せているのは△です。
reizanが見つけた例では、1番だけの五線譜の音符の下に1番と2番の歌詞が印刷されているものがありました。これは明らかに間違いですから×です。

文化庁編「親子で歌いつごう日本の歌百選」(2,000円+税)には2番のメロディーまで全部載っています。でもこの本は絶版になったみたいでAmazonの中古本が4,499円~9,800円もします。

親子で.jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

ノンフライヤーがなくても [料理の勉強]

巷で話題の油を使わずに揚げ物をつくる「ノンフライヤー」のテレビのCMを見ていて違和感のセンサーが働きました。
物を増やしてどうするのだろうと思いました。

CMで作っている唐揚げは、reizanが作っている「焼き唐揚げ」にそっくりです。つまり物を増やさなくてもできるということです。
焼き唐揚げはガスレンジの魚焼きグリルを使えば簡単にできます。

テレビショッピングで紹介されているものは一見便利そうですが、便利さと引き換えに部屋の中を雑然とさせる元凶にもなりかねない危うさを持っています。

数種類のカッターをセットにしたもののCMもよく見かけますが本当にいるのかなと思います。よく切れる包丁があれば大概のことはできますし、プロの料理人ではないのですから包丁でできないようなことには手を出さないということで徹すれば台所はすっきりします。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

「ビッグダース手づくりキット」を初めて見ました [お菓子]

近所のスーパーを覗いたら、「ビッグダース手づくりキット」というのが売られていました。

ビッグダース手づくりキット.jpg
《イメージ》

常時、冷蔵庫の冷凍室でダースを凍らせているreizanですからちょっと気になりました。

「ダース120粒分」という文字が目に飛び込んできました。
先ずは損得計算からです。120粒分というと普通のダース10箱分になります。最寄駅の商店街にできた菓子の安売り店で1箱59円で売られていますから10箱分の590円より高いか安いかが判断の基準になります。

そのスーパーでは598円で売られていましたのでお得感はありません。120粒分をどうやって食べるかを考えたらもう身体に悪そうなので、結局買わないことにしました。

だから箱の中がどうなっているのか知る由もありませんでしたが、YouTubeに手づくりの様子を紹介している方がいらっしゃいました。

https://www.youtube.com/watch?v=R708o7d2uUg 超巨大なダースを作ってみた!

reizanはダースが10箱入っているものと思っていましたが、ダースは三種類が1個ずつ入っていて980円だったそうです。大半が型代ということみたいです。ジョーク以外の何者でもない商品でした。買わなくて良かったと思いました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

年齢を感じさせられる書類が届きました [番外]

昭和23年生まれのreizanは今年で65歳になります。それも4月の早い日付ですので実際は「なりました」です。

これからは高齢者の立場を謳歌しようと思いルンルン気分で喜んでおりましたが、市役所から年齢を自覚させられる無粋な書類が届いて急に老け込んだような気がします。

国民健康保険の保険料の通知かと思ったのですが、届いたのは介護保険の被保険者証でした。


介護保険証2.jpg

こんなものを貰うとは思っていなかったのでちょっとショックです。さらにショックの追い討ちをかけるような文書が入っていました。

介護案内_0001.jpg

それは最後の2行です。「なお、介護保険料を納めるための納入通知書(納付書)は後日郵送します。」と書いてあります。お金を取られる話です。今まで国民健康保険の保険税と一緒に徴収されていた「介護納付金税」がこれに替わるのだと思いますが、今までの「後期高齢者等支援金税」がどうなるのかも気にかかるところです。

難しいことはさておいて、兎に角、今までよりも増えなければありがたいです。

介護案内_0007.jpg
自分がどの保険料ランクに入るのか不明で中途半端に不安を煽る通知です。願わくば第1段階に認定されたいのですが多分叶えてくれないと思います。

これ以外に、介護保険を受けるときの手順を紹介した文書も入っていました。

介護案内_0004.jpg

介護案内_0005.jpg






共通テーマ:趣味・カルチャー

老人クラブの総会・懇親会・演芸会 [地域活動]

reizanが所属している地域の老人クラブの総会・懇親会・演芸会に出席しました。

今回が15回目の総会です。今までの延会員数が130数名で、現在会員が80名だそうです。
年寄りの集まりですから亡くなった方もおられますが、14年間の間に50名も亡くなられたわけではありません。高齢になって子供さんと同居するために引っ越した方などもあるそうです。

総会では事業・決算報告、役員改選、事業計画・予算承認が粛々と進められました。reizanの関心事は今年度の事業予定です。

RIMG1449 パノラマ写真.jpg

今年度もいろいろな事業を計画していただけるようで楽しみです。

総会のあとは幕の内弁当を食べながら懇親会です。今は珍しくなった瓶ビールもいただきました。

そのあとは演芸会です。reizanは尺八で「青い山脈」を吹きました。藤山一郎さんの歌を流しながら尺八で伴奏するという演出の予定だったのですが、準備の段階でちょっとつまずきました。

