So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

TVの「孤独のグルメ」が終わってしまいました [テレビ番組]

久住昌之さん原作の「孤独のグルメ」の実写版が深夜0時43分から放送されていたのですが12回で終わってしまいました。
(reizanは眠っている時間ですから観るのは録画です。)

俳優の松重豊さん扮する井之頭五郎(いのかしら ごろう)が町のそこらにありそうな食堂で美味しそうに食事をするシーンがメインのドラマです。
一応ストーリはあるのですが、そんなことよりも松重さんが食事をするシーンが良くて観ていました。

一回の食事で2~3人分の品数を食べるので体には良くないだろうと思っていました。ドラマに出てくる店は原作とは関係なく、TVのスタッフが見つけてくるのだそうです。これも長続きしなかった原因の一つかもしれません。

11回目の放送で「塩鯖のサンドウィッチ」というのが出てきました。
五郎が小用をもよおして昼間から開いている居酒屋でトイレを借りて食事をすることになったのですが、その店では何でもできるというので、その前の立ち寄り先で知り合いの女性がお昼にサンドウィッチを食べていたのを思い出してサンドウィッチを注文したら、出てきたのが「塩鯖のサンドウィッチ」です。

松重さんが本当に美味しそうに食べるものですから作ってみようと思い立ちました。
大型スーパーで塩鯖の切り身と食パンを買ってきて、野菜はありあわせのキャベツと玉ねぎを使いました。

作り方(1人分)

  1. マヨネーズ大さじ2、レモン汁小さじ1/2、グラニュー糖小さじ1/2、を適当な容器の中でかき混ぜてソースを作る。
  2. キャベツは適量を長さ4センチぐらいの千切りにしておき、玉ねぎは適量を薄くスライスして水にさらす。
  3. フライパンに薄く油を敷いて、最初は皮の方から時々返しながら塩鯖を焼く。
  4. 食パン2枚を軽くトーストする。
  5. 食パン1枚に半量のソースを塗り、キャベツを敷き詰め、その上に玉ねぎを散らし、残りのソースをかける。
  6. その上に塩鯖を載せ、もう1枚の食パンを載せて軽く押さえて出来上がり。
この「塩鯖サンド」は家人にも大好評でした。特にソースが美味しいという評価でした。

番組では四つ切した状態で出されていましたが、reizanはバーガー感覚で食べてもらうためキッチンペーパーで袋を作りました。

袋の作り方
  1. キッチンペーパーを、幅の倍の長さで切る。
  2. 二つ折りにして正方形を作る。
  3. 折り目に接する辺のうちの一方を2cm幅ぐらい折り返し、糊付けする。
  4. 3のなかに塩鯖サンドを入れる。
  5. 食べる時は、二つ折りの辺と糊付けの辺に挟まれた角を下にして持ちながら食べる。そうすると野菜くずがこぼれ落ちない。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/story/chapter11.html 第11回3月7日放送

 


「スーパープレゼンテーション」という新番組 [テレビ番組]

放送界では4月に番組改変があって大変そうですが、観る方も今まで慣れた視聴習慣をチェンジしなければなりません。

日曜日の朝刊と一緒に週間番組表入っていましたので、これとテレビ局のサイトをチェックしながら2012年度前期の番組で見落とせないものをリストアップしました。

2012年度前期必見番組.jpg
《左クリックで拡大》


韓流ドラマが二つ入っています(階伯、シークレット・ガーデン)がこれはreizanの趣味ではありません。家人に頼まれて録画チェックをしなければならない番組です。

reizanの目を引いたのはNHK教育で放送される「スーパープレゼンテーション」です。アメリカのプレゼンイベント「TED(テッド)カンファレンス」を題材に、プレゼンのわざと英語を学ぶ語学教養番組です。

http://www.nhk.or.jp/superpresentation/   スーパープレゼンテーション 

TEDは、最初は内輪の発表会だったのがYouTubeで世界中に無料公開されるようになってから評判になったそうです。科学技術の発表会なのに、まるで芝居を観るように途中でも盛大な拍手がおこったり、終わったらスタンディングオベーションがあったりとすごい盛り上がりです。

それは、科学技術の内容が素晴らしいということだけではなく、プレゼンテーションが素晴らしさに拠るようです。

YouTubeで公開されているもののなかに音楽関係で興味深いのがありましたので一つだけ紹介しておきます。
聴覚障害を持つパーカッショニストが音楽の聴き方についてプレゼンしているものです。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/evelyn_glennie_shows_how_to_listen.html  エヴェリン・グレニーが「聴き方」について語る


絶品!煮卵レシピ [レシピ]

東京の東葛西に住んでいたころ、近くに煮卵が評判のラーメン店がありました。

煮卵.jpg
《ラーメン屋さんの煮卵》

その店は醤油ベースのラーメンがウリの店だったから興味はなかったのですが、日本料理店で修業を積んだオーナーのこだわりの煮卵が美味しいと評判だったので一度だけ食べに行ったことがあります。

確かに煮卵は美味しかったのですがラーメンの方は、豚骨スープで育ったreizanの好みではなかったので半分だけいただいて失礼しました。

その時に初めて煮卵というものの味を知ったのですが、だし巻き玉子もほぼ行き着くところまでいったので、こんどは煮卵にチャレンジしてみました。

それが案外よくできたものですからお世話になっている方にレシピとともにお届けしました。
そうしたら、あまりに美味しかったからご子息がレシピをもとにチャレンジされて貰ったものと同じ美味しさが再現された、と嬉しいメールのご報告をいただきました。

こうなったらreizanブログの読者の皆様にも作っていただきたく、レシピをご披露することにいたしました。

煮卵レシピ(卵10個分)

ゆで卵は沸騰した湯で7分間茹でて殻を剥いておきます。(大きな鍋がないときは5個ずつ2回に分けて作っても結構です。卵は賞味期限ぎりぎりか少し過ぎたぐらいのものが殻を剥きやすいようです。)

漬け込み用の煮汁

材料

  • 水        500cc
  • 白だし      3
  • 醤油       2
  • はちみつ     大3
  • ほんだし(顆粒) 小1
  • 昆布だし(粉末) 0.5

