So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

防衛について勉強しました [番外]

図書館で「防衛ハンドブック2012」という本を借りて読みました。といってもパラパラと拾い読みをしただけですから今の防衛大臣ほど詳しくなれたわけではありません。

001.JPG

松岡圭佑さんの「千里眼シリーズ」で主人公の岬美由紀元二等空尉が操縦するジェット機が「F-15」だったのでその関連を探してみました。

003.JPG


002.JPG

「ジェットパイロット1人当たり養成経費」が出ていました。F-15操縦者619,731円。月当たりの経費にしても安すぎると思ってよく見たら欄外に単位が書いてありました。

004.JPG

「単位:千円」でした。ということは何十万の話ではなくて、F-15の操縦士ひとりを養成するには6億2千万円もかかるということです。 

彼女は災害時に上官が人命救助を優先しなかったことに腹を立てて自衛隊を辞めてしまうのですが、これだけの経費をかけて養成した人材が隊を飛び出してしまうというのはもったいないことです。

でも、千里眼シリーズでパイロット養成費用以上の大活躍をしますので損益の点では問題ないことになっているのかもしれません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%AC%E7%BE%8E%E7%94%B1%E7%B4%80 岬美由紀

食パンが余ったら「コロパン」を作ろう [お菓子]

料理の練習でサンドウィッチを作ってみました。レシピをちょっとアレンジして市販のものよりも美味しくできました。それはそれでよかったのですが、1斤のパンは多すぎてどうしても余ってしまいます。

8枚切りで、2枚のパンと耳が余ってしまいました。取りあえず冷凍かなと思いながらレシピ集を見ていたら良い方法が載っていました。

それが「コロパン」です。これなら日持ちしそうです。(作り方を少しアレンジしました。)

作り方
材料(およその目安)
  • 食パン(パンの耳でも可)  2枚    
  • 砂糖              大さじ1
作り方
  1. パンを一口大に切り分ける。
  2. 電子レンジのオーブン機能を使って140℃で水分を飛ばす。
  3. カリッとなったら、熱したフライパンに移し、全体に砂糖を振り掛け、かき混ぜる。(フライパンに接した砂糖が液状になってパンに絡み付きます。パン全体に砂糖を絡める必要はなくてパン一切れに対して胡麻粒大の砂糖が2~3か所に付いているだけで十分甘みを感じられて実に美味しいです。)
    016.JPG
  4. 容器に移し粗熱を取る。熱が取れてから蓋をして保存する。
017.JPG
《完成した「コロパン」》

この手を覚えたから、いつでも余ることを気にせずに安心して食パンが買えるようになりました。

「富士宮やきそば」 [B級グルメ]

「横手焼きそば」、「ひるぜん風焼きそば」と、B-1グランプリ関連のインスタント焼きそばを見つけては食べてきましたが、今度は第1回、第2回ゴールドグランプリの「富士宮やきそば」を見つけました。

004.JPG

富士宮やきそばのいわれも書いてありました。

006.JPG

特長は、
  • コシの強い蒸し麺
  • 肉天かす
  • だし粉
だそうです。食べてみたら本当にその通りでした。肉天かすはラードのかたまりみたいな感じで年寄りにはきついかもしれません。

この焼きそばはシマダヤ製で、

005.JPG

富士宮やきそば学会の承認を受けているそうです。

008.JPG

山田曲の下合わせ [三曲]

5月19日(2012年)に開催される所属流派県支部演奏会の出演曲の下合わせに参加しました。

reizanが出演するのは本曲の「和光」と「紅葉」、それに山田流の「須磨の嵐」と「岡康砧」です。今回は山田曲の下合わせでした。会場は絃方の先生のお宅です。

尺八のメンバーは9名です。reizanは遠慮して部屋の一番隅の方に場所を確保しました。結果、それが大正解でした。
絃方を率いる社中の先生が替手(かえで。主旋律と合奏するためあとから付け加えて作曲された別の旋律)を担当されていてreizanのすぐ前の箏を弾かれたのです。

最初に合わせた「須磨の嵐」は冒頭に箏のソロがあって、続いて唄のソロがありますが、それが先生のソロで目の前で展開されるのですから特等席です。箏の先生はNHK-FM「邦楽のひととき」にも出演される方なので演奏の迫力が違います。

「岡康砧」と合わせて3時間。濃密な時間を楽しみました。

先生のお宅の柱にかわいいキャラクターが飾ってあったので、帰り際に写真を撮らせてもらいました。

005 パノラマ写真.jpg
《左クリックで拡大》

上から「子丑寅卯辰巳午羊申酉戌亥」の順になっています。

 


カプースチンの曲が心地よい [番外]