藤山さんのキーに合わせるためには2尺4寸管か1尺2寸管でなければなりませんがどちらも持っていません。
藤山さんの歌を機械的に4律下げたら1尺6寸管で合わせられますのでやってみたら、美声がおっさんの声になってしまって興ざめでした。

手持ちの塩ビ管尺八の最短が1尺4寸ですので、2律下げてこれで演奏しました。

いつも踊りを見せてくれる女性会員の方たちは今回も艶やかでした。

RIMG1454.JPG

RIMG1456.JPG

この他に、ハーモニカ演奏と民謡とカラオケの出し物がありました。

最後は全員で、「ボケない小唄」と東日本大震災復興支援ソングの「花は咲く」を歌ってお開きになりました。

ボケない小唄.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

1番の歌詞はreizanのことを歌われているみたいでドキッとしました。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

手づくり快眠まくら [お気に入り]

これが、現在のreizanの枕です。

RIMG1464.JPG


ストレート首というのを知ってから、reizanの首もそれらしいと思うようになりました。
症状としては、首の張り・しつこい肩こりです。

本来は後ろにカーブしているはずの頚椎が真っ直ぐになっているのがストレート首です。これになると重い頭を不自然なかたちで支えることになります。そのため首の筋が張ったり、そこにつながっている肩がこったりします。

枕の高さについてはこれまでに実験を重ねて、浴室用の低反発マットにタオル1枚を被せた高さがちょうど良いことを確認しています。これだけでも以前の市販の枕よりも随分楽になったのですが、肩と後頭部が布団・枕と接していて首の部分は宙に浮いた形になっていますので、一晩中ブリッジ体操をしているような状態になっていました。

そこで、首を支えるものを入れてやれば良いのではと思い、バスタオルをくるくる巻いて首の支えを作りました。
方向を変えて見るとこんな感じです。

RIMG1466.JPG

このバスタオルを巻いた部分に首を乗せます。 きれいな円柱形に巻いていても首の形に変形して自然に馴染んでくれます。

昔、このような形の枕を買って使っていたことがありましたが、それはガチガチに形が決まっていて適度に変形してくれるということがなかったので結構疲れる枕でした。

今回の枕に変えたら一晩でいい感じに張りやこりが取れて、今では以前の不快感がどんな感じだったか忘れてしまったほどです。

 



共通テーマ:趣味・カルチャー

冷凍室のダース [お菓子]

脳がブドウ糖を欲しがっているなと思った時に、ダースを一粒食べると即効性があるような気がして買い置きをしています。

その置き場所が、実は冷蔵庫の冷凍室なんです。

RIMG1470.JPG

専用のエリアを作って大切に扱っています。

RIMG1469.JPG

冷凍室に入れてもガチガチに凍りつくことはありません。普通に食べるよりもちょっと硬さが増す程度です。

では、何を期待してこのようなことをしているかというと、口溶けを抑えるためです。室温に置かれたものは体温の影響で口の中に入れてしばらくすると若干溶けてきますが、それを極力抑えてやるのが目的です。口の中にいつまでも甘ったるさが残ることがないようにしているわけです。

でも、これは好みの問題で万人向けということではないと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

レコーディング・ダイエット [番外]

一時ブームになったレコーディング・ダイエットを続けています。

現在は、パソコン上にExcelの表を作って食べたものを記録するようにしています。

今日の献立.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

それに、体重も記録するようにしています。あと、血圧も記録できるようにしようと思っています。

これをつけていると間食をセーブする力が働きます。これだけ食べているから次の食事まで我慢しようという気になります。

ただ、reizan自身にひとつだけ問題があります。
食事が終わって記録をしようとしたら今食べたものを思い出せないということがあるのです。

流石に食事をしたかどうかは忘れませんし、ご飯を食べたのかパンを食べたのかぐらいは覚えていますが、おかずのうちのひと品ふた品が思い出せないことがあるのです。

それを思い出しながら入力するのですが、どうしても思い出せないときは家人に聞きます。そうするとボケが始まっていると冷やかされます。レコーディング・ダイエットもなかなか大変です。
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ソーラー電波腕時計も針の駆動はアナログ? [番外]

reizanは整然としていることが好きです。美術館で絵画が歪んでいたりすると微妙な違いでも違和感を感じてしまいます。

こんな性格ですから時計も正確なものが一番です。若い頃は月差15秒とかに感激していましたが、今は電波時計のおかげで修正の必要がないぐらい正確になっていますから、室内時計も腕時計も電波時計にしました。