作り方

  1. 煮汁の材料すべてを鍋に入れてひと煮立ちさせる。
  2. 煮汁をタッパーなどの容器に移し、65℃で黄身が固まるので 50℃ぐらいまで冷ます。
  3. ゆで卵を容器に入れる。
  4. あら熱が取れたら蓋をして冷蔵庫で冷やす。

    (半日後から美味しく食べられ、冬場は4、5日後ぐらいまで大丈夫です。)

 

 

 


漬物容器 [番外]

reizan宅では自家製の漬物が食卓に並ぶことはめったにありませんが、聞いてみると道具だけはあるようです。

これは「大根の焼酎漬け」を作った時に使ったので知っています。

003.JPG

ほかにこんなのがありました。

004.JPG
《reizan宅の浅漬け器》

テレビの通販番組で紹介されている「浅漬け名人」にそっくりですが、本体の縁の内側の部分が少し違います。


浅漬け名人.jpg
《浅漬け名人》

「浅漬け名人」と同じような機能があるとすれば30分~1時間で美味しい浅漬けができるので今度やってみようかと思います。

漬物容器についてネットで検索してみたら次のようなものもありました。

浅漬け一番.jpg
《浅漬け一番》

菜健好房.jpeg
《菜健好房》

そして、こんなのもありました。

つけもの名人.jpg
《つけもの名人》

世の中にはいろいろ考えている人がいるものですね。


やっぱりコードハンガーの方が良い [便利グッズ]

 食卓の上の照明をシーリングライトからペンダントライトに取り替えたことは報告済みですが、

005.JPG

コードを吊っている金具が気に入りません。
ホームセンターの電気部品売り場で担当の店員さんに「照明用のコードハンガー」の在り場所尋ねたのですが、名称が通じませんでした。「ヒートンのようなものでおしゃれっぽいもの」との追加説明も役に立たちませんでした。

「ヒートンは別のところにあります。」と教えられ、そこに行ってみたら金色の真鍮のヒートンがありました。これを白系の天井に付けたら最悪です。さらにほかの売り場を回ってみて工具館で白いビニール被覆をしたヒートンを見つけましたので、取りあえずこれを取り付けることにしました。

002.JPG

しかし、コードの結び目が露出したこの状態は変です。美しくありませんから早く変えたいと思っていました。

そして偶然に希望のものが見つかりました。それは生涯大学校の班の同窓生との食事会のあとに3時間ほど空き時間ができたときのことです。時間つぶしにホームセンターの商品を端から端まで目に焼き付けていた時に、前に店員さんと会話をしたその場所の棚に目的のものがありました。

001.JPG

ものは、ベースとヒートンとキャップで構成されています。

最初にベースとヒートンを天井に固定します。

004.JPG

次に、照明のコードをヘアピン状に曲げてキャップの下から通し、コードの輪っかをヒートンに掛けます。

005.JPG

最後にキャップを押し上げて完成です。これでスッキリしました。

006.JPG

CMの背景が知ってる場所だった [番外]

テレビで流れる学習塾のCMを見ていて気が付いたのですが、動画の背景がreizanの知っている場所でした。

やる気スイッチ.jpg
《この学習塾のCMです。》

http://www.youtube.com/watch?v=qnenyYebfrk 学習塾のCM

スクールIE.jpg
《CMの一場面》

上の場所は、reizanが勤めていた会社の社宅の敷地内です。reizanもここに住んだことがありますからよく覚えています。後ろに見えているのは社宅の受水槽です。
これに溜めた上水をポンプアップしているため、停電になった時に水道が使えなくなり、トイレも使えなくなった思い出があります。

と思ったのですが、念のため現地を確かめに行ったら微妙に違っていました。

007 パノラマ写真.jpg


スクールIE2.jpg
《CMに出てくる学習塾の建物》

ここに映っている学習塾の建物はreizanが利用するJRの最寄駅のすぐ近くにあります。

012.JPG
《実際の場所》

比較してみると、もう少し左に寄って撮ったらCMの撮影位置に重なったのに残念でした。

それにしても、reizanが住んでいる地方は相当ローカルなのですが、東京とかではなくここが選ばれたのが不思議です。交通量が少ないから撮りやすかったのかもしれません。


最後の授業 [番外]

最後の授業といっても生涯大学校のことではありません。
若い人と、それぞれがネットで発見した情報の話をしていたときに、『ランディ・パウシュの「最後の授業」』のことを教えてもらったのです。

重い肝がんを患って医師から余命数か月の宣告を受けているパウシュ氏の講演と聞いてちょっと尻込みましたが、空き時間ができたので少しだけでも観てみようと思って見出したら、悲壮感は全くなく会場の聴衆も爆笑の連続で且つ中身が濃い、すばらしい授業でした。

内容についてあれこれ言うよりも実際に観てもらった方が早いと思います。最初の部分の『ランディ・パウシュの「最後の授業」  』 はわずか8分06秒です。この入口の部分のアドレスをご紹介しておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA&feature=relmfu   ランディ・パウシュの「最後の授業」 1 

その続きは画像の右横のリストをクリックすればよいのですが、希望の番号がないときは画像の上の「13本の動画」のアイコンをクリックしてリストを表示して、希望のタイトルをクリックすれば視聴できます。

話は1から9まであります。全部をご覧になればきっとすばらしい感動に包まれるものと思います。(8だけはD社の話が含まれているらしく著作権の関係で閲覧できませんがそれでも十分感動できます。)

  1. 8'06"
  2. 8'35" 
  3. 7'20"
  4. 9'38"
  5. 8'40"
  6. 9'37"
  7. 9'55"
  8. 著作権の問題でブロックされています。
  9. 5'26"

 


インスタントの「横手焼きそば」を作ってみました [B級グルメ]

昨年(2011年)のB-1グランプリで「ひるぜん焼きそば」がゴールどグランプリを獲得した時にはすぐにそれを作ってみたreizanですが、2009年に「横手焼きそば」が ゴールドグランプリを獲得した時は料理に目覚めていませんでしたから、そのことがニュースで報道されたときも頭の片隅に収めただけでそれ以上の興味は湧きませんでした。