YouTubeにこんなのがありました。

http://www.youtube.com/watch?v=kb2JTjCNEM8&feature=player_embedded カプースチン作曲「エチュード3」

ニコライ・ギルシェヴィッチ・カプースチンというウクライナの作曲家兼ピアニストの曲が楽譜付きで演奏されています。

カプースチンはクラシックだけでなくジャズにも造詣が深く、ジャズとクラシックを融合させた独特の作風が特徴だそうです。

尺八の縦譜に慣れている身では五線譜を追うのも困難ですが、なんとなく雰囲気だけはわかります。十六分音符のオンパレードで尺八合奏曲にアレンジしても演奏するのは辛そうです。

ブラックコーヒーを飲みながら聴いているといい感じです。

「こどもの日」は母に感謝する日だった [雑学]

昨日は全国的に「こどもの日」でしたが、NHKラジオで不思議なことを言っていました。
こどもの日母に感謝する日、ということが法律で決まっている。」というのです。

そんなの聞いたことがないと思って調べてみたら、reizanが知らなかっただけで確かに法律で決まっていました。

該当する法律は「国民の祝日に関する法律」です。 
これの第二条に国民の祝日に該当する日とその説明が掲げられていました。

『第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
     (中略)
 こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
     (後略)』


http://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html  国民の祝日に関する法律

法令集を見ていると、たまにマザコンの人やフェミニストの人が作ったのかなと思える条文があって笑えます。


ゆで卵の殻剥き成功率100% [料理の勉強]

ゆで卵の殻剥きについて仮説を立てて前回はサンドウィッチ用に固ゆで卵の殻剥き実験をしましたが、今回は煮卵用の黄身トロトロ卵の殻剥きにチャレンジしました。

煮卵で前に失敗したのは、白身が半熟状態で殻に引っ張られてグズグズになってしまったことです。
だから、今回は黄身はトロトロ、白身は固ゆでを目指しました。

黄身が固まる温度は65℃~70℃といわれていますのでこの温度に晒さなければもっと高温でも黄身は固まりません。
一方、白身が固まる温度は75℃~78℃といわれていますのでこの温度をキープして7分間の茹で時間を守れば、黄身はトロトロ、白身は固ゆでのゆで卵が出来上がるはずです。

reizanはこの仮説に沿ってゆで卵を作りました。
鍋の底1cmに張った水を沸騰させ、そこに、殻に針で穴を開けた卵を入れますが、殻が割れはしないかとビクビクせずに強火のまま沸騰しているなかに丁寧に入れていきます。

それから菜箸でゴロゴロと転がします。
一般には黄身が中央にいくようにということで行われる動作ですが、reizanの場合は白身を固めるため均一に熱を加えることを目指しています。

適当な回数転がしたら火の強さはそのままで蓋をし鍋の中に蒸気を充満させます。蒸気が充満してしまえば後は徐々に弱火にしていきます。ポイントは常に蒸気を充満させた状態にしておくことさえ気を付けておけば大丈夫です。

この要領でやってみたら、前日に買ったばかりの卵でも10個中10個とも気持ち良くスルッと皮が剥けました。つまり成功率100%です。

foodpic2315626.jpg

しかし中を見たら黄身の縁が少し固まっていました。殻が剥きやすく完全な黄身トロトロを目指してさらに研究をしたいと思います。

 

foodpic2313449.jpg

 


ゆで方の詳しい要領は前の稿をご覧ください。
http://b-log-b-log.blog.so-net.ne.jp/2012-04-24  ゆで卵の殻剥き研究

 

 


アルファベット マグネット [番外]

reizan宅を訪れたひとが、プラスチック製のアルファベットのおもちゃを置いて帰りました。裏にマグネットがセットされているので金属に付けることができます。

005.JPG

安全上、対象年齢は3歳以上となっていました。
年齢的にはreizanも対象者です。だから一寸遊んでみました。

アルファベット26文字が1個ずつですから、同じ文字が出てきたり、同じ母音が出てきたりするのはダメです。

「reizan」で試してみたらできました。

012.JPG

真面目ばかりでは面白くないのでちょっと躍らせてみました。

019.JPG

尺八パート譜を書きました [尺八演奏]

reizanが習っている尺八教室の発表会が7月29日に開催されます。

reizanが出演するのは、尺八全員で演奏する「尺八四重奏 若竹の賦」と「都山流尺八本曲 平和の山河」、それに個人曲は古曲の「新高砂」です。

「若竹の賦」は初めての曲です。楽譜を見たら四つのパートすべてが記載されていて、全部でB4版用紙6枚(B5版12ページ)もあってページめくりが大変そうです。

そこで、自分用にreizanが演奏する第一パートのみのパート譜を書きました。 B4版2枚(B5版4ページ)に収まりましたので譜めくりも楽です。 

自分のパートが休みの部分は他のパートを朱書きしました。合の手が朱書きされていると本物の尺八譜みたいでいい感じです。

赤枠で囲んだ43小節はすべての音が16分音符になっています。

004.JPG

今回は都山流の演奏会ではないので新記譜法で書いてみました。古曲とはリズム感が違う最近の曲はこの記譜の方が見やすい気がします。

小さなギモン [雑学]