ところが、腕時計が狂っています。電波の受信状態が悪いのかと思って確認してみたら、受信良好です。

普段は曜日と日にちを表示させている液晶画面に時刻を表示させることができますので、これを表示して針の表示と比べたら針の方が22秒も遅れています。

RIMG1468.JPG

デジタル表示は4時50分になったばかりですが、針の方は4時49分38秒です。

考えてみたら、針そのものがアナログですし、針を駆動するモーターやギヤもアナログですから、当たり前のことかもしれません。
電波時計と言われると正確だろうと思ってしまいますが、案外落とし穴があることを身をもって学びました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

地元三曲協会の総会 [三曲]

reizanが所属している地元の三曲協会の総会がありました。
メインは11月3日の定例演奏会のことです。演奏順のクジでreizanは21曲中17番目を引き当てました。

そのほかに会長から、設立20周年を記念して27年3月にビッグゲストを招いて記念演奏会を開催するとのお話がありました。
ゲストの方たちの名前はあかせませんが、東京でもこの方たちの組み合わせはほとんど聞いたことがないぐらい豪華なゲストです。地元三曲協会のメンバーとの共演もあるようですから楽しみです。

2年も先の話ですからしっかり長生きしようと思います。

総会のあとは送迎バスに乗って有名なスポーツ施設のメインの建物にあるレストランで懇親会です。

RIMG1461.JPG

料理は美味しかったのですが、施設に関して一つだけ呆れたことがありました。

我々が食事をするのは建物の2階です。

RIMG1463.JPG

この階段を上がって奥に入ったところが今回の食事会場です。

メンバーの中に腰を痛めて歩くのに難儀している方がおられたので、エレベータを見つけて教えてあげたら、この施設をよく知っている人が、そのエレベータはダメだと教えてくれました。

RIMG1462.JPG
《2基のエレベータドア》

上階のホテル宿泊者専用で、部屋のカードキーがないとエレベータが動かせないというのです。防犯上はそれで良いと思いますが、レストラン利用者はどうすれば良いのでしょうか。
その方は仲間に支えらながらぎこちない歩みで階段を上っていきましたが、車椅子のお客さんだったら絶対に無理です。

外国を含む有名アスリートが大試合前の調整に使う名の知れた施設の建物なのですが、かなり配慮が足りないと思いまいた。


共通テーマ:趣味・カルチャー

歯ブラシは使用前に調整します [アイデア]

reizanの使っている歯ブラシは1本98円の安物ですが、これが一番気に入っています。コンパクトサイズでかためのブラシです。安いから毎月一日に新しいものに取り替えています。

RIMG1472.JPG

買ったままのブラシはこんな状態です。

RIMG1474.JPG

多分、自分の使い方が悪いせいだと思いますが、使っているうちに毛先が曲がって使うたびに口内の同じところに刺さり化膿することがあります。それもブラシを替えるごとに同じ箇所が悪くなります。

最初からその部分だけ切り取っておけば毛先が曲がることも刺さることもないと考え、こういう風にカットしてから使っています。

RIMG1476.JPG

この加工をするようにしてから口内炎になることもなくなり快適な歯磨きをしています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

京都まで、日本一のパンを買いに行ってきました [B級グルメ]

京都まで、日本一のパンを買いに行ってきましたというのは本当ですが、それだけが目的ではありません。

前回、京都に行ったのは昨年の10月でしたが、ネットサーフィンをしていた家人が、東京・京都往復「のぞみ」利用、リーガロイヤルホテル京都4泊5日が一人37,200円(二人申込が条件)というのを見つけて、本当に行くことになってしまいました。

東京・京都往復の新幹線料金が25,420円ですから、単純計算をすると一泊あたり2,945円ということになります。

行きは東京駅12:00発「のぞみ227号」でした。

切符_0001.jpg

東京駅には1時間早く着いて、大丸で昼食の買い物をしました。最近は、「鉄次のたいやき」と「高菜巻き」にパターンが固定しています。

 RIMG1480.JPG
《高菜巻きの包装》

RIMG1481.JPG

2、3年前は、古漬けと新漬けの高菜巻き寿司2本とたいやきを食べていたのですが、高齢者になると高菜巻きのおにぎり1個とたいやきで十分過ぎるぐらいです。

家人は別ルートだったので京都で落ち合って、最初の目的地のパン屋さんに行きました。

京都駅から奈良線に乗って黄檗駅(片道230円)で降り、駅を出たら線路沿いの細い道を歩いて、最初の踏切を渡って突き当りを右折すると店の看板が見えます。店の名前は「たま木亭」さんです。

日本一というのは「食べログ」のパンランキングのことです。この記事を書いているときは5位になっていましたが、1位になったことがあります。クチコミの数は圧倒的で他店を凌駕しています。
RIMG1483.JPG