ところが、JRの最寄駅まで出かけたついでに近くの大型スーパーを覗いたら 「横手焼きそば」がありました。

001.JPG

物好きなreizanが見過ごすわけがありません。当然買い求めました。

006.JPG

中身は、「茹で生麺」と必要な調味料がすべて入った「ソース」でした。
これ以外に準備するのは、肉と野菜だけです。

作り方も袋の裏側に書いてあります。

002.JPG

003.JPG

004.JPG

出来上がったら食べることに意識がいってしまって写真を撮るのを忘れていました。だからreizanが作った横手焼きそばの写真はありません。

印象を言葉で言いますと、麺はちゃんぽん麺のような太麺です。
ソースはどろどろソースです。それを半分だけ入れて麺や具に絡めて炒めあげた後に残りのソースを入れて少し汁気が残っているところで火を止めますから、一般的なソース焼きそばよりもウエットな感じに仕上がります。

味は濃厚で美味しかったです。

005.JPG

製造元は秋田県横田市の「林泉堂」という会社のようです。普段は今回のスーパーには置いていません。でもわざわざ取り寄せで買うほどの気力はありません。次に入ってきたときに気が付いたら買おうかなぐらいに思っています。

神業のごときチアリーディング [番外]

植草甚一というおじいさんをご存知でしょうか。1908年(明治41年)生まれで1979年(昭和54年)に亡くなられています。
reizanが青春時代を過ごした1960年代~1970年代にはまだ生きておられて、地方で暮らす青年にはこのおじいさんのモダンぶりがあこがれの的でした。

著書の数も多くあさるように読んでいました。内容はほとんど忘れてしまいましたが、「ぼくは散歩と雑学が好き」「ワンダー植草・甚一ランド」「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」などのタイトルが特に印象に残っています。

良くできた本のタイトルはブール―・ノートの名盤レコードのジャケットの様にそれを見ただけでも胸がときめきます。

そういうことで、J.Jさん(植草さんの通称)を真似て台風並みの春の嵐の日に「 嵐だからネット検索でもしよう」としゃれて、一日パソコンの前にかじりついていたら凄い動画を見つけました。

それは2011年に香港で開催されたチアリーディング世界大会の動画です。

比較のために韓国チームの方から先に見てください。ただし、悪意に満ちたコメント欄は見ない方が良いと思います。
このチームがやっていることも一般人にはとても真似できません。

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=exEB_-TYifU 韓国チーム

次は優勝した日本のチームです。ほとんど神業としか思えない凄さは感動ものです。

http://www.youtube.com/watch?v=QHmZWkRK528 日本チーム


地元三曲協会の総会と懇親会 [三曲]

地元の三曲協会の総会がありました。内容は前年度の事業・決算と新年度の事業・予算の審議・承認です。
といっても会員全員に関係のある事業は11月3日の演奏会だけですからシャンシャン総会です。

議事が終わると今年の演奏会の出演順の抽選です。これは結構楽しみです。
reizanはいつもお客さんの多い中間ぐらいのところを引きますので案外運が良いのかもしれません。今回も20人中13番でした。

その場で絃方の先生と相談して、reizanの提曲は山田流の「岡康砧」に決めました。これから半年かけて仕上げていくので楽しみです。

この後は送迎バスで場所を変えて懇親会です。今回は事務局の方の、ゆっくり落ち着いて美味しいものをという配慮で「生命の森(せいめいのもり)リゾート」内のトリニティ書斎(ホテル)内でミニ・コース料理をいただきました。 

018 パノラマ写真.jpg
《トリニティ書斎(ホテル)》

 

http://www.seimei-no-mori.com/stay/trinity_shosai.html  生命の森リゾート

ここには「日本エアロビクスセンター」というスポーツ施設もあります。その施設は一般の利用もできますが、大きなスポーツ大会を控えた有名選手がトレーニングに使うことでよく知られています。

食事のメニューは写真の通りです。すべて美味しかったです。

Menu.jpg
《Menu》

ノルウェーサーモンのマリネと小海老のサラダ仕立て

菜の花と浅利のスパゲティ

千葉県産の軽いスープ(椎茸)とパン

特選牛サーロインのポワレ
山菜を付け合せに

デザート(ケーキ)とコーヒー 

reizanは特に前菜とデザートが気に入ったので写真を撮りました。

003.JPG
《ノルウェーサーモンのマリネと小海老のサラダ仕立て》

今までに何度かコース料理を食べたことがありますが、前菜が美味しいと思ったのは今回が初めてです。

ケーキは横長の大皿に載っていましたがカメラに収まりきらないので2枚に分けて撮りました。

014.JPG
《甘いソースに桜の花びらが添えられています》

015.JPG

二番目に出されたスパゲティはにんにくが効いて旨かったのですが、ボリウムがあったので後のことを考えて全量の8分ぐらいで止めておきました。絃方の先生方は完食されましたが、この後に「スープとパン」、「メインの肉料理」、「デザートとコーヒー」も出てきたので苦しそうでした。

生命の森には、旧スイス大使館の建物を移築した和食処もありました。

http://www.seimei-no-mori.com/restaurant/suisu_tei.html  翆州亭

021.JPG

和風の建物です。

http://www.youtube.com/watch?v=RP1BGwixwvQ   翆州亭YouTube

023.JPG
《和食処 「翆州亭」の門》

スイスは、漢字で「瑞西」と書くものと思っていましたが、ここでは 翆州」という字を使っています。

新年度のダンディ・クッキング [料理教室]

年度も改まり、正式にダンディ・クッキングという料理サークルに入会しました。そして第1回目の実習に参加してきました。
配布された名簿を見ると受講者は36名です。名前からわかるようにメンバーは全員が男性です。そして講師の先生だけが女性です。

会場は公民館の調理室で、左の赤丸で囲んだところになります。

015 パノラマ写真.jpg

教室の中には八つの調理台があります。

021 パノラマ写真.jpg

壁の後ろはバックヤードで鍋や食器などがしまわれています。画面には写っていませんがカメラを右に振ると会議用テーブルがグループごとに置かれていて座学や出来上がった料理を食べる時の食卓になっています。