「C:。ミ」
上はパソコンでかな変換した後の文字ですが、変換前のかな文字はなんだと思いますか。
答えは「たこ」です。左から頭(実は内臓)、目、口(実は漏斗=吸水管)、足(実は4対の腕)の順になっています。

この変換はほとんどのパソコンで出来るはずです。reizanの場合は、変換候補に続いて出てくる顔文字の中にありました。

これは言葉の疑問について調べてくれているブログで知りました。仙台の不動産関係者の方が書いています。
ギモンに思ったことはすぐに調べるというスタンスはreizanと共通するところがあってこういうブログは好きです。

http://www.areamark.jp/blog/saito/  小さなギモン調べてみました!

中華料理講座で鶏肉の炒め料理を学びました [料理の勉強]

待望の中華料理教室(全2回のうちの1回目)が開催されました。

会場の建物は申し込みの時に訪ねていますが調理室に入るのは初めてです。調理台は四つありましたがそのうちの一つがお洒落っぽかったです。

002.JPG

上部が昇降するようになっていて側面にそのためのスイッチがありました。

011.JPG

ガスと給排水の配管があるはずですが、機器の可動部分の対応が気になります。特に給水側は高圧ですのでどう処理しているのか興味が湧きます。一般的なシャワーホースのようなものは耐圧性が良くないので架橋ポリエチレン管のようなものを使っているのでしょうか。

料理の先生は料理研究家ではなく実際に中華料理店をやっているオーナーシェフの方です。

005.JPG

今回のテーマは「鶏肉の炒め料理」で、基本の炒め料理からバリエーションまで教えていただきました。

006.JPG
《基本調味料の調合》

foodpic2327074.jpg
《基本的な鶏肉炒め》

foodpic2327075.jpg
《基本的な鶏肉炒めの完成》

バリエーションでは、「鶏肉とカシューナッツ炒め」、「鶏肉のからし炒め」、「鶏肉の味噌炒め」、「鶏肉の甘酢餡かけ」を教えていただきました。

完成品は少しずつ試食しましたがどれも大変美味しかったです。reizanが作るものも美味しいですがかなわないと思いました。さすがにプロの味です。

今回の勉強では作り方の手順や動作などが大変参考になりました。材料・調味料の分量はCOOKPADを検索すればよいと思ってメモはしませんでした。
プロは炒めすぎない、掻き回しすぎないというところがreizanと違っていました。それでも食べてみたらしっかり火が通っていて野菜の形もしっかり残っていました。こういう調理を目指していきたいと思います。

最後にreizanが油の管理について質問しました。「家庭では毎日揚げ物をするわけではないので都度油を捨てることになります。それがもったいないと思うのですが何かよい方法はありますでしょうか。」とお尋ねしましたら、プロがやっていて家庭でもできる方法を丁寧に説明してくださいました。この方法を実践すれば家庭でも油を捨てることなく使い切ることができるそうです。

今回の催しは市の広報紙に掲載されたのですが、それにしても定員20名の募集に8名しか応募がなかったというのは勿体ないことです。

尺八譜に良い筆記具 [便利グッズ]

久しぶりにホームセンターの文具売り場を覗いてみたら、今まで見たことのない筆記具がありました。

それは「紙用マッキー」です。

008.JPG

尺八の縦譜を清書するときにボールペンよりも太目な筆記具を使いたくていろいろ試してみましたが、止めのところで油断をしていると文字が滲んでしまいます。

「おなまえマッキー」というのが滲みが少なくて良いと思っていましたが、「紙用マッキー」の方がもっと滲みが少なくて使えそうです。

[用途・特長]は次のようになっています。 ゼブラ(株)の製品です。
  • 模造紙・画用紙・ダンボール等の紙に適しています。
  • 紙に書いてもにじまず、裏うつりしません。
  • 水性顔料インクですが乾くと水に流れません。
  • 詰め替えタイプなので繰り返し使え、とても経済的です。紙用マッキー極細用インクカートリッジ(2本入)(品番:RWYTS5)


東京で、有名な絵画観賞 [番外]

家人と美術館に行こうということになり第一候補に「ホキ美術館」、第二候補に「ブリジストン美術館」をあげましたが、第一候補は休館日だったので、ブリジストン美術館の方に行きました。