間口の狭い店ですが奥行も狭くて、お客さんが10人も入ると身動きできません。

RIMG1484.JPG
《左が陳列棚、白い服の人の後ろがレジ》

だから、ガラス戸にこんな貼り紙がしてあります。

RIMG1485.JPG

この文言は見栄やハッタリでなく、本当にこの通りにしないと中は満員電車状態になって買い物もできなくなります。
こんなに小さな店なのに近くに二か所の駐車場を持っていて警備員さんが常駐して誘導してくれているそうです。

さて、reizanたちの買い物ですが、下の写真のパンとあと1個クリームパンを買いました。(クリームパンは写真を撮る前に食べてしまいました。)

RIMG1486.JPG

以下は、1個ずつのアップです。

RIMG1487.JPG
《レストランテ・フリュイ 399円》

RIMG1488.JPG
《パン・リュスティック》

RIMG1494.JPG
《和栗パン》

RIMG1489.JPG
《堅焼きバター》

RIMG1490.JPG

RIMG1491.JPG
《山栗ショコラ 210円》

RIMG1492.JPG
《オレンジーナン》

RIMG1493.JPG
《カレーパン》

翌々日、ホテルで見た京都新聞にこのパン屋さんのことが載っていました。

たまの木.jpg

 

 

たま木亭.jpg


共通テーマ:趣味・カルチャー

ベニシアさんとその友だち(京都旅行の続き) [テレビ番組]

今回の京都旅行第一日目は、日本一美味しいパン屋さんの「たま木亭」を訪ねた後、京都駅に戻ってホテルにチェックインし、身軽になってから地下鉄烏丸線に乗り換え四条駅近くの大丸で開催されている「ベニシアと仲間達展」を見に行きました。

ベニシアさんという方は、BSプレミアムの「猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし」(2013年4月からはEテレで放送。)の主人公です。

NHK「わたしのアイデアガーデニングコンテスト」のガーデニング部門で1位入賞されてからこの番組ができました。

地下鉄四条駅から続く地下通路を通って大丸の地階に入るところで大型画面の案内広告が迎えてくれました。

RIMG1496.JPG

6階の会場にはテレビで見たことのあるベニシアさんの道具類や、ベニシアさんとそのお仲間たちの写真や作品が展示されていて懐かしい感じがしました。

下の2枚は会場入口でいただいたリーフレットです。

ベニシア_0001.JPG
《表面》

ベニシア_0002.JPG
《裏面》

自分用に「一筆箋」を買いました。

ベニシア一筆箋.jpg

ホテルに帰るため会場を出て地階に降りたら、目の前の平台で「筍寿司」と瀬戸内海の「じゃこ天」を売っていましたのでこれを買って帰って夕食にしました。

筍寿司はまあまあでしたが、一枚しか買わなかったじゃこ天が美味しくてもっと買っておけばよかったと思いました。




共通テーマ:趣味・カルチャー

「赤色エレジー」のルーツは「荒城の月」? [音楽鑑賞]

昔、あがた森魚さんが歌う「赤色エレジー」という曲が世の中に出てきた時に、大正浪漫を思わせる懐かしさ(歌詞の中では昭和4年)を感じ、どこかで聞いたようなメロディーだと思いましたがそのまま忘れておりました。

赤色エレジー.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

それが、趣味の民謡尺八サークルのために「荒城の月」の裏吹き(5律下に移調したもの)の音譜を作っていて、もしかしたら「赤色エレジー」の元歌は「荒城の月」ではと思うことになりました。

荒城の月.jpg
《裏吹き、写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

元歌.jpg

③が今回作成した「荒城の月」の音符の最初の4小節です。これをリズムを変えながら④の甲乙で吹いていたら①の「赤色エレジー」になってしまいました。

四分の四拍子の2拍分を3連符2拍に置き換えて(⑤)吹くと、最初の2小節は「ロオロ・レエチ・ハアチ・レエエ」となり、「赤色エレジー」そのものです。

音域.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

三連符.jpg

あとの2小節は入れ手の関係で異なっているように見えますが、使われている音を比べてみるとこれもほとんど同じだということがわかります。

一般には②の「あざみの歌」に似ているということで、作曲者名もレコード会社の判断であざみの歌の作曲者名になっています。
①と②の譜を比べてみると、確かに拍子が同じ、リズムも同じです。でも違う音が二つあります。
①と③の場合は、拍子、リズムは違いますが、音高はほぼ同じです。

あざみの歌.jpg

ということは、年代順からいくと「荒城の月」が最初にできて、それにインスパイア(inspire)されて「あざみの歌」ができ、その両方を聴いて育った、あがた少年が「赤色エレジー」を作ったということかもしれません。