今回のメニューは
  • 鮭入りトマトスパゲティ
  • 蒸し鶏と大根のピリ辛サラダ
  • オニオンスープ
でした。

自分たちの班は6名で各人が阿吽の呼吸で役割を分担して作業します。

reizanはなんとなく鶏の下処理や大根の千切りを担当することになってしまいました。本当はスパゲティをやってみたかったのですが残念でした。

自分で言うのもなんですが、「蒸し鶏と大根のピリ辛サラダ」 は美味しかったです。余ったものを家に持って帰ったのですが家人にも好評でした。
スパゲティは鮭が生臭かったです。オニオンスープは玉ねぎの炒め方が自分よりも浅い感じでした。玉ねぎがしなっとなったところで水を入れてしまったみたいです。自分だったrもっと炒めて甘みを引き出すのにと思いました。

こんな評論家みたいなことが言えるのは2年間生涯大学校に通った成果かもしれません。

ペットボトルのキャップ [番外]

JR東日本の関連会社のミネラルウォーター新発売がテレビ番組に採り上げられていました。

005.JPG

発売前に市場調査をした結果、特殊なキャップを開発してこれを最大の売りにしているけれど認知度が上がらず営業担当者が苦戦しているという内容でした。

キャップを開けても落ちないというところが売りのようです。

001.JPG


ボトルの側面に使い方が印刷されているのですが気が付きにくい配色です。

010.JPG

実物はこんな感じです。

002.JPG
《キャップのヒンジ部分》

赤円内中央の爪がこの発明の肝です。

007.JPG
《キャップを持ち上げたところ》

中途半端な位置で止めるとreizanのような低い鼻でも当たりそうです。さらに90度倒してやると正規の位置で止まります。

009.JPG

ここまで展開すると爪が返ってストッパーの役割を果たします。

006.JPG

商品名は「フロム アクア」です。

この製品の開発に当たって調査したらキャップを落としたことのある人が7割もいたことからキャップの仕掛けを作ったという説明でした。

今のところreizanには必要のない機能です。


学生自治会の役員OBで飲み会 [生涯大学校]

生涯大学校の学生自治会企画委員として働いた5名のOBで飲み会をしようということになって、reizanが幹事で実施しました。幹事といっても店を決めただけで、会計係は別の人に任せたので気軽に楽しい酒を飲めました。

場所は駅前の「村さ来」にしました。ここは古民家をイメージしたような内装と必要なところだけを明るく照らすスポット照明のお蔭で心が落ち着きます。先日、reizan宅で蛍光灯から取り替えたペンダントライトと同じイメージです。

001.JPG
《reizan宅のペンダントライト》

午後5時の開店から3時間も粘って楽しい時を過ごしましたが、会計さんの計算によると一人2700円ということで予定の3000円よりも安く済みました。

全員が知っている女性が近くの店にいるという情報があったので、二次会はその店に行きました。ここにはたぶん10時ぐらいまで居たと思うのですが正確には覚えていません。

ここのトイレに行ったらしゃれた配管カバーがしてありました。普通は配管をやりかえると鋼管が露出して見苦しいのですが、こういうカバーがあると清潔感があっていい感じです。

003.JPG

エアコンの配管カバーを流用しているのかと思ったら専用品があるみたいです。

http://www.inaba-denko.com/jp/pro/jd/  リフォームダクト(給水給湯用配管化粧カバー) 



地域の老人クラブ総会と演芸会 [地域活動]

地域の老人クラブの総会・演芸会に参加しました。

お楽しみは昼食と演芸会です。今回の弁当はいつもと違っていました。 
セブンイレブンの弁当ではないかと思うのですが、コンビニ弁当を買ったことがないので実際のところは良くわかりません。 

004.JPG

ご飯の量に対しておかずが多いと思いましたが、お酒を飲みながら食べるものかもしれません。 

005.JPG

演芸会の踊りの部では、いきなり綺麗どころが4名も出てきて華やかになりました。

006.JPG

カラオケの部ではご夫婦で出演されたこの方たちの演出がバカ受けでした。歌は「新宿そだち」です。男女のパートを入れ替わって歌うという趣向で服装も奥様が男装、ご主人が女装という凝りようです。

010.JPG

ひとの噂では、奥様は吉本のオーディションに合格された方らしいです。

reizanはCDを流しながら「海の匂いのお母さん」を尺八で演奏しましたが盛り上がりには欠けます。

 


NHKの番組検索が便利に [ラジオ番組]

数少ない邦楽番組のエアチェックを逃してはなりませんから3月までは日々更新される番組表を毎日チェックしていました。

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/query.cgi?area=001&qt=%E9%82%A6%E6%A5%BD&charset=utf-8&col=pro&button01=%E6%A4%9C%E7%B4%A2 邦楽番組表

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/query.cgi?area=001&qt=%E6%B0%91%E8%AC%A1&charset=utf-8&col=pro&button01=%E6%A4%9C%E7%B4%A2  民謡番組表

これは今も有って、1週間分が掲載されているのですが、毎日、昨日の分が消えて1週間後の分が増えるということになっていますので、結局、毎日閲覧することになってしまいます。

ところが、HNKのサイトを見ていてもっと便利なものを見つけました。今月と来月の予定が一覧できるようになっているのです。これは便利です。

古典芸能 パノラマ写真.jpg
《サイトのイメージ。左クリックで拡大》

「邦楽のひととき」と「邦楽百番」の予定が掲載されています。アドレスは次の通りです。
http://www.nhk.or.jp/koten/radio/ 古典芸能を楽しもう~ラジオの邦楽番組

民謡関係もありました。

日本の民謡.jpg
《左クリックで拡大》 

アドレスは次の通りです。
http://www.nhk.or.jp/minyo/nihon/ 日本の民謡

中華料理教室 [料理教室]

朝刊と一緒に配達される市報に中華料理教室の参加者募集記事が載っていました。

回数は2回で、「鳥料理(炒め料理から煮込み料理まで)」と「エビのチリソース煮」を教えていただけるそうです。申込みは費用を添えてと書いてあるから電話申し込みはダメみたいです。

