So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

食後の洗い物にも50℃洗いが効く [料理の勉強]

少し前に、野菜や肉を50℃の湯で洗う「50℃洗い」というのが話題になりましたが今でも続けている人はどのぐらいいるのでしょう。reizanは数回試しただけで面倒になって今はやっていません。

でも、別の50℃洗いは頻繁に活用しています。
それは鍋やフライパンに付いたひどい油汚れを落とすときです。

例えば、豚の角煮を作った時、すぐに余分な煮汁を排水溝に流してしまえば不都合な真実を見ずに済みます。

ところが、煮汁が冷めないうちに流したら排水管を流れていく途中で温度が下がって、脂が固まって配管壁に固着してしまいます。
固着したものは血管の内壁に付着したコレステロールと同じように流れを妨げ、排水管のつまりを誘発します。

だから脂(油も)は流さないに越したことはないのです。

そこで50℃洗いですが、いきなり鍋の底に固まった脂を50℃の湯で洗い流してはいけません。
水ではびくともしなかった脂汚れが面白いように溶けて透明な液体となって洗い落とせますが、排水管の途中で冷めて固まるのは調理後すぐに捨てたときと同じです。

望ましいやり方としては、
 1.鍋のなかの余分な煮汁を冷ます。
 2.脂が白く固まったら水分だけ捨てて、キッチンペーパーなどで拭き取る。(量が多いときは最初にスプーンなどで掬いとっても良い。)
 3.目に見える脂汚れが無くなったら50℃洗いをする。

このひと手間で罪悪感が減り心穏やかに過ごすことができます。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村