ベートヴェンのピアノ曲「エリーゼのために」をアレンジして「情熱の花」や「キッスは目にして」などのヒット曲が生まれていますので、案外、古い曲を崩して吹いていると意外なところで名曲が生まれてくるかもしれません。



共通テーマ:趣味・カルチャー

道具の仕立 [大工の勉強]

冬の間木工作業から遠のいていましたが、気候もよくなってきたのでアイドリングのつもりで図書館で木工関連図書を借りたらこれが大当たりでした。

美術出版社の新技法シリーズの一冊、秋岡芳夫著「木工(道具の仕立)」がそれです。

道具の仕立_0001.jpg

どういう内容かというと、木工好きの素人さん(大工ではない)が、木工道具を使えるようにするために道具を仕立てていく過程を解説している専門書です。
素人なのにプロでもめったに使わないような超高級な仕上げ砥石を揃えたり、治具を考えたりされていますが、その背景には、「素人だからこそ道具の良さに頼り、素人だからこそよりよく道具を仕立てる必要がある」という考えがあってのことです。

木工道具(いわゆる大工道具)をホームセンターなどで買ってきてそのまま使うのは、シロウトの前にドが付きます。
使い勝手をよくするために自分用に仕立てていかなければ良い工作はできません。その要領が詳しく説明されています。

「道具の仕立」の章の冒頭にその本質が説かれています。

道具の仕立.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

プロになる人は親方について10年も20年もかけて一人前になっていくのですが、一年学校で学んだぐらいでは素人の域を出ません。だからこの本は本当に貴重です。

内容は主に木工道具の紹介と以下に示す仕立て方の説明で構成されています。

道具の仕立_0003.JPG
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

本当に良い本なので自分でも持っておきたいのですが絶版になっています。
Amazonで中古本が購入できるのですがとんでもない値段になっています

元の1,800円だったら買ったと思うのですが、ちょっと手が出ませんので図書館の蔵書をあてにしようと思います。

道具の仕立_0002.jpg
《裏表紙》

ただ一つ問題点は、貸出しのない本は知らぬ間にリサイクル本として希望者に無償で払い下げられてしまうことがあるので注意が必要です。最低、年に一回ぐらいは借りないといけないかもしれません。



共通テーマ:趣味・カルチャー

「CANTUS ANIMAE」のコーラスを聴きに行きました [音楽鑑賞]

よく知っている人から案内を受けて第一生命ホールまで「CANTUS ANIMAE」のコーラスを聴きに行ってきました。

CANTUS ANIMAE チケット.jpg
《チケット半券》

第一生命ホールというのは勝鬨橋からすぐの晴海トリトンスクエア内にあるクラシック向きの中ホールです。

RIMG1632 パノラマ写真.jpg
《ホワイエから見た景色》

CANTUS ANIMAEは全日本合唱コンクールの常勝グループですから、美しいハーモニーでいつも夢の中にいるような気分にさせてくれます。

CANTUS ANIMAE_0001.jpg
《プログラムの表紙》

CANTUS ANIMAE_0003.jpg
《裏表紙》

RIMG1638.JPG
《客席に入ってくる人々》

今回は「師弟」というテーマで師弟関係の中で受け継がれたものを、師匠:廣瀬量平、弟子:秋徹と師匠:三善晃、弟子:新見徳英の各氏の曲で辿ろうという趣旨です。

CANTUS ANIMAE_0002.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

2曲目の秋透さんの「野の花の色」は初演です。ピアノ伴奏が超絶技巧の聴き応えのある曲でしたが、ピアノの平林知子さんは何事もないようにさらりと弾きこなしておられました。

ピアノの平林さんとはあるパーティーの余興で合奏をしたことがありまして、直前のリハーサルの時にちょっとお話もさせていただいたのですが、reizanの下手な尺八も快く受け入れて下さり偉ぶることもなく接していただいたことが印象に残っています。

合唱は期待を裏切ることなく素晴らしかったのですが。最高音量のときに音が割れたように聞こえたのが気になりました。
reizanの席は一階後部中央で、コーラスの人たちと相対する位置で聴いていました。(座席表の赤丸印)
安いオーディオ装置でボリウムを上げた時に音が割れるような感じです。折角盛り上がって至高のひとときを迎える時に音割れとは残念です。

RIMG1631.JPG

音楽会のプログラムには関係者の演奏会のチラシがどっさり入っていますが、その中に気になるのがありました。

CANTUS ANIMAE_0004.jpg
《写真クリックで拡大、「←」クリックで戻る》

「黒いゴムマリのうた」というのは芥川賞作家で詩人でエッセイストの故吉行理恵さんの詩です。これを聴いてみたいのですが仙台はちょっと遠すぎます。

吉行理恵さんは吉行三兄妹のお一人です。兄が芥川賞作家の故吉行淳之介さん、その妹が女優の吉行和子さん、その下の妹が吉行理恵さんです。三兄妹もすごいですが、そのお母様があのNHk連続テレビ小説「あぐり」のモデルになった吉行あぐりさんということに感嘆してしまいます。