日程を見たら空いている日だったので早速、その施設まで申込みに行ってきました。と言っても自転車で5分ぐらいのところですから大したことはありません。

002.JPG 

近くですがreizanの行動範囲から外れたところだったので途中で見るもの皆珍しかったです。なかでも附近の田園風景とそぐわない現代的な建物が目立ちました。それが料理教室の会場となる福祉センターです。

定礎を見たら平成十年となっていましたから約14年前の竣工です。

003.JPG

建物の前にはきれいな花壇もありました。

004.JPG

申込みの受付は簡単に終わり、受付票兼領収書をいただきました。

中華料理.jpg
「No.1」です。張り切っているみたいでちょっと恥ずかしいです。

 


近所に農家の産直販売所ができました [番外]

自宅から歩いてすぐだけど見通せないところに個人経営の農家の産地直売所ができたことに気づきました。「がんさんの畑という名前です。

015.JPG

他にお客さんもいなかったのでいろいろ話を伺いました。

オーナーさんの前職は鉄道会社の電気設備担当だったのですが、管理職になって現場に出られなくなったのがつまらなくて、そこを早期退職され農業大学校(reizanが大工の勉強をした学校の近く)で学ばれたそうです。なんだかテレビ朝日系列の「人生の楽園」に出てくる人みたいな経歴です。

トウモロコシも作られるということだったので、reizanの好きな「餅トウモロコシ」も作られますかと聞いたら、最近はやりの何とかいう品種しか作らないとのことでした。
周りの農家もトウモロコシを作っていて他品種の花粉が飛んでくると影響を受けるそうです。だから自分だけ勝手に違う種類を作ることはできず周りの農家と同調しないといけないとのことでした。

それと、餅トウモロコシの名前をご存じなかったので自分より若い方だと思いました。給食に「鯨の竜田揚げ」が出ましたかと聞いたら出ていたそうです。でも、牛乳はテトラパックだったそうです。最初は脱脂粉乳だったのがテトラパックに変わったそうです。
reizanの場合は小学校を卒業するまで脱脂粉乳でしたから相当歳が違います。
実年齢を伺ったら10歳下でした。

オーナーさんはほかの場所にも畑を持っておられますが、小屋の後ろの土地を借りて田んぼから畑へ転換する大作業があるそうです。

これから春本番になって販売される品種が増えていくのが楽しみです。


「砥ぎ屋」の看板 [地域活動]

予ねて計画しておりました「砥ぎ屋」の営業開始の時期になりましたが、形から入るタイプなものですから未だに準備作業をしています。周りの方からは期待の声をかけていただいていますので急がなければなりません。

今取り組んでいるのは看板の制作です。
書の上手い人だったら筆書きで作るのでしょうけど悪筆のreizanの場合その手は使えません。
そこで考えたのがパソコンの拡大文字を型紙にして、文字をカッターで切り抜きスプレー塗料を吹き付けるという方法です。

先ずは貼った紙がきれいに剥がせるかどうかを木端に紙を貼って実験しました。結果、これは何とかいけそうです。

次に考えたのは、塗料が紙に滲みて看板の板材を汚してしまわないかということです。これは実験をしませんでしたが可能性が高いので対策を考えました。それには板材と型紙の間に不浸透性のものを挟んでやれば良いと思いつきました。

最初に考えたのはアルミホイルを貼ることです。でもカッターで上手く切れるかどうかわからないので、実験をするよりももっと手頃なものを探しました。そして見つけたのがクッキングシートです。

作業を再確認しましょう。
  1. 木材は、前に東急ハンズで買っておいた銘木の端切れです。大きさが丁度良かったのでこれを使うことにしました。
  2. クッキングシートを一まわり大きめに切って板材に貼り付けます。
  3. クッキングシートに芯を描きます。
  4. 文字をプリントした紙を「〼=ます」の文字の上に当てて四隅を決め、それを繋いで四角を描き、さらにそこにも芯を描きます。
  5. 文字は縦書きですから、クッキングシートの芯と型紙の芯を合わせながら上下の間隔を決め、位置が決まったら型紙の上辺とクッキングシートの芯の交点に目印を付けた上で、型紙を糊付けします。
  6. 糊が乾いたら文字の部分をカッターで切り抜きます。
  7. そこにスプレー塗料を吹き付け乾くのを待ちます。
001.JPG
《包丁砥ぎ〼=ます》

ここまでできましたが、その先を思案しています。
塗料は文字の部分とそれ以外が繋がっていますので不用意に紙を剥がそうとすると文字の部分の塗料まで剥がしてしまう恐れがあります。

完全に乾くまでの間には結論を出すつもりですが、実験用のサンプルを作って試した方が良いかもしれません。

ジューシーなハンバーグ [レシピ]

前に生涯大学校の授業でオカラ入りヘルシーハンバーグを作ったことがありますが、普通のハンバーグを作ったことがなかったのでチャレンジしてみました。

foodpic2264192.jpg
《写真はイメージです》

そしてその結果は、外はカリッ、中はジューシーで、 今までに食べた中で一、二を争そう美味しさでしたのでレシピを公開します。

ソースはマヨケソ(マヨネーズ、ケチャップ、ウスターソースを混ぜたもの)を適当にかけただけですが、本体の美味しさが際立っていました。

作り方は簡単ですからどうぞ作ってみてください。

ジューシーハンバーグ
材料(2人分)

  • 玉ねぎ(みじん切り) 半個
  • サラダ油(玉ねぎ用) 小さじ1
  • パン粉        大さじ4
  • 牛乳         小さじ2
  • 合挽き肉       200g
  • 塩コショウ      少々
  • ナツメグ       少々
  • 溶き卵        1個
  • 酒          大さじ1
  • サラダ油(ハンバーグ用) 小さじ1
作り方
  1. 熱したフライパンにサラダ油をひき、玉ねぎを、少し飴色になるまで炒め、冷ます。(このひと手間が旨さの秘訣みたいです。)
  2. 大きめのボウルにでパン粉と牛乳を入れ、混ぜる。
  3. 更に、そのボウルに炒めた玉ねぎと合挽き肉、塩コショウ、ナツメグ、溶き卵を加え、粘り気が出るまでよく混ぜる。(片手でボウルの縁を持ち、もう一方の手で思いっきり混ぜる。)
  4. 混ぜたタネを手に取り、数回ボウルに打ち付けて中の空気を抜く。
  5. タネを2個の楕円に形を整え、中央をくぼませる。
  6. 熱したフライパンにサラダ油をひき、中火でタネを焼く。焼き色が付いたらひっくり返し両面を焼く。更に、フライパンの縁に寄せて側面も焼き、外側全体を焼くことによって旨味を封じ込める。
  7. 6に酒をふって蓋をし、弱火で7~8分蒸し焼きにする。
  8. ハンバーグの中央を竹串で刺してみて、澄んだ肉汁が出てきたら出来上がり。