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/ ブリジストン美術館ホームページ


場所はJR東京駅八重洲中央口を出て真っ直ぐに歩いて5分ぐらいのところにあります。

これが行ってみたら大正解でした。開館60周年記念「あなたに見せたい絵があります。」というタイトルの特別展(2012.6.24迄)が開催されていたからです。

003.JPG

なにが良かったかというと、本来、福岡県久留米市の石橋美術館に収蔵されているはずの有名な絵25点も一緒に展示されていたことです。

002.JPG

例えば、次のリストの中にある「海の幸」は青木繁の作品ですが、裸の男たちがサメらしき獲物を担いで歩いている印象的な絵ですから美術の教科書で見た人も多いと思います。
http://www.ishibashi-museum.gr.jp/collections/a.html  石橋美術館収蔵品(日本近代洋画)
リストの右の方を見ると石橋美術館と書かれていますが、これは石橋美術館の収蔵品ということです。つまり普段は東京では見られないということです。

004 パノラマ写真.jpg
《左クリックで拡大》

下記サイトで展示作品のいくつかを見ることができます。

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview    展示作品1
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/2/  展示作品2
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/3/ 展示作品3
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/4/  展示作品4 
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/5/  展示作品5
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/6/  展示作品6 
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/7/  展示作品7 
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/8/  展示作品8 
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/onview/9/  展示作品9

reizanには、新たにコレクションに加わったギュスターヴ・カイユボットの「ピアノを弾く若い男」(展示作品9の中にあります。)が印象に残りました。

 


「ささがき きんぴらごぼう」にチャレンジ [料理の勉強]

新聞のテレビ番組表を見ていて、NHK教育テレビの「団塊スタイル」という番組の「男子厨房に入るべし」というタイトルが目に入りました。

今、関心を持っているテーマですからチャンネルを合わせました。

番組は還暦を過ぎた団塊の世代をターゲットに生き方のヒントを提供してくれています。
今回はマンガ家の蛭子能収さんが日本料理研究家の斉藤辰夫さんの指導を受けながら料理を作るという場面がありました。

reizanもその時に紹介された方法で「きんぴらごぼう」を作ってみました。完成品がこれです。録画していなかったので調味料はCOOKPADを参考にしました。

foodpic2333810.jpg

foodpic2333813.jpg


ささがきの方法は、まな板の上にごぼうを(細い方を右に)置き左手のひらでごぼうを押さえ、包丁の刃を右向きに持って軽くごぼうの上に当てて払うようにスライスします。左手でごぼうを前後に転がしながらスライスを続けます。そうすると薄いささがきができます。(薄くてもごぼう独特のシャキシャキした食感は残っています。)

調理のポイントは次の通りです。
 
・水にさらしたあと、キッチンペーパで水分をとる。
 ・火が通ったら大きめのバットに広げ、団扇であおいで水分を飛ばす。
  (日持ちが向上します。フライパンの上で余熱で飛ばすというのはダメです。)

 

詳しくは番組の公式ホームページで紹介されていました。下記サイトに入って下にスクロールすると閲覧できます。
http://www.nhk.or.jp/dankai/bangumi/num006/index.html #006男子ちゅう房に入るべし

雉(キジ)がいました [番外]

天気が良かったので自転車で30分ほどにあるホームセンターに買い物に行きました。絶対に買いたかったのはDVDを入れる不織布の袋です。それ自体は50枚入り三つで600円ぐらいだったのですがそれ以外にもあれこれ買ってしまって8千円ぐらいの支払いになってしまいました。

その帰り道、ガードレールの外を見たら大きな鳥がいました。それが雉(キジ)だということに気づき自転車を止めて写真を撮りました。

007.JPG

カメラを構えると逃げるように歩き出すので近づいて撮ることができません。

008.JPG

羽根の色が美しかったのでオスだと思います。右にいったり左にいったり雉に振り回されましたが貴重なひとときでした。

Outlookの予定表にひと工夫 [アイデア]

歳をとると月日の過ぎるのが速くなりますが、さらに、勤めを辞めると曜日の感覚が薄くなります。

そのためにカシオの日めくり時計を使っているのですが、たまに入っている予定と頭の中でリンクせず不便です。
そこで、Microsoft Office のメールソフト のOutlook2010の予定表を使っています。

今日から一週間分の予定を表示してくれる機能があってこれが一番欲しい機能です。しかし、これも次の予定まで何日あるのか瞬時に判断することが難しく使い勝手がよくありません。
今日から水曜日まで、水曜日から土曜日までの間に何日あるのか、考えればわかりますが見た目で瞬時に判断できないところが不便です。