そういえば、千住三兄妹もすごいと思います。長兄の千住博さんは日本を代表する画家、作曲家・編曲家の千住明さん、バイオリニストの千住真理子さん、そしてお父様は有名な工学者の故千住鎮雄さんです。
千住鎮雄さんの「やさしい経済性工学のはなし-損得計算の目安」という著書は、その後のreizanの生き方に大きな影響を与えてくれました。たくさんの事例があって、それぞれの事例は損をしているのか得をしているのかということを考えさせられ、そこから損得の見方が変わって本当の損得が見えるようになりカリカリしなくなったような気がします。

名著ですがほとんどの図書館に蔵書がなく、読もうと思ったら
中古本しかありませんがそれもかなり高額になっています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

我孫子のレストランで290円のランチをいただきました [B級グルメ]

テレビで紹介されて、いつか行こうと思っていた我孫子市の「コ・ビアン」さんというレストランに行ってきました。(ここ

RIMG1641.JPG
《左側の外観》

RIMG1643.JPG
《右側の外観》

おしゃれなペンション風の建物で客単価が高そうです。内装も木をふんだんに使って雰囲気があります。

RIMG1646.JPG

でも、それほど高くなさそうです。

RIMG1642.JPG

390円の定食というのがありますが、reizanはもっと安い40周年記念の290円(税込304円)のチキンカツ定食をいただきました。(すでに47年になっているのに続けているそうです。)

foodpic3439709.jpg

ご飯、チキンカツ、野菜サラダ、しば漬け、味噌汁(スープのように見えますが味噌汁でした。)で少食のreizanにはちょうど良い量でした。

他のお客さんは日替わり盛り合わせランチ800円(税込840円)目当ての方が多いようですが、この日はハンバーグとチキンカツと何かのムニエルがメインのおかずです。見栄を張ってこれを頼んだりしたら残飯をたくさん出すところでした。
reizanのお腹は安上がりです。

勤務時代のくせで施設のトイレが気になるreizanですからここでも覗いてみましたら、なんと、TOTOのネオレストという最高級の便器が設置されていました。

RIMG1644.JPG

なんだかオーナーさんの道楽でやっている店のような感じですが、290円の定食でも原価率は21%(61円)程度なのでちゃんと利益が出ているそうです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

山賊焼きを作ってみました [B級グルメ]

料理の勉強をしていると食材や調理器具に好き嫌いが出てきます。それだけ相手のことがわかってきた結果だと思います。

鍋の数は売るほどありますが、いつも使っているのは3つですし、フライパンは大小の2つです。
食材に関しても、例えば肉の場合は、鶏、豚の順に好きです。

牛肉にはあまり興味がありません。何故かというと牛肉は元々食感が良く美味しくなるようにできているから、ニンニクと塩コショウさえあれば誰でもそこそこのものができるので面白味に欠けます。

しかし、鶏肉や豚肉は調理しだいで旨くも不味くもなります。努力しただけ報われるというところが好きです。特に鶏むね肉は調理する人の腕次第でパサパサになるか柔らかく美味しくなるかの差が大きいのでチャレンジのしがいがあります。

ある施設のロビーで備え付けの雑誌に目を通していたら「山賊焼き」というのが紹介されていました。「山賊焼き」には2種類あるそうですが、雑誌では長野の方が紹介されていました。

これをヒントに自分なりのアレンジを加えて作ってみたら大好評で、普段の倍の量を作って翌日の弁当にも使おうと思っていたのが、その日のうちにほとんどなくなってしまいました。
焼きという名がついていますが、実際は揚げていることが多く、唐揚げの大きいのという感じです。reizanはまだ揚げ物をしたことがりませんのでフライパンで文字通り焼きました。