ソースはマヨケソでも、他のものでもOKです。

 


システムキッチンの高さ [料理の勉強]

度々、料理にチャレンジしているreizanですが、最近気づいたことがあります。それはシステムキッチンのガスレンジの高さが自分に合わないということです。

問題はフライパンで調理するときです。フライパンをしゃくって中の材料を返す動作がやりにくいのです。
フライパンを揺すりながら材料を向こうに送って、向こう側の縁を利用しながらスナップをきかせて材料の上下の位置を入れ替えるという技がありますが、これが上手くできないのです。

最初は自分が不器用なだけかと思っておりましたが、YouTubeで公開されている動画を見てみるとそれだけではないようです。

http://www.youtube.com/watch?v=tE3oVmmSJaI フライパンの振り方

動画とreizanを比較してみると肘の高さに違いがありました。動画の人は返しの動作の時も手首の高さが肘より下です。ところが、reizanの場合は、一瞬、手首の位置が肘よりも高くなり非常にやりづらいのです。

もう一度動画を見てみると、この人の肘の位置は天板から30cmぐらい上にあります。reizanの場合はこれが15cmぐらいしかありません。肘の位置が低すぎるのが良くないようです。

問題点さえわかれば対策を考えるのは簡単です。要は背の高さが原因ですからシークレットブーツの発想で嵩上げしてやれば良いだけです。

では、何を使うか。どのぐらいの高さにするか。この時に手段をあれこれ考えるのは楽しいことです。
そして最終的に採用したのが桧の間伐材で作られた「風呂用のすのこ」(5枚張り、798円)です。 

003.JPG

これで4cmほど高くなり随分やりやすくなりました。試しに浴室に使っている同タイプのすのこを載せて二段にしてみたらもっと快適でした。

でも、2段にすると「すのこ」のないところとの段差が8cmにもなってしまいます。年寄りは段差で転倒して、骨折して、寝たきりになって・・・ということを聞きますので、取りあえず4センチの段差でしばらくやってみて大丈夫そうだったらもう一枚買い足そうかと思っています。

それと、フローリングに比べてクッション性があるのも良い点です。疲れ方が違います。条件さえ許せば長尺の材料を買ってきて台所全体にすのこを張りたいぐらいです。 

 


唄口サンプルにするための真竹を沢山いただきました [尺八改造]

吹きやすい尺八に関して、reizanの持論は「唄口から顎当たりまでの寸法がポイント」です。

それを実感してもらえる方法はないものかとずっと考えていましたが、アイデアが浮かんだので、尺八サークルの仲間にサンプル用の真竹の確保をお願いしておりました。

そうしたら2か月も経たないうちに27個も持ってきてくださいました。

003.JPG

reizanがお願いした条件は、
  • 外径の違う真竹をできるだけたくさん
  • 必ず、ふた節を残す
  • 唄口の傾斜は23°、顎当たりは5°下がり
ということで、カットや研磨まで含んだ我儘な内容でした。それが27個も届いたのですから大感激です。

その使い方はどうするかというと、クライアントに太さの違う竹を一つずつ当てて吹いてもらって、どのサイズが一番フィットするかを探るというものです。

音を鳴らすのが目的ではありませんので顎当たりの位置は変えません。顎当たりを当てる位置さえ変えればほとんどのサイズで音が鳴りますがそういうことではありません。

誰でも尺八の顎当たりを当てるのに一番収まりの良い位置があるはずですから、どのサイズの竹でもそのポイントに顎当たりを当てて吹いてもらいます。
そうすると全く音の鳴らないものやかすれた様になるもの、そしてよく鳴るものなどの違いが明確になります。当然のことですが、よく鳴る竹のサイズが自分にとって相応しい太さということになります。

007.JPG

4つだけ取り出してみましたが、それぞれに違いがあります。

左上:外径は大きいが肉厚がなく、内径も大きい。(尺八を吹くとき顎で開口部を塞ぐのですが、reizanの場合は隙間ができて塞げませんでした。)

左下:普通の尺八では使わないぐらいの細身です。極端に唇寄りに当てると吹けますが自分のベストポイントでは吹くことができません。 

右上:これも細身の部類に入ります。ベストポイントに当てるとかすれた音が鳴りました。

右下:外径は一般的なサイズですが、肉厚があってその分内径が小さいため息が漏れません。reizanにはこれが一番フィットしていました。管径のサイズがもっと増えてくるとベストフィットのサイズがつかみやすくなると思います。


それぞれに特徴がありますが、このなかでどれが一番ということは一概に言えません。吹く人の顎にフィットしているものが一番良いわけですから、一人ひとり相性が違ってきます。

これからさらに削りをかけてよく鳴るように仕上げをします。それから唄口の寸法を測ってそれぞれ本体に書きつけます。

唄口の寸法を測るときに問題になるのは二点の決め方です。唄口のエッジの方はポイントがはっきりしていますが、顎当たりの方はRがありますから測るたびに場所が違ってしまう恐れがあります。

そこで、reizanが採用したのは、顎当たり側は管の外側をとることです。こうすれば何回測っても同じ結果になるはずです。

008.JPG

これが出来上がったら、竹を提供してくださった方に最初に試してもらおうと思います。

 


叩き胡瓜 [レシピ]