004.JPG

いつも書いていますように問題点さえわかれば対策は出てきます。今回は用事のない日をなくせば良いというのがポイントです。用事のない日に何かダミーを入れておけばよいのです。

002.JPG

用事のない日は「フリー」という文言を入れるようにしました。こうすると今日から一週間の予定が全部表示されます。
こうすると文字ではなく図形として認識することができるようになります。

ピアノを弾く人が初見のピアノ譜を見て普通に弾いたので、右手と左手の音符を目で追っていくだけで大変なのになぜ弾けるのですかと訊いたら、音符を一つずつ見るのではなく音符の集まりを図形として見ていますということを教えてくれました。

尺八は単旋律しか出せませんからピアノと同じではありませんが、確かに、縦譜でも吹いている音より先の部分は音符の並びを図形として見ているようなところがあります。それが初心者と経験者の差かもしれません。

「ニンジンしりしり」を作ってみました [B級グルメ]

「秘密のケンミンSHOW」というテレビ番組を見ていたら、「沖縄のひとはニンジンしりしりが好きだ」と紹介されました。
「ニンジン しりしり」とは聞いたことのない食べ物です。

でも沖縄出身の芸能人の人たちが揃って大好きだと言っているのを聞いて興味を覚えました。

興味を持ったら作ってみるしかありません。レシピはCOOKPADのものを参考にさせてもらいました。
http://cookpad.com/recipe/1773237  材料2つ にんじんしりしり

材料はニンジンと卵と調味料だけです。早速作ってみました。

foodpic2342448.jpg

こんなのを食べていたらニンジン嫌いの子にはならないだろうと思えるぐらい美味しかったです。

老人クラブ例会の屋外活動は草刈り清掃 [地域活動]

地域の老人クラブ例会に参加しました。今月は屋外活動の月です。

この屋外活動は二部に分かれていて、最初の1時間は普段の活動に使わせてもらっている地区のコミュニティセンター周りの草取り清掃です。

008 パノラマ写真.jpg
《中央から右がコミュニティセンター》

reizanは刈り払い機を借りてこれで一気に雑草を刈り取りました。

007.JPG

004.JPG

でもよく見るとかなりのとら刈りになっていました。

005.JPG

全員の刈ったものを集めたらこれだけになりました。

006.JPG

草刈りの後は多目的広場で1時間ほどグラウンドゴルフをしました。1ホール3打であがるのが標準で5打以上になるときは5打で打ち止めです。reizanの場合は、4打、5打が多くてたぶん最下位だっただろうと思います。

これが終わった後はコミュニティセンターに戻って、焼きそばとたこ焼きとアルコールで打ち上げです。
屋外で2時間も動き回ったので乾杯のビールが旨くて紙コップ一杯を一気に飲み干しました。
そのあとでにごり酒というのが供されたのですが甘くて美味しかったのでコップ2杯飲んだらすっかり酔っぱらってしまいました。度数を見たら15度と書いてあって普通の日本酒と同じような度数でした。昼間から酔っぱらってちょっと不良な気分でした。

乗ってきた自転車は帰りには押して帰りました。

パック入り生餃子が美味しかった [B級グルメ]

近所のスーパーを覗いた時に生餃子が目について、買い物を頼まれてもいないのに買ってしまいました。10個入りメ148円が78円でした。

それが思いのほか美味しくて当たりでした。

007.JPG

群馬県伊勢崎市の(株)二幸というメーカーが製造している生餃子です。食べ終わった後で美味しかったねという話になり、確かに自分もそう思いました。

食べる前はそれほど期待していなかったので餃子の写真はありません。でも容器は残っていたので写真を撮りました。

002.JPG

このトレーに餃子が10個並んでいて、なかに片栗粉がたっぷり入っています。reizanはこの片栗粉を水溶きにして餃子を焼いているところに投入して羽根を作りました。これがなかなかいい感じでした。

いつも置かれているものではないので次回がいつになるか楽しみです。

所属流派の尺八演奏会に参加しました [三曲]

reizanの所属している尺八流派の県支部の演奏会に参加しました。

001.JPG

演奏会の舞台はこんな感じです。

003.JPG

006.JPG

箏・三絃・尺八の三曲演奏だけでなく、琵琶と尺八というのもありました。

007.JPG

reizanの出演したなかで本曲の「和光」と「紅葉」は共演者全員が手慣れた曲ですから何の問題もなく演奏できました。

地区別の曲では「岡康砧」と「須磨の嵐」に出演しました。演奏後に絃方の先生が「ちょっと早くなったわね。」と仰っておられましたが、全くその通りでどんどん乗っていってスピードがあがりついていくのがやっとでした。