備忘のためにレシピを残しておきます。(最初の材料から卵白を除きました。)
むね肉を使っているのは出来栄えの違いがわかりやすいからです。それに、もも肉を使わなくてもそれ以上の柔らかさを出すのは簡単です。

foodpic3435476.jpg

「山賊焼き」のレシピ
材料

  • 鶏むね肉       2枚(400~500g)
  • ☆おろし生姜       大さじ2
  • ☆おろしニンニク     大さじ1
  • ☆砂糖         大さじ1
  • ☆本味醂       大さじ1
  • ☆日本酒       大さじ1
  • ☆醤油         大さじ2
  • ☆白だし        小さじ1
  • ☆だし入り味噌    小さじ2
  • 片栗粉         適量
  • ごま油         小さじ1
作り方
  1. 大きいまま作るときは、鶏むね肉の身の方から包丁を入れ観音開きに開いて肉厚を揃える。
    見た目の豪快さが不要なら開いたあとから食べやすい大きに切っておく。
  2. 肉にタレがしみ込みやすくなるように、数箇所、適当にフォークの先を刺して小穴を開けておく。
  3. 大き目のボウルに☆印を入れ、そこに肉を入れてかき混ぜ、30分間放置する。
  4. バットに、餅とり粉を撒く要領で片栗粉を満遍なく散らしておく。
  5. 肉をトングでつまみ、菜箸で挟みながら表面のタレを軽くしごき落とす。
  6. 肉の両面に片栗粉をまぶし、別のバットに並べる。
  7. 一通り終わったら、最初の分からもう一度片栗粉をまぶす。(つまり2度掛けする。)
  8. 火力は中火の強ぐらいにしてフライパンでゴマ油を温め、香りが立ってきたら鶏むね肉の皮を下にして入れ、焦げ目をつける。(目安は3分ぐらい)
  9. しっかり焦げ目がついたら裏返し、蓋をして、中火の弱ぐらいで焦げ目がつくまで焼く。(これも目安は3分ぐらい)
  10. 全体にパリッと焼き目が付いたら余分な油を拭き取り、弱火にして、ボウルに残っているタレを肉の上から回し掛け、からめる。
  11. 適当に照りがついたら火を止め、蓋をして1分間余熱で温めたら出来上がり。
reizanレシピの山賊焼きを、「これは、もも肉で作りました。」といってもほとんど疑われないと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

京都のホテルでも特製まくらを使いました(京都旅行の続き) [観光]

今回の京都旅行ではリーガロイヤルホテル京都に4泊しました。

初日の夜は備え付けの羽毛枕2個のうちの1個を使って寝たのですが、夜中に枕が合わないことが気になって目が覚めてしまいました。

どうしたものかと思いましたが、浴室のバスタオルが乾いていたのでこれで枕を作って寝たら朝までぐっすり休めました。

RIMG1497.JPG

ところが、翌日、外出して夕方に戻ったらルームメイクの方がすっかり片付けてくれていてバスタオルの枕もなくなっていました。

バスタオルを巻くだけですから特製枕を作るのは簡単なのですが、入浴に使ったバスタオルが乾くまで待っていると就寝が遅くなります。
そこで、担当の方にメモ書きを残して外出しました。
 
メモの出だしはルームメイクに対する御礼からです。そして、自分にはバスタオルの枕が一番楽なことを訴え、そのままにしておいていただくようお願いしました。
 
そしたら、その晩からチェクアウトするまで特製枕をあつかわずにベッドメイクしてくださいました。 
お陰で毎晩快眠することができました。

気づいたのですが、寝るときに支えるポイントはと、それからです。
脚と腰と肩は敷布団で支えられます。

問題は、首と頭です。
枕なしで寝た時に肩と後頭部は布団に接していますが首は空中に浮いています。だからここには必ず支え(バスタオルを巻いている部分)が必要になります。

では後頭部はどうかというと、気道確保が一番楽な角度に調整すれば良いわけです。
reizanの場合は、それが肩と同じ高さで良いので首の支えだけで良いのです。

しかし、後頭部はシーツに直に接しますのでタオル一枚でも敷いておいたほうが良いということで、写真の特製枕の形になりました。

目覚めた時に、首の張りや肩こりが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。reizanはこれで肩こり・首の張りが無くなりました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

どんぐりの背比べも頭の部分だけ比べれば差があって当たり前 [雑感]

最近、犬のお父さんが出てくるテレビCMでスマホの繋がりやすさがナンバーワンになったというのがありますが、これがよくわかりません。

http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=relay_30&caption=0 白戸家「リレートーク」篇

山手線のある駅のホームにも同じ趣旨の大きな広告がありました。

RIMG1647.JPG

太白線がその会社です。グラフのスタート時点で最下位だったものが見事1位になっています。

reizanはスマホを使っていないので、そもそもスマホの接続率というのがわかりませんが、この調査要領を見ても意味がある調査とは思えません。それをテレビを通じて視聴者に大々的に伝えるセンスてどうなんでしょう。

よく見てみるとこのグラフは、グラフを書く上でやってはいけないことをしています。
グラフのY軸目盛はX軸と交差する位置で”ゼロ”でなければならないのにそこには何も書かれず、目盛は97%と98%でたった1%そこそこの中での変化でしかないのに劇的に向上したように見せています。

