So-net無料ブログ作成
ブロングランキング参加中
ブログ村テーマ ライフスタイルブログ
ブログ村テーマ 和楽器の友集まれ!
ブログ村テーマ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物

スポンサードリンク

 

やすらかな死を迎えるために [推薦図書]

重たいテーマですが、大野竜三さんの「やすらかな死を迎えるためにしておくべきこと」という新書を読んでなるほどと思いました。

稀にみる良書です。日本の医療を根本から変えてしまうかもしれないというインパクトがあります。最初は図書館で借りたのですが手元に置いておきたいと思って自ら購入しました。

010.JPG

冒頭からPPKが取り上げられています。PPK(ぴーぴーけー)は生涯大学校でも大勢の人が理想としていた「生き方&死に方」です。

生きているときはピンピン元気で、死ぬときはコロリと逝ってしまう。このカタカナの頭文字を並べたのがPPKです。

本書では、コロリと逝くのは今の日本では至難のわざだと説明し、コロリと逝くための方法を解説しています。でも、自殺指南書ではありません。
できるだけ元気で長生きして、お迎えが来たときにはコロリと逝ってしまおうというのが本書のテーマです。

もし、あなたの周りで誰かが倒れたら119番して救急車を呼ぶはずです。その結果、元気になったら目出度し目出度しです。でも、元気を取り戻せずに意識不明のまま寝たきりになったりした場合、ドクターとしては放置するわけにもいかず延命措置をほどこしてくれます。だからなかなかコロリとは逝けないのです。

本書では、望まない延命措置を止めてもらうための方法が説明されています。医師が法違反に問われない形で延命を止められる方法です。それが副題の「リビング・ウィル」のようです。

011.JPG

エンディングノートの医療版という感じです。reizanも元気なうちに自分の意思を書きとめておきたいと思います。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村