出番のひとつ前に舞台下手袖に集合して一曲演奏される間ここで待ちます。その間に周りを見渡したらreizanの好きな音響関係の機材がてんこ盛りで見ているだけで楽しくなりました。それと、このホールはモニターテレビの数が多いなと思いました。

005.JPG

004.JPG


砥ぎの参考書を見つけました [砥ぎ]

尺八演奏会が開催された街のBOOK・OFFという古書店で、reizanが始めた砥ぎ屋の技術的参考になりそうな古書を見つけました。
「包丁修行」入門というタイトルです。

001.JPG

タイトルを見たときは板前さんの真似事のマニュアル本かと思ったのですが、パラパラっとめくってみたら前半分は包丁の構造と砥ぎの解説で埋まっていました。それもネットでは紹介されていないようなことも書かれています。

残りの半分には包丁の使い方が書いてあります。特に桂むきが包丁の基本を知る最適な方法であると、カラーの連続写真で詳細に説明されています。

包丁の砥ぎ方と包丁の使い方という構成はreizanのために準備されていたとしか思えません。
前書きに書かれていることもreizan向きです。

003.JPG

たぶん見えない力が届けてくれたのだろうと思いました。(といっても代金はちゃんと払いましたけど)

「関心のあるところに、情報は集まる」(reizanの言葉)が正しいと証明されたような気分です。

何でも確かめたくなる性格 [番外]

自分でもときどきどうかなと思う自分の性格に何でも確かめたくなる癖があります。

関心のないことはほとんど見過ごしていますが、関心があることはセンサーが働いてつい確かめたくなってしまいます。

話題の東京スカイツリーに関する新聞記事が出たときもつい確かめてしまいました。またやってしまったという感じです。

「東京スカイツリー 1/1000切り抜きキット」という文字が目に入りました。

015.JPG

そして紙面の中央には2ページぶち抜きで横向きになった東京スカイツリーの写真が載っています。これが実物の千分の一のサイズらしいのですが、こういうのを見ると本当かなと確かめたくなります。

千分の一 ということは、実物が634メートルですから、割る1000で634ミリ=63.4センチになるはずです。

手元に60センチの直定規がありますのでこれを当てて測ってみました。

016.JPG

022.JPG

数枚に分割して全部の写真を撮り、PCソフトを使ってパノラマ写真にしようとしたのですが、直定規の1~9の目盛が6回も繰り返されていて判断できなかったのかパノラマにはなりませんでした。

本題の件は足元がはっきりしていないためよくわかりませんでした。おそらく直定規の60の位置から下に34メートル(8階相当)あるのだろうと思います。

パック具材とチルド食品で手抜き料理 [B級グルメ]

料理の勉強にはならないと思いますが、「ビビンバの素」という具材と「チルドの餃子」を加熱調理しました。

どちらも美味しくて評判も良かったのですが、特にビビンバの方は時々食べたいと思うぐらいreizanの好きな味でした。

002.JPG

でも、いつでもスーパーに並んでいるものではありません。次回入荷が楽しみです。

005.JPG

基本的な作り方はあったかご飯に混ぜるだけですが、reizanはフライパンを使って石焼風に仕上げました。

003.JPG

フライパンの返しの練習もできて面白かったです。

このビビンバには2人前のわかめスープも付いていてお得です。

006.JPG

餃子の方は、宇都宮餃子です。

007.JPG

これもいつでも手に入るというものではなさそうです。

008.JPG

作り方は、最初の1分半が焦げをつける焼きの時間、次に水を差して蓋をしてから約3分間が蒸し焼きの時間になります。
この通りにしたら外はパリパリ、中はジューシーに仕上がりました。

009.JPG

大きなキャベツを頂きました [番外]

ご近所の方から大きなキャベツを頂きました。直径が20cmもあります。

005.JPG

頂いた切っ掛けはトヨタのプリウスです。

夜中に、その方のお宅の駐車場のプリウスの室内灯が点いているような感じでした。何でもなかったら恥ずかしいし(昔、車からガソリンが漏れていると教えてあげたらエアコンから出る水だったことがありました。)、それに夜11時も過ぎていましたので声を掛けるのは遠慮しました。

後日、昼間にお目にかかった時に、実はこんなことがありましたという話をしたら、実際に室内灯を消し忘れていたそうです。でも翌日、エンジンがかかったので安心したとのことでした。

そういう話をしていたら、相手の方が、「キャベツいりませんか。」と突然違う話を振ってこられました。
貧しい年金生活者のreizanは生涯大学校に行っているときから、同級生が趣味で作っている農作物を頂いて家計の足しにしていましたので大歓迎です。
でも一応怪訝そうな顔をしていると、沢山のキャベツを貰ったけど冷蔵庫に入りきらないから、ということでした。

