So-net無料ブログ作成
検索選択
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

「要撃の妖精」という本を読んでいる途中です [推薦図書]

書店の平積み台を見たら夏見正隆さんの文庫本がずらり並んでいました。恥ずかしながら知らない作家さんです。
でも、表紙のF-15の画を見ただけで読みたくなってしまいました。

要撃の妖精.jpg

値段を見たら1,143円+税となっていました。千円を越す文庫本の体験がなかったのでびっくりしました。

地元の図書館の在庫を調べたら一冊だけありました、それが「要撃の妖精」です。取りあえずこれで様子見をすることにしました。
3分の1ぐらい読み進んだところで尖閣諸島をめぐる攻防のシーンがあって最近のもののような感じがしたのですが、本書は2008年初版で、単行本は2001年に刊行されているそうです。

発行当時に読んでも現実味がなかったかもしれませんが、今読むとタイムリーです。

ただ、ちょっと取っつきにくいのは登場人物の名前です。
  • 漆沢美砂生
  • 月刀 慧一尉
  • 火浦暁一郎二佐
  • 鏡 黒羽
  • 月夜野 瞳
  • 和響二佐
  • 雑上掛参事官
  • 鷲頭三郎三佐
  • 楽縁台義展空将補
  • 虻沢石川県警本部長
    などなど
世の中に珍しい名前や難読氏名があるのはわかっていますが、一冊の中であまり多すぎると辟易してしまいます。
そのためスムーズに読み進めないという難点があります。

それでも最後まで読もうと思いますが、世の中には酷評をしている人もいました。

http://blog.goo.ne.jp/snapshot8823/e/6d2cb313f6e36d92e64c265981798fd2 min-minの読書メモ

松岡佳祐さんの岬美由紀シリーズ(こちらもF-15パイロット)が2009年の「千里眼 キネシクス・アイ」を最後に新作が出ないのでちょっと寄り道するのも良いかもしれません。でも、わざわざ買ってまで読むかなというとクエスチョン・マークです。


スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村