久しぶりに暇だったので簡単な調理にチャレンジしてみました。

「たたき胡瓜」です。
これはダンディ・クッキングのお試しに行ったときに教えてもらったものです。その後、浅漬け器で別のレシピの叩き胡瓜を作ったのですが全然おいしくなかったので、機会があったらまた最初のたたき胡瓜を作りたいと思っていました。

たたき胡瓜
材料
  • 胡瓜       3本
  • 塩(板ずり用)  小さじ1
  • 赤唐辛子    1本
  • ☆砂糖      大さじ3
  • ☆塩       小さじ1
  • ☆醤油      大さじ1
  • ☆酢       大さじ4
  • ごま油      大さじ2
作り方
  1. 胡瓜を板ずりし、水で洗う。
  2. 胡瓜をまな板の上に載せ、すりこ木で叩く。(ヘタ寄りを少し多く)
  3. 4~5cmの長さに切る。
  4. 赤唐辛子は木口切りにする。
  5. ☆印をひと煮立ちさせてから火を止め、赤唐辛子とごま油を加える。
  6. ビニール袋に胡瓜と5を入れ、絡むように揉む。
  7. 袋の口を縛って3時間以上放置する。

    003.JPG

  8. 容器に移し、冷蔵庫で冷やして召し上がれ。
foodpic2273662.jpg

甘酸っぱくてとても美味しくできました。
これに時間がかからなかったので、もう一つ、「新じゃがのバター醤油炒め」も作りました。

レシピにはない「水溶きグラニュー糖」を隠し味で加えたらreizan好みのマイルドな味に仕上がりました。

foodpic2273659.jpg


ひるぜん風焼きそば [B級グルメ]

先日のインスタントの「横手焼きそば」に引き続いて、  今度は駅前のスーパーでインスタントの「ひるぜん風焼きそば」を見つけました。

005.JPG

前に買ったのは現地のメーカーが作ったものでしたから、その名称は「横手焼きそば」そのままでしたが、今回のは即席めん大手の日清食品製ですから地元ではありません。そういう配慮からか「ひるぜん焼きそば」となっています。

昨年、「ひるぜん焼きそば」がB-1グランプリを獲ったときに真似して作ってみましたが、その時の味とどう違うのか、或いは同じなのか、食べるのが楽しみです。

http://b-log-b-log.blog.so-net.ne.jp/2011-11-15 reizanのひるぜん焼きそばレシピ

ゆで卵の殻剥きの研究 [料理の勉強]

ゆで卵作りでがっかりするのは殻が気持ちよく剥けなかったときです。

007.JPG


何回かやってみたなかでは上手くいったりいかなかったり 、上手くいかなかったときの悔しさといったらありません。

前に調べたときに

  • 新しい卵は剥きにくいから賞味期限前後のものを使う
  • 底に針で小穴を開ける
  • 茹で水に酢を入れる
  • 茹で上がったら氷水で冷やす
  • 流水を掛けながら剥く
という対策を知りましたが、古い卵でも剥きにくいことがあったので「新しい卵は剥きにくい」は真実かどうかを実験で調べてみました。


まず最初に言葉の説明ですが、卵の賞味期限というのはちょっと特殊で「生食できる期限」を表しています。言い換えると賞味期限までは「卵かけご飯」に使えるということです。
ですから熱を加える「ゆで卵」や「玉子焼き」は賞味期限を多少過ぎていてもかまわないようです。 


今回準備した卵は二種類です。ひとつは一昨日買って賞味期限までまだ10日もある新鮮なものです。もう一つも賞味期限前のものであと6日あるものです。常識的にはゆで卵に避けたい新しいものになります。

001.JPG

今まで冷蔵庫に入れていましたので常温に戻さなければなりません。
reizanは、玉子を入れた器に8分目ぐらいの水を入れ、これにT-FALで沸かした少量の熱湯を差し湯して卵を温めます。

002.JPG

卵が常温に戻ったら取り出して底面に針で穴を開けます。(これはガス抜きのためです。この穴から身が出ることはありません。)

今回は、サンドウィッチの具に使いますので茹で時間10分でタイマーをセットしておきます。 

次に鍋に水を張って強火か中火で湯を沸かします。(水の量を示すために醤油で色をつけて卵も入れていますが、本当は底から1cmぐらいの水を入れて沸騰させます。卵は沸騰してから入れます。)

003.JPG

水の量が少ないのですぐに沸騰します。

004.JPG

火力はそのままで静かに卵を入れてタイマーをスタートさせます(グラグラ沸騰しているところに入れても卵は割れません)。すぐに菜箸で卵をゴロゴロと数回転がして蓋をします。

005.JPG

なべの中に蒸気が充満したら弱火にします。
待っている間に、氷水を入れたボウルを準備しておきます。

タイマーが鳴ったら卵を氷水に入れて芯まで冷やします。
十分に冷えたら、卵の殻をシンクの縁など硬いところに当てて小さなひびをたくさんつけます。
あとは少量の流水を掛けながら殻を剥いていきます。

006.JPG007.JPG

二つとも気持ちよくスルッと剥けました。卵が新鮮かどうかと剥きやすさは関係ないことがわかりました。

思い返してみると、過去に上手くいかなかったときとは卵を入れる際に弱火に落していましたが、ここで湯音が下がったことと蓋をした後も蒸気が充満するまでに時間がかかっていたのが悪かったのではないかと思います。

リンゴ丸ごとパイ包み「気になるリンゴ」を食べました [お菓子]

自宅と最寄駅の間にある大型スーパーを覗いたら、「まるごとりんごパイ 気になるリンゴ」というのを売っていました。リンゴ好きとしては買わないわけにいきません。

気になるリンゴ_0001.jpg

どのようなものか知らずに取りあえず買い求めました。

001.JPG

箱を開けるとこんな風になっていました。

002.JPG

二つに割ってみました。

009.JPG

薄いパイ皮に包まれているのはふじリンゴのシロップ漬けです。丸ごと一個入っていました。

見ただけで、これは半分も食べきれないと思いましたのでさらに半分に切って四半分を食べました。シャキシャキした食感でアップルパイとは違った美味しさがありました。

時々買っていいかなと思いましたが、このスーパーで常時販売しているものではなさそうでした。運が良ければまたいつか出会うかもしれません。

気になるリンゴ_0002.jpg

「砥ぎ屋」の看板ができました [地域活動]