それでは喜んで頂きます、と申し上げていただいたのが上の写真のキャベツです。ちょうど「ニラ豚」の作り方の改良案を思いついたところだったのでこれを使ってやってみました。
結果は上手くいきましたので後日このブログにアップいたします。

ところで、こんなに大きなキャベツを見ていると、エロール・ル・カイン作の「キャベツ姫」を思い出しました。今から10年ぐらい前に日本語版が出た絵本です。

001.JPG

怒りんぼの王様が家族や家来に悪態をついているとその通りになってしまうという話で、お姫様に「えーい、オタンコナスのキャベツめ!」というと本当にキャベツになってしまいます。
かなり幻想的な内容です。本当に子供向けなのか疑問に思いました。 

002.JPG


中華料理講座で本格エビチリを習いました [料理教室]

全2回の中華料理講座の最終講座が開催されました。今回のテーマはエビのチリソース煮です。
最初に基本的なエビチリを教えていただき、続いてバリエーションを教えていただきました。

自分の備忘のため海老のチリソース煮のレシピを残しておこうと思います。

海老のチリソース煮
材料(2~3人前) 
  • エビむき身       700g
  • 塩(洗浄用)      1つかみ
  • 片栗粉(洗浄用)   1つかみ

  • 塩(下味用)       1つまみ
  • コショウ(下味用)    1つまみ
  • 卵 (下味用)      半個

  • 水溶き片栗粉     大さじ2
  • 油            大さじ2
  • にんにく(すりおろし) 大さじ1/2
  • 生姜 (すりおろし)   大さじ1
  • 豆板醤          小さじ1
  • ケチャップ        大さじ2
  • 酒             大さじ2
  • ガラスープ        カップ1
  • 砂糖           大さじ2
  • 塩             小さじ1
  • 白だし          大さじ1
  • 長ネギ(みじん切り)  1本
作り方
  1. (洗浄)ボウルにエビと塩と片栗粉を入れ、手で揉みながらエビを洗う。水が汚れなくなるまで2、3回すすぐ。

    007.JPG

  2. (下味付)エビをボウルに入れて塩コショウし、卵を入れて良く混ぜる。次に片栗粉を入れて軽く混ぜる。(保存するときは油を入れて酸化を防ぐ。)

    foodpic2371000.jpg

  3. フライパンに油を入れ、弱火で、ニンニク、生姜、豆板醤、ケチャップをゆっくり炒める。

    foodpic2370992.jpg

  4. ふつふつしてきたら酒を入れ軽く混ぜる。
  5. 混ざったら、ガラスープを入れ強火で煮立たせる。

    foodpic2371008.jpg

  6. 砂糖、塩、白だしを加える。
  7. 強火のままエビを入れて放置する。
  8. 煮立ったら長ネギを入れ、ゆっくり混ぜる。
  9. 全体に火が通ったら出来上がり。


    foodpic2371012.jpg
使ったのは冷凍エビですが、ぷりぷりした仕上がりでとてもおいしかったです。家でもやってみようと思いました。

辛みを押さえたい時はチリソースに卵1個を入れます。

foodpic2371017.jpg

授業後、残った調味料は希望者にあげますということになり、reizanは講師の先生(中華料理店のオーナーシェフ)が作った白だし(市販のものとは中身が違います)を頂きましたのでだし巻き玉子を作ってみました。
市販の白だしの代わりにこの白だしを使いました。そしたら全然味が違います。コクがあってこれ以上ないぐらいの最高のだし巻き玉子ができました。

あと数回分は取れそうなので小さじ1杯分ずつ小分けして冷凍しておこうかと思います。 

50℃洗いの温度確保について [アイデア]

最近、巷では「50℃洗い」なるものが流行っているらしいです。reizanもその例に習ってやってみましたがいい感じだと思いました。

方法は、48℃から52℃の湯で2分間洗うらしいです。
もやしと豚肉でやってみましたが、もやしは調理した時のシャキシャキ感が増したような気がしました。
肉は洗った時点でしゃぶしゃぶしたようになっていて調理したものは心持ち柔らかくて美味しかったです。旨味を中に閉じ込めるのと柔らかくなる効果があるみたいです。

50℃洗いのことは「50℃」で検索すると「 50℃洗い」 が候補として出てきますので、そちらの詳しいことは他のサイトにお任せするとして、reizanのアイデアは50℃の湯を簡単に確保する方法です。
考えてみたら50℃の湯を確保するのって大変そうではありませんか。鍋ややかんを使って沸騰するまで沸かせば100℃です。沸かしている途中で火を止めるにしても温度計がなければ至難のわざです。