RIMG1648.JPG

グラフの最終結果は、98.0%98.1%98.3%で、一般的にはほとんど同じで片付けられる範囲ですし、折れ線の経過を見る限り、いつ逆転現象が起こってもおかしくありません。

RIMG1649.JPG

こういうグラフの書き方は、恣意的な結論を押し付けるものだから絶対にやってはいけないと、昔、中学校の授業で教えられました。

本当に誤魔化すつもりがあるのかどうかわかりませんが、このCMが世の中に流れる前にSTOPがかからなかったという制作側の構造が不思議でなりません。


共通テーマ:趣味・カルチャー

花占い(京都旅行の続き) [観光]

京都旅行で日本一のパン屋(たま木亭)さんに行ったとき、JR奈良線黄檗駅のフェンスで囲まれた敷地内に怪しい花がありました。
もしかしてご禁制のケシではと思って、あとで調べるために写真を撮りました。

RIMG1601.JPG


RIMG1600.JPG

お辞儀をするように頭を垂れた蕾が毒々しい感じです。

でも帰宅してから調べてみたら、葉っぱの形から栽培が許されているヒナゲシだとわかりました。

ヒナゲシと言えば、アグネス・チャンさんの歌に、「おっかのうえヒナゲシの花で うーらなうのあのひとの心」というのがありますが、花びらを見るとどれも4枚です。「好き」から始めると必ず「嫌い」で終わりますし、「嫌い」から始めると「好き」で終わります。スタートをどちらにするかで希望通りの結果が出ます。

希望どおりの結果が出せる占いといえば、重松清さん(TVドラマ「とんび」の原作者)の「ドロップスは神さまの涙」(「気をつけ、礼。」 、文庫改題「せんせい」に所載)もそうです。

どちらも人の心を揺さぶる名作です。


共通テーマ:趣味・カルチャー

ステンレス・クリップ [アイデア]

これ、何だかわかりますか?

RIMG1654.JPG

同じものが二つあります。一つは正面を、もう一つは側面を見せています。

答えはタイトルにも出ていますが、「ステンレス・クリップ」です。

これが欲しいと思ったのですが文具店やホームセンターを訪ねても在庫があるかどうかもわかりません。そこでネット商店で買うことにしたのですが名称がわかりません。

最初は、「大型 クリップ」とか「ジャンボ クリップ」で検索したのですが表示される画像は「ゼムクリップ」が大半で他のものも目当てのものではありませんでした。

形はわかっているので、Googleの「画像検索」に誰かが画像を出してくれていれば名称がわかると思ってそちらを検索しましたら狙いどおり画像がありました。

クリップ.jpg

画像をクリックしてそのサイトに入っていったら名称もネット販売している店もわかりました。その店から購入したものが最初の写真のものです。

これを何に使うかというと、reizan特製の枕の固定用です。
最近はバスタオルを巻いて使っていましたが、折角、低反発の浴室マットがあるし、こちらのほうが感触が良いのでなんとか使えないものかと考えていました。

「低反発浴室マット」を使う場合の問題点は、巻いた部分がすぐに緩んでしまうことです。寝るときにきれいに巻いて頭を載せていても寝返りをしたりしているうちにバラけてしまいます。

ということは巻いた部分が解けなければ良いわけですから、巻きを固定する方法を考えてみました。
紐で巻く方法は、マットの途中に穴を開けてそこに紐を通せば可能ですが、一度開けてしまうと変更ができませんし、微調整もできません。

それでは、クリップで側面から固定する方法はどうかと考えてみました。 
首に当たらない位置であれば硬いものでも大丈夫そうです。巻いた時の一番下側とその内側一枚をクリップで挟んでやれば解けることもないはずです。

あとは現物で実験するしかありませんから、ステンレス・クリップをネットで購入しました。
それを使った枕が次の写真です。左側に頭、右側に胴体、そして巻いている部分に首を載せます。

RIMG1656.JPG

RIMG1657.JPG

バスタオルに比べるとマットに厚みがあるので適正な高さ(首が痛くならない高さ)を見つけるのに苦労しましたが、なんとか調整ができて快適に眠ることができるようになりました。

自分に合った枕をつくりやすいのはバスタオルが一番みたいです。

(後日談)
二晩使ってみましたがこのマットはダメでした。一晩目から若干首の張り・肩こりを感じていたのですがパソコンの使いすぎと思っていました。ところが二晩目には夜中に目覚めてしまうほどになりました。

低反発ですから手で軽く押しただけでも沈み込むのですが、首を載せたときの感覚は固いものの上に寝ているような感じになります。
今回のアイデアはでは、「低反発マット・・・×」、「ステンレス・クリップ・・・○」でした。
やはりバスタオルが一番良いようですので、バスタオルを巻いてステンレス・クリップで留めるようにします。 
 


共通テーマ:趣味・カルチャー
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村