「砥ぎ屋」の看板づくりは、前にプリントアウトした文字を切り抜いて塗料スプレーまで済ませておりましたが、ようやく出来上がりましたので、尺八指南の看板の横に掲げました。

004.JPG

これまでの作業について、どうやって型紙を剥がそうかというところで終わっていました。

別に実験用サンプルを作ってやってみたら、紙を剥がしたときに文字の上の塗料まで引っ張られて剥がれることがあることがわかりました。
それならば強制的に縁を切ってやるしかありません。面倒ですが型紙に沿ってカッターで文字の縁に切り込みを入れていきました。

写真ではわかりにくいのですが、実は文字の縁ににじみができていました。型紙が板材に密着していないところがあったためです。でも、不幸中の幸いというか、二度塗りをしていて最初に茶色、後から黒のスプレーをしたので滲んだのは茶色です。だから黒が滲んだ時ほどの醜さはありません。

あとはバランスの調整ですが、「砥ぎ屋」の看板の方が肉眼で見ても若干上になっています。

005.jpg

これを修正して完成ということにしたいと思います。

尺八は3オクターブ出せるらしい [尺八演奏]

尺八の演奏が難しい曲には、「テンポが速すぎて指の動きがついていけないケース」と「運指が難しいケース」と「その両方が合わさったケース」があります。

運指が難しいとき、違う運指(指孔の押さえ方)で同じ音程を得る方法があったりします。これを替え指といいます。reizanもある程度替え指の種類を知っていますが、それ以外にないものかとネット検索をしてみました。

目的のものには行き当たりませんでしたが、別の意味で参考になる資料を見つけました。

「泉州尺八工房」という尺八製管会社のサイトの「Fingerrings -shakuhachi」という資料です。

http://senshu-shakuhachi.com/download.html  Fingerrings -shakuhachi

これによると、一尺八寸管の場合4Dから7D#まで出せるようです。reizanが自信を持って出せるのは4Dから6Eですから1オクターブ近く違います。プロの尺八奏者は信じられないぐらいの高音を出せると聞いたことがありますがこのことだったのですね。高音の運指(ほとんどが替え指)も載っていますので練習してみたいと思います。

それにしても6F(大甲のツ)は、泉州尺八工房のオリジナル尺八か、7孔尺八なら出せるようですが、普通の一尺八寸管ではその手がないようで難しいです。
ある方は、ツの運指では大甲の音を出そうとすると半音高い6F#になるので、椅子に座った状態で管尻を腿に当てて管尻の穴を若干塞いで半音下げるとおっしゃっていましたが、reizanが試してみても無理でした。

どんな運指をしようが、チューナーの針が正しい音高を指せばそれが替え指になりますので、そのうちに誰かが新しい方法を見つけてくれるかもしれません。


山吹の花 [番外]

趣味の民謡尺八サークルの定例練習のため会場に向かって歩いていたら歩道の脇に「山吹の花」が咲いていました。

006.JPG

花の色は山吹色です。

山吹というと思い出されるのは落語の「道灌」です。
狩りに出かけた太田道灌が途中で雨に降られ雨具を借りようと一軒の粗末な家を訪ねて所望したのですが、その家の少女が一旦奥に入ると、お盆の上に山吹の枝を載せて出てきました。

結局傘は貸してもらえなかったのですが、それには古歌の「七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき」の掛詞で「蓑(みの)一つないの。ごめんなさい。」という意味が隠されていたのです。

道灌にはその意味がわからず立腹して帰りましたが、家臣にその意味を教えられ恥じ入って武道一辺倒だったものが勉強して有名な歌人になったそうです。

そういうのを小学生の頃ラジオの寄席番組で聴いていたので山吹の花を見るとそのエピソードを思い出します。

山吹の花には花弁が五弁一重のものと八重のものがあって、一重のものには実がなるそうですが八重のものには実がならないそうです。reizanが見たこの花は八重です。

005.JPG

粗品の焼酎 [番外]

家人が出かけたついでに「薩摩フェア」という催しを覗いたら、先着何名までという粗品をいただいたと持って帰ってくれました。

ものは「桜島」という名の焼酎の一合瓶です。

002.JPG

原料は芋で、度数は25度です。

010.JPG

若い頃は、癖の強い芋焼酎「白波」の独特な香りが好きでよく飲んでいましたが、「桜島」は芋焼酎と分かりますがそれほどきつい香りではありません。

若い頃は一合だとちょっと足りないと思うときもあったのですが、今回、ガラスの猪口で飲んでみたらストレートで一杯飲むのがやっとでした。身体が歳相応の適量を教えてくれているみたいです。

ペパーナイフを砥ぐ [砥ぎ]

砥ぎで身を立てようと思っているreizanですが、身近なものの刃先が気になったので砥いでみました。

それはペーパーナイフです。だから砥ぎすぎると悲惨なことになります。
新品のカッターナイフで二つ折りした紙の折り目を切ると真っ直ぐに切れていないことが多々あります。それと同じことになってしまう恐れがあります。

 

008.JPG

カッターナイフというのは紙を切るのではなく引き裂いていくのが本来ですから切れすぎても困ります。砥ぐにあたってそこらへんのところが肝心です。

だから中砥石や仕上げ砥石を使って切れ過ぎるようになっても困りますし、粗砥石を使ってめっき面が傷だらけになるのも困ります。
最近は超微細な研磨用のクロスが売られていますのでこれを使うのも良いかと思いましたが、取りあえず家にあるもので爪磨き用の道具を使うことにしました。爪の表面を磨いて光沢を出させるためのものです。

007.JPG

長方形の4面がすべて研磨面になっていて、各面に1、2、3、4と番号が振ってあります。目の粗い1から順に使い分けて仕上げていくようになっています。

009.JPG

これでやってみたら切れ味がかなり改善されました。勿論、切れすぎて困るようなことはありません。
今回の実験で切れ味の悪くなったペーパーナイフも砥いでやった方がよいことがわかりました。

ところで、改めて皮ケースを見たら、双子の人形とツヴィリングの文字がありました。

010.JPG

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村