そこで考えついたのは給湯器の温度設定を活用することです。設定温度を50℃にします。

004.JPG

給湯器の温度を50℃に設定しておけば
  • 2ハンドル水栓の場合は、湯側だけをを開ければ50℃の湯が出ます。
  • シングルレバー水栓の場合は、ハンドルを左いっぱいに振ってレバーを持ち上げればOKです。
  • reizan宅のように浴室サーモ水栓をつけている場合は、

    005.JPG

     温度調節ハンドルをホット側いっぱいに回します。

    005.JPG
これまでは給湯器設定温度を45℃にしていましたのでサーモ水栓の意味がほとんどありませんでしたが、これからは給湯器を50℃設定にして、50℃洗い、40℃弱の普通の湯洗い、水洗いの使い分けをするときにサーモ機能が力を発揮しそうです。

《 追記 》
ボウルに50℃の湯を張っても物を入れると温度が下がるので、設定温度を55℃に変更しました。

ダンディ・クッキング 梅干炊き込みご飯 [料理教室]

今回のダンディ・クッキングのメニューは「梅干炊き込みご飯」と「鶏もも肉の味噌煮」と「大和芋とオクラの酢の物」でした。

001.JPG

ご飯は全員分を炊いたうえで具を混ぜ込むというので簡単すぎて面白くないと思い、鶏肉の下処理と焼きの担当に立候補してやらせてもらいました。

肉をさばくことが予想されましたのでマイ牛刀持参です。(銃刀法では、刃体の長さが6cmをこえる刃物については、「何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、これを携帯してはならない。」ことになっていますが、理由があるから良いだろうと考えました。)

もも肉の余分な脂を取るとき、筋を斬るとき、皮の引きつれ防止のため皮をつつくとき、それから、完成後に切り分けるときによく切れるマイ包丁の有難みを実感しました。
備え付けの包丁も一応砥いであるらしいのですが、本数が多いものだからグラインダーで削っただけという話も小耳にはさみました。切れ味に関しては比較になりません。

それぞれのアップ写真は次の通りです。

002.JPG

003.JPG

上から振り掛けられている胡麻は、本当はご飯の上に振ることになっていたのですが誰かが間違えて振ってくれました。でも、これもいける感じで良かったです。

004.JPG

酢の物は大和芋とオクラと、ねばねばヌルヌルの材料が二つも入っているので箸でつかむことができません。すするようにして食べました。

春の一斉清掃に参加しました [地域活動]

地域の自治会主催の一斉清掃に参加しました。前の日に除草鎌を買ったので準備は万端です。198円でした。

003.JPG

時間は8時半から10時までです。reizanは5分前に着くように自転車で家を出ました。
前には清掃に参加すると思われる一団が歩いています。

001.JPG

集合場所にはたったこれだけしか来ていない。

002.JPG

と思ったら、すでにたくさんの人が作業をしていました。

005.JPG

地域の老人クラブの場合は何ごとも定刻の30分前にはスタートしていて、いつも後れをとっていますが、自治会にもせっかちさんが多いみたいです。

5分前というのは会社勤めをしていたときの常識でしたが、地域では30分前の行動に切り替えないといけないかもしれません。

ホットケーキの失敗 [料理の勉強]

家にホットケーキミックス(ホットケーキ用の粉)があったので初チャレンジをしてみました。

最初の一枚は悲惨な結果になりました。

005.JPG

ちゃんとレシピ通りにしたつもりだったのですが、

006.JPG

「弱~中火で3~3分30秒焼きます。」の弱の部分が隠れていて見えにくく、中火で焼いてしまいました。2分過ぎたぐらいで黒焦げ状態になりました。

一銭洋食を焼くときにタイマーなど使ったことがないのに、今回焼き時間に拘ったのが失敗の元でした。
2枚目以降は弱火にするとともに表面の変化の具合を見ながら返したのできれいに焼けました。

まあ、たまには失敗することもあるという話です。でもこのことで学習した成果の方が大きいからへこたれません。

イチオシキムチ [B級グルメ]

近所のスーパーのチラシでキムチが目玉商品になっていたので買ってみました。値段だけで買ったので家人に気に入ってもらえるかどうかわかりません。

003.JPG

テレビに露出の多い若手シェフの名前が冠になっています。

でも不思議なことに、実際の商品のどこにもそのシェフの名前はありません。 
現状を見る限りではスーパーが根拠のない個人名を使用しているということになるのかもしれません。

005.JPG

007.JPG

008.JPG

顔のイラストはあの人のことなんだろうと想像させるのに十分すぎるほどです。

万一、テレビに出ているシェフが承知していなかったとしても、商品に名前が出ているわけではないのでスーパーや消費者が勝手に誤解しただけと言い逃れできそうです。

reizanは価格だけ見て買いましたのでどちらでも良いことですが、一寸気になりました。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村